スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誠実な仕事をするということ

「彼女の実力がずば抜けているのは、ひとつひとつ愚直に顧客に向き合って、
 内容を深彫りしていった結果だよ。

 知ったかぶりせずに、わからないことは立場を問わずに、
 色々な人に聞きながら、とことん調べて、知識を積み上げていったから、
 彼女は、あんなに『デキる』んだと思うよ」


そう人に話す、同期の言葉に、すごくドキッととした。
特に「知ったかぶりをしない」というところに。
多分、誠実さの源ってそこじゃないだろうか。


適当に手元で流さない。出来る限り追求する。


話題になったのは、その実力から、「彼女にしか出来ない仕事」を持って、
一年ごとに部署や立場が変わりながら、今、私の元いた部署に
マネージャーとして戻ってきた営業の人の話。

彼女と私は、とても近しい仕事をしてきた。

けれど、その間に、私と彼女の間に、どれだけの
「出来る仕事」に、差が生まれただろう。

その大きな差は、考えただけで、恥ずかしくなる。


会社組織の中で「属人的な仕事」は忌まれることではあるけれど、
つきつめていけば、結局は「その人にしか出来ない仕事」は、
おのずと生まれてくる。


過去に行ったことを悔やんだり、人と比べてもしょうがない。


私は、自分の仕事の質を、たゆまず高めようとしているか。

私はいま、任されている仕事に、本当に誠実だろうか。



常に自分に問いながら、これからの仕事をしよう、と思う。



にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

1 ■無題

自分が抱えている課題で、壁にぶつかっています。

すごく心に響きました。

問題が自分自身にあること。
目をそらさずに、適当に流さずに
時間がかかってもしっかり向き合おうと思います。

ありがとうございます。
  • 2011-06-16 00:57
  • URL
  • さく #79D/WHSg
  • Edit

2 ■Re:無題

>さくさん
ひとりごとみたいな日記に、コメントありがとうございました!

仕事は壁の連続ですよね。
足元見つめて乗り越えていこう、と思う気持ちを持ち続けられれば、
乗り越えられるものだと思って私もがんばろうと
思います。
  • 2011-06-16 23:23
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。