すくいのことばによせて


   例えば、今私が死んだら
   人はどう思うでしょうか。
   「まだ34歳の若さで、可哀想に」
   「小さな子供を残して、可哀想に」
   でしょうか??
   私はそんなふうに思われたくありません。
   なぜなら、病気になったことが、
   私の人生を代表する出来事ではないからです。


   BBCに寄せられた小林麻央さんのコメントより



彼女の死にまつわる報道の多くは、私を苦々しい気持ちにさせた。

愛する人の死に、身を裂かれる思いの家族を、衆目の前にひきずりだし、心境を語らせようとするその行為は、あまりに非人間的に感じた。

けれど、あるテレビ番組でこの彼女のコメントが読まれた時、言葉はどんっと私の胸に飛び込んできた。涙が溢れた。


この言葉に出会えたことに感謝した。




ここからはかなり長い話になる。

あまり、愉快なたぐいの話ではないことだけ、先に断っておく。

「すくいのことばによせて」の続きを読む

わるい生活

漢方を飲みはじめたのを契機に、群ようこの「ゆるい生活」という漢方生活をえがいたエッセイを読んだ。


部屋に置きっぱなしのその本のタイトルをみたあおちゃんが「これ、何度か『わるい生活』に見えてさ」と笑う。


「なにをわるいことをしようと思っているのかと思って」


「わるいことにはあまり縁がないねえ」
という私。


「確かに。
わるいことのレベルが道にゴミを捨てるくらいで、しかも『あ、やっぱダメだ』っていって拾いそうだよね」

小市民だね、とあおちゃんがまた楽しげに笑う。


まあたしかに道にゴミは捨てませんけども。


この人にとって私は、つくづく善良な人に見えているんだなあ。



自分の真の善良さが如何なるものかは知らねども、どうかこの人の目に映るような自分であれかしと思う。



にほんブログ村



対話の時間

二年半くらい前から、コーチングを受けるようになった。


きっかけは同僚からの紹介で、そこから月に二回、一時間半ずつ、コーチの女性と向かい合うようになった。


コーチと話している時間は、
その場しのぎではなく、
時間つぶしでもなく、
打ち合わせでも、話し合いでもなく
情報交換でも、雑談でもない、
純粋に「会話をする」時間。


そこでは、正解も不正解も、いい悪いの評価も、好かれたいも嫌われるかもない。


そこで会話をする目的は、自分がなにを思い、なにをどう感じ、考えているかを真摯に伝えること。
伝えようとする中であらためて、「ああ、自分はこう感じていたのか」「実はこんなことを思っていたのか」と発見すること。
そして、伝えたことに相手から返ってきたものをうけとめて、またあたらしい思いや考えが自分の中にうまれるのを感じること。


この時間に一体どんな価値があるのか、ということはとても表現しづらい。

でも、そんな会話をする時間が、他のどの関係にありうるかといえば、どこにもないのだ。



コーチングを受けはじめてから、一年半くらいした頃、彼女の妊娠により、その時間は少しお休みになった。
そして、今日、10ヶ月位のブランクを経て、久しぶりに彼女との時間がまたはじまった。



小一時間くらい、近況を含めていろいろな話をした後で、彼女が聞く。

「今の調子は、ヨコちゃんにとってどの位のとこにあるの?」

「いろいろな変化を感じている時期です。仕事も心持ちも、体調の面も。
 この変化が一段落ついて落ち着いたときが楽しみかなあ」

「これから人生の軌道としては、どうなっていきそうだって感じてる?」

「もっとよくなっていくんじゃないかなって感じてます」


その言葉はするりと私の口から出ていった。
出ていって、そして私の耳にもはいってきて、私を驚かせた。


彼女も、「おお!」といって、笑った。



それまでに話していたことは、けして明るい話ばかりじゃなかった。

むしろ直前に話していたのは、三年とすこし、通奏低音のように途切れなく鳴り続けている私の強いかなしみとさびしさの話だった。

消化はできない、すこしも小さくはならない、離れてもいかない、ただすこしだけ、付き合い方には慣れてきた、かなしみの話。


それでも、私は人生を明るいものだと感じていて、ここからさらによりよくなると思っているのだ。


そんなことにあらためて気付けた初夏の朝。




にほんブログ村


ハッピーバースデーをありがとう!

こんにちは、ヨコです。

この前のGWに36回目の誕生日を迎えましたので、その記録をば。


当日は滋賀まで日帰り弾丸ツアーでした。

あんまり余裕がないかと思いきや、あおちゃんが料亭「和久傳」の伊勢丹店を予約してくれていて、ほっこり落ち着く素敵なランチを頂きました。


最近、胃腸の調子の優れなさから、漢方の先生に伺い、漢方治療をしています。

概ね体調は改善されてきているのですが、治療中は食事制限があってそれがなかなかしんどい。

①甘いもの、生野菜、果物、清涼飲料水、刺身が禁止
②白砂糖を控え、きび糖、黒砂糖を使用する。
③旬のものを食べる
④海藻、胡麻、豆腐、火を通した野菜をよく食べる

要諦は、体を冷やすものを避け、アルカリ性のものを摂ること。
もう一つ強調されたのが、30回~70回とよく噛んで、腹八分目に食べること。


あらためて腹八分目で止めようとすると、イマイチ止めどころがよくわからなくて難しい。
大体気付けば、あ、もうほぼ満腹だった、ってなってます。

ちなみにこの食生活はじめて3週間経ちますが、ぐっと体重が落ちてしまい、あおちゃんからは「落ちすぎ」と、不評だったり。
太ったら肉つまんでくるくせにー。


そんな制限の多い状態なので、なかなか外食を楽しみきれないのですが、この日はこのランチと、夜は精進料理のお店「泉仙」のお弁当を頂いて、とても美味しいものに恵まれた一日でした。




さて、日付変わって次の日は、銀座のRestaurant Airへ。

ここは恵比寿にあったビストロ間が銀座に出店したお店で、なかなか予約の取れない人気店。
私は何度か予約に玉砕しております。

しかも元のお店のビストロ間は付き合いはじめた最初の誕生日にあおちゃんに連れて来てもらったお店。

色々とじんわり嬉しさを噛みしめながら、頂いたお料理は、相変わらず素晴らしくフォトジェニックで、でもそれだけではないとても繊細な味。

名物の野菜のパフェは相変わらず絶品でした。





いくつになるのだとしても、誕生日という1日を特別なものとして祝ってくれる人に恵まれて過ごせるのは、とても幸福なこと。



体も考え方も環境も、否応なしに変化していくけれど、その時々をきちんと受けとめて、その時のかたちで生きていこうと思うのでした。



にほんブログ村


30代越えた友人同士の鉄板会話はほぼ健康ネタ

こんにちは、ヨコです。

突然ですが、私今年本厄でして。

今まで厄のつく年には一応お祓いに行っていたのですが、今年は初詣すらサボりました。

したところ(?)、年始からまーまー波状攻撃的に体調不良(ぎっくり首、捻挫、食あたり、胃腸炎)に見舞われ、先週とうとう胃カメラ飲みました。

胃カメラは鼻から入れるやつで、口からより苦しくないよ! という前評判を聞いてたんですが、結果的にはだいぶえづいた。

検査後も延々喉に流れ落ちてくる麻酔のゼリーが大変まずくて、一日ブルー。

しかも麻酔効いてるから、鼻から水分がだらだら流れ落ちてくるのが自分では気づけず、だいぶ間抜けな感じでした。

鼻からでこんな苦しいのに、口からってどんだけしんどいのか…!

胃の中自体は「綺麗だし、ピロリ菌もいそうにないですねー。ま、慢性胃炎はありますが」といわれて、検査内容をみたら「早期胃癌の疑い」とか書かれて三度見。


いやいや、綺麗いうとりましたやん。


結果的には、なんもなかったんですがちょっとイヤな気持ちにはなれました。
ばかばか。


なんだかんだと三週間近く長引く胃炎症状に、「長引きますねー。こんな長引くんですね」と医者に嘆いたら、「まあ完全にスッキリするのは難しいので、8割調子いい、を目指しましょう」とサラリといわれて、今度は耳を疑う自体に。


え、全快しないの?!


食の楽しみが人生の楽しみの8割位をしめてるので、胃がよくないのが続くのはすっごいストレスです。

これがむしろストレスのもとなのでは。

なにこの悪循環感。


健康は大事です、という鉄板の真実に震える日々です。


元気な胃カムバック!!


応援ポチプリーズ!

にほんブログ村

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム