私のカミングアウトレターズ-6 <終>

次の日、母親からは事務連絡とともに、
「受け入れるのに少し時間がかかるみたい」
とメールがきた。

あれほど私の子供を心待にしていた母親が、
受け入れようとしてくれていることに、ただただ、頭が下がった。


私に約束を破られた弟も、
「全然いつも通りで驚いた。彼らの強さを思い知ったよ」
と、あの後の両親の様子について教えてくれた。



カムアウトした次の週末、夕飯を食べに、実家に帰った。

一緒にご飯を作って、食べて、近所の美味しいケーキをつまみながら、
いつも「友達」と置き換えて話をしていたあおちゃんの話を、「恋人」として、
「彼女」として、話をした。

少しぎこちなくて、でも、思いのほか普通で、なんだか不思議な感覚だった。




前日までに書いておいた手紙は、話すべきことは話せたので、
基本的には、用がなくなっていた。

ただ、話したことは消えてしまうし、いつしか曖昧になってしまう。

きちんと形にして渡しておきたいと、改めて書きなおして、
便箋に手で書き写して、投函した。


手紙には、話を聞いてくれたことへの感謝の気持ちと、
今まで打ち明けなかったのに、今回、打ち明けようと思うに至った理由と、
これからのことをどう考えているか、そして、これからの私を見て
安心してもらえるようになりたい、そしていつか私の恋人を紹介したいと、
そんなようなことを書いた。


あまり普段は書かない手書きの字は、バランスが悪くて汚くて、
しかも気付いたら、便箋の上下が逆になってしまっていて、
私らしくて、なんだか笑えた。



カムアウトがひと段落して、いま、改めて実感するのは、
カムアウトはゴールではなく、これからの親との関係を作っていく上での、
スタートの合図だということ。

これから、親が私に何を思い、何を期待し、
関係がどう変化していくのはわからない。
なにかが激しく逆戻りすることだって、荒れ模様になることだって、
あるかもしれない。

でも私が絶対に忘れたくないのは、このことを真剣に、きちんと
目をそらさずに、親が受け止めてくれようとしたこと。


あきらめなくて本当によかったと、思ったこと。


少しずつ新しく「これからのこと」を、つみあげていこうと、思っている。



*** *** *** ***



ことのはじまりから自分の頭を整理するために、ずいぶんと、
長く細かな連続記事になりました。


文体に、違和感を感じられた向きもあったと思いますが、
自分の気持ちや状況をまとめるのに、一番私には適していたようで、
おかげですとんと書けました。


ちなみに、ご存知の方も多いと思いますが、「カミングアウトレターズ」は、
親や教師とゲイ/レズビアンの子供の往復書簡をまとめた本で、
いずれ親にも、この本を渡せたらなと、思っています。

カミングアウト・レターズ/太郎次郎社エディタス

¥1,785
Amazon.co.jp

今回は、勝手にタイトルを拝借いたしました。



長くなった私の個人的な覚書を、ここまで読んでくださった方、
暖かいコメントを下さった方、ランキングを押してくださった方、
見守られているようで、とても嬉しかったです。


ありがとうございました。



にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

1 ■無題

ここまでの一連を息を詰めて読みすすめてきました。
お母様が付き合っている相手は男性か尋ねた所、お父様の優しいけれどチェックメイトな言葉に息を飲みました。

最善の道は分かりませんが、弟さんもいらして、ヨコさんのカミングアウトは身近でとても最良に私には思えました。
また、この本の存在を知りませんでしたので近々読んでみたいです。

私はハチと見ている未来を家族に伝えていませんし、きっと直面するであろう状況を…
今はまだ足踏みしています。

ヨコさんとあおちゃんの素敵な未来が見える記事ありがとうございました。
  • 2012-06-15 15:09
  • URL
  • 桃 #79D/WHSg
  • Edit

2 ■無題

初めまして、こんばんは。
以前からちょくちょくのぞかせていただいてました。
なぜか5の最初から涙がでてきました。
よかったですね、というのも適切ではないかもしれませんが、少なくともご両親の前で嘘をつかずに生きていけるのは喜ばしいことだと思います。
いいご両親といい弟さんと、それから、素敵な恋人さんと。ゆっくり進んでいけるといいですね。
  • 2012-06-15 23:46
  • URL
  • いぬ #79D/WHSg
  • Edit

3 ■Re:無題

>桃さん
ここまで読んで頂いて、ありがとうございました。
素敵な未来を、作っていきたいです。

タイミングはきっとある、と思うので、足踏みしているうちは、
話すべき時ではない、ということじゃないかと。
焦らず、関係と自分を作っていきましょー!

本は目がめちゃめちゃ腫れてもいい夜に読むことをお勧めしますー。
何度読んでも涙が出ます。
  • 2012-06-17 01:22
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

4 ■Re:無題

>いぬさん
コメントありがとうございます。

よかったですね、と声をかけて頂いて、ありがたいです。
私は、よかった、と思っています。

至らないことも多いんですが、大事な人たちを大事にしながら、
生きていきたいなと思います。
  • 2012-06-17 01:25
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

ヨコさん、初めまして。偶然見つけました…が、こんなに感動して、コメせずにいられません。多分二丁目のどこかでお会いしてるかもしれませんが、突然の御無礼をお許しくださいね。
まず、カミングアウトとは、時には自己中心的、自己満足的な形になることもありますが、ヨコさんの場合は寛容なハートをお持ちのご両親でいらっしゃるからこそ、第一歩が乗り越えられたかと思います。
ヨコさんの直向きなお人柄が文章にも滲み出ており、拝読させて頂きながら、非常に共感できました。そのお人柄もきっとハートフルなご両親譲りなのでしょう、と感じました。弟さんも含め、素晴らしいご家族、素敵な恋人をお持ちですね。そして何よりもヨコさんの勇気は、マイセク仲間の誇り、自信に繋がりますよ。
私は両親にはカムしておりません。彼らは古い人間ですし、話してもきっと呆れて返す言葉が出ないと想像つきます。父は恐らく反対はしないはずですが、母の口煩さには耐えられない上、生涯、嫌味な事を言われるであろうと予想出来るからです。
逆に自分も辛くなりますし、両親も悲しむ結果になるならば、こちらの自己満足でカムはできませんでした。
しかし、親という存在は必ず子供の幸せを願っているはずですから、形はどうであれ、幸せに生きてる姿を見せることが、無理に孫を見せるより大切なのかもしれませんね。

人の考えは千差万別である故、それぞれのご家庭のスタイルがあって当然ですが、ヨコさんは実に恵まれておられて良かったですね。どうか末長くお幸せにお過ごしくださいませ。稚拙な文章にて失礼致しました。
  • 2013-11-11 11:55
  • URL
  • 地下足袋 #nkutbCtA
  • Edit

>地下足袋さん

折角丁寧なコメントを頂きましたのに、一ヶ月以上たってからの返信となったこと、まずはお詫び申し上げます。

改めまして、はじめまして。

このカミングアウトが結果的に良好なものとなったのは、ひとえに両親の「理解しよう」とした姿勢にあったことは間違いありません。
そして、その姿勢は今でも継続して、私とあおちゃんの生活と緩やかに関わろうとしてくれています。
あおちゃんも、それに対し「よくしてくれている」といって気づまりなことも多いであろう、私の家族との交流に厭わず参加してくれることはありがたい以外のなんでもありません。

これらは全て色々な幸運に恵まれた結果なので、これが誰かの参考になるとか、そういったことを思ったことはないのですが、ただ、こういった言葉をかけて頂けるのはとても嬉しいものですね。

色々な方の誠意に、誠意で返せるように暮らしていきたいと思っています。
  • 2013-12-22 23:59
  • URL
  • ヨコ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム