我は如何にしてレズビアンとなりしか-1

このブログでは臆面もなく、レズビアンレズビアンと名乗っていますが

(そう名乗って語るのがコンセプトのブログなので、特に)

私が、自分をレズビアンだ、とハッキリいえるようになったのは、わりと最近です。

それまでは、「バイ」と言ったり、「ノンケじゃない」と、自分を表現してました。


なんだって、そんな分かりにくい曖昧な言い方をしていたか、というのが、今日の話です。


私は、昔から、自分が女性を好きになる、ということに対して、否定的な気持ちになったり

悩んだことは、実は、ほとんどありません。


罪悪感とか、イヤだとか、認められない、とか、そういうことが全くなく、

むしろ、心のどこかで、女性を好きにならない女性はいない、位に思ってました(笑。 

特に思春期は。


中高一貫の女子校に通っていたので、全然ノンケの子も含め、

結構多くの人が、先輩にきゃーきゃー言ってたわけです。

女の子同士で、カップルっぽいのも出来てたりしたわけです。

いわゆる単一性しかいない世界での擬似恋愛ってやつですね。


そんな世界の中、あんまり自分がマイノリティだと思う機会がなかった。

(どちらかっていうと、ヲタクだったことの方がマイノリティ度は高かった気がする)


小学校時代は、れっきとした「好きな男子」がいたのも、男性のアーティストに、

きゅんきゅんとトキメいていたことも、一因としてありましょう。

GLAYの大ファンでした(笑。

男性を好きになる自分というのが、そのときには確かにいた気がしたんです。


そんな中、今思えば、こちらの人生に舵を大きく切る出来事が起こります。

高校二年生のときでした。



長くなるので続く!


---------------

続きはこちら→ 

---------------



そして日々は続く-ブログ村
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

フォローミー
yoko_tuzukuhibi

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム