8回目のお祝いの時間

先日、8回目の誕生日のお祝いにご飯を食べてきました。
早い早い! 光の速さで時が過ぎ去ってくわ…!


回も重なると、お祝い事の儀式もたいがい習慣化してくるもので、誕生日ディナーは「誕生日直近のおやすみの日に、お互いが選んだお店に連れていく」のが定番となりました。

プレゼントは、もう完全にリクエスト制に移行。

品物をお互いにがっつり指定します。
サプライズ、なにそれオイシイ?

(といいつつ、去年はあおちゃんが大台にのった祝いだったので、サプライズで旅行に連れ出して、だいぶ目を白黒させましたが…)


今年私が選んだ店は、私が会社の人に連れてきてもらった際、「ここは絶対にあおちゃん好きだ!」と確信した、お米にこだわっているお店「心米」。


話が少々脱線しますが、あおちゃんはほんとーにお米が大好き。
とくに白米愛がすごいです。

一昨年は、こだわりの炊飯器を求めて、評判を調べまくり、最終的にコレと見定めた「よい炊飯器」について、半年近くの値段推移をじっと伺い、「ここだ!」というタイミングで、購入を家計会議に打診。
そんな用意周到さに、私に否やがあるわけもなく、件の炊飯器は我が家で大活躍してくれています。


閑話休題。
当日は、お店に行く前に、近くの評判の良いパティスリー「ア・コテ・パティスリー」にお連れして、誕生日用の甘味をセレクト。
こんなところももうだいぶゆるゆるですね。
季節物でマロンケーキとマロンクッキー、定番でフィナンシェを買いました。

ケーキ屋からお店までは少し距離があり、あおちゃんは、ちょっと疲れが溜まってか体調が優れなかったのですが、タクシーはいらないというのでのんびり歩いて、来店。

お店の話は前からしていたので、「あ、ここ? やった!」と、驚くとともに、最初からテンションを上げてくれてほっと一安心。
素直な人なので、喜びのリアクションは素直に受け取れるのがありがたいですね。

コース料理を選んだのですが、何か運ばれてきて口にする度に、「めっちゃ美味しい…!」「あまーい、おいしーい!」と終始とても喜んでくれるあおちゃん。
その度に、別に私が作ってるわけでもないのに「よかったー」「ありがとー」と返す私。
返し方、ちょっと間違ってないか…。

心配していた胃腸も、帰る頃には「なんか元気になったー!」といい、今回のセレクトは、「フレンチやイタリアンも美味しいんだけど、やっぱり和食が一番って思うんだよね」とか「いい素材を丁寧に使ってる感じだよね」とか、「美味しかったし、ひとつひとつの量がすごくちょうど良かった! 少なすぎず多すぎず」と満点。

犬が家族に増えて、外食の機会がぐっと減った我が家。
私のご飯を美味しく食べてくれるのももちろんとても嬉しいのだけれど、それはそれとして、美味しいものも、美味しいねと言い合う時間も、その笑顔も大好きだから、「ちょっとトクベツな美味しいもの」を食べに行く時間は、ある程度定期的に持ちたいなと思う夜でした。


【お品書き】
・自然栽培のお野菜を使ったお浸
   吉野本葛の薄餡掛け 酢橘を絞って
    ズッキーニ 茄子 南瓜 オクラ ミニトマト 蓴菜
・北海道産とうもろこしの掻き揚げ
    最高級太白胡麻油100%使用
・お椀 松茸 蓴菜 三つ葉
  放し飼い有精卵のかき玉仕立て
・特選お造り
  島鯵 炙りキンメ 鯛
・馬鈴薯のクリームコロッケ
  無添加塩水馬糞雲丹のせ
   鰹出汁の葛餡掛け
・特選松坂牛ランプの低温しゃぶしゃぶ
    ポン酢 クレソン 柚子胡椒 鬼おろし 九条ネギ
・北海道噴火湾産天然銀鮭炭火炙り
・土鍋炊きごはん二種(夢ごこち・コシヒカリ)
・赤出汁
・甘味(完熟マンゴー100% シャーベット)

心米



ランキングや拍手、いつもありがとうございます! 励みにしております。

にほんブログ村
スポンサーサイト

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム