友情というひそやかに困難な関係

突然だけど、私は八方美人で、ええかっこしいだ。

評判は気にするし、俗物だ。

美人が好きでミーハーで、わりとすぐ人になつく。

波風をたてるのが嫌いで、基本的には人に融和的に振る舞う。

そして、理屈っぽくて、アタマが感情や直感に先行する。



そんな性格だから、理屈にあわない自分の負の感情を認めたり、
まして、それを人に向かって表明するのは、とっても難しい。


でも、
「なんとなく」いやだ、とか、
「なんとなく」違和感を感じる、という感情がうまれてしまったら、
嫌でも諦めて、きちんと耳を傾けて、その感情にいたるを
丁寧に探らなければならない。
きちんと正直に、そして慎重に振る舞わねばならない。

直感を無視して、理屈で補強して、明るく軽く波風を立てないように、
笑顔で振舞うのは簡単だけれど、それをしてはならない。

そうやって、無視して虐げられた感情が麻痺し、自分に、
そして結果的には、人にも、大きな不誠実を生む。

そして、不誠実の報いは、思ってもみない瞬間に、
手酷いしっぺ返しとして降りかかってくることになる。



私は、私の感情に誠実でなければいけない。

それがいくら整理してみても、理屈にはあわないものでも。





ああ、でもそうすることは、本当にいやだ。




あなたはなにも悪いことはしていない。

それこそ、私が口出しするようなことじゃない。

批判なぞ、ましてしたいわけじゃない。


けど、いまあなたと以前と同じように話を弾ませて、
楽しく笑いあうことが、どうしてもできる気がしなくて、とても気鬱だ。
とても、悲しい。



なんども、メールを、開いては、閉じる。
返信マークは、いつまでもつかない


***


恋愛には、良くも悪くも本当につよいパワーがあって、
恋愛が生まれるときや、壊れるときには、おおきな波紋がうまれる。

そして、時に当事者でない人の関係まで、大きくゆらぐ。


だからレズビアン同士の友人関係は、時にとっても難しい。

恋愛と友情が、同時に近しい輪の中で結ばれるから、
ゆらぎの影響を受ける可能性が高い。

そして、女性は概して、共感力が高い。


これは個々人のパーソナリティー的な問題ではないし、
ましてレズビアン同士の友情がもろいとか、そういう友情の「質」の問題じゃない。


言ってしまえば、友人関係というものの多くが、もともとやわく、もろいことに、
普段は幸福にも、気付かないでいられるだけだ。


***


後半のくだりは、以前書こうと思ったけれど、なんとなくやめていたおはなし

レズビアンの友情はもろいって、まるで「友情自体の質が悪い」ようにいわれることがあるのが、
どうにも腑に落ちず、けれど事実、友人関係は破綻したりする。
偶然ではない確率で。

いたみにもがいてもがいて、つまり…、と、ふと思い至る。

つまりは、友人関係という存在がおかれてる環境の問題なのだな、と。

けれどそれをまた、実感を以て書く時が、こなくたってよかったのに。


追記:語られている論点は全く違う話だけれど、コレを考えていたのと、
   同じポイントで、自分が反応したので、引用。

「親子であろうが夫婦であろうが、人の縁というものは、 思っているより簡単に切れてしまうものだ。だからこそ、切れて欲しくない縁ならば、大切にしないといけない。一度できてしまった「縁」に安住し、メンテナンスに手を抜くと、やがて「縁」は壊れてしまう。

(中略)

人と人との絆は、結局のところ、「相手を大切にし続ける」という、シンプルな、しかし手抜きができないことによってしか守られない。」

---「あなたは私よりも「大人」かもしれませんが、虐待については私よりも無知な立場です」yuhka-unoの日記



更に追記:感情と理性の関係について。直感的に「そうだよね」と思う。



「感情の赴くままに行動することは低俗なことで、理屈に基づいて行動するのが正しいのだ」というトラップは、誰の心にも起こりえるものだよね。

実際、同じような屁理屈で感情を肯定したり否定する人はたくさんいる。というか、感情を“よくないもの”と思っている人は、理屈によって自分を正当化するというワナにはまりがち。



覚えておきましょう。

たいていの場合、感情は理屈より圧倒的に正しい。

だからそのふたつに矛盾を感じたら、迷わず感情に沿って生きるべき。

---「永田洋子氏、死亡」Chikirinの日記





にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

1 ■そっか

なんだかとてもつらそうだ、、、

…でも、あまり深く考え過ぎると心は痛むばかりだし、時には思考が休まる方向へ、ね?
  • 2011-10-08 00:22
  • URL
  • 料理人 #79D/WHSg
  • Edit

2 ■Re:そっか

>料理人さん
わあ、お気遣いすんません。

今回はつらい、というのともちょっと違って、
しいていうならば、あまり関わりたくないことが
目の前に振ってきてしまってちょっとめいるなあ、
というのが正しいかなあ。

でももう全てを「当たり障りなく受け流す」のは、
やめようと決めたので、しょうがないなーと思ってます。
  • 2011-10-08 09:49
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

3 ■無題

友情に限らず、人間関係というもの自体が、感情という実体のないものによって成り立ったり壊れたり…なんですよね。
自分の気持ちに誠実に。なるほど。

縁って線ではなく、鎖のわっかを一つずつ手で繋げていくもののような気がします。
なので、カリスマ様との縁も大事に繋いでいきたいですよー
  • 2011-10-08 11:07
  • URL
  • はる #79D/WHSg
  • Edit

4 ■Re:無題

>はるさん
そうだねー。友人関係に限らず、移ろいやすくて変わりやすい「人の気持ち」によって、縁は出来ているんだよね。

そういう儚さを肝に銘じつつ、私もはるさんとの縁、丁寧に繋いでいきたいよー。
  • 2011-10-08 14:31
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

5 ■う~ん

本当に、わかっていても気持ちや感覚が受け入れないことありますよね。

ヨコさんとは、感じる感覚が同じではないかしら…と図々しい事を思ってしまいます。
(ヨコさんは理路整然と文章にできていて、いつも読みながらソウソウと頷いてしまいます)


自分の気持ちに正直に相手と少し距離をとる事が、自分にも相手にもやさしい事になるのでは…と思ってしまいます。
  • 2011-10-08 16:20
  • URL
  • Keito #79D/WHSg
  • Edit

6 ■Re:う~ん

>Keitoさん
丁寧な共感のコメント、ありがとうございます。

頭で考えたら、なんの瑕疵がなくても、そうじゃない、と心がいう瞬間には頭を抱えます。
でもそうですね。少し距離をとる、そして、時間を取って無理をしないというのが、結局その関係も尊重できる気がします。
  • 2011-10-09 00:42
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム