「好き」の正体

心理テストによると、私たちはお互いに、恋人への甘え度は10パーセントと低く、
お互いに好きなところは優しさだそうです……(byスマスマ)


やっすいテストだなー(笑。


当たらずといえど遠からずですが、まあ、基本は当たってない。
(ちょーあまえますわよ、ワタクシ)


しかし、それを見ていて、あらためて、「彼女の好きなところは?」と
聞かれたらなんて答えるのかなーなんてことを考えました。

以前、こんな記事も書きましたが、
あおちゃんという人の、魅力的なところはいっぱいあります。


飾らなくて、ストレートなところ。とても心根がまっすぐなところ。
頑張ることをいとわず、向上したい、と思っているところ。
人のことをきちんと認められるところ。人をポーズでなく思いやれるところ。
だから、人から信頼される。


でも、それって、好きなとこではないよね。尊敬するとこだけど。
そのことを思いだして、胸がぎゅーっとはしないもの。


好きだっていう気持ちは、結局、その人の美質そのものに
対して起こる気持ちじゃないんだと、最近思います。

その人と一緒に過ごす時間の、色々な瞬間瞬間に、
化学反応みたいに「好きだ」っていう感情がぶわっと起きる。

一緒にいると、そういう化学反応みたいな気持が起きる相手を
「好きな人」って言うんじゃないかと。


と、ここまで書いて、我ながらかなり分かりにくいので、
方向性をちょっと変えた言い方をしてみよう(笑。


「好き」って気持ちが起きるのは、なんでだろって思う時に、
けっこう相手のことばかり見がちじゃないですか?

だから、「相手のどこが好き」って話になるんだけど、
「好き」は、「私」と「相手」の化学反応だから、
相手の部分部分だけを見ても「好き」の説明はできない、
と思うのです。


あおちゃんが好き、は、あおちゃんといる時間が好き、ってこと。

その「あおちゃんといる時間」は、あおちゃんだけではできなくて、
一緒にいる「私」もとても重要な要素なんですよね。


「私」にも、色々あって、私にとっての「嫌な私」って、
そりゃもーいっぱいいます。

でも、あおちゃんといる時、「嫌な私」の面は出てこなかったり、
出てきても「嫌なパワー」を大して発揮できないで、
おとなしくしていたりして、それはとても心地がいい。


人間関係は化学反応だから、「とても嫌な私」を、
眼前につきつけられつづけるような関係もあります。

それは相手がいかに魅力的でも、私は「私」が辛すぎて、
一緒にいられない。

「相手の前にいる自分が、自分にとってどんな自分か」も、
「好きだ」ってことには、とっても大事。

すなわち、それを「相性」というのでしょう。


***


ちょっかいをかけては、くったくなく笑う瞬間。

いつも私が布団に入ろうとするときは、シングルの真ん中に寝転がって、
入れないように意地悪をしてみるくせに、いったん隣に収まると、
大丈夫? 布団からはみ出してない? と、私の体に手をまわして、
確認してくれる瞬間。

美味しいものを一緒に食べた時、なぜそれがおいしいか、
真剣に表現してる瞬間。

ソファで寝てしまって、起こそうとしてもなかなか起きなくて、
むずかるような顔をする瞬間。

私が作ったご飯を食べて、二口三口食べて、「美味しい」って
呟いてる瞬間。

一緒にいてくれた時間の後に、楽しかったー、とメールしたら、
楽しかった、癒された、ってメールを返してくれる瞬間。



この、心がぬくくなる瞬間が、私にとって「好き」ってことの、どまんなか。




久々に、ちょーストレートにのろけてますね。

にほんブログ村

割れた鍋にはとじた蓋を!

突然ですが、あおちゃんは料理の腕前がちょっぴり残念な人です。

この残念というのは、具体的に表現するのが難しいんですが、
壊滅的にへたくそ、ではない、が、決してうまくはないということです。

例えば、バターでベーコンを炒めちゃったりします。

私が作った料理の簡単そうなやつを、たまに自作を試みているようですが、
キャベツに塩昆布と胡麻油を振りかけてざっくり混ぜただけの、
超簡単ながら鉄板の、居酒屋メニューを作ろうとして、
胡麻油と、塩だけを振って作っていたとか。
いかにも味が足りなそうだネ。。。


あんなにも美味しい物好きなのに。

そして、おうちで食べるご飯が大好きなのに。

料理を作るってことに、相変わらず、基本的に興味がないのが面白い。


というわけで、私程度の料理の腕でもなかなか重宝がられます。ありがたいことです。
だいたい平日一日、週末一日~二日、あおちゃんのうちでご飯を作るんですが、
私が作るようになったので、最近さらに料理する気がなくなったそうです。

先日、「責任持ってご飯はつくってね」と言われました。

がってん承知だぜ!

そういえば、付き合いはじめて一番最初に、あおちゃんにきゅーんとしたのも、
「ゴハンつくってドキドキのメールでした。



さて、対する私ですが、とにかく全てにおいて、
綺麗に保っておくことに才能がありません。

片付けや掃除は、嫌いじゃないけど、へたくそです。
まず、出したものをしまいません。あけた蓋を閉めません。

ルームシェアをはじめて、まあまあ部屋は綺麗に保てるようになりましたが、
(というか、実家の時は足の踏み場がないような部屋に住んでた)
普段はちょっとごちゃごちゃっとしていて、気合入れて片付けると、
今度は、なんだか落ち着かない感じの部屋になります。

片づけが上手な人って、そんなに全部きっちり片付いてなくても、
ほどよく片付いてる感じの居心地のいい部屋を作るよね。憧れます。
あおちゃんのうちはそんな感じなので、ワタクシいりびたりまくりです。

皿洗いなども嫌いじゃありませんが、すっごくざっくりです。

なので、ゴハンを作ると、お皿や、調理器具は、食後に
あおちゃんが洗ってくれます。

あおちゃんが洗った後は、シンクの周りが常にピッカピカになります。スゲーきらきら!!




得意分野がかち合わない(かち合うとしばしばナワバリ争いになりますね)
相性に感謝しつつも、このままだと一緒に住んだときに、
叱られっぱなしになりそうなので、もうちょっと片づけは得意になっておこうと、
ヒソカに思うのでした。




なれそめバブル沈静化(笑。

にほんブログ村

いまここにある奇跡

ひとつ季節を抜かしちゃったの!?

と、天候に向かって、小一時間問いただしたくなる気温が続いていますが、
お元気にお過ごしでしょうか?

私はすでにホッカイロをひっぱりだして、インナーの背中にはっつけてました。


そして、はりつけたのをうっかり忘れて、
ジャケットを脱いで、オフィス中を歩き回ってました。


はられたホッカイロ、ばっちりむきだし!
冬もはじまらないうちからアナタ…(涙。



さて、タイトルの奇跡ってのはなにかってーと、
お気づきの方もいらっしゃると思いますが、コレですよ、コレ↓

にほんブログ村

いつもご協力をお願いしちゃってるコレ↑ですよ。


こちらからいらしてくださっている方も、とっても多いことでしょうが、
ここ数日のありがたーいクリックの積み重ねで、
空前にして、絶後な感じの順位になってるので、ぜひ見てってください。

もう絶対に二度とないから!!

私は飲んでるものを、リアルに噴出しました。

なれそめの威力にびっくりですよ。なれそめバブルと名づけよう。



で、せっかくバブル中にコレだけでもなんなので、
恋愛ブログらしい(?)のろけたエピソードでも披露しておこうかと思います。



***エピソードその1

付き合いはじめてから、数少ないあおちゃんのコチラの友達と
飲むことに。
どうやら付き合う前から私のことを話していてくれていたらしい。

「よかったねー。両思いだったんだー?」

とニコニコ笑うお友達。とても優しい感じの人なのです。

それに対してあおちゃん。



「いや、違う」



切り捨て過ぎ、切り捨て過ぎ!!


確かに、告白してもらった時は、両思いとはちょっといえない感じだったけど、
今は両思いになってるじゃん! ねえ?!




***エピソードその2

恋愛は苦手だ! といっていたあおちゃん。

人の気持ちに鈍いし、察するのは無理! といっていたあおちゃん。

んじゃ、恋愛イベント的なことも苦手かなーと思い、クリスマスのイベント化を、
食べ物で釣った話
は過去に書きましたが、サプライズとかも苦手に違いない、と
決め付けていたワタシ。

クリスマスの前、あっさり聞きました。


「プレゼント、何欲しいー?」


「………」


「考えるの苦手だろうし、お互い聞いた方がいいかなーと思ってー(・∀・)」←悪気はない


「………あー……私、もう考えて用意したけど………」



ぎゃーーー! ごめんなすってーー!!


この辺りから私、サプライズは負けっぱなしです。




***エピソードその3


瀬戸内を一周年旅行に位置づけていた私たち。

瀬戸内ではゆっくりお祝いしようねーと言いつつ、
いざ、旅行中は、特になにか記念的な話しをするでもない私たち。

というのもなんだなーと思い、夜にベッドでごろごろしながら、
なんとなく「一年経ってどうよ?」と、話を振りました。

「たのしかったー」とあっさり淡白なお返事。

「やる気ないなー」と笑う私。

「やる気なくはない」と、ベッドから降りて、荷物からなにか取り出すあおちゃん。

戻ってきたその手にあったのは、小さな可愛いラッピング。



…………え?



「一周年のプレゼント」


そして日々は続く-プレゼント



私、ベッドの上で、思わず土下座。

すいませんでしたー!!


中身は、デザイン違いでおそろいのネックレス。
国の形と、国のシンボル的な存在を、薄い金属板で象ったトップのネックレス。
とめ具の先には飛行機がデザインされてるのです。

シンプルなのに可愛い!!

そして日々は続く-私のネックレス
私のがコチラ。あおちゃんはしろくまがデザインされてます。


あおちゃん、おそろいなんて、絶対拒否するタイプだと思ってたのに!!

それが、まさかの一周年記念プレゼントでお揃いて、予想超えすぎだから…!!


そして、いま恋愛力低いの、
あきらかに私の方だよね…!!


帰って思いっきり同居人に自慢するくらい嬉しかったのと共に、
なーんの用意もなかった自分を、瀬戸内の海より深く反省したのでした。。。


* * * *


というような恋愛濃度の高い記事(これでも私にとっては高め)は、
あまりない日常ブログに戻りますが、よろしければ、今後とも何卒よしなに!



ほんとに励みになりました!

にほんブログ村

甘い言葉

昨夜、突如思い立ってあおちゃんの家へ。


完全に私の思い付きだったんですが、家について、ご飯を作っていたら、


「今日辺りこないかなー、と思ってたんだよね」と、あおちゃん


えええ、そんなーキャハハドキドキ
会いたいなら会いたいっていってくれれb…



「保険のプラン相談したくてさ」




って、そゆことかい!!




もーちょっと喜ばせてくれてもいいんだけどもーー?!



「いや、そこは、私なので」


ですよねー。


甘い言葉とか原則なしですからねー。


なんだよーもー。
どーせ、会いたいとも思っててくれたくせにー。
(あくまでうざったいほどポジティブ)






「あ、金曜は泊まりにいくから、それで、ぬか喜びさせた分は相殺ってことで」





ぬ か 喜 び て !



そこは「いや、勿論会いたかったって」っていえばいいだけですからー!!


とことん甘い言葉と縁のない、うちの彼女さんなのでした。




あれ?いえばいうほど、墓穴?って呟いてました。

にほんブログ村

夏の危機

本格的に夏ですね。暑さでよく眠れてないのか、最近なんだか
毎日眠いヨコです。こんばんは。

まあ夜更かしがクセになっているというのもあるのでそこは反省するとして。


節電の夏、ということで、どこもかしこも本当に冷房が効いてません。

ワタクシ、どっちかというと寒がりで、冷房が大の苦手なので、
今夏はどこにいっても、わりとなまぬるい空気で、全然寒くないのは、
むしろありがたいなあとなどと、のんきに思っておりました。




が。




ここにきて、深刻な事態が発生。




暑過ぎて、あおちゃんがくっついてくれません。




言葉での恋人らしいコミュニケーションは、あまり多くない私たちですが、
家の中に一緒にいる時は、わりとくっついて過ごしていたりします。

お互いのことをマッサージしながら、テレビ見たりとか、
よりかかって、本読んだりとか、お互いにもたれてうとうとしたりとか。


ただ、なにぶんあおちゃんはかなり暑がりで、
そして行動含めて正直者なので、私がくっつくと、本当に暑いんでしょう、
最近は離れているのが、デフォルトになりつつあります。

寝るときも、最初は我慢してくっついてくれているんですが、
だんだん離れていかれます。。。


体表面の温度は、いわゆる体温よりも簡単に高くなるようなので、
いたしかたないこととはいえ、由々しき事態です。





なんかもうむしろ触ったら、肌がひんやりつめたくて気持ちいい~、
とかになればいいのに! (それは多分死体だ)




というわけで、暑がりの彼女に寄っていってもいやがられない方法、
ひっそり、しかし切実に募集です!



冷却マットとか買えばいいの…?

にほんブログ村

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム