雪と戯れる旅 2013

この週末、次第に恒例となりつつあるスキー・スノボ旅行に行ってきました。


場所は、昨年行って気に入ったタングラムスキーサーカス。


ここを気に入ったポイントは、なによりご飯がまずくないこと。大事です!


あと、ホテルの目の前がゲレンデなこと。
最寄駅からそんなに遠くないこと。
部屋が広くてそこそこ綺麗なこと。
温泉に入れること。


値段も、東京からの新幹線代・ホテルまでのバス代・ホテル代(二食付)・二日間のリフト券(四時間券)代込みで、30,000円弱なので、なかなかリーズナブルだと思うのですが、いかがでしょう。




土曜日の朝早くから旅立ち、ばたばたながら、予定通りに長野に到着。


長野の待合室で30分位待って、電車を乗り継いで、黒姫駅に着いたのが、10時頃。


そこからタングラムまでのバスが出るのが、10時55分。




自動改札もない、小さな駅で、雪に降りこめられながら、まさかの50分待ち




ぷるぷると、ついてるんだかどうなんだかわからない石油ストーブにあたりながら、次回は時間の読みやすい、長野駅からバスに乗るプランにしようと誓い合いました。
そうすると、出発時間が一時間遅くて同じ時間につけるのダ(遠い目。



でも、黒姫駅で食べたきのこそばはとてもおいしかった。



バスでホテルタングラムに到着し、4時間券でゆるゆると雪遊び。
時にしんしんと、時に横殴りに降り続く雪にはなかなか冷えたものの、雪質は最高。
すっごく気持ちよく滑れました!


しかしこう、ふっかふか新雪を目の前にすると、スノボにも手を出してみたくなるなー。




昼と夜のあわい。
雲を透かしてぼんやり射してくる太陽の残光と、ナイターのあかりがまじりあうゲレンデ。



すっかり冷えた頃、のんびり温泉に浸かって夕飯。

ここの夕飯は、全体的にはスキー場のバイキングとしてはなかなか悪くない、という程度の水準なんですが、時折、甘海老やら、唐揚げやら、おやきやら、ちょいちょい美味しいメニューがあるので侮れません。


夕飯後は、二人でソファにねっころがって、ひたすらうつらうつら。

実質9時半位から夢の世界に旅立ってた気がします。



***



翌朝はその甲斐あって、早起き!
朝ごはんを食べて、さっさと、リフトの営業開始時間から滑りはじめました。


夜の間にも降り続いた雪はパウダースノーで、ゲレンデはこの日も最高。
ほんとーにこの季節の長野はいいねえ。




ずーっと雪けぶっていたのが、途中、雲が切れて、ぱあっと眼下に開けた景色。



この日も時折風が強く吹いて寒かったので、少し早めにあがり、温泉につかって体を温め、昼食を食べた後、昼過ぎにホテルを出発。


新幹線も前倒しして、夕方には家に到着。


荷解きをして、一週間の買い物をして、夜はおうちでご飯を食べられる、というなんとも無理のないプランで動くことができました。


あー、楽しかった!!




今回学習したこの黄金スケジュールで、今年はもう一回くらい、雪遊びに行きたいな。


にほんブログ村
スポンサーサイト

厄払いと、福を招くきらいなもの

先日、あおちゃんと西新井大師まで厄払いにいってきました。


数えで33歳は、大厄の本厄。
先達から厄はなにかとバカにならないと聞くので、ここは外せません。あおちゃんも後厄だしね。
しかも去年、厄払いで頂いた札を、あろうことか引越しの時になくしてしまったので、お礼参りならぬお詫び参りにもいきたかったのです。


松の内の西新井大師は、例年なかなかの盛況具合。


人にぎゅうぎゅうもまれながら、「本厄本厄」と唱えながら、祈祷料もちょっとだけはりこんで申請致します。


開始時間まであまり間がなかったので、すぐ本堂にむかったら、座れこそしなかったものの、きちんとお坊さんをおがめる位置にポジショニングもできました。
去年は人の背中しか見えなくて、坊さんはモニター通してみてたから、なんかちょっとありがたみが薄かったんだよね。


そこから40分、聞こえるか聞こえないかのお説法と祈祷を拝聴し、とどこおりなくお札もゲット。


お札って、祈祷料を張り込めば張り込むほど、はやく出てくるんですね。
札のサイズ自体も大きくなるし、なかなか現世的なシステムになっているご様子です。


札を受領後は、ちょっと順序は逆になっちゃいましたが、きちんとお参りもし、さて、お楽しみのおみくじ。



いつもは100円のやつを引くのですが、今年は200円の招福お守り付というのをみかけたのでひいてみました。
なにせ本厄ですからね。(しつこい)


がさごそ箱の中をかきまぜてつかんだ、ちょっと厚みのあるおみくじの袋。
ちょっとわくわくしながら、包まれている和紙をぺりぺりっとはぎました、と、こ、ろ。


出てきたのは、黄色く光る、私がこの世で一番、イチバンいっちばん、嫌いな生物でした。


ゴキブリより節足動物より、ダントツで嫌いなアイツ。


キャラクターとして存在してるのもあんまり目に入れたくないくらい嫌いな、原則緑色の両生類。


その名前にちなんで、財布から出ていったお金が戻ってくるなどの金運があるらしいですが、本音を言うならば今すぐ捨てたい


かっきーんと凍りつく私に、ぶはっと吹き出すあおちゃん。


それから、大変楽しそうにしきりに、よかったじゃーん、福だよ、福!! と丹念に、傷口に塩を塗りこんで下さってました。くっそー。


厄年ってなんかオチとかつきやすい年なのかしら…。





いちおうお守りなので捨てるわけにもいかず、財布の奥底におしこめました。

そしたら、年末に落とした我が家の共有財布がみつかったと警察から連絡が来ました。




………。







お前のおかげとは認めたくないものだな。





帰り道、北千住のアメリカンなハンバーガー屋「サニーダイナー」でランチ。



ちょっと待ちましたが、量もたっぷりで、バーガーだけでなく、つけあわせのポテトもカリカリでおいしく、満足満足。




人間万事塞翁が馬。


禍福は糾える縄のごとし。



なにかと好き嫌いせず、自分から歩み寄り、一年を過ごせ、というお告げと思うことにします。




にほんブログ村

えれきてるぶっくKindleがきた!

こんばんは、ヨコです。


寒いですね! 雪ですね! 吹雪いてますね!!

こんな日に晴れ姿で新成人はほんっと大変だなあ~、とあったかい部屋でぬくぬくテレビをみてたのですが、

「休日なんだから、一度も外に出ないのはヤだ」

と、主張する、アクティブなあおちゃんに連れられて、渋々外出してきました。



うちの前の雪。こんな降ってんのに…。


足元ぐっちゃぐちゃで、正月のセールでしっかりした防水ブーツを買っていた私は勝ち組。




しかしながら、こんな日は、おうちにひきこもって、本を読んだり、DVDを観たりするのが正統派のしあわせだよね! ということで、今日はこんなものを紹介しちゃいます。むしろ自慢です。




じゃじゃん。KindlePaparWhite。



今朝、手元に届いてからウッキウキで、マニュアルを隅から隅まで読んでは、いろいろな機能を試してました。
あおちゃんはマニュアル読まない人なので、若干呆れてました。

Kindleは、発売される前から、実はめちゃめちゃ気になってたんですが、一足先に買ったあおちゃんが「かなり読みやすいし、使いやすいよ!」と保証してくださったので、満を持して買っちゃいました。



実際いじってみてびっくりしたのは、白黒だから本しか読めないと思いきや、ブラウザ機能もあること。
白黒の画面でよければネットサーフィンもできちゃいます。


手持ちのPDFファイルや、テキストファイルもメールで送っておくと、勝手に同期してくれて端末から読めるのも便利。
翻訳機能も充実してるから、言語の勉強にもいいんだろうけど、まあそのあたりはうん…おいおい……かな……?


もちろんメインの本を読む機能は抜群です。

目は疲れないし、ブックマークの使い方も直感的にいけるし、買うのは楽ちんだし。

あとは、圧倒的な点数の不足が課題だけど、でもこれは必ず増えるだろうからね。
あんまし気にしてません。



なんせ本ってやつは場所取るので、小さいおうちに住む私たちにとって、収納の問題は頭の痛い問題。
しかもあいつら、ものすげーかんたんに100冊単位で増殖するからね。危険です!


とくにビジネス書や漫画は増殖の率が半端ないので、この家に移ってから、私、ほんとーに買う冊数をセーブしてたんです。


あー、いくら買っても本棚の心配しなくていいって、最高だなあ。


紙の形で持っておきたい本は、厳選してこれからも入手するでしょうが、ちょっと読もうかな~って思う程度の本は、電子書籍で入手するようになると思います。


これからは、本屋をうろうろしていて、これはいいかなー、と思う本があったら、その場でダウンロードする世界が来るんだね。



紙の書籍に愛着がある身としては、すこし切ないけれど、便利な技術の恩恵にはあずかって、QODL(くおりてぃおぶどくしょらいふ)を追求しようと思います。




しかしこれは、アンケートでリクエスト頂いた「本の話」とは、ちょっとちがいますね。すみませぬ。

にほんブログ村

2012年を振返る年明けの記

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

今年も三日目になってから挨拶しているのは、もはや仕様です。


前回の記事で、昨年は変化の年になりました、と書きましたが、もうちょっと振り返っておこうかなということで、ざっくり一年のまとめ記事です。


一昨年は、ちゃんと大晦日にやってたよね? なんてことは気にしたら負けです。


***


1月、二度目の年越し旅行in東海。続く土日に厄払いへ。そして厄払いでもらった御札をなくす、というありえない事態が発生したのは、九月のことでした。ないわー。
なめこにはまったり、つぐさんや、はるさんと、3カップル合同飲みを初めて開催した月でもありました。


2月、繁忙期突入で忙しかったんでしょうな。あんまり記憶がございません。
あ、スキー旅行行きましたね。料理が美味しくて嬉しかった! ので、今年もそこ行きます。
そういえばこの月に、弟にカムアウトしたんでしたっけか。


3月、絶賛繁忙期まっただ中で、さらに記憶が曖昧です。冷蔵庫の生ハム食われて、プチギレる程度には疲れてましたね。こんなくっだらねーことで腹を立てたのってほんとある意味貴重な思い出です…。
ほったらかし温泉に浸かってリフレッシュして、なんとかのりきった模様です。
雛祭りの時期にプチオフにも参加させて頂いてました。


4月、花見したり、カフェに行ったり、おうちご飯会を開催したり。羽を伸ばしておりました。


5月、GW&誕生日、ということで、伊豆&名古屋旅行へ。伊豆は素晴らしい宿にときめきがとまらず。また泊まりたい宿私的ランキングで1、2位を争っています!
名古屋では念願のウィキッド観賞。素晴らしかったなー。また観たいなー。いきなり飲みに呼び出されてくれたともさんもありがとう!
うちで、たこ焼きパーティーとかしましたね。
同居人に、あおちゃんと一緒に住む計画を打ち明けたのもこの頃でした。


6月、親にカムアウト。かかわったすべてのひとに感謝。
ブログを引越して、部屋探しも開始しました。


7月、友人に頼んで部屋探し本番。あおちゃんがものすごく能動的に部屋情報をかき集めてくれました。今のおうちもあおちゃんが見つけてくれた情報の中にあったものです。
しかし、部屋が無事決定してからの予定が、詰まり過ぎてておかしかった。引越し準備と、鹿児島旅行の並行は、無茶だったね。あはは☆


8月、同居開始。当初は、ほんと部屋が荷物で溢れかえってどうなることかと。
しっちゃかめっちゃかのおうちを投げ出し、お盆に訪れた福岡では、お会いしたかった人に会えて嬉しかったな。
お盆の後には、あおちゃんと親の食事会なんていうイベントも企画し、あおちゃんの度肝を抜いてみました。
すみませんすみません。そしてありがとう。


9月、付き合って丸二年経過。一ヶ月位かけて、徐々にふたりぐらしの部屋を整えていきました。
この月は、人とよく会った月だったな。恒例の野菜おうちご飯会から、はるさんに会ったり、中高時代の友人と再会して、一緒にLGBTの映画祭にいったりw
そしてNYからはエルモさんとクッキーさんが来てくれたんでした! 超楽しかったー!


10月、ゆったりするのと、遊びに行くのの、バランスがとれていた月。
レインボーキャバレーにいってみたり、ベジフェスにいってみたり、長瀞でかき氷つついたり。


11月、北海道に行ってきました! 寒くて観光向けじゃないこの月は、鮨を食うのに絶好の季節。鮨食い倒れという贅沢な旅行が、すっごい楽しかったなー。
ブログ開設二周年、ということでアンケートをはじめてみたら、回答をわんさか頂いて、すごくハッピーな気持ちにさせて頂きました。感謝ー!


12月、いろいろ美味しいものを食べにいったり、ダーツで遊んでた月。新しくスペイン料理屋を開拓し、カレー屋を開拓し。
クリスマス付近も満喫しましたね。あおちゃんにつられてプリプリを観ているうちに、すっかり彼女たちのファンになっていました。
あと、同居開始からほそぼそはじめていたダーツに、11月末位から本格的にハマりだして、12月はめっちゃいってました。
平日もいける場所をみつけ、休日ごとには何時間も投げ。しかしなっかなかうまくなっていかないのが切ないところ。
年末は、あおちゃんと鎌倉散策、の予定が、雨に降られて、まったりなお泊りになりました。その話はまたいずれ。


***


振り返ると、昨年はプライベートで色々あったけど、仕事の存在感がすっごい希薄だなー。
そのあたりも今年は、力をいれていかないとね。


しかし、あおちゃんとも年末旅行のさなか、2012年を振り返ってたんですが、あおちゃんが、同居をはじめたって、大きいことのはずなのに、そんなに大きな変化を感じない、というか、なんかすーごく自然で、普通な感じで過ごせてるよねーって話を、してくれました。

ほんとうに、そうだね。

そしてそれは、なによりうれしいこと。




そして、実家に帰ると、ちょいちょい当たり前の感じで、親との会話に、あおちゃんの話が出てきます。

内心、どう感じているのかは計り知れないことでは、もちろんあるけれど、少なくとも私に対しては、ごくごく自然な態度で、私と一緒にいる人として、あおちゃんの存在を扱ってくれます。

そして、あおちゃんは今年、私の親に年賀状を送ってくれました。私は知りませんでした。



親にもあおちゃんにも、本当に感謝してもしたりず、私も人として、きちんとあらねばなあと感じいる次第。




2013年、よい年明けです。



にほんブログ村

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム