セックスについて、ものおもうところ

ちょっと読書日記みたいなのが続きます。


一か月くらい前に、こちらの記事を読んで、
ちょっと気になる、が、激しく気になる、に変わり、
その日のうちに、紀伊国屋に駆け込んで、買って読みました。


アンアンのセックスできれいになれた?/北原 みのり

¥1,365
Amazon.co.jp


で、これを読んで思うことは、そりゃー色々とあったのですが、
(まずとにもかくにも、私にとって長きにわたり、
「何したいんだかよくわかんないうえに、メッセージがなんともいえず気持ち悪い、
 印象のうすーい雑誌」だったananが、創刊された頃は、ものすごくアグレッシブで
 先鋭的だったってことが、ものすごーく衝撃的でしたよ)

このレコメンドしてくだすった記事の最後が、
「セックスをお題に何かブログ書いてアタシに読ませなさいよ」だったので、
特に呼ばれてもおりませんが、今回はその辺についてちろりと。


***


まず、
「したい人とするセックスは、気持ちいいししあわせで大好き」
っていうのが、私のヒジョーに原始的で、単純な、実感。

だから、セックスの話は、こーゆーのが気持ちいいよねー、とか
こういうのはちょっとダメだよね、とか合わないわーとか、
そういう話がいいと思う。
まあ私自身が、直接的に語るのは、あんまり得意じゃないんだけども。


でも、そういう話され方より、「女性とセックス」って
どーにもこーにも「手段」で語られることが多い。


子供を産むためのもの、だったり。

カップル同士の関係を深めるため、だったり。

コミュニケーションのため、だったり。

相手から求められていることを実感するため、とかもあるね。



この本の最初に出てきて、著者に衝撃を与えた「セックスできれいになる」
っていうのも、多分時代の中ではものすごく挑戦的な言葉だったんだろう。

「悪いことでもなんでもなくて、ポジティブに楽しめるもの」っていう
女性をとりまいていた監視するような、押さえつけるような何かを突き破って、
開放していくメッセージ性を感じる。

それでも、「きれいになるために」とかって語られるのが
限界だったんだろうかと思えたりもするのだ。

利己的だしポジティブだけど、結局、セックスは、したいからするじゃ、
どっか後ろめたくて、何かの「手段」、もっというと「言い訳」がないと
いかんよーな。


そして、現代に近づいてくると、事態はさらにゼツボー的で、
「よりよく生きるため」になり、さらには「愛されるため」になったりする、
らしい。


誰かの愛を手に入れるために、かわりに自分の体を差し出しますって
いってるのと、コレは何か違うのかね?
そうまで言わずとも、なにかしら激しく「我慢」のニオイがするよね。
そんなこと、ぜったいに思いたくないし、思ってほしくない。
セックスって、ふたりで楽しくなるもんでしょ?



ちなみに、最初に、したい人とという言い方をしたのは、
セックスと、恋や愛を、かならず結びつけるのは、
ちょっと脅迫的だよなーと思うからです。


私自身は、ロマンチックイデオロギーの洗脳の成果なのか、
それとも、好きで付き合ってる人とするセックス以外は「やった後、
なんだかものすごーく疲労するので、全然向いてない」という学習のせいか、
付き合ってる人がいる時、誰か別の人とはセックスしたいっていう衝動が
そもそも起きない。
けど、価値観としては「愛がないセックスはだめだ」とは、全く思わない。


愛がない相手とでも、したくて、できるチャンスがあれば、すればいいし、
それがもうすっごく楽しいとか気持ちいいってことはじゅうぶんあるだろし、
それって、十分にハッピーだよね。


***


以上、セックスについて、なるべく思うところを率直に語ってみたよ。

あまり考える機会のないことだったので、頭をまとめるのに
ちょっと時間がかかったけど、自分の感覚に近い「語り」が見つかって、
かなりスッキリしました!



ほかの人が語る言葉も、ぜひ読んでみたいなー! 書いたら教えてください。
レズビアンの人のブログは、シンプルに楽しそうに、セックスのことを書く人が多いから、
それはなんだかうれしいことだな~と思います。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

1 ■セックスのこと

その本は未読で自前のブログもありませんので、当コメント欄に寄稿させて頂きます。

楽しいに越した事はないし、それに恋愛感情が伴っていようがいまいが構わないのでは、って意見には同感だなあ。

お互い傷付け合わない為に最低限のルールを守りさえすれば、もっと柔軟で多様であって良いのではないかと…色々経験してきた中で辿り着きました。

でも最近はというか、どんなカタチでのお付き合いもとんとご無沙汰なので、行為そのものの方法や方法論すら、どんどん忘れてってるしな~(笑)。

「キレイ」に関していえば専ら食生活や運動、心に良い物で目指しております。
  • 2011-11-18 08:58
  • URL
  • 料理人@枯れかけた泉 #79D/WHSg
  • Edit

2 ■無題

ananは、若い女性向けにしてはセックステーマが多い‥‥と気付いたのはごくごく最近。

女性向けのファッション雑誌ほどあくびが出るものはないと(着回しがどうした!)思っているのであまり手に取らないんですよ~~。

機会があればちょっと書いてみたいテーマですねぇ。
私はセックス自体は大好きだし、恋人がいても‥‥みたいな考えには抵抗感がない。求める事は原始的な部分だから!

でも、好きな相手とすれば幸せ‥‥なのは確かなんですが
男性とは、いくら好きでもあまり好きになれなかった;;;
そういう根本から女性をターゲットで
受けなのに‥‥というのは不思議とは常々思うんですよ。

‥‥長くなるなら記事にしろって感じだな。
  • 2011-11-18 18:34
  • URL
  • 桃 #79D/WHSg
  • Edit

3 ■ありがとう

私はなげっぱなしで自分の意見をかかないずるいやつです。ごめんなさい。
真摯に対応していただいてちょっとウルってきた。ありがとう。


あのね、近々中野で祝うことがあるので、
そんとき会えたらいいなぁ、なんて。思ってたりして。

なんて、セックスで新しい発見をしてみたいと思う今日この頃、秋深しでございますわ(;^ω^A
  • 2011-11-21 19:31
  • URL
  • エルレイ #79D/WHSg
  • Edit

4 ■Re:セックスのこと

>料理人@枯れかけた泉さん
料理人さんは早く自前のブログを持つといいと思いますw

というのはともかく。

ね、ルールはあると思うの。
ちゃんと検査に行ってるとか、
そのことで傷つく人はいないか、とか。
でも愛がないセックスは「汚れる」みたいな
価値観がどうにも気持ち悪い。

料理人さんのキレイ、わけてもらいまっせ!!
  • 2011-11-21 23:04
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

5 ■Re:無題

>桃さん
女性向けのファッション誌は、ありゃカタログですからね。
読物ではない、と思っている(笑。

ぜひ桃さんにはガチンコで書いてみて欲しいなあ。
特に好きでも男性とはっていうのは、経験がない話なので。
やっぱり語られる言説の多くは、男性と女性のセックスなので、
そのあたりの実感を持って話す言葉に興味があります。

ちなみに、私は「恋人がいても…」とか
「結婚相手がいても」は激しく抵抗があるタイプだったりして(笑。
なーんでこれに抵抗を感じるのかはかなり色々考えたけど、
明確に「コレ!」って説明できる言葉が見つからないので、
保留中~。
(つか、「結婚相手も」はうかつに手を出すと、大炎上しそうだ)
  • 2011-11-21 23:13
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

6 ■Re:ありがとう

>エルレイさん
わーい、コメントあざーっす!
考える機会をもらいました!

なんかあの本で書かれている内容で、
私が「まだほんとにそんななん?」と、
半信半疑だった部分が、月9で補完されて、
そのリアルな嫌さ加減にキーーー! って
なる晩秋の日々です。

是非おしゃべりしたーい!
中野で祝う機会! 是非声掛けてください。
  • 2011-11-21 23:16
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム