対話の時間

二年半くらい前から、コーチングを受けるようになった。


きっかけは同僚からの紹介で、そこから月に二回、一時間半ずつ、コーチの女性と向かい合うようになった。


コーチと話している時間は、
その場しのぎではなく、
時間つぶしでもなく、
打ち合わせでも、話し合いでもなく
情報交換でも、雑談でもない、
純粋に「会話をする」時間。


そこでは、正解も不正解も、いい悪いの評価も、好かれたいも嫌われるかもない。


そこで会話をする目的は、自分がなにを思い、なにをどう感じ、考えているかを真摯に伝えること。
伝えようとする中であらためて、「ああ、自分はこう感じていたのか」「実はこんなことを思っていたのか」と発見すること。
そして、伝えたことに相手から返ってきたものをうけとめて、またあたらしい思いや考えが自分の中にうまれるのを感じること。


この時間に一体どんな価値があるのか、ということはとても表現しづらい。

でも、そんな会話をする時間が、他のどの関係にありうるかといえば、どこにもないのだ。



コーチングを受けはじめてから、一年半くらいした頃、彼女の妊娠により、その時間は少しお休みになった。
そして、今日、10ヶ月位のブランクを経て、久しぶりに彼女との時間がまたはじまった。



小一時間くらい、近況を含めていろいろな話をした後で、彼女が聞く。

「今の調子は、ヨコちゃんにとってどの位のとこにあるの?」

「いろいろな変化を感じている時期です。仕事も心持ちも、体調の面も。
 この変化が一段落ついて落ち着いたときが楽しみかなあ」

「これから人生の軌道としては、どうなっていきそうだって感じてる?」

「もっとよくなっていくんじゃないかなって感じてます」


その言葉はするりと私の口から出ていった。
出ていって、そして私の耳にもはいってきて、私を驚かせた。


彼女も、「おお!」といって、笑った。



それまでに話していたことは、けして明るい話ばかりじゃなかった。

むしろ直前に話していたのは、三年とすこし、通奏低音のように途切れなく鳴り続けている私の強いかなしみとさびしさの話だった。

消化はできない、すこしも小さくはならない、離れてもいかない、ただすこしだけ、付き合い方には慣れてきた、かなしみの話。


それでも、私は人生を明るいものだと感じていて、ここからさらによりよくなると思っているのだ。


そんなことにあらためて気付けた初夏の朝。




にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

先月は誕生日だったんですね、
おめでとうございました!

対話を通じて、自分自身の気づきや可能性を問う貴重な時間なんですね
いいですね^_^

よしのさん

はい、36歳になりました! ありがとうございます!

人と対話する時間って、実は自分とも対話している時間なんだなと思います。
そしてそういう時間ってなかなか取れないので、これからも大事にしようと思います。
  • 2017-06-14 12:45
  • URL
  • ヨコ #-
  • Edit

なるほどです。
私はパートナーが言葉の表現が苦手な方ばかりだったので、
いつも自分との対話はiPhoneのメモ書きでした。満杯でせったい落とせない(笑)
  • 2017-06-14 15:47
  • URL
  • よしの #1FNbDiuY
  • Edit

よしのさん

それは落とせませんね!

あおちゃんも基本的にあまりおしゃべり全般が得意ではないので対話的なものは難しいです。

若い頃は「内面を深彫りする話」ができることがパートナーに求める必須条件だと思ってましたが変わったなーと思います。
  • 2017-06-16 00:52
  • URL
  • ヨコ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム