レズビアンライフと保険-その5

気分だけは週末なので、あと一日あるということが、どうも納得のいかないヨコです。
こんばんは。


さて、のろのろと書いてきた保険の話の最終回でございます。
はこちら)


今回は、「死亡保険」の話。
いわゆる「生命保険」というと、この保険のイメージが強いんじゃないでしょうか?
死んだ時、または大病をしたときに、大きなお金が出る保険です。



「私は、法律婚をする気がありません。

 子供を産む予定もないし、親を扶養しなければいけない可能性は限りなく低いです。

 つまり私の死亡後、金銭的に困る人は、誰もいません。

 その上で、私が死亡保険に加入する意味を教えてください」



説明をしてもらう前に、まずそう断った私に、FPの方が提示した「死亡保険」の
加入の意味は、ずばり、「老後資産の形成」でした。


お金を積みたてていき、途中で死亡、もしくは所定の病気にかかった場合、
大きなお金が下りるし、なにごともなく払込を終了する年齢まで、積み立てると、
払い込んだ金額より、解約時返金される金額が高くなっていく、貯蓄商品としての保険。


生命保険を貯蓄として考える捉え方は、もともとわりとポピュラーで、
うちの親でも、解約時にこれだけ返ってくる、というイメージで、
保険にいくつか入っています。


ただ、どこまでが「貯蓄」部分でどこまでが「保険」なのか、
解約時に戻ってくると約束されているのはどの程度なのか、
わかりにくい商品も多くて、ゆえにトラブルにもなりやすいらしいですね。



で、だ。
ここで、「貯蓄というなら、普通に保険金の分、貯金しとけばいいんじゃないの?」


なーんて疑問も出てきませんか? 出てきますよね。 ね?(強引)
私は出てきたんですよ!


だって、保険で積み立ててしまったら、払込み終了年次までは、
自由に使えない資産になるというリスクがあるわけです。


結構な貯金が、老後にだけ使用用途が限定されるということで、
ここはきちんと認識せねばなりません。


更に、純粋な資産運用として見たときには、保険は契約者の死亡や病気に加え、
保険詐欺のリスクなどをおりこんでいる分、宿命的に、効率がいい資産運用であるのは
かなり難しいのでは? と、思いました。
(ここはFPの方も「その通り」と認められたました)


その上で保険を使って貯蓄しておくメリットをあげるとするならば、
ひとつ大きいのは、生命保険控除の存在です。

サラリーマンの人は年末にあの緑色の書類にぺたこんと貼り付けると、
12月に多少嬉しく手取りが増えるアレです。

年間最大10万まで保険料がかかると、5万円、税金対象から控除されます。

確かにちょぴっとしたお小遣い程度ではありますが、10万につく利息と思えば
悪くない金額、という見方もできます。

更にこれに、本来の保険としての「何かあったときに、少し大きいお金が出る」
という機能がついてくるわけです。

私はこのなにかあったとき、に、ガンがけっこう重くなったとき、
という要件がつく保険を選び、がん保険の代わりとすることにしました。

更に、普通にただ銀行に貯金していくよりは、返戻の方が資産運用として、
効率は遥かにいいです。
(まあ普通預金は運用としては最低、という言い方もありますが…(苦笑))


こういった諸々を考え合わせたときに、生命保険が、
資産運用のひとつの選択肢になりうる。

それが、私のような「資産を誰かに残す必要のない人」にとっての、
死亡保険への考え方になりそうです。



ただ、このように、保険を「老後の資産形成」というところで捉えはじめると、
かなり深みにはまっていく、というか、医療保険以上に人それぞれの色々な要素を
勘案した上での選択になるので、この保険シリーズでは、
ここでお話は終わりにしたいと思います。



最後に、今回相談に乗ってくださったFPの方に言われた言葉で印象に残ったのは、


 保険自体にいい悪いはない。その人に合っている合っていないがあるだけ。

 どういう目的、思いで、この保険に入っていて、更に、この支払い方を

 選択したか、ということを、自分自身できちんと把握していることが一番大事。



という言葉でした。


正味のところ商品に、いい悪いがないか、といえば、そりゃーあるとは思いますが(笑)、
でも保険商品自体のよしあしより、加入する人の目的や状況に適うか否かの方が、
より重要というのは、深くうなずくところでした。


ただ、この世にごまんと種類がある上、やったらめったら色々な要素が絡み合う保険を、
独学で学んで、自分ひとりで整理し、自分に合うものをみつけるというのは、
相当に難しいことだと思うので、プロに保険の相談に行かれるのは、とってもおすすめです♪

と、最後はなにかの提灯記事のようになりましたが、なるべく思うところ、
学んだところを、率直に書いてきました、この保険シリーズ。

誰の役に立ったかといえば、一番自分の役にたった気がします(笑。

本当に長い固い文章にお付き合い頂き、ありがとうございました!


ご指摘、疑問点や、補足、あと、いっちょ保険相談受けてみたいけど、ヨコは何使ったの?
などなど、ありましたら、コメントなりメッセージなりお気軽にどんぞ~。


ついでにこちらもぽちりと!

にほんブログ村
スポンサーサイト

甘い言葉

昨夜、突如思い立ってあおちゃんの家へ。


完全に私の思い付きだったんですが、家について、ご飯を作っていたら、


「今日辺りこないかなー、と思ってたんだよね」と、あおちゃん


えええ、そんなーキャハハドキドキ
会いたいなら会いたいっていってくれれb…



「保険のプラン相談したくてさ」




って、そゆことかい!!




もーちょっと喜ばせてくれてもいいんだけどもーー?!



「いや、そこは、私なので」


ですよねー。


甘い言葉とか原則なしですからねー。


なんだよーもー。
どーせ、会いたいとも思っててくれたくせにー。
(あくまでうざったいほどポジティブ)






「あ、金曜は泊まりにいくから、それで、ぬか喜びさせた分は相殺ってことで」





ぬ か 喜 び て !



そこは「いや、勿論会いたかったって」っていえばいいだけですからー!!


とことん甘い言葉と縁のない、うちの彼女さんなのでした。




あれ?いえばいうほど、墓穴?って呟いてました。

にほんブログ村

鎌倉散策の日曜日

もうあっという間に先週のことになってしまいましたが、
よく晴れた、を通り過ぎて、刺すような陽射しの日曜日に、
ぶらりあおちゃんと二人、鎌倉へ行ってきました。

というわけで、久々のただのデート記録ですよ。



いくきっかけはHanakoの鎌倉特集(笑)。
私のアド街ック天国の御嶽山といい、わりと入力と出力が直結なカップルです。
(ちなみに御嶽山は、一度雨で流れたので、来週辺りにチャレンジ予定です)

むこうでお昼が食べたいよね~、ということで、途中の駅で合流して、
11時ちょっと前くらいと、はやめの鎌倉着。
この日は本気で太陽が輝いていて、日傘が早速大活躍。
二人で肩寄せ合って、ちっこい日傘の影に隠れてました。
「お役立ちじゃない?」って自画自賛したら「でかした」って誉められた(笑。


小町通りをぶらっとして、一つずつ買い食いをしつつ、
地元の人に評判とのことで和定食のお店「達や」へ。

のんびり落ち着ける店内に、笑顔の接客がとっても気持ちいい!
まだ店が開く前だったのですが、お店の中に通していただきました。
あまりに外の陽射しがきつかったのでありがたかった!

二人とも出し巻き卵セット(小鉢三つに、出し巻き卵、赤だし、ご飯)を
注文。このうち小鉢が一つ選べたので、じゃこと大根の葉炒めをセレクト。

そして日々は続く-達や

メインの出し巻き卵はしっとりして、出汁の味がきいていてすごく美味しいし、
一つ一つの小鉢もそれぞれ毎日食べたくなるくらいのちょうどよいおいしさで、
しみじみ幸せな昼食でした。

お昼をすませた後は、ちょっと腹ごなしに歩きますかと、
北鎌倉まで、源氏山と浄智寺をとおって山越え。
わりと本気の山道で、飲み物の手持ちもなく、ちょっと焦るあせる

北鎌倉では、明月院へ。
ここは別名あじさい寺、といわれるくらい、あじさいが咲き乱れるので有名ですが、
季節がおわっていたので、空いていてのんびり。

募金すると入れる、奥の本堂が寛ぎ度がハンパなくて、
二人で池に面した縁側で、ちょっと寝そうになりました。
この日は、すごく暑かったのに、何故かこの縁側は、不思議なくらい
風がとおって涼しかったな~。
そして日々は続く-明月院


明月院を出て、更に奥まったところにある「石かわ珈琲」に入って、
あおちゃんは珈琲、私はカフェオレ、チーズケーキをシェアして頂く。

そして日々は続く-珈琲

ここの珈琲は、ぜんぜん珈琲はわからない私が、「美味しい!!」って
思うレベルで美味しかった!
珈琲の味がわからなくなる、カフェオレにしたのをちょっと後悔!

その後は、ちょこっと北鎌倉駅の和菓子屋さんによって、鎌倉ハムで、
ソーセージを買って、ほんのり散策して、夕方くらいに早々に撤収。


鎌倉っていうと、一泊はしないとーってカンジで、気合を入れて遊びにいくことが
多かったけど、朝から行くと、日帰りでも十分に満喫できるなーと感じる
楽しい一日でした。

今度はまたのんびり江ノ電に乗って江ノ島もいいね。

にほんブログ村

レズビアンライフと保険-その4

先週の水曜日、保険相談の第二段に行って来ました。

保険を考えるって全体的なマネープランを考えるってことなんだなあと
実感することしきりの面談で、目的の保険のハナシは2割位で、
あとは資産形成、年金、住宅のハナシばっかりしておりました(笑。

やっぱりプロに話を聞くのは勉強になる!!


さて、前回と、前々回で、88種類の病気で入院や手術をしたときに、
入院給付や、手術給付が払われる、「医療保険」についてでした。


今回は、その一部といえる、「がん保険」について。

がん保険は、前回までに言及した「医療保険」と同じく、病気になったときに、
支払いを抑え、収入を補ってくれる役割を果たしますが、
読んで字の如く、がんに特化した保険で、がん以外の病気には使えません。


かなり用途の限られる保険ですが、現代のように「2人に1人はがんになる」とか、
私のようにがん家系だと、ちょっと気になる保険なのではないでしょうか?


がん保険にはいるメリットは二つあって、まず前回お話したように、
通常の医療保険だと入院日数に限度日数が設けられていますが、
がん保険だと、がんになった場合は、入院の日数に限度がありません。
また、日額10000円~15000円となかなかいいお値段の入院給付金が出ます。

また、がんになった時には、最初に診断されたときや、
何度も診断されるたびに(要は再発や他のがんがみつかるするたびに)、
一時金が下りたり、療養中は長期にわたり収入保障をしてくれたりします。

がん保険はこれらの一時金や、一時金が出る条件、収入保証などの金額条件によって、
保険料はかわってきます。

自分は7割がたがんになるし、がんになったら、めちゃめちゃお金が
かかったり、収入が減るんじゃないか…、という不安がある人には、
おおいに「あり」な選択肢だと思います。


思いましたし、不安もあるし、いくつか提案もいただきましたが、
結局、私自身は、入るのはやめよう、と思いました。


はいらない理由は三点あります。

お手ごろ価格で入れるがん保険の場合の一時金の金額に、
それ程魅力を感じないことが一点目。


私が加入を検討している医療保険が、がんだと入院給付が、
他より一段高く、日額一万円出ることが二点目。


そして次に加入を検討している「死亡保険」が、
もし治療に多額のお金がかかりそうな、重いがんの場合、
一時金が出ることが、三点目の理由です。



いやー、そーとーーー悩んだんですけどねー。
残念ながら、絶対子宮がんや子宮頸がん、乳がん、肝臓がんの
どれかにはなるんじゃねーかと思うんです、私。

でも、病気のためだけに、毎月々積み重ねれば少なくないお金を
かけ捨てるよりも、何にでも使えるように、お金の形で積み立てて
運用を学んでいくっていう方が、前向きだし、汎用性もきくかな~と、
今は思っています。


あとは、がん検診には定期的に行って、早期発見を心がけよう、と。

仁科親子もオススメしてくれてますが、特に子宮頸がんは、ウイルスの
長期感染で発生する、検診で予防可能ながんなので、検診受けにいきましょう、
と思う次第です。

あ~、以前、WWEのワークショップで、新宿だかどっかに、
セクマイフレンドリーな婦人科があるって教えてもらったのに、
メモをどっかにやっちゃったよーう…。
みつかったらアップします!

という辺りでまた長くなってきたので、最後の「死亡保険」については、
次回に回します!


友達にブログを教えたら「保険屋のブログかと思った」といわれました(笑。

にほんブログ村

うつりかわり

ひとは、ひとに否定されたくない。

ひとは、ひとに肯定してほしい。


それはいきていくことを根本から支える、つよいつよい欲求だ。



だから、ふられる、とか、縁を切られる、といったように、
人から縁をたちきられると、その人から存在を全否定されたように感じ、
すこしおおげさかもしれないけれど、「命の危機」を感じる。

だから、その命の危機に目がくらむと、なんとか縁をつなごうとする。
必死に。


けれど、どちらかが、たちきったら、縁は、一度、死ぬ。
それが、手当てすることで、生き返るようなことはない。


死んだ縁が、土に落ち、溶けて、散り、あとかたもなくなり、
そしていつか、また少し近しいかたちで、新しく芽吹くとしても、
それは新しく生まれたもので、死んだものがよみがえったのではない。

新しくなにかが芽吹くかは、運だ。
それを人為的に芽吹かせ、はぐくむことはできない。
そして、「運」を司るのは、時間だけだ。


だからもう二度と、死んだものを、生き返らせたいとは願わない。


死んだものは死んだものとして、うけいれる。


こころをきちんと新陳代謝させていく。


同時に、これは私の誓いであって、

けして、ただしさなどでないことも自覚していよう、と思う。


にほんブログ村

おんなのこイベントのおしらせ

ヨコ「…暑いね~」

あおちゃん「…暑いね…」

口を開けばそんなやりとりを、力なくくりかえす、ここ最近の陽気。
最近、このせりふが会話のはじまりの5割を占めてるような、
暑さに気力を使い果たし気味のヨコです。こんばんは。

さてさて、週末に観た映画のこととか、鎌倉散策のこととか、
保険のつづきとか、書きたいことは色々あるんですが、

ひとまずそいつらを、ちょいと横においておき、
(勿論言い訳ですがそれがなにか)

今日はよく遊ばせていただいている中野のお店が、
近くのバーを貸しきって、クラブイベントをやる、という
楽しいおハナシがはいってきましたので、お知らせです♪


☆日時:7月22日(金)

☆場所:中野駅北口 某所

☆時間:20:00~23:00

 ちなみに、21:00~と、22:00~、美女二人のポールダンスが見られるとか。
 私は見るの初めて! 楽しみです。うひ。

☆料金:3000円(飲み放題)
※23時以降も、引き続きお店は4時まで空いていて、
 追加ドリンクは、1杯500円で、ノーチャージとのこと。

☆参加資格:20歳以上の女性(戸籍上)
※年齢チェックあるので年齢がわかるものご持参ください。

とゆーことで、興味のある人がいらっしゃいましたら、
お名前と人数をご連絡下され。詳細お知らせします。

yoko.daybyday☆gmail.com (☆→@でお願いします)。

アメーバの人はメッセージでもおっけーです。

暑い夏の夜を、ゆるっと楽しみましょー。



ご連絡と共にこちらもぽちりと。

にほんブログ村

ひんやり日傘

梅雨が開けましたね。あっついですね。

酷暑対策は万全ですか?

お外を歩く際は、日焼け止めはばっちりですか?

なんなら腕は日焼け止め用手袋で覆っちゃいますか?



私は大体、むき出しです!
(30歳として……)



さて、そんな感じで太陽に対してノーガードだったワタクシですが、
昨年の酷暑には流石にやられました。

あまりの暑さに命の危機を感じ、とうとうエアコンを購入。
そして日傘を購入。(同列?)

傘をなくすことの多いので、日傘は敬遠していたんですが、
頭の上に広げるだけで直射日光が遮れるという簡便さに惹かれ、
とうとう購入。

使ってみると、昼日中でのHPの減り方がそりゃもー段違いで、
営業中は本当に役に立ちました。

今年は営業でなくなったことだし、不要かなーと思っていたのですが、
日傘フリークの同僚が、今年は、遮光、UV遮断は当たり前、なんと、
遮熱性の日傘というものが出回っていて、
実際体感温度が違う! ということを教えてくれて、俄然新しいのが
欲しくなった私。

基本がミーハーです。


というわけで購入しましたのが、こちら。

$そして日々は続く-日傘
UVION アラベスク

百貨店に置かれている、軒並みふりふりかキラキラでかわいらしいか、
じゃっかん年齢層高めのデザインの日傘に心折れながら、銀座を経巡る中、
ふと寄ったハンズで見つけました!


この横に、アルミっぽいコーティングされた遮熱性の(もうちょっと手ごろな値段の(笑))
デザインがきらきらしくはない日傘もあったんですが、同行のデザイナーの友人の
「え、それ? え、それでいいの!? 歩み寄れるの??」 というオソロシイ念押しに、
ココロ揺らいでこちらになりましたとさ(笑。



で、殺人的な陽射しの降り注いだ日曜日、早速さしてみたんですが、
確かにちょっと涼しい!


日光は地面の照り返しもあるし、体には日が当たっているので、
体感がものすごく下がる、というわけじゃないです。

ただ、今までの日傘は、刺すような陽射しは避けられるものの、
それ自体が太陽にめちゃくちゃ温められる為、さしていると
ちょっと蒸された室内めいた、むわーっと暖かい空気に
包まれていたんですが、それがない。

本当にちょっと影に入ったみたいな感じになります。
それだけで、相当快適!


外回りの営業マンは、皆、日傘を買ったらいい。


そして、男の人が持っても違和感のない日傘が増えたらいいのにーと
思うのでした。



日曜にみせびらかしたら、あおちゃんも欲しくなってました(笑。
ぶつよくかぽー。

にほんブログ村

レズビアンライフと保険-その3

保険の記事が思いの他、色々な方から反響いただけていて、嬉しい限りです!
こんばんは、ヨコです。

教わったことを自分でまとめようとすると、流石に適当なことは書けないな、と、
マネー本やら、保険のまとめサイトやらを見て、調べなおすことになるので、
それがとてもいいです(笑。

ただ、一連の記事は、あくまで、私という超素人な人間が聞きかじって、
自分なりにまとめているだけの、大変個人的な話であることは、
ご留意の上、お読みくださいませ。



さて、保険を検討する前提の確認と、医療保険は、どういう形で
支払っていくのがオススメか、というのが前回までの話でした。
は、こちら)

今回は具体的に、どういうポイントで保険を選んでいくか、
どういう内容が変わると、金額が変わってくるのか、というところ中心に。


まず、一つめは、どういう手術に対して、お金が出るか、というところ。
いわゆる「手術給付金」というやつです。

有名なところでは昔はレーシックとかも、手術給付金の対象だったようですが、
現在売られている保険ではほとんどの保険で、対象から外れているようです。
まー、そりゃーそうよね。一般的には美容整形みたいなもんですものね。

手術の対象となるのは、主に88種類で、これをカバーする保険が一般的です。
ただ、ここから特約などを付加していくと、1000種類くらいまでカバーが可能。
1000種類ともなると、本当に簡単な手術でも出ます。

ただ、カバー範囲が増えれば増えるほど、金額はあがっていくわけで、
月々払う保険料に対して、そのカバーされている範囲が自分が本当に求めているものか、
というのを考える必要が出てきます。

その上で、88種類がいいのか、1000種類がいいのか、ということになると、
これはもう、病気に関する個人の考え方になってくるわけですが、
ひとつヒントになるのは、自分が入っている健康保険の高額療養費の上限額です。

ここを読まれている皆様は、大半が健康保険に加入されていると思うのですが、
健康保険に入っている人は、病気をして医療費がある一定以上高額になったとき、
ある上限金額より多くは、負担を免除されます。

大体、月に8万円位が、その上限として一般的ですが、かなり色々と手厚い
健康保険に加入されている方は、これがすごーく低いことも。

ご自身の健康保険の上限額は、最近ホームページを持っている
健保も多いので、「高額療養費、○○健保」などでぐぐると出てくるので、
ご参考下さい。
もしくは会社の人事総務の人に聞くと教えてもらえると思います。

この自己負担上限がとても低く抑えられる人であれば、例え自分がかなり
色々な病気になるリスクが高いと思っていても、それ程多くの種類が
カバーされる保険に入る必要はないわけです。


同時に、ここまで健保が面倒を見てくれなくとも、自分の健康状態に
それ程大きな不安はないので、ある程度のことは、貯金でまかなうわ、
と思える人も、この手術給付の対象範囲を、広くする必要はないといえます。


というわけで、私はあっさり88種類を選択。

ちなみに私が入っている健康保険の高額療養費は8万円なので、
超一般的な感じです。
ちっ、不○産健保なんて、若い人が多いんだから潤ってるだろうに…!



さて、保険の金額を左右するポイントの二つ目は、入院したときに、
一日、いくら出るのか、
という部分、
三つ目は、一回の入院で、その費用が何日分出るのか、という部分になります。


一日の入院で出るお金は、3000円からで、5000円位が一般的な模様。

連続入院日数の上限は30日からあり、最大で1000日なんて保険も。
1000日って三年ですけどー!?
ちなみに、保険がかかっている間の通算での、入院費用の保障日数の限度は、
どの保険も、1000日程度だそうです。

どちらも保障される期間や金額をあげていけば、当然、保険金額はあがっていきます。
(どちらかというと一日の入院費の多寡の方が、変動には、大きく関わってくる模様)

それを踏まえた上で、私が、大体、日に幾ら、何日限度を進められたかというと、
ずばり、日に5000円、日数は120日限度でした。


医療保険は、入院や手術をしないと還元されることのない保険(いわゆる掛捨て)なので、
出来れば最低限の保障で準備しておくのがよいけれど、3000円では、
実際入院した際、ちょっと補填としては物足りない模様。

また、日数に関しては、通常の手術であれば、おそらく一週間程度で、
病院を追い出されるので、それであれば30日でも十分、
な の で す が、入院が長期化するケースが、主に二種類ありまして、
一つはガン、もう一つは、脳血管障害なんだそうです。
(最近だとうつ病とかも多くあるそうで…)

うーん、どっちもフツーにありそー……。

そのうち、脳疾患の平均入院日数が、大体120日位であること、
ガンなどで、断続的に入退院を繰り返す場合に、この120日が効いて来ます。

というのも、この、連続日数、同じ病気で入院する場合、
前の入院から、一定期間(180日)が空かないと、連続している、と、
みなされてしまうんだそうです。

だから、25日位入院して、退院して、また一ヶ月位で、
一週間入院、ということになると、30日の連続日数だとすぐになくなってしまいます。

この、30日を120日にしても、保険料は月に500円も変わらないのだそうで、
ここは安心を買うことをオススメします、と、私はいわれました。


以上が、医療保険、選択ポイントのおおまかでしたー。

うーん、どうしても語りつけないことだと、文章がかったいなー。(え、いつも?)
解りにくいところは、随時補足したいと思います。

次回は、いわゆるがん保険と、資産形成としての保険ってとこまで
たどりつけたらと思っております。
頑張ります!

もし、続きも読んでいただけそうならば応援のぽちをば!

にほんブログ村

夏の危機

本格的に夏ですね。暑さでよく眠れてないのか、最近なんだか
毎日眠いヨコです。こんばんは。

まあ夜更かしがクセになっているというのもあるのでそこは反省するとして。


節電の夏、ということで、どこもかしこも本当に冷房が効いてません。

ワタクシ、どっちかというと寒がりで、冷房が大の苦手なので、
今夏はどこにいっても、わりとなまぬるい空気で、全然寒くないのは、
むしろありがたいなあとなどと、のんきに思っておりました。




が。




ここにきて、深刻な事態が発生。




暑過ぎて、あおちゃんがくっついてくれません。




言葉での恋人らしいコミュニケーションは、あまり多くない私たちですが、
家の中に一緒にいる時は、わりとくっついて過ごしていたりします。

お互いのことをマッサージしながら、テレビ見たりとか、
よりかかって、本読んだりとか、お互いにもたれてうとうとしたりとか。


ただ、なにぶんあおちゃんはかなり暑がりで、
そして行動含めて正直者なので、私がくっつくと、本当に暑いんでしょう、
最近は離れているのが、デフォルトになりつつあります。

寝るときも、最初は我慢してくっついてくれているんですが、
だんだん離れていかれます。。。


体表面の温度は、いわゆる体温よりも簡単に高くなるようなので、
いたしかたないこととはいえ、由々しき事態です。





なんかもうむしろ触ったら、肌がひんやりつめたくて気持ちいい~、
とかになればいいのに! (それは多分死体だ)




というわけで、暑がりの彼女に寄っていってもいやがられない方法、
ひっそり、しかし切実に募集です!



冷却マットとか買えばいいの…?

にほんブログ村

レズビアンライフと保険-その2

今夜は、結婚式の二次会の片隅と、その後の飲み屋にて、ひたすら保険を含むマネープラン、
仕事の話と、このブログ同様、世知辛い会話をノンケの女友達とぶっぱなしてきたヨコです。
こんばんは。

いやー、三十路はいりたて前後の女子は、色々悩める感じですね~。
キャリアが安定しない子はまずそこから頭を悩ます感じだし、
結婚した子の中には、子供を産んだり、ローンを組んで戸建てやマンションを
買ったりとかも、ぽろぽろと出てきたりしております。

「旦那の定年、今度会社の買収で55になっちゃったんだけど、
 ローン返済時期と合ってないんだよね…」
ってな会話が飛び出るわけです。うーん、ドッキリ。つかどーすんのソレ?

と、立場は違えど、この時代をサバイブしていく、という意味では、やっぱり
こういう話を、あっけらかんとつっこんでできる友達って大事。


さて、保険話の続きです。(その1はこちら


実際の保険の話をする前に、まず私が保険を検討するにあたっての前提事項を
整理させてください。


まず、大きいのは、今後、法律婚をする予定はない、ということ。

法律的な配偶者はつくらず、子供を産む気もなし

つまり、子供を育てる費用や、いざという時にお金を残すことを、
考えなくていいかわりに、将来的には、私にガタが来て稼げなくなった際、
私を経済的に支える「縛り」のある人はいない、ということになります。
(まあ、法律婚をしたり、子供を産んだところで、このあたりの「安心」が
 確実に手に入るってわけではないんだけども)


収入の柱が、基本的には自分一人で代替がきかないってことは、

 いま、私は稼げないから、あなたが稼いでね。
 あなたが稼げない時は、なんとか私が支えるわ。


ってことが出来ないってことで、こいつはなかなかリスキーです。

定年まで、フルタイムで働けるほど、頑健で安定した体でいつづけるってのが
出来たらいいけど、それを大前提にしちゃうのは、自分の健康に期待しすぎ。

あとは、うちの母親が乳がんやってて、父親のじーちゃんも腎臓がんか
なにかで亡くなってるんですよねー…。(あ、母親は元気に今も生きております)
ガンは遺伝的な要素があるので、私がなる確率も高いと思います。

後は女性系の疾病に罹患する確率も高そー…。子供産まないし。

というわけで、自分自身が病気や怪我などで、思うように稼げなくなった時、
支払いを抑えて、収入を補ってくれる意味で、生命保険のうち、
いわゆる「医療保険」(ガン保険含)への加入を検討しています。

そう、生命保険を考えるとき、まず怪我や病気に備える「医療保険」と、
死亡した時に、お金の出る「死亡保険」の二種類に分けると
考えが整理しやすくなります。


そんな前提で、まず、医療保険について。

医療保険の支払い方法には、大きく分けて二パターンあり、ある一定期間で
全額を払い込んで、ある程度の年齢(満期)まで保障してもらう「短期払い」パターン
ずっと保険金を払い続けて、払っている間は年齢制限なく一生保障してもらう、
「終身払い」のパターンがあります。

私が、今回勧められたのは、終身払いのパターン。

このパターンだと、確かにある時から収入がなくなっても、
一生、保険金を払い続けなければいけません。
ただ、今のように、寿命が長くなってきて、いつまで保険が必要かは
わからないので、医療保険に満期があるのは、アブない、とのこと。

また、基本的に短期払いだと、一ヶ月に払うお金は終身よりも高くなります。


短期払いは、簡単に保険を乗り換えられないのもリスク。

医療保険、というのは、大体5~10年位スパンに、保障内容が大きく
変わってきているのだそうです。

たとえば、昔は、21日位入院しないと、入院のお金が出なかったのが、
10年位前に5日位になり、今は日帰りから出るのが当たり前と、
保障される条件も、社会のニーズに沿ってグレードアップしてきているのだとか。
たしかに、このあたりは、他の商品と一緒ですよね。

こういうとき、より保障内容に魅力のある商品に乗り換えたいのが、
当たり前ですが、短期払いだと、一度全額を払ってしまっている為、
いつまでも昔の薄い保障内容の保険をかかえることになります。

もちろん、短期払いでも乗り換えることは出来るんですが、
一度払ったものを解約すると、払った金額から目減りしてしまうのは、
保険の常。

携帯の機種変ではないですが、医療保険は、ことによっては保険を
見直し、乗り換えることも前提に加入した方がよいようです。

でもでも、乗り換えるときに、最初に入ったときより年齢があがっているから、
月々の保険金はあがっちゃうのでは~? と思ったので、聞いてみました。
回答としては、「あがるけれども、極端にはハネあがらないので、
その上がった分の金額と、商品の魅力を比較して、検討すればいいんですよ」
とのこと。たしかに。

極端な話、月々二千円だけど21日からしか出ない保険に入っていた場合、
月々三千円になるけど、日帰りから出るのとどっちがいいか、
考えよーってことですね。

ちなみに、同じ終身払いでも払い方は、月々払いと年払いとありますが、
年払いの方が、保険金はオトクなようです。


この辺りから、ノートを広げ、がりがりと必死で整理をはじめた私(笑。
すっかり覆面リサーチなんてことは忘れた、ガチンコ相談でございます。


というわけで、保険選びのポイント解説はまだまだ続きますが、
本日はここまで。

次は、実際保険を比較検討するにあたり、何によって、保険の金額が
変わってくるものなの? というところについてまとめます。



ここまで読んでくださった大変根気のある方は、是非ぽちりと♪

にほんブログ村

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム