私がブログを書かなくなったワケ

こんばんは、ヨコです。

この前の記事を更新したら、すぐに拍手をくださった方がいて、こんな数年にわたって完全に沈黙していたようなブログを更新しても、見に来てくださるような方がいらっしゃるんだなー! とびっくりしました。
いや、本当にありがとうございます。ありがたいです。

ゆるゆると更新する習慣を復活させてみましょかね、ということで、手始めに自己紹介の記事を数年ぶりに更新しました。

たしか一応二回くらいは更新してる筈なんだけど、それでも30代はじめです、とか名乗ってて、時の流れの速さに一瞬の目眩。
目にも止まらぬことであるよ。

それをきっかけに一番最初の頃の記事を読み返していて、この記事にたどりつき、そして、自分が何故この場を更新しなくなった理由がなんとはなしにわかってきたので、今日はつらつらそんな話を。


私がもともと長くいろいろなことを書いてきた場は、mixiでした。

mixiには(ご存じの方も多いと思いますが)「あしあと」という、「誰が自分の書いていることを読んでいるか」がわかる、という機能がありました。
これが私の書くことのモチベーションを、長く支えてきました。

誰かが、読んでくれている。
この人が、読んでくれている。
こんな人も、読んでくれている。

読んでくれた人が、どこまで読んでくれたかなんてわかりません。

ある日記については、チラ見すら、もしかしたら、しなかったかもしれない。
書いてあることがサッパリ理解できなかったかもしれない。
不快な思いを、したかもしれない。

それでも、少なからぬ誰かの目にとまっていることが、はっきりわかることは、私が書き続けるに十分なモチベーションをうみだしてくれました。


そんな私が、mixiに書くことをやめ、ブログを書きはじめたのは、当時私の書きたいことがあまりに「恋人がいること」と不可分だったからでした。


当時、私は家族や会社の同僚といった一部の人には「恋人が同性であること」どころか、「恋人がいること」すら知られたくありませんでした。
それゆえに「恋人がいること」絡みのことを書く場合、mixi上では読んでくれる人を制限せざるをえませんでした。


表示を制限した日記は、「読んでほしくない人」がいるだけなのに、あたかも「読んでほしい人」を指名しているかのようで、なんとなく違和感がありました。


知られたくない人以外には誰に読んでもらってもいいのに。

むしろ、知られたくない人以外であれば、できればより多くの人に読んでもらいたいのに。


違和感は次第に強くなり、私はブログを書き始めたのでした。


そしてブログを書いていた数年間のうちに、私には恋人がいることを、そしてその恋人が同性であることを知られたくないという相手は、ほとんどいなくなりました。


家族にカムアウトしました。

転職して、同僚にカムアウトしました。

その前後で、幼馴染にも同級生にも、何かしらパートナーシップについて聞かれる機会があれば「私はパートナーが女性なので」とさらりと説明するようになりました。

知られたくないことがなくなった時、私の書く場所はまた気軽に書けて、そして誰かが読んでいるということがすぐに伝わるFacebookに場所を移していきました。


私の書きたいことの総量もネタも大して多くはないので、どこかに書ければ十分で。

その中で、フィードバックが一番大きい場所を無意識にか選んだ結果、ブログが途絶えがちになり、Facebookになっていったと、どうやらそういうことだったんだなあと、改めて一人納得したのでした。


それじゃあまたなんで、こうやってブログに一人つぶやきはじめたかといえば、またなにかの必然性が、生まれてきたんでしょう。

今度、じっくり自分に聞いてみようと、思います。


にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

フォローミー
yoko_tuzukuhibi

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム