えれきてるぶっくKindleがきた!

こんばんは、ヨコです。


寒いですね! 雪ですね! 吹雪いてますね!!

こんな日に晴れ姿で新成人はほんっと大変だなあ~、とあったかい部屋でぬくぬくテレビをみてたのですが、

「休日なんだから、一度も外に出ないのはヤだ」

と、主張する、アクティブなあおちゃんに連れられて、渋々外出してきました。



うちの前の雪。こんな降ってんのに…。


足元ぐっちゃぐちゃで、正月のセールでしっかりした防水ブーツを買っていた私は勝ち組。




しかしながら、こんな日は、おうちにひきこもって、本を読んだり、DVDを観たりするのが正統派のしあわせだよね! ということで、今日はこんなものを紹介しちゃいます。むしろ自慢です。




じゃじゃん。KindlePaparWhite。



今朝、手元に届いてからウッキウキで、マニュアルを隅から隅まで読んでは、いろいろな機能を試してました。
あおちゃんはマニュアル読まない人なので、若干呆れてました。

Kindleは、発売される前から、実はめちゃめちゃ気になってたんですが、一足先に買ったあおちゃんが「かなり読みやすいし、使いやすいよ!」と保証してくださったので、満を持して買っちゃいました。



実際いじってみてびっくりしたのは、白黒だから本しか読めないと思いきや、ブラウザ機能もあること。
白黒の画面でよければネットサーフィンもできちゃいます。


手持ちのPDFファイルや、テキストファイルもメールで送っておくと、勝手に同期してくれて端末から読めるのも便利。
翻訳機能も充実してるから、言語の勉強にもいいんだろうけど、まあそのあたりはうん…おいおい……かな……?


もちろんメインの本を読む機能は抜群です。

目は疲れないし、ブックマークの使い方も直感的にいけるし、買うのは楽ちんだし。

あとは、圧倒的な点数の不足が課題だけど、でもこれは必ず増えるだろうからね。
あんまし気にしてません。



なんせ本ってやつは場所取るので、小さいおうちに住む私たちにとって、収納の問題は頭の痛い問題。
しかもあいつら、ものすげーかんたんに100冊単位で増殖するからね。危険です!


とくにビジネス書や漫画は増殖の率が半端ないので、この家に移ってから、私、ほんとーに買う冊数をセーブしてたんです。


あー、いくら買っても本棚の心配しなくていいって、最高だなあ。


紙の形で持っておきたい本は、厳選してこれからも入手するでしょうが、ちょっと読もうかな~って思う程度の本は、電子書籍で入手するようになると思います。


これからは、本屋をうろうろしていて、これはいいかなー、と思う本があったら、その場でダウンロードする世界が来るんだね。



紙の書籍に愛着がある身としては、すこし切ないけれど、便利な技術の恩恵にはあずかって、QODL(くおりてぃおぶどくしょらいふ)を追求しようと思います。




しかしこれは、アンケートでリクエスト頂いた「本の話」とは、ちょっとちがいますね。すみませぬ。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

もう一気に欲しくなってしまいましたよ!
私は小説とかは読まず漫画ッ子ですが、
あいつら本当にいつの間にか増えているんですよ…!
最初は余裕のあった本棚もいつの間にやらいっぱいで…
枕元に漫画が積まれてしまうこともシバシバ…。
電子書籍なら一個でラクラクですものねー。
私はあまりこだわりがないので今持ってるのすべて電子書籍にしたいくらいですが、そうするとなるとまたお金がかかる…!
これから買いたいのだけ電子書籍化がいいのかなぁ…。

「一緒に住んだら漫画は厳選しなさい!」と言われてるので、
ありがたいブログでしたわー!ありがとうございまーすw
  • 2013-01-14 21:21
  • URL
  • ハチ #-
  • Edit

もしかして

あおちゃんが弄ってたやつ?そんな便利なものだったんだ!

こんなのが普及した日には、紙媒体は衰退の一途を辿るばかりだあねぇ…長く複写機メーカーに在籍していた自分に取っては感慨深いですわ。。

けれど、私めも長きに渡り溜め込んだ蔵書を整理する為、生活に取り込もうか一考してみますね。

因みにジャンルはセクマイ関係が大半、次いで料理の専門書、小説や漫画も結構多いかな。
  • 2013-01-14 23:50
  • URL
  • 料理人 #-
  • Edit

>ハチさん

きゃー、遅レスすみません!

漫画の増殖率は、ほんとーに恐るべしですよ! 漫画は一冊完結の物の方が少ないですからね。
いくら本棚あっても足りない。具体的には、漫画喫茶位の書棚がないと足りない。

しかし、漫画が中心でお考えだと、電子書籍の惜しむらくは、まだ圧倒的に対応冊数が少ないことかと…。

欲しい漫画が六割、電子書籍化されるようになってきたら、購入を検討されてはいかがでしょう?
  • 2013-01-22 22:52
  • URL
  • ヨコ #-
  • Edit

>料理人さん

いやー、紙媒体には私は愛着があるので、自分の本を電子書籍化するのはかなり躊躇いがあるんですよねー…。漫画も、小説も。
とくに難しいのは、児童書かなー。

一番スムーズに移管できるのはビジネス書系ですね。
あと、青空文庫がばんばん落とせて読めるので、懐かしの文学作品を気軽に入手できるのがとっても素敵です。
「こころ」を再々々々読してます。

今後、セクマイ系書籍は電子書籍と相性がいいと思うんですけどね!
入手経路とか、買う時のハードルとかを一気に下げられますから。
  • 2013-01-22 23:00
  • URL
  • ヨコ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

フォローミー
yoko_tuzukuhibi

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム