愛するサガ

こんにちは、ヨコです。

最近、ヲタ活動の用途でTwitterをまともに使い始めました。

そのついでっちゃーなんだけど、ヨコ名義のアカウントでもこまめに呟いたり、
気になるツイートに気軽にふぁぼしたり、リプしだしたところ、
あれよあれよと交流の輪が広がって、SNSのパワーを今更ながらに感じてます。

加齢につれ、人間関係はわりと固着化しやすくなるから、
プライベートで交流できる輪が広がるのはありがたし。

てか、このブログも貴重な出会いを今まで幾つももたらしてくれてるわけで
ほんと今更ですけども。


んで、主にヲタ活してて、しみじみ実感したのは、
自分が「好きなことを同好の士と盛り上がるのが好き」な人であること。

対象そのものもだけど、そーゆーことが楽しいから
より好きが加速するとか、好きが持続するって時が、ままある。


思い返せば学生時代、アーティストにハマったのも、同人誌作ってたりしてたのも、
小劇団活動してたのも、なんなら仕事すら、
「気の合う仲間とワイワイやることが好き」
が原動力なんだよね。


そういうのって、我ながらちょっと「邪道」の感はある。

主体性がないというか、
「誰がなんと言おうと、誰からも理解されなくても、好き」みたいな
一本筋が通った感じとはだいぶ無縁な感じ。

あおちゃんは全く逆で、好きなものはひたすら自分一人で好き。
自分一人で、愛好し続ける。

あおちゃんのが、純粋にそのもの自体が好きなんだろうなあ、と思う。

ちょっと後ろめたいような気持ちにならないでもない。



でも、結局私はもうそれで自分はいいと思っている。


人とやるのが好きなのが、私のサガでいいと思ってる。


自分の好きの純度への懐疑はもちろん、
人間関係があることでの面倒やイライラ、傷ついたりも伴うんだけど、
そうやって物事を愛すことに、まぎれもない私自身がある。



好きなものを人とワイワイ楽しむことがより好き。


うん、ま、ありでしょ。

全然あり。



自分が、何を快とし、何を不快としているかは、
まずは正否の判断をおいて、
クリアに感じ、わかっていたいって思う。


にほんブログ村


スポンサーサイト

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム