はじめてのひと

今日は、元同居人のセキちゃんの家に遊びにいってきました。

ヨコは社会人二年目からルームシェアをしています。
最初の相手は、大学時代の友人のセキちゃん。
現在の相手は、会社で同期のまう。どっちもノンケです。


セキちゃんは、私が意識的にカムアウトした、はじめての相手。


それまでも「私バイなんだ~」的な、実態のみえない感じで
話をした相手や、とくにいうことはなかったものの、
ヨコは女子も好きになるんだろうとフツーに思っている友達
(とはいえ、女子高思春期的なソレだと思われていたことが
 のちに判明)というのが、周囲に数人いたものの、
ハッキリ「女子と付き合ったことがある」といったのは
セキちゃんがはじめてでした。

大学で同じ学部で、仲良くなったセキちゃんは、穏やかで
思慮深くて賢くて、そしてとてもおもいやりのある人。
人として本当にまっとうで、ちょっと毒もある深い人。
この人、すっごくステキだ! と思って、
仲良くなろうとアタックし、まんまと仲良くなったお方です。

仲良くなると、やっぱりコイバナが出ます。
最初の彼女のことを男性におきかえてずっと話していたのを、
ある時ふと「じつはその人、本当は女性なんだ」といったのが
私の初の「カムアウト」でした。

セキちゃんは、「そうだったんだー」と、
静かに、かみしめるようにそう言って、そのまま続く、
私の騒々しい話を、じっと聞いてくれました。

私がひそかに恐れていた「いいと思うよ~」などという、
一見理解があるげにみえて、実はとおくとおく上から目線の
言葉など聞くことは絶対にありませんでした。

同居している間に、セキちゃんは私のLGBTの友達に
何人も会うことになりましたが、男女問わず
もれなく、セキちゃんの好感度はバツグン。

もともとはけっこうな人見知りなのに、私がバンバン
友人を連れこむのに、文句ひとついわず、
あるとき、「ヨコのおかげで初対面の人と話すのに抵抗感が
なくなったよ~」と言ってくれました。
さすがにとても恐縮したのを覚えています。


何年後かには、同僚がLGBTについて話すのを聞きながら
「なんか遠い自分とは隔てられた人たちのように話すのが
 すごく変な感じ。そんな『自分たちと違う』ことじゃ
 ないのにね」と私に言い、私を絶句させた人でもあります。
なに、その当事者より下手するとするどい受け止め方!!


今日は、こちらも大学の同級生の夫くんが腕をふるって
作ってくれた美味しいゴハンを三人でつつき、
思い出話から電子書籍化の話からお互いの近況まで
色々な話でもりあがりすぎ、終電間近であわてておいとま。
心がほっこりあたたまる夜でした。


来月は、あおちゃんと彼女と一緒にアフタヌーンティです。
たのしみだー!!

PCの方:にほんブログ村
モバイルの方:web拍手
関連記事
スポンサーサイト

コメント

1 ■私も

信頼できる友達にカムしようかなぁって思う、今日この頃です(^-^)

いいですね、自分のこと知ってる友達がいるって♪

セキさんのように、受け入れてくれるといいな。
  • 2011-02-27 01:22
  • URL
  • ぐら #79D/WHSg
  • Edit

2 ■Re:私も

>ぐらさん
はい、フツーになにもごまかすことなく話せるって
やっぱりすごくストレスフリーです☆
多分、自分が信頼できる人なら、絶対にすっと受け入れて
くれると思います。


私は多分恵まれていて、ほとんどの友人が
私の大事な人が女性であることを知っていますが、
そのことで嫌な思いをしたことが一度もないです。

この件に関しては、私は結構気難しいと思うんですが(笑。
(多分「そういうのもアリだと思うよ」とか言われたら
 カッチーンときて、 「そうだねー、男性を好きになるのも
 アリだと思うよ~☆」とか、言い兼ねない。。。
 これも受け入れのひとつなのに。。。(笑)
 好戦的です)
  • 2011-02-27 01:39
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム