我は如何にしてレズビアンとなりしか-4

はじめから読む→ 
← →

登場人物:最初の彼女=エス
---------------

中高が女子校だったこともあり、女友達しかいなかったヨコに
大学に入って、初めて「男友達」という存在が出来ました。

彼(ここではBと名づけます)はその中でも、

一番よくつるんで、なんやかんやと話をし、
一緒に出かけたり、ご飯もするような仲でした。

自分が女の子とつきあっていること、バイだと思うこと、
なんでも開けっ広げに話し、それに対してきちんと
突っ込んだ話しが出来る相手でした。


エスから遠ざかられはじめて数ヶ月経った頃、飲みの席で、
Bに告白されてから、私は丸一ヶ月、答えを保留にして
あーでもないこーでもないと、悩みました。

Bに恋心を感じたことはまるでなかったんですが、
好きだ、といわれて、気持ちは少し、浮き立ちました。
一緒にいるのは楽しかったし、イイ奴だと思ってたので、
キスから始まる(?)身体的な接触も、出来ると思いました。

そしてなにより離れていくエスに言われた
「ヨコも男の人とつきあってみなよ」
という言葉が、私の背中をトンと押しました。


「よろしくお願いします」


告白されて一ヶ月後、私はBとつきあうことに決めました。
私にとって、初めての「彼氏」。


エスから関係の変更を言い渡されてから、半年後の事でした。

-----

-----


にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム