恋人がいるということ 一緒に過ごすということ

明日から2月ですね。

付き合い始めてから、週末はあおちゃんと一緒に過ごすことが
とても多かったんですが、2月は、あおちゃんは地元に帰ったり、
スキーに行ったり、私は出張や飲み会があったりと、
ちょっとタイミングがよろしくなく、残念ながら、後半は特に、
ほとんど二人きりで過ごせそうにありません。

さびしい!! というのはあるんですが、それ以上に思うのは、
今までこれだけ一緒に時間を過ごせたのってありがたかったなー、
ということ。
だって、付き合い始めて、一度も顔を会わせなかった週末って
ないんじゃないかな~。


実は、あおちゃんは、ヨコと付き合うまでに、少々お付き合いには
ブランクがありました。

それは、「付き合う人がいない過ごし方」というのが
完全に習慣化するレベルのブランクだったので、
友達になり始めの頃、
「え、なんで今、恋人欲しいと思うの?」と
聞いたこともあったり。

というのも。
付き合う人がいないって、基本的には、自分の予定は
自分だけで決めてよくて、すごく気楽ですよね。

特にあおちゃんは、仕事もめちゃくちゃ忙しいし、
そして地元が大好き!
とにかく仕事! そして、機会があれば、地元に帰っていたのに、
付き合いはじめてからは、ほとんど帰ることもなく、
私に時間を割いてくれました。

それでも、あんまり無理してる様子がない。
私、一度も、そういうストレスぶつけられたことないです。
これってほんとーーにすごいことだなあ、と。

「人と付き合う」って、一般的にしあわせなことだと思われているし
「おめでとう」って言ってもらえるし、実際しあわせだなーと思うことも
多いと思うけれど、「つきあう」って言葉の通り、人と合わせていくことの
連続で、面倒なことも多い関係だ、と思ってます。

この辺りは以前まとめた文章があるので、個別にアップします。
→「その『不自由』を愛す


ともあれ、恋愛が人生に必須な人や、
人と付き合ってる状態に慣れた人ならともかく、
ながらく恋人なしでもやってこれた人が、
ストレスもあまり感じない風に、今私とつきあう時間を
自然に、たっぷり作ってくれること。
これをありがたいと言わずして、なんと言いましょう。

でもって、いざ過ごす時間が少ないと「さびしい」って
言ってくれるんですよ!
「時間見つけて会いたいな」って言ってくれるんですよ!!
きゃー!!!(注:ただのノロケですよ)

一緒に過ごせる時間は貴重なんだから、めいっぱい満喫して
過ごしたいな、と、改めて思う2月です。

とりあえず今週末は一緒に長野に行ってきまーす。
今年初の雪山です。楽しみー!



ちなみに私はスキー派で、あおちゃんはスノボ派です。

PCの方:にほんブログ村
モバイルの方:web拍手
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム