ひとつ、その人のいないところで、人の悪口を言うことは、
自分の回りに毒をまいていくこと。



ふたつ、誰かのために何かをやってあげている、と思うことは、
人の名前で、借金証書を書くこと。
同意の下でない借金はデフォルトの元。



どちらも人を遠ざけ、自分を最終的には長く苦しめるようになる。

ひとつめはまだ気付きやすいけど、ふたつめは本当に気付きにくくて、
だからこそ、人間関係の致命傷になってしまう。


人が孤独になっていくのには、理由がある。

いまの自分に相応しい関係が自然と形成され、
色々な意味で、身の丈にあわないものは、失われていく。


私は本当にやってないだろうか?
底冷えするような気持ちがした。



にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

1 ■無題

ふたつめですが、最近は、誰かのために何かをさせていただいてる、という意識で行動しております。その誰かに感謝しつつ。

誰かの部分は何かにも置き換えられます。

それからは幾分体が軽く心が楽になったけれど…

しかし、これも、たぶん、借金証書にあたるのだろう
  • 2011-11-27 01:44
  • URL
  • 料理人 #79D/WHSg
  • Edit

2 ■無題

広く浅くお付き合いしていた友人達は、時間と共に失われて行きました
あの人は今じゃないけれど、業界から姿を消した人も数知れずです(笑)
親友と呼べる人は一握りしかいないけれど、それが今の自分に相応しい関係なのだと思っています。
  • 2011-11-27 10:40
  • URL
  • 肉子 #79D/WHSg
  • Edit

3 ■Re:無題

>料理人さん
「人のために何かをしてあげたい」という気持ちは
誰もが持っているものだと思うのですよー。
それ自体は、決して悪いものではないはずなのに、
いつのまにかそれが人を遠ざける行為になるなんて
悲しいことです。。。
  • 2011-11-28 22:11
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

4 ■Re:無題

>肉子さん
自分に残っている関係に、絶対に自分が
反映されているんですよね。

100人がちょうどいい人もいれば、
1人がちょうどいい人もいる。

20人は年に一回くらい、10人が月に一回くらい
交流するのがちょうどいい人もいる。

毎月10人がちょうどよかったはずの人の周りから、
どんどん人が消えていくとしたら、それはなにか、
その人自身に変質があった、と思うべきなんだと
思いました。
  • 2011-11-28 22:13
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム