楽しい休日と厳しい現実

風邪引いた!



と言い放ち、しばらく放置しておりました。
一週間ばかしあおっぱなをたらしまくってたヨコです。こんにちは。


あおっぱなってリアルに青ってか緑なのよね。
びびるわー。
寒色系は、人体から出ちゃいけないと思うわー。


さて、そんな体調でありながらも、去るこの前の日曜、あおちゃんと
勝浦のタラソテラピー「テルムマランパシフィーク」にいってきました!
「大事をとる」という機能に、わりと先天性の欠陥があります。


ご存知ですか、タラソテラピー。


私は、「海草と泥のパックでエステ」的なイメージが強かったんですが、
特にそういう限定的なものを指すのではなく、海洋療法、または海藻療法といって、
海水とか海草とか泥とかの海のもろもろを使った治療法のことらしいです。


まあこんな説明文を書いてみてもなんのこっちゃ、ですが
要は、ひろーい温海水のプールで、わっきゃわっきゃと遊んだり泳いだり、
マッサージしてもらったりできる楽しい施設ですテルムマランパシフィーク(大変雑な説明)。
東京から、バスで揺られること三時間弱でたどりつけます。


施設では、温海水で、浮力の強いプールに、ぷかぷか浮かんだり、
(この心地よさは尋常ではない)

噴き出す水流のマッサージに体を当ててほぐしたり、

バブルバスみたいなのに浸かって、んぼけーっとしたり、

海水ミストを吸い込んで、気管支の浄化をしたりと、

バラエティ豊かに楽しめます。

運動も、リラックスもセットで、超リフレッシュ! 最高!!




だったんで す が。




メインが、プールなわけですよ。

基本的に館内は水着で過ごすわけですよ。

最近、体調不良で、せっかくはじめた運動も完全にストップだったわけですよ。



水着ってほんとーに残酷ね!!



二人ともビキニタイプを来てたんですが、
あおちゃんが筋肉質のひきしまった背中と腹で、
きっちりナイスバディに着こなしてる横で、
たるーんと腰肉が、ビキニのパンツに乗っかってる私。。。
太ももの上にぶにゃんとおしりの肉がひしゃげてる私。。。
胸がうっすくて、下半身はたるたるなのがま る わ か り。。。



せ つ ね ー !!



5歳上のこいびととの体型差に、ほんとーにうちのめされたね!


私、今こんなで、更に5歳年くった時、どんな体型になっちゃうんだろうって
慄然としたね。


ようやく、あおっぱなも咳も収まってきたことだし、運動再開して、
ひきしめます!!



同志よ!

にほんブログ村
スポンサーサイト

こころにうつりゆくたわごとをそこはかとなくかきつく



アメーバのアプリから、フォトログとかいう機能を、今さら発見したので使ってみる。
簡単に写真の色味を加工できて、結構面白い!

ちなみに、映っているのは土曜日の夕飯です。
メニューは、豆腐バーグとジャガイモの明太子炒め。
豆腐バーグはあおちゃんにとっても好評でした。ヘルシーだし、また作りましょう。


***


昨日、会社を休んだ。


風邪を引いたらしく、喉が痛くて咳が出て、だるかったけど、
まあ行こうと思ったら、別に行けないこともない体調だった。


でも、休んだ。


体調が悪い状態で出社する方が、まわりによっぽど迷惑とか、
今日はそれ程仕事が溜まってないから迷惑をかけない筈とか、
色々言い訳っぽいことをいっぱい考えながら会社に電話した。


「お大事に」ってやさしく言われた。


そんでもって布団にくるまって、延々とうつらうつらしてた。
そんなにつらくはないなーなんて考えながら、寝ては起きて、
水を飲んではまた寝て、時々ピグのゲームしながら日長一日。


確かに体調は行けないこともない感じだったけどいつもなら、
45分くらいで作れる筈の料理に一時間半かかっているのに、
まだ出来上がらないくらい頭がさっぱりはたらいてなかった。

だから休んだのは正解なのに、それでも凄い高熱があるとか、
腹が痛くて、吐いたり下して、起き上がれないとかそういう、
「どうしても休まないと無理!」みたいな、病状じゃないと、
体調不良で休むことに、罪悪感を感じるのは何故なんだろう。


有給なんていっぱいあまらして、きえてくのに。


我慢は変にしすぎると、人にもそれを強いることになるから、
私も変な我慢なんかせずに、体調を本格的に崩す前に休んで、
体を治す方が正解だよって、自分に言い聞かせてるんだけど。



なんてコトを今日の日記みたく同じ長さでぷつぷつぷつぷつ、
切れていく思考でぐるぐる考えて考えて考えて疲れて寝てた。


休んだ一日はけっこう長かった。



明日は咳がちょっとおさまって、もうちょっと元気になーれ!




昔こういう遊び方をしてたのが、懐かしくなって書いてみた。
等幅フォントのエディタでないと余り意味はない遊びだけど。

にほんブログ村

割れた鍋にはとじた蓋を!

突然ですが、あおちゃんは料理の腕前がちょっぴり残念な人です。

この残念というのは、具体的に表現するのが難しいんですが、
壊滅的にへたくそ、ではない、が、決してうまくはないということです。

例えば、バターでベーコンを炒めちゃったりします。

私が作った料理の簡単そうなやつを、たまに自作を試みているようですが、
キャベツに塩昆布と胡麻油を振りかけてざっくり混ぜただけの、
超簡単ながら鉄板の、居酒屋メニューを作ろうとして、
胡麻油と、塩だけを振って作っていたとか。
いかにも味が足りなそうだネ。。。


あんなにも美味しい物好きなのに。

そして、おうちで食べるご飯が大好きなのに。

料理を作るってことに、相変わらず、基本的に興味がないのが面白い。


というわけで、私程度の料理の腕でもなかなか重宝がられます。ありがたいことです。
だいたい平日一日、週末一日~二日、あおちゃんのうちでご飯を作るんですが、
私が作るようになったので、最近さらに料理する気がなくなったそうです。

先日、「責任持ってご飯はつくってね」と言われました。

がってん承知だぜ!

そういえば、付き合いはじめて一番最初に、あおちゃんにきゅーんとしたのも、
「ゴハンつくってドキドキのメールでした。



さて、対する私ですが、とにかく全てにおいて、
綺麗に保っておくことに才能がありません。

片付けや掃除は、嫌いじゃないけど、へたくそです。
まず、出したものをしまいません。あけた蓋を閉めません。

ルームシェアをはじめて、まあまあ部屋は綺麗に保てるようになりましたが、
(というか、実家の時は足の踏み場がないような部屋に住んでた)
普段はちょっとごちゃごちゃっとしていて、気合入れて片付けると、
今度は、なんだか落ち着かない感じの部屋になります。

片づけが上手な人って、そんなに全部きっちり片付いてなくても、
ほどよく片付いてる感じの居心地のいい部屋を作るよね。憧れます。
あおちゃんのうちはそんな感じなので、ワタクシいりびたりまくりです。

皿洗いなども嫌いじゃありませんが、すっごくざっくりです。

なので、ゴハンを作ると、お皿や、調理器具は、食後に
あおちゃんが洗ってくれます。

あおちゃんが洗った後は、シンクの周りが常にピッカピカになります。スゲーきらきら!!




得意分野がかち合わない(かち合うとしばしばナワバリ争いになりますね)
相性に感謝しつつも、このままだと一緒に住んだときに、
叱られっぱなしになりそうなので、もうちょっと片づけは得意になっておこうと、
ヒソカに思うのでした。




なれそめバブル沈静化(笑。

にほんブログ村

走れ!


「走るのって、一度きちんと習うとすっごく楽に走れたりするらしいよ!」


という魅惑の誘い文句で、三連休中日は、あおちゃんの同僚さんがオススメしてくれた、
アシックスのレベルアップクリニックに行ってきました!



※ということで、今日は教わった内容の自分のための覚書です。
 ダラ長い上に箇条書きで、かつ初心者向けですので、
 興味ない人は回れ右ー。




さて、昨年、富士山に登ってから、若干アップした体力を有効活用したくて、
走ることにもチャレンジしはじめた私。

当時、「断捨離」ときめくお片づけ(今また本が売れてますね。
私もこれが一番好きです)にも手を出したこともあいまって、
当時友達には、「ヨコを見ると時のOLが何に反応しているかの
メインストリームがわかる」
とゲラゲラ笑われたものです。

これは決して時流に乗れている、ということじゃないんですよ。
単に、時代の空気に流されやすい、というハナシです。


さて、当初たてたフルマラソンに出たい、という目標の前では、
挫折しっぱなしですが、長距離走が死ぬほど嫌いだったのは、
走るうちに少しずつ解消されて、むしろ少しずつ楽しくなってきて、
去年は10キロマラソンなぞにも出たんですが、それからは緩みに緩んで、
はや半年以上。

最近は、当時目標としていた、キロ6分どころか、30分連続で走るのにも、
ひーひーなっておりました。
レッスン前日に至っては、10分でリタイア。

人間、堕落するのは簡単だね!


ということで、「5キロ以上走れる」が条件のこのレベルアップクリニック、
かなり不安があったんですが、フタを開けてみると、とっても懇切丁寧で、
とってもためになりましたし、楽しかったです!


開始時間は、9時50分と、早朝ラン過ぎないありがたい集合時間。

まず日比谷公園にて、伸ばす筋肉とその役割を解説しつつの
丁寧なストレッチ指導から、手の振り方、足の振り出し方などを
一つ一つ分解して丁寧に教えてくれます。

腕は、手を目の前でぶらぶらさせて、ひじを曲げながら、
肩と手をすとんと落として、収まったところが、
ベストポジション、ということで、人それぞれ、高さが全然違うのが
なかなか見渡して面白かったです。

足の運びは、初心者は、足をまずよれさせず着地し、腰は下げずに、
走り続けるのが、最重要ということで、骨盤からまっすぐ足を振り出して、
二本の線の上を走るような指導。
こうすると確かに重心がぶれない!

なるほどー!!
ランニング本を読んでると、肩甲骨を引いて、骨盤を回して、
足を振り出せ、って書いてあるけど、そんな滑らかな回旋運動、
確かに初心者には無理ですよねー!!
ってことで、実践的な内容に目から鱗が二、三枚ぼろぼろ。


着地の仕方のリズムまで教わったところで、いざ実践、ということで、
皇居の周りを、キロ7分のペースで一周しました。


初皇居だ、わーい! とか、確かにランナーの数、すんごいなーとか、
おーしかし、確かに景色は気持ちいいぞーとか思ってられたのも束の間。

わき腹の痛みをこらえるのに必死。

そして腹の痛みがおさまってきたら今度は、上り坂登るのに必死。

いや、皇居周りってかなりアップダウン激しいのね!

そして見事完走するも、見事にチーム最下位



……い、いいんだ、ちゃんとキロ7分で走れたから…!


一緒にクリニックを受けたチームメンバーの中には、40~50絡みの
なかなか体格の丸いおばさまとか、どうみても70過ぎのおじいさまとか、
いらして、そんな人にも余裕で全然負けてたけど、気にしちゃダメ!


最後疲れのあまり、上半身の力が抜けたところの手の振りと姿勢を
褒められたので(……切ねえ。普通だと力が入りすぎてるらしい。私らしいこと)、
そこを忘れずに、個人での練習に励もうと思います。



というわけで、夕方からの映画祭の話はまた次回ー。

にほんブログ村

谷根千散歩

秋晴れが気持ちいい三連休初日は、下町情緒溢れる谷根千にいってきました!


目的は、天然氷を使ったかき氷で有名な「ひみつ堂」はじめ、食べ歩き散歩です。


出発のタイミングが悪く、昼御飯が食べられなかったので、
お腹をぐーぐーならしつつ、日暮里であおちゃんと待ち合わせて、
早速「ひみつ堂」へ。

今日は谷中祭りということで、日暮里駅は人でごった返していたので、かなり並ぶんではないかと
戦々恐々としながら店を覗いたのですが、客さばきがよく、ほどなく席にとおされました。



私が頼んだのは、変わり種の白花豆と抹茶。

あおちゃんは、定番のイチゴミルク「ひみつのいちごみるく」を注文。
どちらもシロップが、無添加らしい無理のない優しい味で美味しい!

氷そのものの細やかさや、ふわふわ感は、長瀞の阿左美冷蔵には敵わない感じだったけど、
シロップはかなりいい勝負で美味しかったー。

今年の五月にできたばかりなのに、すでに評判になってるのも納得!!



そのあとも、「やなかのしっぽ」やという店で、にゃんこのしっぽ、という名前の
フレッシュバナナを練り込んだドーナツや、


肉のすずき」で、元気メンチカツをほくほく食べ歩きながら、活気のある商店街を徒然にうろうろ。




邪悪な判子屋「しにものぐるい」なるオリジナル判子を作ってくれる判子屋さんで、
あおちゃんが判子を作ってみたり(ちなみにこんなデザイン
確かにめちゃめちゃかわいいんだけどどこで使うんだろう…)、
皮小物の店で、私が木曜に届いたデジカメのストラップを買ったり。

すっかり日が暮れるまで、東京散歩を楽しんだのでした。

帰ってから二人でまったり家ごはんできたのも、
とっても満足な連休初日。

明日は、ランニング教室に二人でいったあと、映画祭で映画見て、公式イベントに遊びにいってきます!



青山スパイラルホールで握手!

にほんブログ村

友情というひそやかに困難な関係

突然だけど、私は八方美人で、ええかっこしいだ。

評判は気にするし、俗物だ。

美人が好きでミーハーで、わりとすぐ人になつく。

波風をたてるのが嫌いで、基本的には人に融和的に振る舞う。

そして、理屈っぽくて、アタマが感情や直感に先行する。



そんな性格だから、理屈にあわない自分の負の感情を認めたり、
まして、それを人に向かって表明するのは、とっても難しい。


でも、
「なんとなく」いやだ、とか、
「なんとなく」違和感を感じる、という感情がうまれてしまったら、
嫌でも諦めて、きちんと耳を傾けて、その感情にいたるを
丁寧に探らなければならない。
きちんと正直に、そして慎重に振る舞わねばならない。

直感を無視して、理屈で補強して、明るく軽く波風を立てないように、
笑顔で振舞うのは簡単だけれど、それをしてはならない。

そうやって、無視して虐げられた感情が麻痺し、自分に、
そして結果的には、人にも、大きな不誠実を生む。

そして、不誠実の報いは、思ってもみない瞬間に、
手酷いしっぺ返しとして降りかかってくることになる。



私は、私の感情に誠実でなければいけない。

それがいくら整理してみても、理屈にはあわないものでも。





ああ、でもそうすることは、本当にいやだ。




あなたはなにも悪いことはしていない。

それこそ、私が口出しするようなことじゃない。

批判なぞ、ましてしたいわけじゃない。


けど、いまあなたと以前と同じように話を弾ませて、
楽しく笑いあうことが、どうしてもできる気がしなくて、とても気鬱だ。
とても、悲しい。



なんども、メールを、開いては、閉じる。
返信マークは、いつまでもつかない


***


恋愛には、良くも悪くも本当につよいパワーがあって、
恋愛が生まれるときや、壊れるときには、おおきな波紋がうまれる。

そして、時に当事者でない人の関係まで、大きくゆらぐ。


だからレズビアン同士の友人関係は、時にとっても難しい。

恋愛と友情が、同時に近しい輪の中で結ばれるから、
ゆらぎの影響を受ける可能性が高い。

そして、女性は概して、共感力が高い。


これは個々人のパーソナリティー的な問題ではないし、
ましてレズビアン同士の友情がもろいとか、そういう友情の「質」の問題じゃない。


言ってしまえば、友人関係というものの多くが、もともとやわく、もろいことに、
普段は幸福にも、気付かないでいられるだけだ。


***


後半のくだりは、以前書こうと思ったけれど、なんとなくやめていたおはなし

レズビアンの友情はもろいって、まるで「友情自体の質が悪い」ようにいわれることがあるのが、
どうにも腑に落ちず、けれど事実、友人関係は破綻したりする。
偶然ではない確率で。

いたみにもがいてもがいて、つまり…、と、ふと思い至る。

つまりは、友人関係という存在がおかれてる環境の問題なのだな、と。

けれどそれをまた、実感を以て書く時が、こなくたってよかったのに。


追記:語られている論点は全く違う話だけれど、コレを考えていたのと、
   同じポイントで、自分が反応したので、引用。

「親子であろうが夫婦であろうが、人の縁というものは、 思っているより簡単に切れてしまうものだ。だからこそ、切れて欲しくない縁ならば、大切にしないといけない。一度できてしまった「縁」に安住し、メンテナンスに手を抜くと、やがて「縁」は壊れてしまう。

(中略)

人と人との絆は、結局のところ、「相手を大切にし続ける」という、シンプルな、しかし手抜きができないことによってしか守られない。」

---「あなたは私よりも「大人」かもしれませんが、虐待については私よりも無知な立場です」yuhka-unoの日記



更に追記:感情と理性の関係について。直感的に「そうだよね」と思う。



「感情の赴くままに行動することは低俗なことで、理屈に基づいて行動するのが正しいのだ」というトラップは、誰の心にも起こりえるものだよね。

実際、同じような屁理屈で感情を肯定したり否定する人はたくさんいる。というか、感情を“よくないもの”と思っている人は、理屈によって自分を正当化するというワナにはまりがち。



覚えておきましょう。

たいていの場合、感情は理屈より圧倒的に正しい。

だからそのふたつに矛盾を感じたら、迷わず感情に沿って生きるべき。

---「永田洋子氏、死亡」Chikirinの日記





にほんブログ村

いまここにある奇跡

ひとつ季節を抜かしちゃったの!?

と、天候に向かって、小一時間問いただしたくなる気温が続いていますが、
お元気にお過ごしでしょうか?

私はすでにホッカイロをひっぱりだして、インナーの背中にはっつけてました。


そして、はりつけたのをうっかり忘れて、
ジャケットを脱いで、オフィス中を歩き回ってました。


はられたホッカイロ、ばっちりむきだし!
冬もはじまらないうちからアナタ…(涙。



さて、タイトルの奇跡ってのはなにかってーと、
お気づきの方もいらっしゃると思いますが、コレですよ、コレ↓

にほんブログ村

いつもご協力をお願いしちゃってるコレ↑ですよ。


こちらからいらしてくださっている方も、とっても多いことでしょうが、
ここ数日のありがたーいクリックの積み重ねで、
空前にして、絶後な感じの順位になってるので、ぜひ見てってください。

もう絶対に二度とないから!!

私は飲んでるものを、リアルに噴出しました。

なれそめの威力にびっくりですよ。なれそめバブルと名づけよう。



で、せっかくバブル中にコレだけでもなんなので、
恋愛ブログらしい(?)のろけたエピソードでも披露しておこうかと思います。



***エピソードその1

付き合いはじめてから、数少ないあおちゃんのコチラの友達と
飲むことに。
どうやら付き合う前から私のことを話していてくれていたらしい。

「よかったねー。両思いだったんだー?」

とニコニコ笑うお友達。とても優しい感じの人なのです。

それに対してあおちゃん。



「いや、違う」



切り捨て過ぎ、切り捨て過ぎ!!


確かに、告白してもらった時は、両思いとはちょっといえない感じだったけど、
今は両思いになってるじゃん! ねえ?!




***エピソードその2

恋愛は苦手だ! といっていたあおちゃん。

人の気持ちに鈍いし、察するのは無理! といっていたあおちゃん。

んじゃ、恋愛イベント的なことも苦手かなーと思い、クリスマスのイベント化を、
食べ物で釣った話
は過去に書きましたが、サプライズとかも苦手に違いない、と
決め付けていたワタシ。

クリスマスの前、あっさり聞きました。


「プレゼント、何欲しいー?」


「………」


「考えるの苦手だろうし、お互い聞いた方がいいかなーと思ってー(・∀・)」←悪気はない


「………あー……私、もう考えて用意したけど………」



ぎゃーーー! ごめんなすってーー!!


この辺りから私、サプライズは負けっぱなしです。




***エピソードその3


瀬戸内を一周年旅行に位置づけていた私たち。

瀬戸内ではゆっくりお祝いしようねーと言いつつ、
いざ、旅行中は、特になにか記念的な話しをするでもない私たち。

というのもなんだなーと思い、夜にベッドでごろごろしながら、
なんとなく「一年経ってどうよ?」と、話を振りました。

「たのしかったー」とあっさり淡白なお返事。

「やる気ないなー」と笑う私。

「やる気なくはない」と、ベッドから降りて、荷物からなにか取り出すあおちゃん。

戻ってきたその手にあったのは、小さな可愛いラッピング。



…………え?



「一周年のプレゼント」


そして日々は続く-プレゼント



私、ベッドの上で、思わず土下座。

すいませんでしたー!!


中身は、デザイン違いでおそろいのネックレス。
国の形と、国のシンボル的な存在を、薄い金属板で象ったトップのネックレス。
とめ具の先には飛行機がデザインされてるのです。

シンプルなのに可愛い!!

そして日々は続く-私のネックレス
私のがコチラ。あおちゃんはしろくまがデザインされてます。


あおちゃん、おそろいなんて、絶対拒否するタイプだと思ってたのに!!

それが、まさかの一周年記念プレゼントでお揃いて、予想超えすぎだから…!!


そして、いま恋愛力低いの、
あきらかに私の方だよね…!!


帰って思いっきり同居人に自慢するくらい嬉しかったのと共に、
なーんの用意もなかった自分を、瀬戸内の海より深く反省したのでした。。。


* * * *


というような恋愛濃度の高い記事(これでも私にとっては高め)は、
あまりない日常ブログに戻りますが、よろしければ、今後とも何卒よしなに!



ほんとに励みになりました!

にほんブログ村

「ふたり」のはじまり -なれそめ その7(終)

なれそめのラストです。

その1その2その3その4その5その6はコチラ。


***


告白の夜から一夜明けた、次の日。
手がつかなかった仕事の帰り、一日ぶりに、あおちゃんと顔を合わせたのですが、
緊張のあまりか、あおちゃん、さっぱり目を合わせてくれず
(こっち向いてーとか、リラックスーとか、よくわからない声がけをして、
 なんとか笑わせようとした気がするけど、終始雰囲気は強張ったままでした…(笑))



なんだか友達でいたときより、仲良しさが大幅に後退したかのような雰囲気で、
そのまま一週間が経過。 純情中学生?


当時、友達に
「恋人が出来た、んだと思うんだよねー、多分…」
なんてあやふやな言い方をするくらい、あおちゃんとの恋人関係は
最初は、かなり手探りな感じではじまりました。


その後、お互いの家に訪問しあったり、夜を徹してお喋りしてみたり、
お互いのポジションを、あらためて確認してみたり、
ご飯を作ったり、食べてくれたり、少しずつ一緒に過ごす時間を重ね、
一ヶ月くらいかけて、私たちは、だんだんと恋人っぽくなっていきました。



あのときのことを言い出すと、あおちゃんはなかなかイヤそーな顔をします。


この付き合いはじめの時期は、
「そういえば恋愛はすっごく苦手分野だったことを思い出した!」
と言い出して、私の度肝を抜いてくれたりとか、
あまりに恋人っぽい雰囲気にならない為、恋人として過ごすイメージを聞いたら
「一緒にいるけど、別々のことをやっていられる感じ?」
と、いきなり熟年カップル的な過ごし方を提示されて、
まずそれ!? って、思わずつっこんだりとか、
すっとんきょうなこともいろいろあって、ワタシとしては、
思い返すと、かなり懐かしくて、楽しかったりするんですが。


でも、それだけ、恋愛なんて、得意じゃないし、慣れてもないし、
正直興味もかなり薄かっただろうあおちゃんが、
自分から、付き合おうと、私に手をさしだしてくれたこと。


それを思うと、私は、今でもなんだか驚いてしまったりします。


いざ、ふたを開けてみたら、私とあおちゃんには、無理なく自然体で、
一緒に、日常の時間も非日常の時間も楽しめる相性のよさがありました。

そのことにひとつずつ気付いていく過程には、思いがけないところに、
宝物がおちているのを、二人でみつけていくような、
なんともいえない楽しさがありました。

そうやって見つけてきたものは、いつしか、強い安心感になり、
私が恋人という存在との間に、いちばん欲しかった
「穏やかに安定していて、息の長さを感じさせる関係」
結びついていきました。


…一ヶ月目だね…二ヶ月目だね…三ヶ月を過ぎたね…。

そう言い合って、そのたびに、まだそんなだっけー? と驚き合いながら、
いつしか半年を越え、次第に何ヶ月目、の意識も薄れてきた頃、
ふと気がつくと、この前、春夏秋冬をひとめぐりしていました。


そんな風に、これからも、一緒に時間を過ごしていけるように、
この時間、この関係がとっても貴重で得がたいものであることと、
感謝を忘れないでいたいと思います。


***


これにて、開始まで長々とひっぱりましたなれそめの話は終了です。

付き合いはじめから、恋愛的テンション自体は、さっぱり高くなかったことが
伝わってしまったかと思いますが(笑)、ここからはじまった大事な時間を、
もっともっと大切に楽しんでいきたいなーと思う、いい機会になりました。


お付き合いありがとうございました!

にほんブログ村

想いがとどく -なれそめ その6

なれそめ、終盤です。
その1その2その3その4その5はコチラ。

***

土曜日の朝に出て、日曜の夜まで、めいっぱい楽しんだ旅行を終えて、
バイバイして家に着き、「楽しかったね~」との、きぬぎぬのメールを
書こうとしていた私に、あおちゃんから一通のメールが届きました。


それは、楽しかった旅行を一緒に過ごしたことへの、感謝の言葉と、
そういう時間も、私のことも、大好きなので、付き合ってください、
というきわめてストレートな告白のメールでした。


読んだ瞬間は、信じられないというか、とにかくものすごくびっくりし、
あわや携帯を取り落としそうになりながら、ぐるぐると、部屋の中をクマのよーに徘徊。


その後、まず私がしたことは、あおちゃんに電話をかけることでした。

どうにもメールだけだと、現実が掴みきれなかったというか、
あおちゃんの気持ちが捉えきれなかったので、とりあえず、
なにか話したかったのです。

そのとき、私の頭の中では「まさかまさかー!」という気持ち95%でしたが、
どっかで「あ、そうだったのか」という気持ちもほんの少しだけありました。

とにかく話したい、だけで、どう応えるかも決めないままかけた電話。
(メールには、仕事でテンパってた私を気遣って返事は急がない、と書かれていたのに…)
しかし、あおちゃんは一度電話に出てくれず。。。


やきもきする時間はとーっても長く感じましたが、恐らく十数分後には、
かけなおしてくれました。


そこでどんな話をしたか、正直、あまりよく覚えていません。


旅行中のテンポのいい会話とは打って変わって、お互い口数が少なく、
話は弾まず、真意をきくだとか、話してもらうだとかの、
実質的な話は、特になにもしなかったと思います。

それでも、あおちゃんの声を聞いた瞬間、私から出てきたのは


「嬉しいです。よろしくお願いします」


でした。

そして、とりあえず会おうよ、と次の日の約束をとりつけて
電話を切り、

ああ、それが私の本音だったんだなー。
本音は意識しなくても、自分自身が知ってるんだなー。


と、なんだか、高揚したような、深く納得したような不思議な気持ちで、
その日は眠りについたのでした。


***


と、めでたく(?)くっついたので、これでなれそめも
終了な感じですが、一応、ラストのその7につづきます。


ちなみにあっさりオッケーされたことに、あおちゃん自身は、
相当驚いていたよーです。

にほんブログ村

旅に出ようよ -なれそめ その5

すっかり秋ですね!

食欲の秋に先駆けて、一足早く、鏡の前に立つのが
すっかり嫌になる体型になってきたので、地味~に運動を再開。

久々のカーヴィーダンス20分で、側筋がえらいこと筋肉痛になりました。
どんっだけ衰えてんのー! と涙しつつ、頑張ります。。。

さて、なれそめの続きです。
その1その2その3その4はコチラ。

------

さて、あおちゃんの存在に微妙な変化を感じたりしつつ、
その一週間後、二人で一泊のドライブ旅行にでかけました。
目的地は群馬の吹割の滝。

滝好きのあおちゃんが、昔から行ってみたかった、ということで、
温泉と合わせワザで企画したんですが、これがめっちゃめちゃ
楽しかったんですねー。

昼間、滝や神社を見て歩くのも。
山登ったりしちゃうのも。
天気のいい中の、ご機嫌なドライブも。

夜は、珍しくお酒を飲んでみたり。
星を探しにふらふらと暗い温泉街を二人で歩いたり。
翌日は滝を見た後、美味しいかき氷を食べる為だけに、
炎天下に、三時間も並んだり。

そんな中、なんであおちゃんには恋人が出来ないんだ、
という話題が、軽いタッチで何度も話に出てきていました。

あおちゃんは、当時、実に7年以上恋人がいなくて、
自分でも「恋愛ってどうやるんだかわかんなくなってきた」と
言い出す始末。

あおちゃんに恋人が出来ない理由なんて、私からすれば
もう明々白々で「魚がいないところで釣りをしているから」
もしくは「そもそも釣りをしていないから」


あおちゃんは、業界に出るのが苦手です。
なんとか、地元でも交友を広げようとはしたみたいですが、
基本的に、あまり友達を多く作るタイプじゃない上、
そもそも業界そのものがあーんまりお好きでない。

でも、女性が恋愛対象にならない人たちとしかいなかったら、
そりゃフツーは恋人は出来ないと思うんですね。

というわけで、私は、業界に出ろ出ろ、出れば絶対モテるから、と
旅行の間中、発破をかけておりました。

ちょっと存在が大きくなっていたとはいえ、私にとっては、
とてもいい、素敵な友達にみえていたあおちゃん。

たとえ他に恋人が出来たとしても、おめでとう! って
めいっぱいお祝いして、その後も楽しく付き合えるだろうな~、と
思っていたのでした。


その6につづく。

***

なれそめ書き始めてから、ぽちりを頂けることが増えました。ありがとうございます!
楽しんでくださってるのかしらーと、とっても励みになっております。
(しかしながら予告どおり、あまり起伏がない話で、すみません。。。)
あと、二回宜しければお付き合いくださいませ!

にほんブログ村

変化のきざし -なれそめ その4

なれそめ書いてます。その1その2その3はこちらからどうぞ。

ちなみに7で終わる予定です。


***


さてそんな友達街道まっしぐらだった私にとって、
ちょこっとした転機になったのは、あおちゃんの前回の誕生日でした。

何故か、誕生日がユーウツだ~、テンションが下がる~、と、
呟いていたあおちゃん。

なんだよー、誕生日なんて年に一度の主役の日で、
いつまでも祝ってもらうもんだぜ! と思っている私としては、
ほっておくわけにはいきません。

誕生日前日、ちょうど研修が終わった頃、ふと、あおちゃんも、
そろそろ仕事が終わるんじゃないか? と思って、電話してみたら、
絶妙なタイミングでビンゴ!

仕事帰りのあおちゃんがつかまり、そのまま、あおちゃんの会社近くの
お店で、プチ誕生日パーティーが開催されました。


自分で声をかけながらも思いがけなかった、お祝いのご飯と、
なんだか二人ともテンションがあがった感じの楽しいお喋りに、

あー、この人が生まれてきて、私と一緒に今ココで、
こうやってご飯を食べてる時間があることを、
私はなんだかとっても嬉しく思ってるなー。

なんてしみじみ感じて、ちょっとどっきり。

当時、日記にこんなことを書いてました。


*** *** ***

誕生日なんて、何歳になったって、祝って貰ってなんぼだと思う。
365日の中、その日はその人の日。

全然マメじゃないから、忘れてることもかなり多いけど、
実はひっそり誕生日信者です(笑)。


そんな人が、「明日誕生日だよ~…」と何故かマジで落ちてる友人を
見つけてしまったもんだから、さあ大変。
遅い仕事帰りをひっ捕まえて、無理矢理祝う。

相手の会社近くまで押しかけ、こじんまりしたスペイン料理屋で乾杯。
何故か私が食べたいもの(則ちニンニク料理と生ハム)を頼みまくる。

月曜から、むしろ若干嫌がらせだったかも……? と、解散後に、
密かにドキドキしてたけど、喜んで貰えたみたいで一安心。


あなたが、ここで私とゲラゲラ笑っていてくれる今に辿りつく、
その最初の日があることを、私は本当に嬉しく思うよ。

ハッピーバースデー!


*** *** ***


思いのほか、あおちゃんの存在が自分の中で大きくなっていることに
気がついた瞬間でした。


その5につづく。


あおちゃんがこの日のことを書いてくれたブログ記事は、
嬉しくて何度も読み返したりしてました(笑。

にほんブログ村

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

フォローミー
yoko_tuzukuhibi

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム