南の国のそぞろ旅2 素敵カフェと砂丘と

さてさて、あっさり鹿児島旅行からは一ヶ月以上が経ってしまいました。

ほんと、この一ヶ月は、休みは多かったけど、怒涛のように過ぎて行ったなー。
いつの間にかの秋空に、夏の名残りを惜しみながら、ゆるゆると覚書再開です。

----

美山の釜見学の後は、美味しそうなケーキを食べに、いちき串木野市のカフェへ。
ここも勿論、「ぼくの鹿児島案内」に載っていたお店です。

Yano Cake Ten カフェ・ソワサント

ここはもう、雰囲気が本当にやわらかくて素敵で、木造りの店内で、とってもゆったりした気持ちになります。
ケーキは、カフェの雰囲気そのままのやさしい味。

このチーズケーキなんて、濃厚でこってりしてそうなのに、舌触りふわふわで、かるーい甘さ。
あー、おいしかったなー!


さて、このカフェで、一旦今日の行きたかったところリストの消化目標を達成したのですが、この日はまだちょっと時間がありました。

このまま市内に戻るか、どうしようかねーと、地図を眺めて、日本三大砂丘のひとつ「吹上浜」まで、車を走らせることに。


砂丘、というと、砂漠っぽい感じをイメージしちゃうんですが、吹上浜は広い広ーい砂浜で、ああ、こういうのも「砂丘」っていうのかー、と思いながら、夕暮れ時の海沿いを散策。

白くて丸くて平べったくて、表面の真ん中にぽつぽつとした点で花のような星のような五角形模様がかたどられている不思議な貝(ハスノハカシパンと言うらしいです! ※スカシカシパンから訂正しました)を拾ったりして遊んでいるうちに、潮風と汗まみれになる我々。

ちょうど浜に寄る前に見かけた近くの温泉へゆき、夕日を眺めながらゆったり湯に浸かりました。


温泉のすぐ近くの展望台で観た夕焼けは本当に綺麗だったなー。



市内に戻って、夕ご飯はおでんの「四季」へ。


店構えは、なかなかクラシカルで人目を惹く感じではないのですが、そんな通な雰囲気のお店にいったのも、勿論「鹿児島案内」の影響。


なかなかよそで食べられないトマトのおでんや、美味しい芋焼酎をリーズナブルな値段で頂けて、とっても満足!


行きは路面電車に揺られ、帰りはぷらぷらとお店のある天文館からホテルのある鹿児島駅まで、夏の夜の散策を楽しんで、一日目が終わったのでした。



一日目は長かったなー。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

天神?天文館じゃなくて?

すみません、通りすがりですが気になって…。
  • 2012-08-29 09:52
  • URL
  • 遥 #nQ5bPT7s
  • Edit

>遥さん

ありゃりゃ、間違っちゃってましたね。
訂正しました!
ご指摘ありがとうございます☆
  • 2012-08-29 12:46
  • URL
  • ヨコ #bxvF113M
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム