海をめぐる旅 直島編 その1

9月2週目の週末に、有給を一日くっつけて、瀬戸内海にいってきました。


目的地は、直島


ここは現代アートの島として有名で、島じゅうに、
「体験できる」現代アートがちりばめられていて、見所沢山なのですが、
なによりも、瀬戸内の空と綺麗な海がたっぷり味わえる
空気感が、とっても気持ちのいい場所なのです。

実は、私、二年前にもこの直島を訪れているのですが、
シルバーウィークのど真ん中に行ってしまったせいで、
どこもかしこも大変な混雑ぶり!

しかも、のんきに構えて、15時位について、次の日に帰る、
なんてプランにしていたせいで、ほんとーーーに色々味わいきれず、
心残りが、そりゃもーどっさりあったのです。


その反省を活かし、今回は、万全を期して色々と下準備。

宿はまず5月くらいに押さえ、抑えた時点で予約が必要なものは予約をし、
二日目の島を巡るフェリーの時間も事前チェック。

二週間くらい前から、毎日のように現地の天候をチェックし、
天候に恵まれるを天に祈る日々。気合は十分です。


早朝に出発だった為に、前日の金曜夜は「起きられるか不安…」と
おっそろしーことをいうあおちゃん宅に泊りこみ。
遠足の前って、一番ワクワクするから、その時間を一緒に過ごせるのは、
私としても大歓迎だったわけですが(笑。



というわけで、これから数回に渡り、例によって例の如く、だらっだらと
写真を交えつつ瀬戸内旅行記を書きますので、瀬戸内海の島々に興味がある方のみ、
お付き合いください。


***


9月10日(土) 一日目

早朝、羽田空港に向けて出発。

私もあおちゃんも、普段はギリギリを追及してしまうタイプながら、
今回ばかりはと早め行動。一時間近く前に空港に到着。
おにぎりをくらいつつ、しばしぼーっとする。


そして日々は続く-空港
朝日の差し込む滑走路。綺麗だなー。

そして日々は続く-富士山
途中、飛行機の窓から、富士山を上から覗けました。絶景。

一時間半ほどのフライトで、高松空港に着。


バスに揺られて、高松港まで。
高松港から、フェリーに揺られ、昼前に、直島に到着。

直島の宮浦港につけていた、ベネッセハウス宿泊者専用バスに乗り込むと、
ラッキーなことに、客が私たちだけ。
運転手さんがきさくに、大きな荷物だけ、ベネッセハウスまで、
運んでおいてくれるというじゃないですか! ラッキー!!


身軽になって、意気揚々と家プロジェクトのある本村地区で下車。

家プロジェクトは、古民家をアーティストが改修して、家そのものを
作品化したというもの。
「作品に入れる」というところがたまりません。

その中でも人気の「南寺」の整理券を、まずは! ということで、
取りに足を急がせるも、あっけなく30分後の回の整理券をゲット。
おー。

ではその間に、ということで、「角屋」へ。

「角屋」は、照明のない家の中に、水が張られ、その中で、
色とりどりのカウンターが、それぞれのリズムで点滅している幻想的な作品。

水の張られた室内は涼しく、暗闇の中に浮かび上がる、明滅する光を見ていると
いつまでもぼーっと座っていられるような気持ちになります。

ちょっと時間があるかしら~、とちょうどやっていた古民家ギャラリーで
和小物を冷やかしていたら、あっというまに予約の時間に。
慌てて「南寺」に走ります。

「南寺」では、鼻をつままれてもわからないような暗闇の中に壁伝いに入っていき、
ベンチに座り、前をじーっとながめます。
そうすると、最初は目の錯覚ではないかと、思うくらいにじわーっと、
目の前に淡い真四角の薄青い光がうかびあがってくる、という作品。

普段の生活ではありえないような暗がりの中から、次第に目が光を探しだし、
「みえなかったものが、徐々にみえてくる」という体験は、
普段眠っている五感をゆりうごかすようで、とても面白いです。
あおちゃんも、面白い! と大満足。よかったー。

二つ巡ったところで、「あいすなお」で昼食。


そして日々は続く-あいすなお
あおちゃんは、ここのウリの発芽玄米たっぷりの「あいすなおセット」。
発芽玄米がもっちもちで、柔らかくて、美味しい。

そして日々は続く-にゅうめん ブレすぎた。
私は小豆島名産の素麺を使ったにゅうめんメインの「すすりこセット」。
ゴマ油の香りが効いていて、香ばしいです。

店内もおちつける雰囲気で、扇風機にあたりながら、のんびり休みました。



長くなってきたので一旦切ります。
てか、一日目もまだ日が高いんですが…。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

1 ■無題

初めて知りました!!!

南寺、ちゃんと内容を理解してないと「幽霊がみえる」なんてあほなことをいいそうですf^_^;)

愛知にもアートの島があるのですが、そことは全く違いますねー。リンク先を熟読しました。

ヨコ先生!次回も楽しみにしてます!!
  • 2011-09-21 07:38
  • URL
  • とも #79D/WHSg
  • Edit

2 ■Re:無題

>ともさん
うしゃしゃ。
幽霊でもいいと思うけど(笑。

直島は本当に気合が入っていて、
がっつり楽しんでものんびり楽しんでも
十分楽しめます。
激しくオススメ!

ながなが続きますが、適当にお付き合いください♪
  • 2011-09-21 22:57
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

フォローミー
yoko_tuzukuhibi

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム