ルームシェアのススメ 円満ルール編

お金のことについて書き始めた筈が、何故か延々延々と、
若干特殊な住事情について、書き続けている当ブログ。

本当にどこにたどりつきたいのかサッパリ不明ですが、
そのあたりは、そっと目をつぶりつつ、今日は、
超個人的な思い出話も兼ねつつ、予告の「他人と住むってモメないの?」
ってコトに関して。


さて、最初の同居人のセキちゃんとは、大学時代の友人です。
彼女の家に泊めてもらったことも、うちに泊まりに来たことも
一回ではなく、旅行にもよくいくよーな間柄でした。


当時、彼女は東京とは名ばかりの田舎の我らが出身校の近くから、
通勤の為に都心に越してきていたんですが、住宅環境の悪化に鬱々。

いっぽう私はカノジョも出来て、家を出たい気持ちがうなぎ登り(笑。

二人でお金を出し合えば、社会人一年目の給料でも、
かなりマトモなとこに住めるんじゃない?!

利害が一致した私たちは盛り上がり、具体的に物件探しを始めました。

さて、ルームシェアは、物件が見つかりにくいイメージがあったんですが、
これは、思いのほか、難しくはなかったです。

二人入居可、と書いてあれば、一番ですが、

1.定職についている
2.お互い連帯保証人を立てられる


という二点を満たしていれば、当初から「二人入居可」と、
なってる物件でなくても、かなり交渉の余地がある! というのが実感。

皆様も、探される時は、特にそこは限定せずトライしてみて下さい。
ルームシェアへの理解も進んでいる昨今、特に女子同士は、
断然敷居は低いと思います。


と、いうかですね。

苦労したのは部屋探しそのものより、うちの親の説得でした。
とにかく私が家を出ていくのがイヤだった親は、猛烈に反対!

曰く。
他人との同居は難しいぞ、セキちゃんとの仲を損ねたらどうする、
お前の食べ方、話し方は人を不愉快にさせるところがある、
と、そりゃまー散々ですわ!
なんで私、めためたに人格否定されてんの?

うちの親の説得のため、開かれた家族会議は10回以上。
内2回位、セキちゃんにもお付き合い頂きました。
迷惑な親子だなー、オイ!!


そうこうして、なんとか親を説き伏せ、物件も、大変理想的な物件を見つけ、
数ヶ月後、ヨコとセキちゃんは二人暮らしを、始めたわけですが、
親に脅されるまでもなく、ルームシェアで壊滅的に相手とモメる話は、
私も聞いたことはあったので、内心はとっても不安でした。

それは、たった一年で、わざわざ借りた部屋を出て、
独立一年生と暮らすことになったセキちゃんもだったと思います。


そんなわけで私たちは、モメないように入居当初から、
ルールを策定しました。

とにかく、お金と家事負担はモメる原因! と思い、
お金は前述の共同財布からの精算する明朗会計で、
きちんと家計簿をつけることを徹底。

独立当初、生活必需品は、何が安くて高いかがサッパリわからなかった私は、
自分の買い物や暮らし方でセキちゃんに損をさせるのが怖くて、
「その辺りの感覚が培われるまで」と申し出て、生活費を、
少し多めに拠出してました。 これは半年位続けたかな~。

家事は、食事、それに伴う皿洗い、洗濯、自室の掃除は、
基本的に個人で、共用部の掃除は、週替わりでやる、と決めました。
人を呼ぶ時は、事前にお互い断ることと、帰宅しない時は一報いれる、
ってのもあったな。

そうやって、「後戻りは出来ない!」的な、
かなりの緊張感を持って始めたルームシェアでしたが、
案ずるより産むが易しとはこのことで、拍子抜けする位
も の す ご く スムーズで快適でした!



取り決めたルールは、基本はそのまま運用されたけど、
食事に関しては、一緒に取ることも多かったです。

朝食はたいてい一緒で、お弁当も作ってたし、
夕食もタイミングが合えば、どちらかが作ったり、一緒に作ったり。
で、作ってもらった方が皿洗い、お茶を飲みながらお喋り、と、
もう絵に描いたようなうつくしいルームシェア生活(笑。


そこで発見したのは、一緒に住んでる人がいる方が、
規律を持って生活ができる自分
でした。


同居人がいるから、ご飯もちゃんと作って食べようって思えるし、
同居人がいるから、あんまり部屋は汚いままにしたくないし、
同居人がいるから、共有部も綺麗にしとかなきゃって思う。


寒い日にはあったかいお茶をいれて、土用の丑の日にはひつまぶし。
春は花見をして、秋は焼き芋と、季節も楽しんでました。

これが一人暮らしだったら、基本がだらしない私は
ただただ無軌道な生活習慣を、身につけていたような気がするなー。

そしてなにより、帰ると人がいる、とか、人が帰ってくる生活って
安心するんだよね。
私は、性根がさびしがりやなんだと思います。


独立暮らしの自由さと、人がいる安心感。
それを兼ね備えているのが、私にとってのルームシェアです。

これはもう、最初に書いた金銭面とは別次元の大きな大きなメリット!

結局、セキちゃんとは、彼女の結婚によって同居解散に至る四年間で、
喧嘩は、ただの一度もしませんでした。



相手に恵まれているっていうのは大きいです。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

1 ■無題

最初の出費具合がつかめるまで多めに・・ってわかります!
私も社会人一年生のうちはとのくらいかかるんだろうとビクビクしてものすごい倹約生活でした(苦笑)
毎日自炊をしてたのは私の場合、最初の一年くらいだけで後はあんまりしなくなっちゃったなぁ(^◇^;)
一人の時間がないとダメなタイプかと思ったとよく言われる私ですが、
誰かと一緒だと生活リズムも安定するし、気持ちも安心度が高いっていうのは激しく共感です!
  • 2011-06-01 06:51
  • URL
  • tugu #79D/WHSg
  • Edit

2 ■Re:無題

>tuguさん
わーい、共感ありがとうございます!

そうなんですよねー。人と一緒だとあんまり破綻しないですんで、
安定するのです。人の目って大事(笑。
自炊も、誰か食べてくれる人がいると頑張れます。

自分の「出」に実感持ててない時って怖いですよね。
自然に肉だの野菜だの洗剤を「安い!」だの「高い!」だの
いえるようになった(でも面倒だと高くてもコンビニ)
自分はたくましくなったと思います。
  • 2011-06-01 22:58
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

3 ■無題

すごく話しやすくてとっても安心出来るセキちゃん
またお会いしたいものです。


誰かと暮らすっていいね。
  • 2011-06-04 01:01
  • URL
  • ぽぽりむ #79D/WHSg
  • Edit

4 ■そだねー

>ぽぽりむさん
また会わせる機会があるといいな。

人と住むのは、面倒もあるけどいいもんだよね~。
  • 2011-06-04 11:01
  • URL
  • ヨコ #79D/WHSg
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

フォローミー
yoko_tuzukuhibi

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム