たこ焼きパーティの夕べ

たこ焼きパーティーやりましょう!


と、一番最初に話したのは、確かまだまだ寒さ本番の1月頃のこと。

それから早数ヶ月経ちましたが、無事、たこパin我が家with素敵カップル様たち、
が、開催されました!

お付き合いくださったのは、なぜか既になんか数年の付き合いの感がある、
きっと、それでいい」のはるさんと、その彼女さんと、
素敵Lオトナ女子ブログの「L-life planning」のつぐさん、Uさんカポー。

開始予定時間は、Uさんの終了時間に合わせて、19時半。

しかしながら、その他の方は、お好きな時間にお集まりください、と、
中途半端なお声がけをしたせいで、なんと10分弱置きに、
メンバーが集まってくるという事態を招きました。


おかげで、

 はるさんカップルは路頭に迷わされ、あわや喧嘩をさせられかけ、
つぐさんは重い飲み物を持ったまま、無駄にせかされ、
 Uさんは初の我が家に、電池切れかけのi-Phoneでの自力到着を強いられ、
あおちゃんは風の吹く寒い夕方に我が家の前で待ちぼうけ、と、

参加者全員にまんべんなーーく、ご迷惑をおかけしたことを、
ここにお詫び申し上げます…。


そんなこんなながら、はじまったたこ焼きパーティーは、
はるさんの彼女さんの鮮やかな包丁さばきにはじまり、
Uさんの鮮やかなたこ焼き返しの指南が炸裂する、大変楽しい会に。


我が家のせまいテーブルにぎゅーぎゅー押し合いへしあいしながら、
名古屋風やら、大阪風やらのたこ焼きが、ガンガン片っ端から焼かれ、
サイドメニューも適宜ふるまわれ、美味しく、お腹一杯頂いたのでした。
食の細いつぐさんが最後遠い目になってたよね…(笑。

そして最後にデザートに、即席で作ったレアチーズケーキを
振る舞ったところ、皆様から「女子力が高い!!」とお褒めの言葉!

わーいわーい、なかなか今までの人生で頂けない評価を頂いたよ!
と、浮かれる私の横で、おもいっきり鼻で笑うあおちゃん。

「女子力高い彼女でいいね!」と皆様に話を振られるに至っては、
「女子力がなんだかわからなくなってきた…」と、
言葉の定義にまで、立ち返ってらっしゃいました。


そんなにもかい!


と、そんなせつない(?)一コマがありつつも、皆様を終電ぎりぎりまで
引きとめた、楽しい会は幕を閉じたのでした。




ちなみにこの日、同居人は家にいなかったのですが、会の最後の最後になり

「そういえば、同居人さんは?」

という話になった時に、黙って扉を閉めた同居人の部屋を指示した時の、
皆様の動揺ぶりが面白すぎました。

そこにいるわけないですから!!



またやりましょう!

にほんブログ村
スポンサーサイト

一緒にいる才能

あおちゃんの肌荒れが、最近ちょっと悪化気味。
口内炎や舌炎も出ているから、要は体表が全体的に荒れてるんだろう。
(てことは、肺も痛んでる筈なので、咳が発症しないよう気をつけたいところ)


ストレスかー、ストレスだな!! といっていたら、
まあ仕事のストレスに関してはそちらよりはマシだよ、と肩を叩かれた。

そうかなー。
人間関係のダメさと、仕事の徒労感っぷりは、たぶん私の方がひどいけど、
長時間残業っぷりと、結果へのプレッシャーはあおちゃんが私の1.2割増し、
といったところなので、よくてトントンだと思うけどな。

じゃ実は密かにプライベートがストレスに…! と、冗談めかしたらすかさず、
そうそう、実はプライベートでねー…と、ノってくる、あおちゃん。

そして、一呼吸してから、
「このプライベートがストレスになる位なら、私、人とは付き合えないよ」
と、笑った。


私一人で友達と、日付が変わるまで遊んで、あおちゃんちに転がり込んだ金曜夜。
我が家に、素敵カップル2組を招いて、たこ焼きパーティーをひらいた土曜日。
街歩きして、お買い物してカフェに寄って、一日デートして過ごした日曜日。
そんな週末が終わろうとする、涼しい風吹く晩春の明るい夕暮れ時に。



その瞬間の、詰まるみたいな胸苦しさを、何に喩えればいいんだろう。

一瞬黙って、言葉がうまく出なくて、ただ、えへへと反射みたいに、私も笑った。

それくらい、私はその言葉がうれしかった。



私は、いま、私の付き合ってる人のストレスになってないらしい。

つきあっているが故の強い遠心力で、無意識に振り回したり、
小さく細かく傷つけたり、神経を逆撫でたりしてないらしい。


ずっと、そうだったらいいと思ってた。むしろ願ってた。
でもそれは、なかなか叶わないことだった。
少なくとも私にとっては、ほんとうにとっても貴重なことで、
これはもう、あおちゃんの才能だ。


そんな相性の彼女となら、一緒に長く続く生活とこれからの人生を
作っていけるんじゃないかと思えてるから、
いっしょに住もう計画、はじまります。




Xデーは、まず今週末。

にほんブログ村

二回目のハッピーなバースデー

誕生日が好きです。

生まれたことに感謝する日。

産んでくれたことに感謝する日。

おめでとう、いい年になりますように、と
優しい声をかけてもらえる日。


***


今を去ること、数週間前。
誕生日前日夜。あおちゃんのうち。

湯船に浸かってぼーっと歯を磨いていたら、いきなりばかっと
風呂の扉があいて、あおちゃんが、ひょこっと顔をのぞかせた。

びっくりして、「なになに?」と聞いたら、黙って扉を閉められた。

あとで、あ、日付が変わった瞬間に来てくれたんだ、って気付いて、
ちょっとおかしかった。


風呂からあがったら、「本命プレゼントー」ってヴィレッジヴァンガードの袋を
手渡された。


中身は、罰ゲーム付きのワンピースのトランプ。
色々な罰ゲームが、ワンピースのキャラクターと共に、
全部のカードに印刷されていて、今度のおうちごはん会で遊ぶか! って笑う。

そんなジョークプレゼントはさておき、本命らしい大きめの包みが登場。
そして、もちろんバースデーカード付き。カードって、もう本当に嬉しい。
その場で読みたい気持ちを抑えて、そっと机に置いて、
プレゼントの包装を破ると、Marimekkoのトートバッグが登場。
「旅行に使えるかなと思って」って言葉と共に。



マチの大きな大袋サイズで、実は以前に友達にもらった傘と
おそろいのデザイン。中にポケットもあって、使いやすそうでかわいい!

わー、ありがとうー! 使えるねー! そうだそうだ、夏の旅行先、どうするよ!
と、がぜん盛り上がる。
「今、西南戦争がアツイ」と、最近、長編「飛ぶが如く」を読破したあおちゃん。
ということで、夏は九州旅行に決定です。

もらったバッグを抱きしめながら、早速プランを検索しようとし始めた私に、
更にそっと差し出されたのは、小さな銀色の小箱。





え、って一瞬止まってから、現実がじわじわっと沁みてきて、
わーわーわー…としか、言えなくなる。



三段構えはずるくないかー。ずるいと思うんだー。やられたよー。



小箱の中身は、きらきら光るペンダント。

丸い輪の中に世界地図がかたどられ、真ん中に
小さなダイヤがあしらわれたデザインが、カジュアルにも
ビジネススタイルでも使える感じで、とても素敵。


あおちゃんが選んでくれるプレゼントはいつも、私にすぐ馴染む、
使いやすくて、でもなかなか自分では選べないような
素敵なものばかり。
なんかほんとに見てくれているんだなあって、ほんとうに嬉しい。


ある日、ふと気が付いたら、バッグも時計もストールもネックレスも全部、
あおちゃんからもらったものでした。


この日は、昼近くからゆっくり出かけて、ご近所の美味しいハンバーガーを食べて、
友達が出ているイベントに付き合ってもらって、漫画喫茶に二人で行って、
初開拓の、渋谷のしっとりしたイタリアンで、優しい味の美味しいディナーを
ご馳走してもらって、と、盛りだくさんなのに、のんびりとしあわせな誕生日を
過ごしました。



あおちゃんと過ごす、二回目のバースデー。

私の好きな日に、大好きなあなたと過ごせている、幸福にただ感謝。



にほんブログ村

天然のユーモア

朝のテレビ番組は何派ですか?

めざまし? ZIP? 朝ズバ? おはよう日本?

私は単体だと「テレビをつけない派」なので、
一緒にいる人が何を見るかによって変わります。

今朝は自宅にいたので、同居人のまうセレクトのZIPをぼけっと見つつの朝ご飯。
ZIPはなんだか全体的に平和でゆるい感じで、朝からちょっと癒されます。
ガッチャマンとかいいよね。

さて、そのZIPのコーナーの一つで、関根麻里ちゃんをプレゼンテーターに、
時事に絡めた英単語の意味を当てる、というコーナーがあるんですが、
本日のお題が、「portable shrine」
「shrine」とは神社のことらしいです。

クイズを出されると答えを考えたくなってしまうもので、
まうと二人シンキングタイム。

私「うーん、おまもりかなー」

テレビの中でも、ほぼ同タイミングで、一人のコメンテーターが私と全く同じ予想。
もっと大きいんですよー、と、笑う麻里ちゃん。

じゃあ神棚とかかねえ、と言おうとした私に、勢いよく、




まう「あ、お坊さんじゃない?」




お 坊 さ ん  ? !



我が愛すべき同居人(最近ローラにちょっと似ていると一部で評判)の
「持ち歩ける神社」=「お坊さん」という、
私には全く及びもつかない発想の自由さに、いっきに目が覚めた朝でした。



答えは「お神輿」。

にほんブログ村

GW伊豆→名古屋旅行 その6(名古屋うろうろ編)

さて、名古屋最終日は、美味しいモーニングを開拓したいねーってことで、
色々調べた挙句、劇場と比較的近めの「コーヒーハウスかこ」へ。

そして日々は続く-モーニング

ここは、50円プラスするとトーストに手作りジャムをのっけてくれて、
この日はキウイとバナナのジャムだったんだけど、これがめっちゃ美味しかった!

小さな野菜ジュースも付いてきて、ほんとモーニングって素敵だわ。


そこからはやばやと新名古屋ミュージカル劇場へ足を運び、まだ誰もいない
劇場の周りをうろうろしてから、まさかのランチ。
モーニング食ったばかりじゃんよ!

そして日々は続く-とんてき
とんてき。味は結構いけていたものの、ボリューミー過ぎて全く食べきれず。


ウィキッドを観た後、新幹線まで時間があるね、ということで、
ふらふらと街歩き開始。


まずは大須観音へ。楽しそうな私。
そして日々は続く-大須観音

さらっとお参りしてから、近くの商店街をぶらぶら。


こんなビルが商店街の方に誘導してくれます。
そして日々は続く-大須観音近くのビル
地域性の色濃く出てる商店街って面白いよね!

食べ歩きしつつ、大阪と吉祥寺を足して2で割ったような店の並びを
楽しく眺めていたのですが、途中、まさかのまんだらけを発見。

マンガを探しに入ってみたんですが、あおちゃんが完全にアウェイで
なんだか段々顔色が悪くなっていたので、マンガは別に
そんなとこじゃなくても買える銘柄だったので、早々に退散。

その後、あおちゃんお気に入りの雑貨屋さんやヴィレッジヴァンガードを
冷やかして、気がつくと栄まで日が落ちるまで歩き通していたのでした。


名古屋に住んでたら、こんな感じのデートになるのかなーなんて思えて
楽しかった!


夕飯は、「鉄板ナポリタン」を食べてみたい! という私のリクエストから、
名古屋駅地下の喫茶店(確かベルヘラルド)で。

そして日々は続く-鉄板ナポリタン
鉄板ナポリタン。ちょっとチープな味わいでウマ!

これは鉄板があったなら我が家でも作ってみたい味です。
ちょっと麺とかが焦げつくくらいが、美味しそうだよね~。
フライパンで作ってみればいいのかしら?

その後、本屋に寄ったり、カフェに寄ったりしているうちに、
私の新幹線の時間が到来。

GW後半ではまた会えるというのに、ちょっと淋しくなっている私を、
最終バスをさらっとスルーして、改札まで見送ってくれるあおちゃん。

ホームのところを曲がるまで見送ってもらえて、幸せな気分で
帰途につけたのでした。



付き合って2回目のGW旅行は、私たちらしいまったり過ごす時間も、
素敵な宿、素敵な再会、素敵な舞台も、めいっぱい楽しんだ充実の旅行になりました!


夏は九州だ!

にほんブログ村

GW伊豆→名古屋旅行 その5(ウィキッド編)

「重力に逆らってみるわ。
 自由を求めて旅立ってみる。
 お別れのキスをして 今飛び立つから
 あなたには止められない」 ---Defying Gravity



旅行最終日は、劇団四季のミュージカル「ウィキッド」を、観てきました。

最終日にして、最大のイベントで、今回、名古屋に行ったのは、
この為、といって過言ではありません!

正月に、駅にポスターが貼ってあるのをみて、「GWは絶対これを観にくる!」と
宣言し、発売日にチケットをおさえ、指折り数えて、楽しみにしていました。

東京で公演があった時に、なんとなく行きそびれてしまったことを、
後から、色々な人から評判を聞くにつれ、密かにかなり後悔していたのですが、
もうこのタイミングで観るために、私は今まで見逃していたのね!
ってなもんです。

席は、一階の中央の一番前のブロックの6列目という、絶好のポジションで、
最初のオープニングの紙吹雪が顔にかかったぐらいのかぶりつき具合での観劇。

冒頭に紹介した歌詞は、第一幕の最後に歌われる、
二人が、お互いを想い合いながらも、それぞれの道を選びとり、歩みだす時の歌。

一番有名で、最近超絶人気の海外ドラマ「glee」でもカバーされたんだとか。




もうね、本当に泣きそうになります。
というか、このシーンは泣きます。
とくに、主人公の二人の声が合わさるシーン。

なんで、あんなに歌ってものすごいパワーがあるんだろう。

なんかもう、感動的なシーンだとか関係なく、美しい迫力の歌声が
劇場に響き渡るだけで、思わず涙が出てくるんだけれども。

***

「ウィキッド」は、「オズの魔法使い」のうらがわの物語で、
「善い魔女」と「悪い魔女」は、なぜ、「善い魔女」と「悪い魔女」になりしか、
というのが、主題です。

「なぜ」はここでざらっと語ってしまうも興ざめなので、さておくとし、
私、最初にストーリーをおおまかに知っていた時は、
絶対に自分は「悪い魔女」のエルファバが好きだろうと思ってました。

不遇で、聡明で、自分の信念を貫く為に、「悪」となった魔女。

そんなキャラ、絶対、鉄板でかっこよくて、好きなはず、と。


けど、舞台を見て、思いがけず魅せられたのは「善い魔女」グリンダでした。

頭カラっぽで、お金持ちで、無邪気な天性の高慢ちきで、でもそのキラキラっぷりで
周りの皆を魅了してる、全然良い子になんかみえない、グリンダ。

その彼女が「善い魔女」として担ぎあげられ、他の誰もから愛されながら、
大好きになった友人と、愛した人からは、手を離さざるを得ない、
もっとも孤独な道を、いさぎよく歩んでいく姿。

エルファバは、誰から憎まれても、捨てられない「信念」を選び、
グリンダは、広く周りを想い、一番好きな人達とは歩めない「義務」を選んだ。

どちらも茨の道で、どちらもそれを望んだわけではなく、選ばざるを得なくて選んだもの。
けれど、二人とも、その選んだことに誇りを持って、傷つきながらも、胸を張って生きていく。
とってもしぶとくてかっこいい、二人の女の子達の物語。

うん、どっちも魅力的!


そして、「歌って踊りだすとか意味不明」といっていたあおちゃんも
終わった後に、「楽しかったねー!」といってくれて、
それもとっても嬉しかったです。

てか、そんなんで決して安くないチケット代の舞台に付き合ってくれるのだから感謝だよなー。

あー、ほんとに楽しかった!!



次回、ウィキッド以外の最終日名古屋ぶらぶら散歩で、旅行記終了です。

にほんブログ村

GW伊豆→名古屋旅行 その4(ステキな再会編)

名古屋駅に降りたってすぐ、私はこんなメールをあるブロガーさんに
送っておりました。


 件名:愛知なうなう

 本文:名古屋駅混んでるー



嫌がらせか!!




もちろん前情報は一切無しですよ!


私にそんな嫌がらせを受けたというのに、
そして、次の日早朝から遊びにいくというのに、
夜の新栄町まで快く出てきてくれたのが、
相方いじりがやめられない」のともさん。

彼女とは、昨年の8月に東京に来たところを、私が突撃訪問して以来の
再会です。

アクティブな彼女のこと、GWは旅行中であろうと思ったのですが、
ラッキーなことにちょうど旅行の間隙をついたよーで。間がいいわー。

バーででもどうかしら? といった私たちを、「前に東京に行った時に
一緒に行った友達の彼女が、バー開いたからそこ行こうよ」
と、連れて行ってくれたのが、「Queer+s」でした。

え、ここはもしや「L-life planning」のつぐさん達が、正月に行かれていて
とっても行きたいなーと思ってブックマークまでしていたバーじゃないですか!

世間せまっ!!


今日は、ノンケの方々の勉強会があった、ということで、
店内はとっても活気あふれる雰囲気。

お友達は、前にお会いした時から、だいぶきりりっとした雰囲気になられていて、
びっくりしました。

お酒やソフトドリンクを片手に、しばし三人でブログのことやら、
仕事のことやら仕事のことやら、お喋り。(仕事多めか)

ともさんとはランキングウォッチャー仲間なので、お気に入りのブログの
順位は上げたくなるし、新しく急浮上するブログがあるとチェックしちゃう☆
なんて話をしていたら、あおちゃんがどん引いてました。
てへ。

その他、あおちゃんとともさんが、地元トークでもりあがっていたり、
途中から、お友達も加わって、繰り広げられた今後の人生設計話に、
驚嘆したりしつつ、名古屋の楽しい夜は更けたのでした。


ともさーん、急な誘い(てか罠?)に引っかかってくれて、ありがとー!


にほんブログ村

GW伊豆→名古屋旅行 その3(ひたすら食い倒れ編)

温泉宿の朝といえば朝風呂ですよね。

二日目の朝は起きるなり、早速大浴場へ。
朝の光がきらきらして、気持ちがいい露天風呂でゆったり。

お風呂から上がると昨日はヤクルトが置いてあったゾーンに、
今度は、コーヒー牛乳と、牛乳が供されていました。
そして日々は続く-牛乳

なんかこういうサービスってほんとに嬉sry(二回目です)

そして日々は続く-牛乳アップ
しかしこの牛と子供の顔はいかがかと。怖くない!?

この宿は、こういうハードの部分のみならず、例えば受付に行くと
タオルを何度でも変えてくれたり、そういうソフト面の配慮が
行き届いているところも、非常に良かったです!


さて、朝風呂からあがったら、朝ご飯。
昨日のご飯がよかっただけに、朝も期待が高まるところです。

そして日々は続く-朝ごはん
じゃじゃん。

この朝ご飯が、また量がちょうどいいわ、一つ一つが丁寧で美味しいわで、
もう…!

味噌汁は出汁がしっかりきいた味付けに、新鮮な魚介。
目の前では豆乳鍋がふつふつして、干物はその場で炙れる仕様。

本格的なだけではなくて、サラダにはポテトチップスがちりばめられる遊び心。

そして、ご飯はおひつから、自分で盛り、卵とか納豆とかはオプションで、
頼みたい人は頼めるという、量が食べられない人にも優しいスタイル。
食後の飲み物を頼めば、三口位で飲める、気軽なサイズでの提供。

なにもかも本当に美味しくて、私、こんなに気持ちよく美味しく、
温泉宿の朝ご飯を食べられたのってはじめて!

当初、伊豆高原で特にすることもなかんべーと、早めにチェックアウトして、
名古屋に向かう予定だった我らでしたが、10時から、なんとつきたてのお餅が、
柏餅の形で提供されると聞いては、出発を延ばさないわけにはいきません。

この柏餅も、もっちもちで温かくて、餡子は甘く優しくて、
あおちゃんにいたっては、ぺろっと二皿以上たいらげてました。
すげー。
てか、私よりゴハンも三倍くらい多めに食べてたと思うんだけど…。

満足満足で、ゆったり11時過ぎにチェックアウト。

滞在期間中、あおちゃんと、何度、「また来ようね…!」と
言い合ったことでしょう(笑)。本当に素敵な宿でした。


さて、スーパービュー踊り子から、こだまに乗り継いで一路名古屋へ。

ホテルにチェックインした後、あおちゃんお勧めの、中国茶のカフェへ。

そして日々は続く-中国茶
流石おすすめ。
可愛らしい中国茶器と、いい香りの中国茶。手早く本格的に、
お茶を入れてくださるお店の方と、落ち着ける内装。そして、美味しいスイーツ!
黒蜜ゼリーが超美味しかったなー…。<アドバイスを聞かずにメープルケーキを頼んだ人

ふらふらと覚王山のお店を冷やかして、おいしいおつまみチーズなど入手した後、
早々に栄に戻り、夕飯どころは、由緒正しい(?)名古屋飯を頂きに、
居酒屋ラブリー」に、開店後15分位に突入!

…したのですが、こじんまりした店内は、なんとカウンターも席も既に満席。
人気店なのですねー。

40分位、店内の「美味しんぼ」などを読みつつ待った後、
お待たせしました、味噌カツ、串カツ、味噌おでん。

そして日々は続く-味噌カツ

そして日々は続く-味噌おでん

これで四回目くらいの東海旅行ですが、名古屋飯ど真ん中を頂くのは、
これが初めて。

味噌おでんは、卵に存在意義があるんだよ! と力説するあおちゃん。
確かに、卵の黄身と味噌が絡まったのと、ご飯を一緒に食べるとウマ!

その他、手羽先や、お総菜などなど頂いて、二人で四千円しないくらい?

居酒屋らしいリーズナブルなお値段とお食事に、お財布もお腹も大満足な
二日目の夕飯。

旅行の時は、あおちゃんがお店をコーディネートしてくれることが多いのですが、
今回も、軽く名古屋B級グルメがよくなーい? とざっくり投げかけた私に、
ほんと素敵なお店をアテンドしてくれました。感謝!



って、どんだけ食ってばっかかと。



次回は、素敵な再会についての記事のご予定。

にほんブログ村

GW伊豆→名古屋旅行 その2(夕食・夜食編)

突然ですが、温泉宿の食事はお好きですか?

私は、実はちょっと苦手です。

とにかく量が多すぎて、食べてるうちにうんざりしてくるから。
途中から、大好きな筈のコースメニュー表の、先が見たくない! って
なってきます。

けして安くない宿代を、食事の量で還元しなきゃと思ってらっしゃるのかしら?
いいの! 気を使わないで!!
せっかく美味しい料理が多すぎることで嫌になるなんて、一番嫌なの!!

食い意地の割に、量がはかがゆかない私にとって、いつも全部食べきれず、
暖かかった料理は無残に冷えていく、というのが、
温泉宿の食事のスタンダードだった、の、ですが!

今回の宿は、そこが違ったね!

出てくる品数は、普通の旅館並みにあったんだけど、
一つ一つがかなり小ぶり。
丁寧に手をかけたものを少しずつ出してくれる感じで、
最後まで美味しく食べられました。

以下お品書き。


そして日々は続く-先付・前菜
●先付  桜胡麻豆腐
●前菜  山菜と貝の梅酢ジュレ和え 飯蛸旨煮 一寸豆
      桜鯛昆布〆木の芽寿司 〆玉と穴子の煮凍り
      より葱 桜鱒西京木賊焼き 諸胡瓜 金山時味噌 百合根

●先椀
  白魚の若竹椀 春霞仕立て(写真撮り忘れ)

そして日々は続く-お造り
そして日々は続く-山葵
●お造り 地魚盛り合わせ 芽物一式
山葵は自分ですって使うのです。

そして日々は続く-焚合せ
●焚合せ 里芋白煮 小茄子オランダ煮 身欠き鰊 桜麩

そして日々は続く-主菜
●主菜  溶岩焼き

そして日々は続く-旬菜小鉢
●旬菜小鉢 地魚と新めかぶ 蛤の朧蒸し
朧蒸しってなにかと思ったら茶碗蒸しだった! ふんわりうっとり。
この小鉢はなんと5種類から選べるようになってました。迷ったわー。
あおちゃんセレクトのしらすの掻き揚げもめちゃうまだった!

そして日々は続く-雑炊
●食事  ふのり雑炊 梅肉
これも三種類から選べました。桜庭蕎麦と山菜の天婦羅も捨てがたかった…。

●留椀  地魚のあら汁(またも撮り忘れ。汁物に何か恨みでも…)

そして日々は続く-デザート
●水菓子 季節のソルベ ブルーベリープリン
●甘味  桜羊羹
甘いものまで全く手抜きなし! ブルーベリープリンの濃厚さは、
甘いもの好きのあおちゃんも、びっくりするレベル。


たっぷりで、でも、多すぎないお食事は、するするすとーんと、
私の胃の中に収まってしまったのでした。

あー、ほんと幸せだったー。

お食事を頂くところも、しっとりした和食のお店の雰囲気で、
ありがちな広い食堂やお座敷っぽい感じじゃないのも◎。


そして更に、夜の闇もも深くなる11時頃に、ぺたぺたと雪駄を鳴らして
あおちゃんと二人。
この宿の名物、敷地内の広場に出る屋台で、無料でふるまってくれるという
夜鳴き蕎麦を食べに行ってきました。

そして日々は続く-屋台
屋台のラーメンて、実は初めて!

そして日々は続く-ラーメン
つるっと食べられてしまう、あっさり醤油ラーメンの魔力。


流石に腹がはちきれそうになりながら、布団に倒れこんだのでした。



でも朝になったら全然モタれてなかったんだよ!!

にほんブログ村

GW伊豆→名古屋旅行 その1(山に登って宿に着く)

GW後半の連休開始日に、記録的な雨ですね。
皆様、ゆったりお過ごしでしょうか?

さて、大型連休と言えば旅行~♪ ということで、前半三連休で、
伊豆高原→名古屋と遊びに行ってきました。

目的は、伊豆は温泉、名古屋はミュージカルの「ウィキッド」

これがもーほんとにほんとに楽しい旅だった! ので!
例によって私による私の為の旅行の覚書でございます。
雨のGWで、たっぷりお暇がある方のみ、どぞ。


***


まず、一日目昼過ぎ。
品川で待ち合わせて、ランチに美味しいそうなお惣菜を買い込み、
踊り子に乗り込みます。

そして日々は続く-車中
天気も良くて気分は上々。
電車の中のご飯ってわくわくするよね。


伊豆高原駅に降り立つと、晴れてなんだか夏みたいな暖かさ。
どこに行こうかねーとゆるゆる駅近の観光地を眺めて、
「登山リフト楽しそうじゃない?」ってことで、大室山にレッツゴー。

この登山リフト、以前先輩と伊豆に行った時に、提案して軽くスルーされた先(笑。
こういうのに同じように行ってみたい! っていってくれる人が彼女で嬉しいなー。

そして日々は続く-遠くから見たリフト
バスに揺られること20分程度で、大室山に到着。
噴火山の為か、全く木が生えていないつるっとした丘のような山です。

そして日々は続く-乗ってみたリフト
リフトは急こう配でかなり迫力!

頂上に着いたらぐるっとお鉢めぐり。
海も山も見渡せて、気持ちのいい景色が広がります。
ぐるりと火口を一回りすると、一キロほどハイキングが楽しめます。

そして日々は続く-オームロくん
ハイセンスな大室山のキャラクターオームロくん。
どうみてもバケモノ系。



大室山からまたバスで駅に戻り、今回のお宿「きらの里」へ。

バスで門をくぐると、宿の敷地内がまるで里山のようなのんびりした雰囲気で、
ちょっとした異世界に入ってきてしまったような気持ちになります。

そして日々は続く-水車
水車が回ってるんだぜ。

そして日々は続く-リス
リスが走りまわったりしてるんだぜ。

そして日々は続く-里山
牧歌的な風景。


部屋の中もとっても綺麗で、なんと飲み物のコーナーには、コーヒー豆と、
木製のミル! 
そして日々は続く-コーヒー豆とミル
あおちゃんにコーヒー豆を挽くところから淹れてもらって、完全にご満悦。
ちなみに私たちが泊まったお部屋はこんな感じ
マッサージチェアもよかった~。

そして日々は続く-貸切風呂
貸切風呂三種類と、大浴場がある、ということで、もちろん貸切風呂をまずチェック。
予約不要で空いてたら札を反して入る、という気軽さも嬉しい。
こじんまりとして、二人でぼけーっと寛ぎの時間。

そして日々は続く-饅頭
夕飯が遅めの人に配ってくれる、ふかしたてのもちもち饅頭を頂いてから、
今度は大浴場へ。

ご飯の時間が少しずれたおかげで、大浴場すら貸し切り状態。
お湯の温度も気持ち良くて、効能は美肌の湯。
最近、肌荒れ気味だったあおちゃんも、なんだか早速回復してきたような…。

ここの大浴場、内湯、打たせ湯、寝湯、露天と揃っていて、
しかも全体的に木造りのお風呂なんですよ。すごくいい匂い!
木のお風呂って綺麗にキープするの、めっちゃ大変なのに、これはすごい。

あがるとなんと、ロビーで飲み放題のヤクルトが冷えてました。
なんかこういうのってちょっと嬉しい感じです。

お風呂にも入ってさっぱりして、満を持してのお夕飯です!


というところで、案の定長くなってきたので一区切り。

にほんブログ村

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

フォローミー
yoko_tuzukuhibi

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム