FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたたび太陽の国へ

四年前の旅行記も書き終わらないうちに、来てしまいました二度目のスペイン旅行。

前回は両親とでしたが、今回はあおちゃんとの一週間かけての二人旅でございます。

旅のはじまりから丁寧に書き起こそうとしてるとまた結局書けなくなるのが目に見えているので、今回はリアルタイム性重視ということで、つらつらとSNSな感じで(ブログももともとSNSの一種だけどな)、現地からお送りしたいと思います。
思うだけは思ってます。ハイ。

ちなみにこの記事は、ギミック好きのあおちゃんがゲットしたBluetooth接続のポータブルキーボードをお借りし、スマホに接続して打っております。

うーむ、便利な世の中じゃのう。

※※※

今回の旅の始まりはスペインは首都マドリードから。

朝の10時半頃羽田を出発し、乱気流に巻き込まれてオエオエ吐いたりしつつのちょっとつらい12時間。

KLMは、比較的機内食が美味しいのが救い。



オランダを経由して、夜19時半頃マドリードに到着です。

夜といったものの、スペインは日本より体感2時間以上日が沈むのが遅いので、ついた時はまだ夕方の風情でした。



出国審査がないことにかなり戸惑いながら(乗り継ぎのスキポール空港でやってるのでよかったとのこと)タクシーに乗り市内へ。
マドリードは空港と市内間は、一律料金(現在は30€)なので安心して使えます。

中心部近くまで調子よく飛ばして来たところで通行止めからの大渋滞にハマり、早ければ20分くらいで着くところを1時間かけて到着。

運転手さんはだいぶブチキレておられ、荷物を降ろしたところで、無言で去っていかれました。

そうだよねー、拘束時間長くなっても固定料金だから稼げないしイラつくよねえ…と妙なところで感心しつつ、チェックイン。
ちょっとクラシカルな、綺麗で広いお部屋でした。
アメニティも充実で居心地よし。



今回、ホテルはかなり口コミが良かったところばかり選んだのですが、口コミ高評価はやっぱり安定感がありますね。
慣れない海外、安定感はありがたい。

荷物を下ろしたところで、到着日のメインイベント、世界最古のレストランBOTINへ向かうのでした。


※※※

てなところで一区切りしてみて、まあまあ書き始めると長くなる病が健在だったことを知る。うむ。


応援してくれる人はぽちりと。

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。