ソーシャルアプリを巡る個人的な愛憎

ピグライフがリリースされて、あきらかに結構な人数の、
アメーバブロガーさんの更新頻度が下がったよね。



(゚∀゚)人(゚∀゚)ナカーマ



だってさー、ただでさえ短い、マイパソコンの前に座れる時間、
いろいろ収穫したりお手伝いしたりしてたら、あっちゅー間に
はかなく消えてなくなるべ?

しかもピグライフは、重ささえ解消されれば、なかなかバランスがよくて、
「楽しみ」の配置の仕方がよく出来てると思うの。ちょっと鬼だったりするけど。

しかもしかも、こういうソーシャルゲームって一緒にハマる人がいると、
いきなり加速度がつきますよね。


というわけで、最近、あおちゃんのうちでパソコンを開く合言葉が
「収穫するー?」のわれらカップルです。


と、ここまでは、はまっちゃってダメダメだけど、アメーバ様の目論見どおり、
たのしんでまーす的な日記なのですが、以降はちょいと暗いですよ。

ご注意をば。


***


思い返せば、私はわりとすぐにソーシャルアプリというか、
ネットゲームにはまります。

サンシャイン牧場はそうでもなかったけど、怪盗ロワイヤルには激ハマりして、
営業の移動中に、ひたすら携帯をいじってお宝奪い合いしてた時期もあったし、
GREEにハマって、クリノッペをつついたり踊らせたり、釣ったり、
掘ったりしてた時期もありました。

もうちょっとさかのぼると、古くはFF11に大学四年の時期にどっぷり浸かって、
就職活動が終わってからの半年位は、ひたすらヴァナを放浪してた気がする。



そんだけハマるからむしろ思うに、私、ネトゲを含むソーシャルゲームは
全般的に、はっきりいって向いてない。


ハマって、どんどんゲーム内での「所有」を増やしていくと、
だんだん、だんだん、そのこと自体に深く疲労してくる。

ハマると楽しくて、ちょっとムキになって、けっこうな時間も費やして、
ちまちまと、いっぱいやっちゃうんだけど、ある程度、積みあがったところで、
それを一所懸命に積みあげてる自分に、嫌気がさしちゃうのね。


なにやってるの…?


そして、一気に放棄する。



その波は、あんまり健康的ではないなと、思う。


ピグライフは、システムが重過ぎて、それが遊んでてストレスなので、
依存度が低くて、それゆえに、逆にまださほど疲労してきていないけども。
(あと、携帯で遊べないのがよい…(笑))


もっとこーゆーのも、適度な感じで、ゆるーく楽しめればいいんだけどね。
ひそかに依存気質な人には難しいようです。


ネトゲは、私にとって、退廃の匂いがします。
だるくて魅惑的で心地よいんだけど、相性はよくない。


そろそろ起きて、本を読んで、文章でも書きましょう。



もちょっと更新しなよって方、是非、ひとつぽちりと。

にほんブログ村
スポンサーサイト

夏のなごり

ひとつ前の記事では、思いがけず多くのコメントいただいて、すごくびっくりしました!

コメントくださった皆様、本当にありがとうございました。

頂いたコメントを読んで、私が思っているよりもずっと、来て下さる方それぞれ
いろいろな種類の記事を楽しんでくださってることを知ることができました。

かなりもれなくカテゴリごとにコメントいただいたんじゃないかな~。
おかねのこと、なんかは、ツイッターの方でコメントいただくことが多いですね。

ということで、この方向性の見えなさも、一つの個性ということで開き直って
これからも書きたいことを書きたいように書いてこーと思います。
よろしければ、是非今後ともゆるりとお付き合いください。



さて、そんな決意(?)のもと、今日はのんびりデート記録~。


8月最後の日曜日の今日は、海の家に遊びに行ってきました。


あおちゃんの同僚さんから、海の家は海の家でも、カフェ風の素敵な海の家がある、
という話を聞き、そりゃー夏の間にぜひとも行ってみねばならんね、ということで、
晴れた天気を逃さず、出発!

ちなみに今日出掛けたのは偶然っちゃ偶然で、気の向き方によっては、
来週にするかーって感じだったんだけど、調べてみたらこの海の家、
8月までの限定でした。あぶねー、あぶねー。


藤沢駅から、江ノ電に乗り込む。



江ノ電ってちっちゃくて、車窓からの景色がかわいくてわくわくするよね。


江ノ島駅でおりたって、新江の島水族館側に向かって歩くと見えてくる、
海沿いに並ぶ海の家。


海の家、もっと簡易な造りのお店を想像してたんだけど、すごいしっかりしてるのね。
どの店もおいしそうで心惹かれます。ついつい色々買い食いそうになるのを抑えて
目的の「EAU CAFE Shonan」に到着。


海に向いたソファ席に陣取り、ビールとカフェオレで乾杯。





普段は飲まないビールをおいしそうに飲み干すあおちゃん。
汗かくとなぜだかおいしいよねー。

海辺の陽射しはさすがに強烈で、あっつーーー。
日が直接あたるところを日傘でガードしながら、豚と葱のゆず胡椒パスタと
グリーンカレーをつつきます。汗がじわじわ。

でもたまに吹く風が気持ちよくて、正に夏! 夏満喫!!


写真を撮り損ねたんだけど、ここで食べた「苺氷り」がすっごい甘くておいしかった!
氷の中に苺がとじこめられてて、それを削ってシロップと練乳をかけるのです。
かき氷が若干苦手なはずのあおちゃんとも、争うようにペロリ。


お腹がくちくなったところで、満を持して波打ち際へ。

海岸には、水着姿の人はいっぱいいましたが、やっぱりクラゲが出てる時期とか、
波がやたらめったら高い、ということもあってか、あんまり泳いでる人はいなかったなー。

靴を脱いでいないうちから、海の方にぐいぐい押し出そうとするあおちゃん。
ちょっとー、折角買ったばかりのビルケンが汚れるからやめてー。

二人とも、サンダルを脱いで、水に足をひたす。





波が足元の砂をさらっていく感触が気持ちいい。


散々海で遊んで、日に焼けたら、いつの間にかじわっと疲れでて
二人してうとうと、電車に揺られて帰ってきたのでした。



帰ったら、くっきり腕時計の形に焼けてました。

にほんブログ村

このブログ、どこからかじる?

昼、ちょっと遅めのランチをとり、店の外に出たら、
目の前が白く煙る程の豪雨と稲光、即、轟音の雷鳴。

思わずボーゼンと立ちすくんだヨコです。
こんばんは。

店に入った時は、曇ってただけだったじゃん!!

わざわざ会社の人に迎えに来てもらうことになりました。
申し訳ねー。


さて、今日は帰宅してから、ブログの整理をしておりました。


というのも、この前、ともさん、アーサさんとお会いしたとき、
アーサさんに笑顔で、「帰ったらブログ、読破しますねー」と
言っていただいてしまったのですねー。

それを聞いて、いや、読破ってそうとうキツくないか…? と、
わがブログながら、即座に思ってしまった私。


オフ会の時に、複数人の方から、「保険の記事、読んだけど、
ちょっと難しくて…」と、おっしゃっていただいたこともありました。

いーやー、なにも保険の記事を読まなくてもー…と思ったんですが、
じゃそれにかわってなにを読めば、というのもとっさに出てこず。


一応、ビアンブログに属しているので、恋愛ブログ、セクマイネタの
ブログと思って読みにきていただく方が、圧倒的に多いはず。
なのにそういう方がいらして下さった時に、保険についてやたら延々と
熱く語っていたりするのは、確かにとっつきにくいかも~…。

と、ちょいと反省いたしまして、とりあえずブログのカテゴリ紹介と、
自己紹介「はじめに」カテゴリを作成。


私自身が結構記事数が多いブログを読み始める場合、興味のありそうな
カテゴリから読むタイプなので、カテゴリはちょい細かいです。


ついでにアクセス数や、反響が比較的多かった(気がする)記事の紹介もしてみたんですが、
本当にどんな記事を読むのが、まずはとっつきやすいんですかね~。


今までの記事を読まれているような、根気強い方で、
「このブログ最初に読むなら、このあたり」的なご推薦がもしあったら、
ぜひ教えてくださいませ~~。



反省した結果、ラブな要素の記事やビアンネタ記事を増やすではなく、
整理する、という方向にいくのは、もはや仕様です。

にほんブログ村

ともあり遠方より来る

さて、あっという間に一週間も前のコトになっちゃいましたが、
素敵な邂逅があったので書いてみる。


それは、お盆最後の日。
相方いじりがやめられない」のともさんが、
お友達と東京にいらして、二丁目で飲む! というので、ちょっくらお邪魔してきました!



ともさんは、端的な言葉と、読みやすい適度な長さの記事で、
相方さんとのほのぼのした仲良しっぷりをただよわせるブログを書かれるので、
とても好きなブロガーさん。


文章から、キレるしっかり者な雰囲気を伺わせるものの、
かき氷に爽健美茶をかけるという、ファンキーな一面もお持ちです。
(そうとう新しいと思うの)


その日は、ぎりぎりまでタイミングが合うか、わからなかったのですが、
ご飯を食べて、のんびりテレビを見ていた頃、ちょうど東京に着かれた、
という連絡を頂けたので、これは行くしかない!! と、
次の日が平日、という事実はとりあえず見てみないフリをして、
二丁目にれっつごー。

電話やメールで連絡を取り合いつつ、ココロカフェにて無事、
こんにちはーとお会いした、リアルともさんは、
ハッキリした顔立ちに、すらっとしたスタイルの美人さんなのに(似顔絵似てます!)、
「髪を切って三浦になった…」という自己分析も、それはそれでわかる、という
絶妙さ(笑。 ちょっとー、おもしろいじゃないのー。



お友達の姐さんことアーサさんと、掛け合い漫才のよーな会話も楽しく、
初対面とは思えないイキオイでがっつりお喋り。


最初は、彼女さんと何年くらい付き合ってるんですか~、とか、
どんな人ですか~、出会いは~、なんていう、
わりとほのぼのした会話だったはずが、最終的には、
「ブログにラブ要素が少ない!」と、イキオイよくつっこまれるハメに。
仕事5、食5みたいなブログですよね! って言われた。


まじかー。
個人的には、ココはわりとウザいのろけブログのつもりでいたので、
びっくりです。
ラブって、けっこう伝わりにくいんだなー(誤)。


一時間ちょいちょいしかいられませんでしたが、楽しかったー!
また東海方面にお邪魔した時は、ぜひ遊んでいただこうと思います。




狙うはやっぱり、二回目オフかしら?

にほんブログ村

いそがしくする、という病

20代前半の頃、いい意味でも悪い意味でも、私はかなりアクティブで、
会いたい人ややりたいことがいっぱいあった。

そして体力の許す限り、会いたい人にあって、やりたいことをやること全部を
かなえたいと思っていた。
(そしてしばしば体力の限界をあっさり見誤ってぶっ倒れていた)


時間やイベントをまるでパズルみたいに組み合わせて、
一日のうちに、多ければ三つくらい、人と会う予定を入れて、
今思えば、さーっと、ただ、なめていくようにこなしていた日も多かった。

友達には、少しだけ悲しそうな眼差しで、「ヨコは忙しいから…」といわれ、
付き合いたての恋人にはいらだたしげに「予定がない週末ってあるの?」って
よく聞かれるようになった。



少し年を経て、あのとき、私はとてもとても失礼だったなあと思うようになった。

あれは、したいと思ったこと、会いたいと思った人、その全てに
「した」「会った」という、自己満足の痕跡を残すだけの作業だった。

あわただしく、次の予定に向かって走り出す私を、それまで一緒にいてくれた人は、
どんな眼差しで見送っていただろう。


自分が時間を使いたいと思ったひとつひとつに、ゆっくりと十分な時間をとる。

一日には、原則一つしか、人と過ごす予定はいれない。

誰かと一緒の時間を過ごす時は、きちんと前後に余裕をもつこと。

一緒に過ごしているその時間は、腰を落ち着けて、
じっくり味わうことそのものが、人と会うことの礼儀であること。

それらが腑に落ちたのは、20代も終わり頃になってからだと思う。


こんなコラムを読んで、そんなことを思い出した。

忙しい病は相手に失礼です



けれど、最近、私はまたしょうこりもなく、この悪い病を患っていたみたい。


特にあおちゃんと会う時の予定を、なんだか変な風に前後を食いつぶして、
ばたばたと走り回っていた。


あおちゃんはそういう時、ぜんぜん怒らない。

怒らないで、自分の時間を過ごしている。

その静かな振る舞いに、自分の落ち着きのない姿が映る。



目を閉じて。
何度も深呼吸をして。
落ち着いて。

その姿を薬に私は、時間をゆたかに使うことの礼儀を、もう一度学びなおそう。



にほんブログ村

南の国の最終日

鹿児島旅行最終日は、にわとり様の声でお目覚め。




人間より優先されるにわとり様の雄々しい御姿。



いやね、まじうっせーんだ、これが。

6時位からコッケコー、コケコーと高らかに、しかも何度も、
うちの部屋のど真ん前で!


誰か、キュッとシメて差し上げてー!


って、わりと本気で思いました。

それでも15分位でなんとか鳴き止んでくだすったので、追加で2時間程うつらうつらと
布団にしがみついていたら、今度は8時位に、時の声再び。


スヌーズ機能付き!?


高機能なにわとり様です。
怠惰な人間も、さすがに諦めざるを得ませんで、渋々起き出して、朝御飯。


ココの朝御飯は、おいしかったー!
とれたて野菜に卯の花。焼きたての魚と卵焼き。
豆腐にソバがき、玄米、ふかしたてのさつまいもに、果物と、死ぬほど盛りだくさんなんですが、
ぺろりと平らげてしまいました。
満足!!

宿を出て、まずは霧島神宮へ。
そこからえびの高原に向かおうとしたところ、なんと、新燃岳の噴火活動により、通行止め!


のーん!!(再び)


気を取り直し、近くの滝巡りに予定変更。


ここ数日、大豪雨だったっていうのに(笑)。


こういう家族が水害にあうんですね。

そんな客観的な反省はさておき、お陰で大迫力なものが見れたのは、千里が滝。

九州電力の水力発電にも使われている滝なんですが、
駐車場から、足元が濡れて滑る急な階段を、延々200メートル位下ったところで、開けた風景がこちら。



どっばーーん。


濁流がそのまま流れ落ち、叩きつけられているこのど迫力!

この感動を、滝好きのあおちゃんにも!!

と興奮してメールを打つも、まさかのDOCOMOの通信障害。


のーん!!!(三度目)


そうこうしているうちに、そろそろ時間だね、ということで空港へ。
種々土産を買い込んで、さあ帰宅!


というところで、今度は帰りの飛行機が遅延…。





…………。




…………なんだか。




なんだか、地味な不幸に見舞われる旅だなあ…!!


と、肩を落としながら、東京に帰ってきたのでした。


以上、5回に分けて、いまいち楽しそうではないお盆旅行の模様をお届けいたしました。

あまりにイマイチで、会社が始まるのが、そんなに悲しくないよ(笑)!


でも、あおちゃんの「鹿児島いいじゃん!」の一言がなければ、
虫屋敷の掃除で、お盆は終わっていたので。
最初に鬱々としてたよりも、全然楽しめたお盆になったのでした。

さて、9月は、問答無用で楽しい旅行にするぞー。


おつきあいありがとうございました!

にほんブログ村

南の国を観光する

旅行三日目、ようやく虫屋敷脱出!


早々に鹿児島市まで出て遊ぶつもりが、荷詰めをして、ゴミ捨てをして、と、
なんだかんだやってたら、11時過ぎに。
慌てて駅に向かいます。

新幹線の切符を買って、いざ乗車!
というところで、なんと、豪雨のために運転見合せに…。

のーん!!!

出が遅くなったのが悪いんだけど、なんとなくツイてません。


でも、20分遅れで到着した新幹線にのりこむと、ところどころ和風の気のきいた内装が、
すっごくカワイくて、テンションアップ。




窓の日除けなんて簾風なんですよ。


鹿児島中央駅について、車を借り、まずは腹拵えと料理人さんオススメのトンカツ屋に…
と思ったら、残念ながら定休日…(;つД`)

ここで、同行者があおちゃんなら諦めず次なる美味しい店にトライ! と、なるんですが、
家族では私以外にそこまでこだわる人がいないので、泣く泣くその辺りの黒豚豚カツ屋に。

お味はまずまず、でありました。若干残念!



気を取り直して、桜島へレッツゴー。

車ごとフェリーに乗れるんですが、一番先頭列で乗り込んだお陰で、特等席で迫る桜島を
見ることができました。



天候は見事なまでの曇りで、桜島も雲かぶり。

上陸した桜島は、ごつごつした黒灰色の熔岩に、丈の低い松がうっそうと繁る、
ちょっと異質な風景。

展望台から眺めることができる、大きくえぐりとられたような山肌が、印象的でした。



噴火で陸続きになったなんて知らなかった~。


桜島からフェリーでもどり、大慌てで天文館近くへ。


そう、お目当ては鹿児島発祥のスイーツ白熊!

コンビニアイスでは、ハーゲンダッツか、白熊か、という位、よく食べる私としては、
現地に来て、これを押さえないわけには参りません。

というわけで、宿にいくまでにあまり時間がなかったんですが、商店街のまんなかに
むりやり車を止めて、持ち帰り用のハンディ白熊を、むじゃきでゲット!






氷が細かくてふわふわ!
特製練乳がたっぷりかかってるのに、べちゃべちゃしない!
さすが、本家本元です。


私の盛り上がりをいくぶんか冷ややかに見ていたうちの家族でしたが、
食べさせたらうまいうまいと大盛り上がりで、あっという間になくなりました。

現金なやつらめ!!



一時間弱車を走らせ、霧島温泉郷へ。

高速から降りて、次第に山深くなってきたところに現れる温泉街は、
まるで異世界に迷いこんでいくよう。

その温泉街のさらに奥に、「忘れの里 雅敘園」は、ありました。

ぼうっと、茂みに灯火が光って、宿までの道筋を照らします。
その横には注意書きで、「この先の道、にわとり優先」。




にわとり…?




と思ったら、確かに宿の敷地内を、大変立派なにわとりが闊歩されてらっしゃいました。
うーん、異世界だ。

宿は全室離れの落ち着いた温泉宿。
いろりの待ち合いがあったり、茅葺きの小屋がカウンターだったり、とても雰囲気のある宿です。

かけ流しのお湯にゆったり浸かり、離れ風のお部屋でご飯をいただきました。

この近くで自家栽培している、という、食材の数々は、とっても慈味深く、
体が綺麗になるようです。

虫屋敷との落差があまりに激しすぎて、ちょっと落ち着きません(笑)。

とはいえ、鹿児島最後の夜。
ゆっくり楽しみたいと思います。



よし、まずは弟の盛大なイビキを止めるか……。

にほんブログ村

南の国の空模様

夏休み二日目は、五時半に自然起床。

ちょっと肌寒いくらいで、田舎の朝はさわやかだなー、なんて感心。


本日の鹿児島は、降ったり止んだり。


降ったり止んだり、なんていうと、東京だと基本は曇りで雨がぱらついたり、
ちょっとやんで、うまくするとほんのり太陽がのぞいたりって感じだと思うけど、
鹿児島のソレはひと味違います。



降ったり(白く煙る大豪雨)、止んだり(輝く灼熱の陽射し)すんの!


すげーな、南方。



東京でも近年、ゲリラ豪雨が頻発してて、だんだん亜熱帯化が進んでるのだねえ、なんて思ってたけど、そんなもんじゃないね。


家の片付けと晴れ間をぬって、お盆の帰省者らしく墓参りへ。
墓の周りを掃き掃除して、お椀や、花入れを洗ううちに、まー案の定、蚊にたかられるたかられる。
蚊に刺され過ぎて、アナフィラキシーショックを起こしそうだよ!

それにしても虫除けスプレー塗りたくったのに、がっつり吸っていくその生命力は見上げたものだわー…。

そして、何より衝撃的だったのは、私以外の家族は、ほとんど刺されてなかったこと!

私なんて鹿児島入りしてから、20ヶ所くらいぶっ刺されてるのに!!
人間蚊取り線香!?

ちなみにうちの家族は私以外は全員A型です。
血液型による虫刺されの頻度がかわるかの人体実験をやってるようだったよ…。


夕方過ぎからは、ひっきりなしに窓を震わすほどの激しい雷鳴。
時折、稲光。

あまりの轟音に、ほんとに近くの木に落ちてるんじゃないかと思うほどで、雷はわりと好きな私でも、ちょっとキモがひえました。


夜は、ちょっとだけタクシーを走らせて、美味しいと評判のイタリアンへ。
地元の野菜と魚介類を使ってる、というだけあって、素材の味がしっかりしてて、何もかもしみじみ美味しい!

家族一同大満足して帰途についたのでした。



さて、明日からようやく鹿児島観光です!!

お天気があまり優れないようですが、気にせずまったり楽しんでこようと思います。


まずは、お土産入手!

にほんブログ村

南の自然の力

挨拶回りする先は、基本的には鬱蒼と樹木の繁るお庭つき。

そこで挨拶し、ちょっくら立ち話をしたら、どうなるか。


壮絶なほどに、蚊に刺されます。


一気に三匹くらい足にたかってるのを見たら気が遠くなったよ…!

香水はキンカンDETH!!
ってな勢いで体の各所にひっきりなしに塗りまくる。
虫除けスプレーも、遅まきながら全身に吹き付け、ようやく人心地。


鹿児島は東京に比べると、日が長くて、19時半近くなってようやく、夕方の風情。




いつまでも明るさの残る空に、入道雲がもくもく。夕陽が映る。


暮れかけて、ぺこぺこの空きっ腹を抱えて、近くの居酒屋で、夕食。
やっぱり地元の魚や野菜は、美味しいねー!
刺身やアスパラが、うまーい。


腹一杯になって、店の外に出たら、街灯がいらないほどの皓々と輝く月明かり。
雲の形が広い空にくっきりと浮かび上がる、すこし幻想的な光景。






再び屋敷に戻って、今度は風呂場で掃除用具と格闘。

てか、虫死にすぎ。

湯舟の壁にはりついて乾いてるゴキブリなんてはじめて見たよー…。
虫はあまり苦手じゃないとはいえ、流石にキツいわー…(;つД`)


床からなにから、風呂洗剤で洗い上げて、ようやくシャワーを浴びました。


今日一日で、しみじみ感じたこと。

それは、人が住んでるってすごいってこと。

そして、田舎の自然パワー。

ひよわで、もやしな都会っ子はたじたじです。


応援のクリックをぜひ!!(切実)

にほんブログ村

南の国から

朝、鹿児島に向けて羽田を飛び立った。


2時間弱のフライトで降り立った鹿児島は、夏雲が浮かぶ空がうつくしくて、しばし見とれる。
鹿児島空港は地方空港らしいコンパクトな作りでなごむ。足湯があるし(笑)。





小腹が空いていたので、空港でトンコツラーメンをいただく。特産ではあるが、ゆめゆめ空港の食べ物に期待してはいけない。


空港から山道をバスで揺られ、すっかり酔ってしまう。田舎のバスの運転て、激しいよね…。
へろへろになりながら、バス停で降り立ち、強い日差しのなか10分ほど歩いて、ようやく目的地の父方の祖父の実家に到着。
実は、ここが私の本籍地でもある。


この鹿児島の屋敷にくるのは三年ぶり位。
昔はこの古くてかび臭くてなんとなく暗いここにくるのは、イヤでイヤでしょうがなかったなあ。

そんなことを思い出しながら、屋敷じゅうの雨戸を開け放つ。

光と風と一緒に、虫もうわっとはいりこんできて、あっという間に大きな虫刺されが五つ。



部屋は、一番人が生活していた部屋は、泥棒でもはいったかと思うほどに荒れ放題。
他の部屋は、埃と虫の死骸だらけ。

悲鳴をあげる気力もなく、黙々と掃除すること2時間半。
ようやく人の住むゾーンが出来てきた!

これから、ご近所回りに行ってきます。


にほんブログ村

夏は南へ

ちょっと気の遠くなるような暑さが続いていますが、お元気でお過ごしでしょうか?
私は半分くらい溶けてます。こんばんは。

さて、そうはいってもあと少しで夏休み。土曜日から5日間のお休みです。
子供の頃は、よもや夏休みがこんなに短くて生きていけるなんて、
夢にも思わなんだですが、慣れるものですね。

うちの会社の夏休みは、7、8、9月のうち、好きなところで、
連続有給をとっていい、という夏休みなんですが(まあ要はただの有給ダネ)
今年はお盆まっさかりに休みます。

そして、家族で鹿児島にいってきます。

旅の目的は、墓参りと、祖父の実家(遠いなー)の、
だだ広い日本家屋の片付けという、
はなはだしくテンションのあがらないもの。

いや、私自身が言ったんですけどね。たまには墓参りくらい、
付き合いますよ、と。
(9月にあおちゃんとの旅行が決まっていたので、
 夏休みを気前よく売り渡せたともいう…)
なんですが、決まってしまったあたりから、ひたすらユーウツに…。
飛行機に乗ってから、家までがまた遠いんだコレが。

と、あおちゃんに愚痴ったら、


「え、鹿児島いいじゃん!私、すごい好きだよ?!」


と、予想外の反応。
なんと複数回、一人旅に出た先とのこと。
一人旅でも回るって、相当好きだよね!?


いやいや、鹿児島は鹿児島でも、市街からは遠く離れた、
ひなびた町なんだよー、と、力説するも、


一日くらい観光すればよくない?

黒豚にさつまあげに温泉もあるし、桜島は最高よ?



と、意に介されず、プッシュ。


へえー、と、言われるとその気になる単純なワタシ。

同行の親に観光を提案したら、前のめりな位の勢いで乗ってこられました。
うん、ワタシの親だわね(笑。


あおちゃんのアドバイスで、ちょっと自分では敷居の高い温泉宿を予約してみたり、
まっぷるを買って行きたい店や、お土産に買いたいものを物色していたら、
ちょっとテンションがあがってきました。

折角の夏休みだし、楽しまないとね!!

というわけで、鹿児島市街地観光→磯別邸→桜島→霧島温泉と巡ってまいります。

おすすめのお店がある方は是非ご一報を!


しかし人のことなのに、鹿児島の予定を立てるのに
色々と楽しそうに付き合ってくれたあおちゃんを見ていると、
どうせなら、あおちゃんと一緒に行ったら、そりゃーもー
めちゃんこ楽しかったろーになー、と、ひしひし思うのでした。


夏休みまでラストスパート!

にほんブログ村

オフ会に参加してきたよ ~本編~

オフ会、という言葉を、ここ数年は、ビアン同士の合コン的な集まり、
という意味でしか、目にしていなかったよーな気がするヨコです。こんばんは。

今回は、そーゆー意味ではなく、「オンラインで交流がある人とオフで会う」という
由緒正しい(?)オフ会を楽しんでまいりました!


ことの始まりは、ちょこちょこお邪魔している星さんのブログ「星の王女様」での
彼女さんにブログをカミングアウト事件。

ブログを書いてることをカミングアウトしたらば、彼女を連れてらして、
オフ会なんかもやれちゃうんじゃないの~~? と、コメント欄で皆様が、
炊きつける炊きつける。
あ、他人事のようですが、もちろん私もたきつけましたよ!



星さん自身は、一言もやりたいなんていってないのにな(笑)。



とはいえ、その怒涛のイキオイに押され、更に読者さんだった
ジョンさんナッチさんカップルが東京にいらっしゃる、なんて
素敵なタイミングも重なり、星さんが、オフ会の開催を、えいやっと決定。

そんな流れで、お誘いもいただいちゃった、タダ乗り気味な私。
うむ、炊きつけた甲斐もあろうというものだ。


そんなわけで決定したオフ会は、85の日、と名づけられ、
その交流の為に作成されたぐるっぽでは、行きたいお店から、
食べたいメニューまで、参加者皆で打ち合わせる、という、
見事な参加者巻き込み型で、打ち合わせが進みました。

アレがなかったら、私、下手すると当日の参加人数すら
把握してなかったと思う!



さて、当日。

案の定、遅刻した私が、かけこんだ居酒屋の一室の中で目にしたのは、
せんまい部屋にぎゅいっと定員オーバー気味に押し込まれつつ、
既に大盛り上がりな雰囲気の女子9人組でした。


笑顔で迎えてくれた幹事の星さんは、吐くほど緊張してたっていうのは、
絶対嘘なんじゃないかと思う感じの、如才ない感じの仕切りっぷり。
大勢の場の盛り上げ役的な感じで動くの、慣れてますよね?

そして席では、なすさんきょんさんカップルの身振り手振りを交えた、
迫力あるトークが炸裂。これでまた場が冷めない冷めない。

女子同士なのに、お互いにぶつかって喧嘩がはじまるって、面白すぎます(笑。


その合間を縫うように、独特の調子で、職場の面白エピソードを
開陳されるkokoさん

キレーなお姉さま系(これで年下はないわー)の落ち着いた雰囲気に、
わりと淡々とした語り口なのに、内容がえんらいこと面白いのは
関西の血でしょうか? ずるい!

挨拶もそこそこに山盛り取り分けていただいていたご飯を
がっつく私に、色々と気配りいただく、最年少miminoさん。
うちの新卒より若いなんて反則だわー。

気さくな調子で、楽しく話しかけてくれたナッチさんは、
年齢の話を振ったら、なんと同い年であることが判明! わあ!
あおちゃんと同じく、東海出身なことを知る!! 更にわああ!
(だからブログ読んどけっつうの)
相方のジョンさんと交互の、テンポのいい会話にすっかり和む私。

ていうか綺麗なボーイッシュさんと、あっさり系のかわいい女子の
カップルって、ビジュアルがツボ過ぎて、ひそかにドキドキ。


みきはうすさんと、相方のよっしーさんは、まだお若いのに、
落ち着いて馴染んだ、イイ雰囲気のカップルだなーと思ったら、
よっしーさんが最年長、ということがわかって、場が一瞬震撼。

これだからビアンの集まりはほんと年齢不詳なんだから…!!


と、ようやく顔と名前が一致してきたところで、飲みが終わり、
カラオケへ移動。


カラオケは、AKBのヘビーローテーションからはじまったり、
ゆずとかKinkikidsを聴かせつつ、倖田來未のキューティーハニーが
はさまったり。

さすが皆さん、わかってらっしゃる…(笑!!


のりのりでハモったり、バラードを歌い上げたりと、
とっても上手な人が多かったので、主に聞きほれておりました。

でも、ワイルドフラワーのサビはあんなノリではないハズー(笑。
なんでああなった(笑?

miminoさんの終電を機に、12時で解散~。



その後、新宿駅至近に宿を取っている岡山、名古屋組を、西新宿から
二丁目まで歩かせる、という、ほとんど嫌がらせのよーな道筋でご案内。

しかも店を知らないもんだから、キンズで一杯するだけ、という、
面白いわけがないツアーでのご招待。終わっておるー。

次回はもうちょっと「楽しい!」と思ってもらえるツアーを
企画したいと思います。ハイ。やっぱり準備不足はよくないね。


そんなこんなと、最初から最後までアレレなオチを絡ませている私が、
デキる風と、なぜか持ち上げていただいているのは大いなる謎ですが、
多分もうちょっと踏み込むと、あっさりヌケ作なのがバレると思いますので、
その幻想を、再会までいましばらく保っていただければ幸いです。


しかし、ブログで知ってる人と実際に会うのは、ドキドキするし楽しいねー!
この調子で会いたい人にはガンガン会いに行こう! と心に決めたのでした。



お付き合いくださる人はぽちりと♪

にほんブログ村

オフ会に参加してきたよ ~前置き反省編~

金曜日、「星の王女様」の星さん主催のオフ会に参加してきました!



ていうかね、まず私、間違ってた。



オフ会って、参加する前から始まってるの。



オンラインで交流がある人が、オフラインで会うからオフ会なの。



もうね、参加者の皆様のブログを穴が開くほど熟読し、

コメント欄などでお互いに交流を重ね、

更には、こんな終わってからいきなり言及するんじゃなくて、

参加表明の時点から、先んじてブログでカウントダウンをし、




そうして、ようやくオフ会を100%楽しめるのですよ!!!
↑言い過ぎておる




まあ、そこまではともかくだ。

せめて、ほかの人のブログをもっと覗きにいってコメントするとか
あったと思うのよ。ご挨拶してもぜんぜんよかったわけよ。
せめてペタくらいはね、ありですよね。

それを私ってば、星さんが折角ぐるっぽ(注:アメーバにおけるサークルみたいなもの)まで
作って、相互交流を促してくれたってのに、事務連絡以外ほぼ不参加!

それぞれの方のブログをブックマークするも、
ほぼ読み逃げ、もしくはノーチェック。

しかも当日は参加表明の時点で予告済みとはいえ、
がっちり一時間半近く遅刻。
出だしからおもいきしつまづいてますけどー!



そんなしょーもない参加者に、本当ーに皆様は優しかったね。

焦って会社を飛び出す私に、「待ってます~」と飲み会の最中にも関わらず、
返してくれた主催の星さん。

遅れてきた私をなぜか拍手で迎えていただき(私の反応は怪しすぎた…)
山盛り美しく盛られて、ご飯を取り分けておいていただいたり。

ブログに目を通してくださり、「保険のこと教えてください~」と、
声をかけて下さったり、
「自己紹介、改めてしますよ!」と、話し始めてくれたり。

遠方からわざわざいらした方に、お土産までいただいちゃって、恐縮しきり。

一番このあたりで発してた言葉は「すみません」と「お気遣いなく」
だったのでは……?

もうホーム(勤務地)開催のオフと思って、私、準備悪すぎー。



そんなどーしょーもない反省はありつつも、
オンで交流が生まれた人と、オフで会う会としての、本当のオフ会の参加なんて、
マンガ家のファンサイトやってた時以来、10年以上ぶりだったと思いますが、
ヒジョーに楽しかったです!!


というわけで改めてオフ会レポは書こうと思ってますが(多分)、まずは
開催してくださった星さん、交流してくださった皆様に御礼まで!


ありがとうございました!!



ちゃんと詳細書けよってことでひとつ。

にほんブログ村

おんなのこイベントにいってきた!

ツイッターの方でもぶつぶつ呟いておりましたが、
異動して内勤になり、かつ、携帯がスマートフォンになってから、
ブログの更新頻度ががた落ち中のヨコです、こんばんは。

スマホでの文字入力には、いまだ慣れないんですよね~。
文字を打つ為に、液晶画面を凝視しなきゃいけないのが辛い。目が疲れる。
しかしキーボード部位に凹凸がないので、ブラインドタッチもままなりません。


と、そんなかなりどうでもいい言い訳をかましたところで、
さらっとイベントレポ、更新しまーす。



ちょっと前のことになりますが、告知させていただきました
おんなのこイベントに行ってまいりました!


当日は、あおちゃんも、一緒に行く約束をしていたはずの友達も
仕事が全く終わらず、あえなくキャンセル。

私自身も時間ぎりっぎりで、ドタキャンが危ぶまれましたが、
なんとか仕事をうっちゃって、二回目のポールダンスに間に合う時間に
すべりこむように、会場に到着。

ついて早々に、美女二人がポールとお互いに絡みつきながらの
ダンスショーがはじまりました。

このダンサー二人が、ほんとすんごい綺麗に引き締まったプロポーションで、
お顔も、南方系の美女と、ちょっと幼い雰囲気のカワイイ美人さんと、
組み合わせもばっちり。


ランジェリー風の扇情的な衣装もお似合いで、ポールの上で、
大胆なポージングで会場を挑発! 観客側もそりゃー大盛り上がり!

私、運よくかぶりつきのポジションで、その見ごたえたっぷりなショーを
思いっきり堪能させていただきました。


ポールダンサーの方の筋力ってまじですごいねー。
あの細いポールに足だけ絡ませて、のけぞりながらくるくる軽やかに回るって
どんなワザなんだと、思わず口をぽかーんとあけて眺めてしまいましたよ。

うん、ええもん観ました。





……しかしあれだね。



私、間違いなくレズですけども。



女の人が好きなんですけども。



そしてこういうイベントはとても楽しいんですけども。




女体そのものにはさっぱり興味がないことも、

改めて実感もしましたよ。




いや、とっても美しかったし、とっても眼福だったんですが、
それは、例えばガラスがきらきらするのを見て、
綺麗だなーと思うのと同じような感じで。

スポーツ選手の体が引き締まってて綺麗だなーと思うのと
全然変わらなくて。

あえていうならば、ドキドキっていうときめき? 高ぶり?
は、全然、サッパリない(笑。

(まあこれが男性の裸体だと、正直、はなからぜんっぜん観たくないので、
 そこの部分はレズなのかもね、とも思いますが)



これって、レズ云々より、女子だからなんですかね。

ノンケ男子は、女子更衣室を覗きたいと思うかもしれないけど、
ノンケ女子は、男性更衣室を覗きたいってあまり思わないよね。


女子にバイが多くて、かつ、思春期にゲイよりもセクシャリティを
自覚しにくいのは、こういう男女差があるのかもね。


なーんてところに思考が徒然にぶっとびつつ、しかしながら
久々の方にも会えたりして、とても楽しいイベントだったのでした。




今度はぜひ一緒に参加してください♪

にほんブログ村

なつのたび

「かき氷を食べに、レンタカー借りて、長瀞に行こうよ!」


と誘って、いいねいいね~~! と、盛り上がってくれる彼女が大好きです!


というわけで楽しみにしていた週末の土曜日。

朝から、レンタカーを借り出して、ごきげんなドライブ。
予約時間から、二時間位寝坊したけど気にしない!(気にしろ)

あおちゃんは車好きでかつ運転もうまいので、ドライブとなると、
完全に助手席専門な私です。


ところどころで渋滞予報が出るも、わりに順調に道も動いて、
一時間半位で、目的地の「阿左見冷蔵」の寶登山道店に到着しました。

こちらは、天然氷を使ったかき氷で有名で、長瀞、というと、
必ず取り上げられる有名店。
本店は、行列が物凄く、去年、あおちゃんと初めて行ったのですが、
その時は三時間並びました。

その本店より、だいぶ混まないという情報だったので、
今回はこちらに。

それでも一時間位は並ぶのを覚悟してきたのですが、
なんと全然並ばずには入れました! すばらしい誤算。


そして日々は続く-かき氷


私は、メロンミルクリッチ。あおちゃんは、蔵元秘伝蜜を注文。

本店と違うのは、メニュー数がかなり少ないことかなー。
でも、供される天然氷のかき氷は、変わりません。

信じられない位、ふわふわさくさくで、口に入るとスーッととけて、
歯も頭もきーんと冷たくなりません。不思議だなー。
シロップもすごく甘いのに、香りも味も、本物の果物の美味しさ。
山盛りなのに、あっという間に完食キラキラ
美味しかったー!


この日、天気は芳しくない、という予報だったのに、
私たちがいる間は、
晴れすぎてもいないお天気模様で、充分な散策日和。

天気が悪そうだし、かき氷食べたら、温泉でものんびり浸かるかね~、と
言っていたのですが、晴れていたので、うきうきと黒山三滝へ。

途中、直売所によって梅干しや野菜など買い込みつつ、
車で走ること一時間ちょいで、滝に到着。

滝の周りのお店は、そうとう寂れた雰囲気ながら、お目当ての三滝
(男滝、女滝、天狗滝)は、水しぶきでバンツの裾がしっとり濡れるほど、
近くまで寄れて、大迫力!!





ていうか、滝までの道のりの途中、何本かの細い丸太が渡してあって
それが滝へ向かう道の風情なんですが、正規の道とは思えない悪路で、
かなりのアドベンチャー。足滑らせたら川に落ちますけど…!


そして日々は続く-滝


そして、普段は私がくっつくのをいやがるあおちゃんですが、
おっちょこちょいの私を心配して、足元が不安定なところで、
振返ってすっと手を引いてくれたりして、思わぬトキメキラブ
ありがとう、不安定な道(笑!

最初は水に浸からないように慎重に岩の上を渡っていた
あおちゃんでしたが、途中から面倒くさくなったようで、
ばちゃばちゃと足を浸けておりました。



滝を堪能したあとは、温泉施設「喜楽里 別邸」でまったり。
適温の露天風呂で湖を眺めたり、岩盤浴でリラックスしたり、
くつろぎスペースで漫画読んだりと、大変贅沢な時間。

その後、「美味しいうどんが食べたい!」というあおちゃんのご要望で、
あおちゃんの上司様オススメといううどん屋さん「エン座」に出発。
豪雨に見舞われて、ちょっとした渋滞に巻き込まれて、
ラストオーダーに間に合うかはらはらしながらも、車を走らせて、
着いてみれば閉店一時間前とわりと余裕の時間に到着。



梅昆布うどん。


なんともとげのない優しくて滋養のある味と、しっかりしながら、
強すぎないコシの麺が、なかなか幸せ味でございました。


ご飯を食べてからは、全く混むことなくさくさく車を走らせて自宅へ到着。
実に12時間コースをたっぷりつかいきって、車を返却。
運転、本当にお疲れ様でした! ありがとう!


冒頭にも書きましたが、わざわざ車を借りて、一時間半かけて、
かき氷を食べにいく、というイベントは、「え、わざわざ!?」って
思う人もフツーにいると思うのですよ。

でもそういうことを、同じテンションで、「いいね!」って
盛り上がれる相手が彼女なのは、本当に嬉しいし、
私はラッキーだなーとしみじみ思えた週末だったのでした。




ランキングに参加しています。押していただけると励みになります♪

にほんブログ村

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

フォローミー
yoko_tuzukuhibi

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム