ふたりぐらしのつくり方 ~家具編~

二人暮らし開始から一ヶ月が経ち、ようやく生活のサイクルが出来てきました。

週末到着したダイニングテーブルで、ハードウェア的なおうちづくりも一段落、ということで、これまでの二人暮らし生活の作成過程を、ゆるゆると振り返ります。


本日は家具編です。


***


入居当初、新しいおうちは二人で持ち寄った荷物で、完全に溢れかえりました。


我が家は、35㎡ちょいと二人で住むには、かーなーりコンパクトなおうち。

その中で、服をしまえるクローゼットは、寝室にある作りつけのもののみ。
奥行も浅く、幅もないクローゼットには、みそじ女子二人の服が収まるわけもなく、寝室にうずたかく、衣装ケースとダンボール箱が山積み。

リビングには、私が持ってきた、形の合わない本棚が置かれ、そこに二人の本をぎゅーぎゅー詰め込まれ、上には本棚に入りきらないCDが、がちゃがちゃと、これまた重ね置き。
崩れ落ちますよ?

キッチンでは、お互いの家から持ち寄った調味料がだだ被りしたので、冷蔵庫がビンやら何やらでぱんぱん。

バーベキューできそうなくらい無駄程に広いベランダには、掃除機やらゴミ箱やらの不燃物がごろんごろん。

カーテンの数は揃っているものの、どれもこれも丈足らずか、丈が長すぎて合わず、特にリビングのカーテンのつんつるてんぶりといったら、30センチくらい床から浮いてしまって、ひらひら。


という、なかなかな惨状のまま、一週間が経過し、お盆休みに突入。

お盆休み前半は、お互い実家に帰ったり福岡に行ったりしていて、家の片付けはなかなか進まず、ようやく本格的に手をつけられたのは、休み終了間際のことでした。

ちなみに家具の新調に関しては、ニトリ、無印、イケア、インザルーム、通販各社と、ありがちなお店には一通りお世話になったけど、一番大活躍だったのはお値段以上だったな。まじであなどれないよ、ニトリ!

というわけで、お部屋のエリアごとに振り返り。


***


まずは、寝室。
背表紙がむき出しだと、一気に部屋がとっ散らかって見える本棚にテコ入れしました。

背表紙を美しく見せるのは難易度が高いので、扉付タイプで、かつ、丈が低く、圧迫感がないものを…ということで、見つけた本棚がこちら。

本棚
※画像はイメージです。

通販でお取り寄せ。
これが、意外にがっしりと重く、届いた日は私一人だったので、組み立ては断念。
うっかりなので、張り切って一人で組み立てようとした日には足の上とかに板落として怪我しそうだったんだよね。

あおちゃんの実家からの帰宅を待ち、夜十一時から三時近くまでかかって、組み立てました。
背面なんかは流石に安っぽいんですが、前から見た感じは色も綺麗で、本もしっかりおさまったので満足!

扉のところには、行きたい場所のガイドブックなんかを差し込んだり、旅行の記念のうちわなどを立てかけています。



お次は、服の収納。

ポールには、めいっぱい畳めない系統の服をかけ、その他、今までの衣装ケースが収まらないので、無印の半透明ケースを新調して、詰め直し。

我が家は、シュークローゼットが、狭いながらもウォークインタイプになっていますが、流石にそんなに靴はないので、平日はあまり使わないタイプの服を衣装ケースにいれて、そこの下段部分に設置。

最後に、ベッド下収納に、と、イケアで買った組み立て式(?)の布ケース。
これが、ひとつ1000円以下と大変お安かったんですが、収納力が抜群で、大成功。

軽いし、布だから詰め込むと膨らむし、不要のケースは畳んでおけるし、使い勝手も抜群。
これに冬物を詰め込み、ベッド下に収納して、服は、なんとか日々回転できる状態に。



次なるは、キッチン。

我が家のキッチンは、ダイニングと独立した形になっていて、流し台の上にも下にも、後ろにも、作りつけの収納が、充実してます。
システムキッチンで、調理作業の場所が広いのもとっても嬉しいところ。

おかげで、棚を入れたりして整理をしたところ、ぱんぱんだった調味料も、持ち寄った食器類や、調理器具も、どうにかだいぶ余裕をもって収まりました。

ただ、背面の収納が扉付の食器棚タイプで、トースターや炊飯器など、電気を使う器具は置けないね、ということで、念願のレンジボードを購入することに決定。
これは入居前から欲しかったので、もう私、完全にうっきうきです。

家具の買い出しに出かけたお盆最後の平日、イケアで色々と物色していた時に、一つ、赤くてカワイイキャビネットを発見。

これをキッチンボードとして使えばいいんじゃない? と盛り上がった私たちだったんですが、いざ、材料の棚ゾーンで材料が入ったダンボールを引き出してみようとすると、激 烈 に 重い!!!

さすが、イケア……。
走馬灯のように、L-Life Planningさんのお二人の体験談が頭を巡ります。

うーん、うーんと悩んだ挙句、そっと棚に戻しました。

気に入った色が売り切れてたのが、諦める決断を後押ししてくれたんですが、これが後から考えると、諦めといてほんとによかった…!


次に行ったニトリでは、さすが、かゆいところに手が届くサイズ展開と機能性が目白押し!
幅やら奥行やら高さやら機能やら色やらを見比べて、決定したのがこちら(の白バージョン)。

レンジボード
※しつこいようですが画像はイメージです。

幅も奥行もピッタリで、作りつけの棚と色や質感も似ていたので、後日組み立てて入れてみたら、まるでこれも元からあったかのように、しっくり収まりました。
作りも細やかでしっかりして、安っぽさはないし、大満足です。

しかし、組立て説明書も行き届いていて、わりと楽だったんですが、やっぱりこのサイズを組み立てるのはなかなか骨が折れて、完全に半日仕事。
これがイケアのあのキャビネットだったらと、正直気が遠くなりましたよ!
男手がないカップルには、イケアの組み立て家具は鬼門ですね。


そして本来であれば最優先の、各部屋のカーテン各種。

一番、部屋の顔を決めるリビングのカーテンは妥協したくない、とあおちゃん。
これだけは、他の家具を購入した日には決め切れずに、別の日に持ち越しました。

うち、天井が高いからインパクトあるしね~。いいよいいよ、カーテン探しのデートしようよ!

ということで、半日かけて、KEYUKA、ACTUS、LOFT、無印、百貨店のインテリアショップと、あーでもないこーでもないと見比べながら、ぶらぶら。
デザインがポップ過ぎず、シック過ぎず、値段も高すぎずって、これがなかなか難しい。
サイズがオーダーでしかありえなかったのも、値段的にはマイナスでありました。

最後に、インザルームで、デザインと値段が折り合うものが見つかり、無事オーダー完了。

薄緑色が基調で、家具のメインが、ダークブラウンと白の部屋が暗くなりすぎず、いい感じ!
これが届いて、ようやくつんつるてんで、下からは部屋の中が丸見え状態を脱出したのでした。



そして最後は、ダイニング。

くつろぎスペースとしての、リビングテーブルとソファ。これはあおちゃんのおうちから持ってきたものをそのまま利用。
そして、食事スペースとしてのダイニングテーブルセットを置こう、と、部屋探しの段階から夢見ていたものの、我が家のリビングダイニングは7畳ちょい。
しっかりしたダイニングテーブルでは、くつろぎスペースへの圧迫感は避けられない。

ミニサイズで、色はダークブラウンで、出来れば70×70くらいのサイズであればいいかね、なんて話をしてたところ、ニトリでこの子と運命の出会い。

ダイニングテーブル
※重ねて言いますが画像はイメージです。

サイズは60×60で、伸ばすと60×90まで拡張されます。


椅子はこの小さな机の下に収まるように、セットの椅子ではなく、背のないスツールタイプの椅子を購入。
これが意外に座り心地がよくて、クッションもビニール感がないので、気に入っています。
軽くて、高いところの足場としてひょいひょい持ち歩けるのも◎。

リビングテーブルでご飯を食べても、一応不自由はないけど、やっぱりダイニングテーブルはいいね!
ご飯を食べるにも、パソコンを叩くにも、勉強するにも、やりやすくて感動。



このダイニングテーブルの導入で、うちのおうちづくりはようやく一段落したのでした。





つぎに、食事&生活ペース編を書こうか、初期費用編を書こうか迷いちう。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

そろそろ

わたしも書こうとおもっていたネタなので、我が家と比べておいしく読みました。
いまほしいものNo.1はダイニングテーブルですw ねー、あったほうがいいよねー。
  • 2012-09-11 12:18
  • URL
  • 圭 #-
  • Edit

連続のコメント失礼します( ̄0 ̄)/
近い将来二人暮らしを開始したい私にとってなんてありがたい記事~!!
生活編、初期費用編どちらも楽しみに待ってます( ´∀`)/
  • 2012-09-12 13:58
  • URL
  • ちょり #-
  • Edit

>圭さん

そろそろ書いてくれるんじゃないかと待ちわびておりますよ!
ダイニングテーブルはですねー、ほんといいです。超おすすめです。
パソコンもいじりやすいっす。
  • 2012-09-12 23:39
  • URL
  • ヨコ #-
  • Edit

>ちょりさん

連続大歓迎です~^^

やー、人様のお役に立てるようには全く書けていない覚書ですが、楽しんでもらえたら嬉しいです。
二人暮らし、開始ご予定なんですね! 楽しみですね!
  • 2012-09-12 23:40
  • URL
  • ヨコ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

フォローミー
yoko_tuzukuhibi

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム