南の国のそぞろ旅4 曾木の滝と遺構と

最終日三日目の目的地は、曾木の滝と、曾木の滝発電所遺構。


曾木の滝は、東洋のナイアガラともいわれる滝で、広い滝幅と、うねりと起伏のある景観が魅力です。

予定を組んでいる中で、三日目に行けるところを検討していたところ、この滝を霧島の近くで発見。

滝ラバーのあおちゃんが観たかろう、と思って提案したのですが、この滝の近くに水力発電所の遺構があるということを知った瞬間、私のテンションが、あおちゃんを追い抜く勢いで劇的にアップ。

この水力発電所は、普段はダムの底に沈んでいるんですが、夏季に水位が下がると、レンガの壁が綺麗に残った遺構が現すという、なんとも幻想的なもの。


廃墟好きには鼻血が出そうな、この雰囲気。

遺構


基本的には、川を挟んだ向う側の展望台から見られるだけなのですが、色々調べる中で、夏には遺構の裏手まで降りていける、冒険ツアーがあるらしい、という出どころが若干曖昧な不確定情報が出てくるに至っては、テンションは天井知らずにうなぎ昇り!

そのあたりからの私の目の輝きっぷりったらなかったようで、あおちゃんが「……すごいね」と感心してました。
(若干引き気味なのは、気にしてはならない)





というわけで、朝からテンション高く、曾木の滝に出発。

滝公園から、滝におりていくと、ここ最近の雨からか水量が多くなっていて、轟々と遠くまで音が響きます。
思いの他の、すごい迫力!

曾木の滝

ここではあおちゃんの目がきらっきらと輝き、色々なポジションから滝を激写。




そして、その滝に近づく道に、こんな看板が。

冒険の地図

ぎゃー、冒険ツアー、ほんとにあったー!!



山と川沿いの道を踏み越え、そびえたつ発電所の遺構へむかう夏の冒険!

これがときめかずして、なんにときめきましょう。


というわけで、滝をもっとじっくり眺めていたいあおちゃんをひきずって、わざわざ飲み物や食べ物まで車に取りに戻り、いざ、冒険の旅に出発!!
















……したはずが、最初の看板から、次のポイントに向かう道が、どこを探してもない。


どうやらダムの工事を行っていて、冒険の道は無残にも閉ざされていた模様。。。。




その苦い事実を飲み込みかね、次のポイントと思わしきところまで、車を走らせて、うろうろと冒険の道を探るも、最終的には鉄格子に行く手を阻まれました。




立ち入り禁止

ああ、無情。



うん、乗り越えようかなって一瞬、本気で思ったヨ。

でも30代女子二人して、不法侵入で捕まるのも残念すぎるので辞めました。



ざーんーねーんーすーぎーるーーー!!



てか、今やってないなら、最初の看板にそこんとこ書いとけよ! な!?



近づけずとも、せめて全容は眺めたい、ということで、川の対岸にある展望所へ。



遠く眺めた発電所遺構は、それでもやっぱり素敵で、写真を激写夏の冒険が果たせなかった切なさをかみしめたのでした。


でも、全く人けがなかったおかげで、珍しくあおちゃんが手を繋いでくれたのは嬉しかったなー。




その後は、町中から見える珍しい滝「龍門滝」を見にいったり、

龍門滝

あおちゃんご所望の加治木まんじゅうを入手したり、
ヴォアラコーヒーでまたコーヒー豆を買って、劇的に美味しいカフェオレを飲ませて貰ったり
(珈琲の香りの素晴らしさと味の濃厚さとミルクのバランスが絶妙すぎて、頭から花が咲くかと)、
新居の家具の調査にちょっとニトリを覗いてみたり、
薩摩蒸氣屋でお土産を買いこんだりと、
夏の鹿児島をとろとろドライブしてから、空港へ到着。


遅いお昼を取って、帰途につきました。



夕焼けと富士

飛行機の外から夕焼けと富士。



あおちゃんの大好きな鹿児島への、念願の二人旅行。
かなりミーハー感溢るる、しかしながらのんびりとした、とっても楽しい旅行でした!




今回行ききれなかった場所には、また行きたいな。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

鼻血1号が通ります。
廃墟はもちろん好物ですが、この写真だとドールハウスや箱庭のようにも見え、これまた大好物なのでたいへんです。ふー!

あらためまして、お帰りなさい。
  • 2012-09-04 21:49
  • URL
  • 圭 #-
  • Edit

>圭さん

鼻 血 で す よ ね ! !

この素晴らしさを共有してくれて嬉しいな~。
ドールハウスか箱庭かー。
ダムの中に囲われた廃墟と思うと、正にその通りのような気がします。

ようやく現在に戻ってこられましたw
  • 2012-09-07 00:08
  • URL
  • ヨコ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

フォローミー
yoko_tuzukuhibi

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム