光の射す方へ

こんばんは、ヨコです。

またもうっかり一ヶ月以上放置してしまいました。てへ。



ブログ、というよりは日記って面白いもので、書いている時は幾らでも書くことが思いつく、というか、色々と日に起こることを日記的な文章にする回路がひらいている、という感じなんだけど、書かなくなると早々にこの回路がぱったり死滅します。

ていう言い訳は、前にも書いた気がするな。

ま、いいか。





さて、まるっと一ヶ月空けてみましたが、誕生日に関して感じたことを思い出しつつ、つらつらと書いておこうかなと思います。


***



31歳は、私にとってまさに転機の年でした。


家族にカムアウトして、あおちゃんと住みはじめ、そして職まで変わってしまいました。



うーん、なんてアメイジング。

すべてが、以前であればちょっと実現不可能な、まるで夢みたいに感じられていたことでした。



私にとって大事な私の家族に、私の生き方や大事にしている人を、知ってもらうこと。


信頼できる大好きな恋人と、持続的な生活を共にすること。


会社と仕事に対して愛着と誇りを持ってオープンマインドに働いている同僚と、共に会社と仕事に愛を持って働けること。



でも現実になってみれば、それはどれも欠くことが出来ない素敵な出来事で、私にとってより望ましい、光溢れる方向に、どんどん人生の舵を切っていった年になりました。


そういう、めぐりあわせの、この一年。





北海道旅行の最中に、あおちゃんが思い出したように言いました。



5年前位に頃、同僚に付き合って占いに行った時、四年後くらいに貴方はとても幸せになっているよ、と言われたんだよね。

その時は、えー、ほんとかなーと思ってたけど。

今思うと、うん、確かに幸せになってるよ。




そして「よかったね!」と私の肩を叩いたのは、ちょっと天の邪鬼なあおちゃんらしくて、可笑しくて。

それから、ああ、私といて幸せだと思ってくれる人といるのって、ほんとにすごく幸せだなあと思ったのでした。






舵を切った年から、その方向にどんどん進んでいく年へ。


そして、大好きなまわりの人たちにも、恵みをもたらせる年にしてゆけますように。





にほんブログ村
スポンサーサイト

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム