秋の実が生る実家にて

こんばんは、ヨコです。


先週に引き続き、日記機能強化月間(?)ということで、週末の覚書。
今日は、あおちゃんを実家に連れて行きましたよ、という話。


※もはや完全に自分用のメモなのでたたみます。書かなくなると書き方って忘れるね。





うちの実家の庭には柿の木がありまして、秋になるとたわわに実が生ります。

そう、そりゃあたわわに、50~60個。しかも渋柿と甘柿が混在で。


かくして、秋の恒例行事として、干し柿作りが行われるので、その時期になると、皮剥き&柿吊るし要員として、もれなく呼び出しがかかります。



カムアウトして以来、ちょこちょこと、基本的にはあおちゃんに用事がある日にあわせて、実家に帰っていたんですが、帰ると親からは、必ず「あおちゃんは一緒にくるんでしょう?」と聞かれていたので、今回は皮剥き要員の道連れにすることに。



あおちゃんはあおちゃんで、親にそう聞かれたよ~、と話をすると、「私が避けてるみたいじゃん!」と、抗議されていたので、どちらもありがたいことです。



当日は、最寄り駅の隣駅で降りて、ケーキ屋に寄ってから、地元案内。

ここが昔はこんなでねー、とか説明しながら、二人でぷらぷらとお散歩しました。

途中、人生初めてのカラスのフン爆弾を食らわなければ、もっと楽しい道行になったことでしょう。
家まで歩くつもりが、完全に心が折れましたよ…。しくしく。


ナイスタイミングで親に車で拾ってもらい、実家に到着。

犬と猫二匹と、ひとしきり戯れます。





最大の権力者たち。


数ヶ月前、こいつらがもらわれてきたことで、先住の犬が嫉妬してやさぐれて逃亡したりと、大変なことになってるんですが、あおちゃんが犬好きなおかげで、手厚くかまってもらえて、犬、超大喜び。



散歩に行って、お茶した後、本丸の柿の皮剥き開始です。

今回は、実が比較的固くて、皮剥き器が使えたのが幸いでした。
果物ナイフだと10個も剥くと、完全にナイフを握る形で指が固まるもんね。


皮を剥いた後は、渋柿と判断されたものを中心に、串で刺して、すずらんテープで四個~五個位をつないで完成。


クックパッド様の仰せに従い、一瞬湯通ししてから、焼酎をつけてみました。
これで煮沸消毒されて甘くなり、アルコール消毒されて、カビにくくなるんだとか。


満遍なくゴマが散っていて、甘柿と判断されたものは、刻んで砂糖で煮込まれてピュレになりました。



柿の仕込みが終わったところで、近くの蕎麦屋さんで夕飯をご馳走になり、解散。




我が家にも、二吊るし分もらってきました。今、ベランダで揺れています。

一ヶ月位で出来上がるので楽しみです。




にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

柿!

わざわざ届けに来てくれて、ありがとう(^o^)/

ヨコさんのご実家とわが家はご近所とはいえ、市内の端っこ同士にもかかわらず、ホントにm(_ _)m

いただいたピュレは早速手製の豆乳ブラマンジェに添えて楽しみましたし、果実も色々堪能したいと思います☆

因みに堅いのは天ぷらにしたら美味しいよ♪
  • 2012-11-05 10:11
  • URL
  • 料理人 #-
  • Edit

>料理人さん

いえいえ! 引き取ってくれてありがとうございました!
料理人さんの柿バリエーションが気になるよ!
  • 2012-11-10 01:00
  • URL
  • ヨコ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム