私のカミングアウトレターズ-5

弟、ごめんね、と、口に出したか、心の中か、一言、呟いてから、


「結婚しないのは、私が付き合っているのが女性だからです」


と、二人に向けて、いった。


やっぱり…と母親が呟いてから、それじゃあ子供は生まれないわよね…と
残念そうに、ぽつりと言葉を継いだ。



そこから何を話したかは、じつは記憶がすこし曖昧だ。

とにかく、いま幸せで、その人と一緒に生きていきたいと思っていて、
ただ、その道の先に、いま結婚や子供がいないだけで、
なにかトラウマがあるとかではないんだ、とか、
そして今、女性と付き合っているというだけでなく、
女性としか付き合えないんだ、といったようなことを、
ただただ一生懸命話した気がする。


全然、私はきちんと話せてなんかいなかったと思うけれど、
親は二人とも、ものすごくきちんと話を聞いてくれた。


なんの否定もせず、怒鳴ることも、泣くことも、責めることもせず、
どんな人なんだ、とか、何をしている人なんだ、とか、
どこら辺に住んでいて、どの辺りに勤めているのかとか、
ものすごくふつうに訊いてくれた。

つきあってどれくらいなんだ、と聞かれ、一年と9カ月くらいかなと
答えたら、全然短くなんかないじゃないか、そんなに付き合ってるのに、
まだ一緒に住んでいないのか、といわれて、驚いた。

ちかぢか一緒に住むつもりで、それが一つの区切りだから話そうと思った
といったら、どの辺りにすむんだとか、いつ頃からの予定だとか聞かれるだけで、
本当に一つの反対もなくて、私はただただ、一つ一つ、答えていた。

男の人を好きになったりはしないのか、とも聞かれたので、
私の感じ方を説明したら、それはそれ以上何もいわれなかった。
母親は、孫が出来ないのが、残念、と、少し悲しげに嘆息するように言った。

ちょっと前に、弟に言った時、驚いたけど姉ちゃんが一人でなくてよかった、
と言われて嬉しかった、というような話をしたら、父親は笑って
「あいつは姉ちゃん、大好きだからなあ」といい、
「でも、同じようなことを思うよ」といってくれた。

私は、ありがとうってちゃんと言えてただろうか。


***


気がつけば、夕暮れが迫っていた。

これから予定があるという両親に、駅まで送ってもらって、手を振って、別れた。

最後に父親は、
「お前はもうちょっと、俺たちと遊んでくれなきゃだめだ」
といって、笑った。



あおちゃんのうちに向かう電車に揺られながら、
絶えず涙がこみ上げてきて、こらえるのに必死だった。

あおちゃんに会って、どんな感じだった、という話をしているのに、
なんだか現実感がまるでなくて、ご飯を作って、食べても、
どこか上の空で、少し気が緩むと、涙が出てとまらなかった。


今でも、なんであの時あんなにも泣けたのか、自分でも説明がつかない。


悲しいはずも、辛いはずも、悔しいはずもない。

親は私を否定せず、きちんと聞いてくれて、私はすごく嬉しかったし、
すごくありがたかったし、悪い予想はなにひとつあたらなかった。



でも、とめようもなくこぼれてくる涙は、感動の涙というのも違った。


よるべないような喪失感に、ただただ泣けてしょうがなかった。


「話しを聞いてくれてありがとう」とメールした私に、
「話をしてくれてありがとう。お前が幸せなことが俺の願いだ」と
返ってきた父親のメールには、さらにひどく泣いた。


あおちゃんはずっと頭や肩を撫でてくれて、夏の夜のぬるい空気の中、
長い散歩につきあってくれた。



にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

1 ■無題

とりあえずお疲れさま。

泣くだけ泣いたらあとはもう、笑うしかないですよ。。

私もあなた方の幸せを心より願っております
  • 2012-06-14 00:15
  • URL
  • 料理人 #79D/WHSg
  • Edit

2 ■お疲れさま

お疲れさま! お疲れさま!
まだ終わっていないのに「お疲れ」とお声がけすることが正しいのかはともかく。

喪失感ということばに共感しました。
親に反対してほしかったという意味ではないけれど、
なぜか虚しく寂しく泣けた、じぶんのXデーを思ったりして。
  • 2012-06-14 00:40
  • URL
  • 圭 #79D/WHSg
  • Edit

3 ■おお~

お疲れ様でした!
きちんと聞いてくれてよかったね。
そして、あおちゃんさんがそばにいてくれてよかった!
喪失感というの、分かる気がするなあ。悲しいとか失ったとかいうんじゃなくて、なんつーか…後戻りできない感じだよね。悪い意味でなく。

徐々に「御家族が自分のことレズだって知っている」って状態に慣れてくるから大丈夫さ!
なにはともあれ、お疲れ様! つ酒
続きも楽しみにしていますよ~
  • 2012-06-14 01:28
  • URL
  • ネバヤ #79D/WHSg
  • Edit

4 ■ありがとうございます。

カミングアウト、私は ごくごく親しい友達にだけにしかしていません。
親にも妹にもひた隠し。おそらく一生言わないだろうと思います。
さんざん迷い、悩みぬいた末の、言わない決断でした。

ヨコさんのお父様とのやり取り、読んでいて涙が溢れてきました。
ただ 娘の幸せを願うお父様の気持ちは…強くて、切なくて、いとおしい。

どういう自分でも受け容れてもらえる親子関係は、
ヨコさんの心に寄り添ってくれるあおさんと共に、宝物ですね。

心にじん…と滲みました。
ありがとうございました。
  • 2012-06-14 06:49
  • URL
  • ♪ねこ♪ #79D/WHSg
  • Edit

5 ■無題

お父様とお母様の反応を見て、胸にせまるものがありました。

私の場合はっきりと、自分はどう生きたいのか、そこが固まりきってなかったから、
両親を中途半端に傷つけるだけに終わっちゃったのかな…と反省…。

喪失感のくだりも、痛いほどよく伝わりました。
でもその喪失感から新しく創りだしていく作業が始まるわけで。
これからのヨコさんとパートナー、家族の皆さんに幸あれ!

勇気と気づきのきっかけを頂きました。ありがとうございます。これからも応援しています(*^▽^*)
  • 2012-06-14 07:56
  • URL
  • ゆうか #79D/WHSg
  • Edit

6 ■無題

両親にどう伝えよう、どうきっかけを作ろう…と考え続けている自分にとって、ヨコさんの文章はすごくリアルでドキドキしながら読んでいました。

ご両親がそのままのヨコさんを受け入れてくれてよかったですね!弟さん、お父さんの言葉にジーンとさせられてしまいました。

ブログで読めて本当によかったです☆
  • 2012-06-14 08:20
  • URL
  • ちょこぷぷ #79D/WHSg
  • Edit

7 ■無題

とにもかくにも、お疲れさまでした!

ステキなご両親で、心うたれました。

そして、ヨコさんのカミングアウトの姿勢も
こういうふうにブログに書かれるのも
ステキだなあ、と思いました。

きっと、ものすごーくパワーを使って
大変に疲れてると思うので、
少しでも、のんびりしてくださいませー

  • 2012-06-14 12:48
  • URL
  • エルモ #79D/WHSg
  • Edit

8 ■無題

連日、話の行方が気になって
1行1行、真剣に読んでおりました。

今回の記事はかなり早い段階でウルウルして
しまってたのですが、
「話をしてくれてありがとう。お前が幸せなことが俺の願いだ」という
お父様のお言葉を見た瞬間にぶわっと溢れてしまいました…。

うーん・・・
うまく言葉にできないのですが
ともかく、これだけは・・・

本当に良かったです!
お疲れ様でした!!
  • 2012-06-14 12:52
  • URL
  • ring #79D/WHSg
  • Edit

9 ■無題

なんとか無事、一番大きな試練(?)を乗り切ったようでホッとしました。
お母さんの「やっぱり…」って、予想してたってことかね?
それにしても、ビックリな内容の直後に、前向きで建設的な話ができるなんて凄いご両親だね!!!

  • 2012-06-14 18:59
  • URL
  • 山ちゃん #79D/WHSg
  • Edit

10 ■無題

ヨコさんへ。
こんなふうにご両親に伝えることができたこと、本当によかったですね。
ヨコさんの話を静かに受け取られたご両親と、ヨコさんたちお二人との関係が よりよいものになっていくと信じています。
これから始まっていくのですね。
ひとまずお疲れ様です。
  • 2012-06-14 19:20
  • URL
  • アル #79D/WHSg
  • Edit

11 ■無題

毎日、どきどきしながら読ませて頂いてました。
ヨコさんの幸せが伝わって、本当に良かったですね。

私はまだ、両親に言うとも言わないとも決めかねたままで、
皆さんの共感する「喪失感」というものも、実はイメージが掴めていません。
ただいつかカムする時が来たら、
ヨコさんみたいに、両親への感謝も含めて話をしたいなと思えました。

沢山エネルギーを使って 沢山沢山泣いた後は、
あおさんの隣でゆっくり休憩して下さいね。
これから一緒に暮らすまでのお話も、楽しみにしています◎
  • 2012-06-14 22:36
  • URL
  • 天瀬 #79D/WHSg
  • Edit

12 ■とても

とても素敵なお父さんですね。
私も自分のことを思い出しました。

私の父は職人気質の頑固者を絵にかいたような人で

そんな父が駆け落ちをした僕に
「お前は悪いことをしているわけではないから
胸を張って生きたらいい」と言ってくれた話を。

固まっていた何かが溶けて溢れ出すようなそんな涙が流れて
止まりませんでしたね…。

お疲れ様でした。
  • 2012-06-14 23:09
  • URL
  • シン侍 #79D/WHSg
  • Edit

13 ■Re:無題

>料理人さん
ありがとうございます!
これからもよろしくねー!
  • 2012-06-17 00:39
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

14 ■Re:お疲れさま

>圭さん
あざっす!

私も圭さんの「寂しさを覚えた」という一節は
非常ーに共感しました。
というか自分も言った直後だった為、完全にだら泣きでした。

旅立ちの涙なんでしょうね。
  • 2012-06-17 00:43
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

15 ■Re:おお~

>ネバヤさん
「後戻りできない」

ま さ に ! です!

私が三回位書いて消した言葉を何故ご存知かと瞳孔が開きそうになりました。

ありがとうございます!頂きます! 酒⊂

本当にお互いに慣れていければいいなと思っております。
焦らずにゆきたいと思います。
  • 2012-06-17 00:46
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

16 ■Re:ありがとうございます。

>♪ねこ♪さん
読んで頂いてありがとうございました。

関係ごとに、その人ごとに、本当に色々な選択がありますよね。

ねこさんの選択肢が一番ねこさんの人生を幸せにするものなのだと思います。

宝物、本当ですね。
大事にしていきたいと思います。
  • 2012-06-17 00:49
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

17 ■Re:無題

>ゆうかさん
ありがとうございます!

お互いが生きている以上、向き合い方に終わりはないと思います。
ゆうかさんの幸せや思いや方向性が、いつか大事なご両親に
伝わりますように。

新しく創り出していく作業に、幸あれと祈ってくださった気持ち、
とてもうれしかったです!
  • 2012-06-17 00:51
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

18 ■Re:無題

>ちょこぷぷさん
タイミング、本当に難しいですよね!
今回は本当に天から降ってきたようで、
私は色々な意味でラッキーだったと思います。

読んでくださってありがとうございました!
  • 2012-06-17 00:52
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

19 ■Re:無題

>エルモさん
わーん、ありがとうございますー!

カムアウトの後、改めてエルモさんの記事を読み返し、
「ものすごーくエネルギーがいる」と書かれているのを読んで、
ちょっと安心したりしてました(笑。

&クッキーさんのカムアウト記事を再度泣きながら
読んだりしてました。

のんびりします(笑!!
  • 2012-06-17 00:57
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

20 ■Re:無題

>ringさん
そんな真剣に読んで頂いてしまって…
本当にありがとうございました!

父親の反応は、大変ありがたいものでした。
大事にして行けたらなあと思っています。
  • 2012-06-17 00:59
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

21 ■Re:無題

>山ちゃん
おー、コメントありがとー!

うん、学生時代あたりで「友達と仲が良すぎる」と
思ったらしいっす。

前向きで建設的なのは、私も本気でびっくりしたよ!
60半ばを過ぎてマジであなどれない!!

ご飯近々行こうねー。
  • 2012-06-17 01:03
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

22 ■Re:無題

>アルさん
ありがとうございます!

本当に、良かったと思ってます。

よりよいものにしていなかったらもったいないですよね。
頑張ります!
  • 2012-06-17 01:03
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

23 ■Re:無題

>天瀬さん
ありがとうございます!

幸せは、口だけじゃなくて、これから生きる姿で伝えていけたらな、
と思っています。

言うも言わないも、天瀬さんにとって一番しっくりする選択肢となりますように。

そして「一緒に暮らすまでの話」。
次なるテーマを当てられるとは流石です!
こちらはのんびり書いていきたいと思います☆
そしてこちらもうまくいきますよーに…(笑。
  • 2012-06-17 01:08
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

24 ■Re:とても

>シン侍さん
すてきなお父さんですね!

自分と違う生き方が認められるのは、
根がどっしりしている、ということなんだなと思います。
駆け落ち、ということで、色々な事情があったと思いますが、
そんな言葉をかけてくれるって、すごい。

読んで頂いて、ありがとうございました!
  • 2012-06-17 01:09
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム