レズビアンライフと保険-その1

「なんで暴言吐いた風に書くのさー」と、ここ最近の記事に、あおちゃんから抗議入りました。

「アレだけ読んだら、私ヒドい人みたいじゃん」


いやいや、多分読んだ人も、ひどい人だとは思わないと思うよ。


ただ、歯に絹を着せない人なんだなあ…って思うだけで…。
(そしてそれはわりと事実)


「別に、時計が似合わないなんていってないじゃん!」

わかってるよー。「ゴシック風が似合わない」って意味で言ったんでしょ?
(ちなみに、男子学生のような私の部屋に、あの時計は似合わないとはハッキリ言ったけどな!)



「うん、だって似合わないじゃん!」



だから、ナチュラルにとどめをさすなっつうの!



ちなみにあおちゃん的には、「ヨコちゃんにゴスロリ服は似合わない」といいたかったようです。
ごめーん、ちょっとそれ汲み取りきれなかったわー(笑。



さて、話は本題ですが、そんな私とあおちゃんの、最近の大きな関心事の一つが、
保険でございます。
基本的に会話には、色気やラブ要素があまりないカップルです。


皆様は、ばっちり保険、入られてますでしょうか?


私は、お恥ずかしながら、親がかけてくれた養老保険(保険金は全額払込み済み)に、
医療特約がついていたので、特に今までなにも考えず、保険に対しては、
ノープランもいいとこな生活を送っておりました。
年末調整で、生命保険料控除受けられて、ラッキー♪ くらいなモノで、


もう、「ほけんてなにー? それおいしいのー?」


てな、のーたりんな世界。


んが。


キャリアに踏み迷っていた三年ほど前に、一年間、社会保険について
がっちり学ぶ機会があり、ようやく、社会保険というものについて、
基礎的な理解を得たワタクシ。

それと同時に、それではちょっくら生活を続けていくに不安な部分を補う
私的保険にも、興味がわいてきたのでした。


おりしも、親がかけてくれた保険が、あと二年で満期を迎えることが判明。


そろそろ、自分の負担でどんな保険に加入するか、もしくは加入しないか、
そしてそれによるリスクをどうとらえるか(入ることのリスクってのもありますからね)、
自分のライフプランも含め、考えねばならんのーとは思っていたのです。

ちょうど、「一生、法律婚と妊娠出産経験はナシで生きていく」っていう方向性も、
ほぼ固まってきたことだしね。


それでも、なかなか保険って、状況を自分でつくらないと、
きちんと考える機会ってないものです。

そのあたりは、あおちゃんも同じだったようで、彼女は、保険に入ることは
決めて、保険の比較本を読んだり、町の保険相談所に行ってみたりしていたのですが、
なかなか決めきれないご様子。


私も、その本を借りながら、自分だけだと何をどう選ぶべきか、
判断基準がそもそもないんだよなーと、ちょっと途方にくれる感じ。


そんな私に、先日、天啓のように飛び込んできたのが、以前、軽い気持ちで
登録していた覆面リサーチ会社からの「無料保険の相談を受けてみませんか?」
という仕事の依頼でした。


おおお、ラッキー!!


調べ始めた頃から相談するなら、色々な保険会社の商品が扱える
独立系FPと決めていた私。

そんな人に無料で相談を出来る上に、評価を送ったら薄謝までもらえるなんて、
こんなチャンスはそうないぜ! ということで申し込みまして、
面談してきたのが昨日だったのですが、いや、予想以上に、
とっても勉強になりました!

タダなんだし、商品説明から入るとかもありうるよなーと思っていた予想を、
いい意味ではるかに裏切り、保険を大枠の基礎から、説明してくれたのです。


ということで、今回勉強してきた内容を、自分の理解の為にもまとめよう、と
思っているのですが、また果てしなく長くなってきたので、続きます。

(つうか、本題に入ってねーーー!!! ほとんど詐欺タイトル…)



保険、気になりますって方、ぜひぽちりと。

にほんブログ村
スポンサーサイト

「好き」と「似合う」のせつない関係

カフェマメヒコですっかりくつろいだ後、ふわふわと二人で
渋谷の夜の街を散策していたら、FrancFrancがセールをやっていました。

雑貨好きのあおちゃんにくっついていく形で、中をみはじめてから、
ふと思い出したのが、この前、営業中に涼みに入ったFrancFrancの
お店でみかけた掛け時計。

実は、我が部屋には、値段と好みのデザインがなかなかおりあわない関係から、
ずっと掛け時計とゆーものがなかったのですが、そのお店で、
運命的にどっきんとするデザインの時計に、私のハートが狙い撃たれていたのでした。

それがこちら。

ConceptFound×KayoHaraguchi「CONCEPTFOUND TIME」

$そして日々は続く-時計


かわいくないですか!?


その時は、営業中ということもあり、流石にその場で買うのは、
思いとどまりつつ、絶対今度買いに行こう! と心に決めていたんですが、
そういえば、もしかしてあのコがセールに出てたりして!?

どっきどきしながら、B1Fに降りていったら、ありました!
しかもカラーではなく、私のよりときめく感じのモノクロが、なんと30%オフ!!






じゃじゃん! きゃー!!

そうなんです。
実は、私、こういうちょっとゴシックな風情のものが
ものっすごい好きなんです!!

というわけで、はげしくうっきうきしながら、お買い上げ。

私は絶対買わないけどねー、と若干呆れた風ながら、
選ぶのにつきあってくれたあおちゃんに、

「あんまりキャラじゃないのはわかってるんだけど、好きなんだよね~」

と言ったところ、いっしゅん聞き流した風のワンテンポおいてから、
ふと私のほうをふりかえり、あらためてしみじみと、



「たしかにほんとーに似合わないね!」


と、一言。




え、なんでそこわざわざ1テンポおいたの?!




つっこんだら、「いや、ほんとに似合わないなーって改めて思ったから」
飄々とダメまで押されたよ。ちくしょう。


似合うものと、好きなものは違う、という事実を、さっくりとつきつけられた
ちょっと切ない夜でした。


ちなみに、この後嬉しいゴコロがおさえきれず、まうに「買ったのー」と写メったら
「ヨコちゃんは本当に植物が好きなんだね~」と返信が来ました。

………しょくぶつ………?



どうやら周りの人には、私のセンスはあまり理解されないようです。

にほんブログ村

異色のカフェ「カフェマメヒコ パート3」

昨日、休日出勤帰りのあおちゃんと、渋谷で合流。

あおちゃんの後輩が教えてくれて、いっぺんで二人とも大好きになった
素敵なカフェ「マメヒコ」に、なんと、とんかつ屋さんが併設された
三店舗目ができた、という話は、前から知っていたのですが、
なかなか渋谷は行かない私たち、ちょうどいい機会じゃない? ということで
行ってみました。

入ってみると、バーのようなカウンターだけのカフェスペース。ステキ!
きりりっとした雰囲気の年上の女性の店員さんが出迎えてくれました。
この方、なんかとっても雰囲気があって「女将さん」って感じなのです。
というわけで、勝手にここでは「おかみさん」と命名(笑)。

おかみさんにカフェか、とんかつ屋さんか聞かれ、迷いましたが、
カフェでもカツサンドが食べられると聞いて、カフェに
腰を下ろすことに。

そして手に取ったメニューの中に、なんと、東海出身で甘党あおちゃんの
心くすぐる「小倉トースト」の文字があるじゃないですか!

今日ちょうど、小倉トーストの話をしてたんだよ~、と
嬉しそうなあおちゃん。

カツサンドと、小倉トーストと、飲み物と、と勢い込んで注文した
私たちに、ちょっと多いかもしれないから、まずカツサンドを
食べてから、小倉を頼むか決めたら? 嬉しいけど、全部おいしく
食べてほしいから、と、おかみさんが、さらっとご提案。

素敵な接客にますます胸ときめき、腹が鳴ります!

そして出てきたのがコチラ。





このカツサンド、予想を超えて、すっごい美味しい~!!

ここのパンは、もともとふわふわしっとり具合が絶妙で、
サラダとかペーストとかと食べるとほんと絶品なのは知っていたのですが、
カツサンドにも、めちゃめちゃ合う。

そして中のカツは脂っこすぎず、味が濃すぎず、さらっと旨くて、
全然重たくない。

よこのあおちゃんも、ひたすら「超おいしい」としか言わず(笑)。
息もつかせず、四つぺろりと完食してしまいました。

そして当然のように小倉トーストと、さらに季節のケーキから、
花豆とチーズのミルフィーユも注文。





すごくないですか、この小倉トースト(笑)。
ぶあついトーストを、なんと目の前で網で焼いてくれます。

小倉はおかみさんがたいたものらしいんですが、甘さが控えめで、
豆の味がしっかりしてて、あんまりあんこが得意でない私でも
おいしくいただけてしまいます。

バターは、軽くてふわっとしたミルク味の手作りバターに、
練りこまれている岩塩の塩気が効いていて、これだけトーストにぬっても
いくらでも食べられちゃう感じ。




そしてもう一つがこちら、季節のケーキのミルフィーユ。

花豆とチーズでできたクリーム部分は、アイスみたいに
濃厚にとろけるし、パイの部分の軽さと香ばしさは
尋常じゃなかったです。パイうまっ!!

美味しい美味しいと、がっつく私たちに、目を細めて、
ありがとうございます、嬉しいわ、と笑うおかみさん。

もとがこの方、かなり鋭い雰囲気で、あまり無駄な笑顔はないだけに、
笑いかけられると、なんだか超ときめくんですが…(笑)。

お腹的には、若干容量オーバーだったけど、雰囲気から、
接客から、味からなにもかもに癒されて、仕事でぐったりしていた
あおちゃんは、完全に息を吹き返していました。


カフェマメヒコパート3は、ちょっと奥まってわかりづらい、
渋谷の路地の三階です。

金曜の夜とかにまた来たいなー。ほんと元気になれそう。


ランキングに参加してます。最近さぼってたら落ちちゃった(笑)。
是非ご協力くださいませ♪

にほんブログ村

「ダ・パスクワーレ」で平日ピッツァランチ

今日は、最後の引継ぎで久々の外出。
ちょうど、美味しいもの仲間のPさんの職場を経由することが出来たので、
お誘いして、ランチをご一緒してきました。

前日夜中にいきなりお声掛けしたのに、快諾いただいて感謝!

今日のランチはナポリピッツァの「ダ・パスクワーレ」。
ここのピザは、とにっかくトマトソースが甘くて、マルゲリータが超美味しい!
実は、Pさんと、営業途中の平日ランチをし始めた、一番最初に
教えていただいたお店です。

平日ランチは、サラダとピッツァかパスタ、フォカッチャと飲み物で千円と、
リーズナブルさもとっても嬉しいこのお店。
今日は、ちゃっかり250円のデザートをつけちゃいました。
私はオクラと小海老のパスタ、Pさんがマルゲリータで、メインをシェア♪

美味しい食事と共に弾む会話は、とにかく美味しいお店の話、旅行の計画、
そしてお互いの恋人との平和でしあわせなお付き合いのおはなし。

二人して、意見が大変一致したのは、

①美味しいものを美味しい! と言い合いながら食べられるのは
 すっごく大事!

②お互いの好きな時間の過ごし方があまり違わないのはありがたいし嬉しい。

③ルーチンな日常を共有できるって本当に落ち着く。

ってこと。うん、ほんとしあわせ再確認だー。
そしてそんな会話を穏やかに出来る友達がいることも、
本当にうれしいことだと思うのです。

ちゃっかりと、また美味しいお店をいくつも教えてもらいつつ、
8月頃に4人でゴハン食べに行きましょうね! と、
手を振って別れたのでした。



気軽にこういうランチができなくなるのは、残念だなー!

にほんブログ村

ひととひととのあいだで

「『間人』という言葉を知っていますか?」


今日訪れた「間」という、お店の名前をながめ、
人間、空間、時間の間なんですね、と、呟いてから、
彼は、聞いた。


間男ってコトですか? と、とんちんかんな答えを返した同僚に、
あははは、と笑って、彼は丁寧に説明してくれた。



…日本語でなんていえばふさわしいのか、ちょっと思いつかないけれど、
 インディペンデントな人を、称揚する価値観があるでしょう?
 個人主義というのが一番ふさわしいのかな。


 そのアンチテーゼというのが一番しっくりくるのだけど、
 人と人との間の、いわゆるコンテキストの中で、はじめて
 「ひと」はかたちづくられている、という風に考える。


 例えば僕が「個性的だ」とすると、それは僕単体で個性的だということはなくて、
 ○○君と比べて個性的だ、とか、××さんよりも個性的だという、人との
 相対性の中で、僕の「個性」は成立する。


 そういう考えを提唱したのは、浜口恵俊というお坊さんなんだけど、
 僕はそういう考え方が個人主義と対比して、もっと広まればいいと思ってる。
 思考は、言葉があって、はじめてなりたつから。


 そういう、個人主義に対応するような、言葉がないせいで、
 ついつい「個人主義」に、価値基準がよりがちになってしまうんじゃないかと
 思うんだ。




まさにその言葉に導かれるように、普段は、形に全くなっていなかったような
「考え」や「言葉」が、自分の中からあふれだして口をついてとまらない。


そうなんだ。


ある人の前にいる「私」と、また別の人と話す「私」から、
あふれてくることは、まったくちがう。
考えの速度も、出てくる内容も、振る舞いも、表情も、言葉遣いも。

そしてそのどれもが「私」で、そこに真偽はない。もちろん優劣も。
けれど厳然と、好悪はある。

私はこの人と対峙したときに、もっと多く、あふれてくるものがある
自分でいたいと思う。


ものしずかに、けれど熱心に語りかける彼は、とても深く思索し、
そして世界の色々な人と、ナマの気持ちで触れあって、考えを交換してきた人。

こういう人が、外資系の、しかも金融機関の、トップに近いところにいたりする。

そういうところにいるような人は、効率主義で、成果主義で、数字でなにごとも語れる、
冷徹な価値観を持っていそうな人、なんていう思い込みがあったのだけれど、
どれだけ、ちゃちな考え方なんだろう。



世界は、そして働くことは、人と語り合うことは、変幻自在で
本当にゆたかだとかんじる、一年でいちばんみじかい夜の時間。


にほんブログ村

続・君の名は

先週で引継ぎを終えて、今日から本格的に新しい部署で仕事開始!

よーし、頑張るぞ! と気合を入れて朝、PCのスイッチを押したら、


ピーッ! ピーッ! ピーッ!


と、いきなりただならぬエラー音を発して、P C 沈 黙

そのまま入院と相成り、完全に出鼻をくじかれたヨコです、こんばんは。
なに、この漫画みたいな展開。



さて、この方向性の全く見えないブログを読んでくださっている、
辛抱強い皆様におかれましては、あおちゃんがだいぶ照れ屋さんだというのは、
かなり伝わっているのではないかと思いますが、今日もそんな話。


相変わらず、通常の会話には、私の名前を織り込めないあおちゃんですが、
最近は、夜寝る前に、

「おやすみ、ヨコちゃん」

朝起きると、

「おはよう、ヨコちゃん」

と、いくぶん条件反射的に呼んでくれるようになりました。

うん、相変わらず、私の顔より、胸に向かって話しかけているのは
ご愛嬌だ。あんまり気にしちゃいかん。

と、そんな一進一退(?)の先日の土曜日。

夜、お風呂に入りながら、つれづれな会話を交わしておりました。

二人とも同じ整体に通っているのですが、次の日曜が二人とも、
予約が取れている日でありまして、何気なく、

「あおちゃんは、明日の予約、何時ー?」


と聞いた私。


「うーん、多分14時。予約何時なの? …ヨコちゃん




……………!!!




「………12時」

一瞬の沈黙の後、平静を装って返したつもりでしたが、



立った立った、クララが立った!



と、いわんばかりの心情が、死ぬほどモロに顔に出ていたらしく、
言葉の直後、ぶわっしゃんと思いっきりお湯をひっかけられました(笑。


カワイイなあ、もう!!! ←重症って言われた。



しかしながらですよ。
付き合いはじめて、はや、もうすぐ10ヶ月?
その中で、会話の流れの中で、普通に名前呼ばれたのが2回じゃ、
そりゃ私も反応するってもんじゃないですか!!
ワタシ、ワルクナーイ。


だから、あと一年位の間に、一ヶ月に一回くらいは、
呼んでもらえるようになるといいなーと思う、
志はそんなに高くないヨコなのでした。


好きな人に名前を呼ばれるのは嬉しいよね♪ って、同意してくれる人、是非ぽちりと!

にほんブログ村

「エンボカ」の土曜日

土曜日は、久々に「エンボカ」に行ってきました!



エンボカは、もともと軽井沢で建築士をやっていた方がはじめた、
とっても独創的な野菜ピザのお店。

その時々の旬の野菜を使って作られるピザは、他では食べられない面白さです。
もちろん、味もバツグンですよ!





一皿目は、私的マストの生ハム。ハモンセラーノ。
生ハムはイタリアのやわらかいプロシュートより、
スペインの、固くて燻製っぽい方が好きです。



ピザを二枚食べたかったので、その他は生ハムだけにして、
まずは、春の豆のピザ(空豆ソース)と、アスパラのピザ(アンチョビソース)の
ハーフ&ハーフ。




しゃくしゃく春の豆の歯ごたえ。空豆ソースの塩味もいい感じ。
アスパラにアンチョビって合うな~。





お次は、新玉ねぎと、野沢菜のピザ。
野沢菜のピザにかかっているのはなんと胡麻豆腐。
これがまるでチーズみたいな濃厚な味わいで、野沢菜の塩気と
合うのなんの。
新玉ねぎは甘い!!


ココの野菜は、基本的に全部甘くて美味しいのです。
どうやら直営の農場で育てている野菜を出しているみたい。

ちょっと量的にはいっぱいいっぱいだったので、ピザの耳を
途中から全部残す、というお行儀の悪い仕儀に出ましたが、
お陰で最後まで美味しくいただけて、満足な土曜日のディナーでした。



この日は、朝からあまり優れない天気に、体調も二日目で、どすんと
下腹が重くて、あまりよろしくなく。

ぱーっと遊びに行きたい気持ちもあったんですが、あんまりアイデアも
振るわなかったので、夕方まではお互い家事をして、夕方から合流して、
美味しいものを食べに行く、というプランを提案。

採用となったので、ゆっくり家事に勤しんで、久々のランニングに
行くこともできました。(そのうち半分位寝てたけど)
あおちゃんもジムに行けた模様。


あおちゃんと一緒にいる時間は大好きだから、特に週末だったら、
なるべく一緒にいたいけども、どうしてもお互い、一人でいないと
出来ないこともあるから、こういう時間も必要。

そういう時間が無理なくとれることに、つくづく感謝だなーと思う
週末でした。



二人の時間も一人の時間も大切。

にほんブログ村

おんなのこサイクル

PMSっていうんだっけか、女子の日の一週間位前は、
少し精神が不安定だ。

普段はプロフィールにもあるようにおおらかかつ大雑把に安定していて、
感情の波は振れにくい方だと思うのだけど、
このときばかりは、本当に、思い返すと笑っちゃうくらいささいなことで、
すーごくイライラしたり、かなしくなったりする。


(例えば昨日の日記の、「風呂に入ってみたらからっぽのバスタブ」ごときに、なんだか
 すんごい凹んだ気持ちになったり。もちろんあとから笑い話です)

このあたりはまさに生理的なものだからしょうがないんだけど、
私は、ちょっとサイクルが不定期なので、どこにその一週間が
来るのか読めないのが困りもの。

そういう気持ちはなるべく人にはぶつけたりはしないようにしているけれど、
うーん、近しい人相手なほど、ちょっと怪しいなー。。。

たとえ、気持ちにゆれがあっても、あれ、私、なんだかしょうもないことで
泣きそうになったり、イラついてない? って思って、
もしやしてこれはおんなのこサイクルか…? と、我に返るように
気付ければいいんだけどね~。

我に返れないとどうなるかっていうと…









10年以上使ってる携帯のキャリアを、
唐突に変えちゃったりします。












あのモーレツなイライラ感の6割くらいはそれだったんじゃないかと
気付いて、ひっそり愕然とする週末。



さいわい、新しい携帯はおおむね気に入っています。

ツイッターはTLはおっかけやすくなったけど、
文字が打ちづらいから、つぶやき回数が減りました(笑。


もちつけって、ひとぽちぷりーず☆

にほんブログ村

LGBT文芸フリマ

昨日、パソコンをぺちぺちいじっていたら、お風呂からあがってきた同居人が、
「ヨコちゃんも入っちゃいなよー」
と声をかけてくれました。

あー、そうだねー、折角だしねーと生返事をしつつ、引き続きパソコンの前の私。

家計簿やら、ブログやらを書き終わりまして、さてとお風呂に入るかね~、
ちょっと冷めちゃったかしらね~、と、服を脱いで、風呂場に足を踏み入れたら、






そこには、からっぽのバスタブが……。










 ………(一瞬絶句)。

「……まうー、もしかして風呂、お湯ためてない…?」


「うん、シャワーだけ浴びたー」



そっかそっか。まあ夏だしね、暑いしね。

ためなくてもいいよねー………って






なんで私に声かけたの…?






たまに同居人と意志の疎通が滞るヨコです。
こんばんは。



さて今日は、イベントのお知らせを。

もう今週末なのですが、こんなイベントが東中野で開かれるそうです。



第1回 LGBT文芸フリマ

●日時 2011年6月18日(土)
    13時~(時間が変わったそうです)

    パネルディスカッション19時~(予定)

●場所 東中野RAFT
    〒164-0001 東京都中野区中野1-4-4 1F

●参加費 一般500円(出展者1000円)

●公式ブログ:http://lgbtbungei.blog97.fc2.com/


創作者がセクマイである、という縛りだけで開かれる、このイベント。

第一回ということなので、どんな雰囲気になるかは誰もわからない!

BLよりなのか、ゲイよりなのか、はたまたGLなんかもあるのか。
(主催の方がゲイなので、女子イベントよりも、文学フリマぽい感じ?)

コスプレは何のコスプレなのか。ビアン同士のBLコスとかなのか?

と、だいぶ興味は尽きないのですが、私は買いたい本があるので、
始まった頃、さくっと顔を出してこようと思ってます。

お目当ての本は次回発売であることが判明。次回の開催を待ちます!

参加費も手ごろなことですし、ご興味のあられる方は、
ぜひ、行ってみてくださいませ。

出版物といえば、「Tokyo BOIS!」もボーイッシュビジュアル好きとしては、
相当気になるところ。
明日、仕事帰りにでも、本屋チェックしてみよーっと。

TOKYO BOIS!/カイザー雪,戸崎美和

¥2,625
Amazon.co.jp

(そしてコレ見たあおちゃんの感想も、そうとう楽しみw)




ランキング参加しています。
いつもぽちっと下さる方、本当にありがとうございます☆

にほんブログ村

誠実な仕事をするということ

「彼女の実力がずば抜けているのは、ひとつひとつ愚直に顧客に向き合って、
 内容を深彫りしていった結果だよ。

 知ったかぶりせずに、わからないことは立場を問わずに、
 色々な人に聞きながら、とことん調べて、知識を積み上げていったから、
 彼女は、あんなに『デキる』んだと思うよ」


そう人に話す、同期の言葉に、すごくドキッととした。
特に「知ったかぶりをしない」というところに。
多分、誠実さの源ってそこじゃないだろうか。


適当に手元で流さない。出来る限り追求する。


話題になったのは、その実力から、「彼女にしか出来ない仕事」を持って、
一年ごとに部署や立場が変わりながら、今、私の元いた部署に
マネージャーとして戻ってきた営業の人の話。

彼女と私は、とても近しい仕事をしてきた。

けれど、その間に、私と彼女の間に、どれだけの
「出来る仕事」に、差が生まれただろう。

その大きな差は、考えただけで、恥ずかしくなる。


会社組織の中で「属人的な仕事」は忌まれることではあるけれど、
つきつめていけば、結局は「その人にしか出来ない仕事」は、
おのずと生まれてくる。


過去に行ったことを悔やんだり、人と比べてもしょうがない。


私は、自分の仕事の質を、たゆまず高めようとしているか。

私はいま、任されている仕事に、本当に誠実だろうか。



常に自分に問いながら、これからの仕事をしよう、と思う。



にほんブログ村

スマートフォンを買ったのですよ

ちょいと前に話題にいたしましたスマートフォン

あれからも色々「やっぱり防水かな~」とか「早いのがいいよね~」とか
「電池のモチが~」とかうんにゃかんにゃと悩み、機種に求める要件も、
大体、絞れていたのです。

私は扱いがザツなので、何より、防水! 次に電池持ち。
そしておサイフケータイ辺りでした。

そんな視点で物色する中、私のココロをかなりひきつけてくれたのが、
auから出るカシオのびっくりごっついスマートフォン「Android G’z One」!

$そして日々は続く-au

ウリは、耐水耐塵耐衝撃! 踏んでも割れなそうな画面と、
落としても傷つかなそうなボディと、水につけてもへっちゃらそうな
このツラガマエ!
素敵~~! と盛り上がったのはどうやら私だけのようで、
周りには、絶 不 評でした。

あまりにゴツ過ぎるとか、三葉虫みたいとか、かぶとむしみたいとか、
もう散々ですとも。あ、勿論その評価の7割位はあおちゃんですよ!


んーしたらばー…と、
次に心惹かれたのが、AQUOS Phone SH-13C
お財布ケータイだし、防水だし、薄いっぽいし、アンドロイド2.3だし、
いうことなくない? と思っていたのです。

あと、防水じゃないけど、あおちゃんがXperia推しだったので、
XperiaAcroも、次点くらいで、気になってました。
アクアのボディの色がかなり綺麗でね~。
あとは、機能性ですよね。Edyをよく使う、ヌルマイラーなので、
お財布非対応のarcはちょっと…。



と、心楽しく悩んでいたのです、が。


ここにきて、いきなり前のケータイの表示がぶっ壊れ始める
という緊急事態発生。

画面が赤や黄色や青に色づいたり、半分表示されなかったり、いきなり画面が
まっくらになったり。
しかもその症状が日に日にひどくなる…!

それに伴って、機種の残りの支払い状況とか、MNPとかを調べだしたんですが、
私が契約主でないこともあいまって、まあソフトバンクショップ店員の
反応の鈍いこと鈍いこと!!

委任状を持ってきていても、調べられません、契約主様からお問い合わせください、
の一点張り。
くーそーー。

ちなみに一度、いい加減不便なので、契約を親から自分に切り替えようとしたら、
散々たらいまわしされた後に、審査落ちした、という過去がある為(何故かは不明)、
ソフトバンクでの名義変更に再度トライする気にはなれず。

そして、何故か、契約名義を問われない携帯からMNPの予約番号が
理由不明のまま、発行できず。
なんで!!??


と、このあたりで、私のイライラがマックスに。
変なところ、凄く気が短いので、これで、親の委任を受けて、一度修理に出して、
その後、更につき合わせて、スマートフォンに切替、とかやっていたら、
気が狂うわ!!

ということで、契約主の父親を呼び出し、MNP予約番号を発行してもらい、
あっさり自分名義での他キャリアに乗換えることに決定!!



で、機種どうしようね。
ということで、振り出しに戻った、というより、むしろ後退。


だって検討している機種のほとんどは、まだ出てないんだもん!


今すぐ変える、となると、おサイフは必須。(Edyに1万円入ってます…)

んでもってAndroidはOSでだいぶ違うらしいから、2.3がいい。
出来れば、通信速度も早いほうがいい、
そしてあおちゃんと同じキャリアがいいのだ! ということで、
アレだけ悩んだのが、アホのような消去法で、「AQUOS Phone SH-12C」に決定したのでした。

ちなみに、この機種最大のウリは「3D写真/動画撮影」です!
い、いらねー……。



とはいえ。
実は口コミなどでも割と高評価のこの機種を使ってみての感想は、
じっくり使った後に、また改めて。

まずは私、携帯で出来ていたことを
出来るようになるのが目標です。

意外に難しいんだよ……!


がんばれって是非! あ、あと、オススメアプリを教えてくれる方も是非!

にほんブログ村

ファッションチェック!

今日は本当に夏の空気でしたね。夜歩きが楽しい季節にウキウキのヨコです。
こんばんは。


さて、いろいろと無意識に辛口なあおちゃんですが、それは
ファッションについても、勿論例外ではありません。

例えば最近買った8部丈のジーパンは、その色のムラが「なんか貧乏っぽい……」
半袖でぴったりした青のボーダーインナーは「佐川の人にしか見えない」との低評価。
えーんえーん。。。(佐川の人をバカにするものではありません)

そんなつっこまれている私を知っているのが、同居人まうですが、
今日、あおちゃんとのデートに出かけようとしたところ、
色々とファッションアドバイスをくれました。


今日の服の中心は、貧乏っぽいといわれた、8部丈のジーパンなので、
カーキの薄手のトップスに、かっちりジャケットをあわせていたのですが、
ジャケットを、灰色のロングカーティングにした方がイイよ~、とか。

黒いパンプスを履いて出ようとしたら、わざわざドアの外まで
追いかけて、シャーリングの入ったカーキのパンプスにするよう
声をかけてくれたりとか。

うーん、こまやかだわ! 出来上がりのコーディネートに満足げなまう。

礼を言う私に、「これであおちゃんに色々言われないよ!」と仰います。
なんかすごいこといってるけど、えーと、多分私愛されてます(笑)。


さらに、デート中、そんな私の本日の格好に対する、
あおちゃんの評価を聞け、とのメールまで届きました。
家内ファッションアドバイスは、アフタフォローもばっちりです。


「ねーねー今日の格好、何点ー?」


大体「60点!」とかいうかなーと予想しつつ聞く私に、なぜか少々言いよどむあおちゃん。



「………3点満点で3点?」






………。



………これは……。












照れてるー!! かわいいー!!!










なんだよー、満点じゃーん! うははは!!
さてはその前にちらっと言っていた、「珍しく女子っぽいね」は、褒め言葉であったか!


我が家のファッションアドバイザーのおかげで、とっても珍しいものを見られて
大満足なヨコでしたドキドキ
ありがとー!!




ほめてほめて♪

にほんブログ村

家計簿試行錯誤

引継ぎ書類を作るためにデスクを片付けていたら、
高さ50センチ以上の書類をシュレッダーにかけるハメになった
ヨコです。こんばんは。

机の中に入ってた書類の八割がゴミ、というオチになりそうな悪寒。。。
断捨離は、家以上に会社の身の回りの方が必要なようです。



さて、今日は久々にお金の話の続きです。一応忘れてません(笑。

マネープランといえば、まずは貯金でしょってことで、
一番最初に、「月に幾ら貯めますか?」とふりましたが、
もうちょっと手前のはなしをすませてませんでしたー。


皆様、家計簿はつけてますか?


意外に周囲はつけていない人が多いことに、最近びっくりしましたが、
私自身、昔は家計簿って、つける意味がよくわかってなかったです。


だって、つけたお金を記録しても、
幾ら出ていったかしかわからない
んだもん!


家計簿をつけると、大体自分の支出の傾向を把握できて、
そこから、各項目で予算立てが出来る…なんてのをよく聞きますが、
私は、全然ダメでした。

だって、ある月は、服飾費(化粧品)がバン! と飛んで、
ある月は、食費(私の場合は交際費を含む)がバン! と跳ね上がると、
月単位での自分の支出の傾向を、分析できないのですよ(苦笑。

なので、当初やっていた、使ったものをただ分類して
記録していくだけの家計簿は、私にとっては、ただの後追い記録にしかならず、
結局、「あー、今月も使いすぎたなー…」とか思うだけで
お金のコントロールには何の役にも立てることが出来ていなかったのでした。
(ばかなの?)


さて、この意味なし家計簿を途切れつつも、二年位つけ続け、
ふとあるとき、気がついたのは、貯金という観点からお金の入り出を把握しようとする場合、
お金をなんに使っているかは、わりとどうでもいいってことでした。

より大事なのは、「あといくら使っていいか?」が把握できること。

使っていいお金が、食事代になろうが、化粧水になろうが、
その内訳は、結構どうでもよくて、残りの予算さえわかれば、
それをにらみながら、何に使うかを考えればよろしい。


と、いうわけで、月給から、貯金分を引いたお金(=自分が好きに使っていいお金)から、
日々使ったお金の総額を毎日引いていくだけという、非常にシンプルなツールを
導入したのでした。


更に、この残りの金額が、リアルタイムに月の残りの日数で割られるように
計算シートを作り、一日に使えるお金は幾らか、という金額が
すぐに把握できるようにしました。

これが大当たりで、次第に、貯金以外にも、美容院や整体のお金など、
定期的に使うお金や、旅行など大型の出費に備えた臨時貯金などは、
あらかじめ差し引いておくとか、
カードはカードを使った日に、消費した扱いにするとか、
月給以外の余剰金は別に管理する等の、細かいルール決めや、進化を遂げ、
今の利用に至っています。

前の月の赤字も黒字も、次月に繰り越されるので、年間自分が貯めている
お金というのは、明確に決まっているので、この方法はなかなか気に入っています。


さて、そんな方法で、コントロールをするようになった私でしたが、
じゃあ幾ら貯めればいいの? ということでまた試行錯誤することになるのです。

ということで次回に続く!


もし、使っているツール(エクセルシート)を見てみたい~って方がいらしたら、
こちらにご連絡ください。お送りします。→yoko.daybyday ☆ gmail.com
(☆は@に変更)


そしてついでにこちらもぽちりと♪

にほんブログ村

恋より夢中

あおちゃんのおうちのソファでうたたねしていたら、
いつの間にか、筆ペンでヒゲを描かれていたヨコです。
こんばんは。

ていうかヒゲて!
寝てる恋人の顔にヒゲて!!
小学生か!!!

ツッコむ私に、
「優しさだよー」とあおちゃん。

どのへんがですかね?

「だって、最初油性ペンで書こうと思ったんだよ?」



やめてください。

明日は平日ですヨ。




さて、話は本題なのですが、皆様は恋人とどれ位の頻度で
連絡をとりますか?

私たちは、基本的にあまり電話が得意でないので、離れているときは
メールが中心。

大体、朝一往復、夜に二往復か、一往復半くらいのやりとりが、
付き合い始めてから、安定的に一日にかわすようになったメールの頻度です。

お互い都合もあるので、これより減ることも多くなることもありますが、
大体そんなもん。



な の で す が 。




最近、なんだかあおちゃんのメールが少なかったのです。

朝のメールがこなかったり、夜のメールも短めだったり。

私が二通送ってやっと、一通返ってきたり。



うーん、これは……



もしかして……………。




ひょっとすると……………。














逆○裁判(携帯ゲーム)に夢中になってやがるな…。











(笑)


私もものすごーーくよくわかるんですが、メール書くのって、移動時間とか、
家で色々なことが終わった、余剰時間が中心じゃないですか。

そんでもって、それって、ゲームとか本とかに夢中になれる時間と
イコールじゃないですか。


夢中になってるものがあると、メールって正直めんどくさいよね(笑)!!

そして、あおちゃんはもともと大変メール無精デス。


とてもよくわかりますが、まあそこはちょっと邪魔することにしまして(笑)、
もうちょっとかまってもらうことにしまーす。



「○転裁判でメールくれないんだべ?」と言ったら、「バレた?」
うひゃひゃ、お見通しだ!

にほんブログ村

ディナーミーティング

今日は早帰りデーだったので、異動先の上司様と、今後の作戦会議、
と、銘打って、二人ご飯でした。

場所は、あおちゃんが教えてくれた池袋の「RACINES Boulangerie&Bistro」。
パンと野菜が美味しい、という噂だったので、楽しみだったんですが、
店内の雰囲気も良くて、前菜からデザートまで満足なお食事でした。
前菜の背脂の生ハム旨すぎた。次は、ランチに行ってみたいなー。


ご飯中の話は、基本的に仕事の話一色。

なかなか異動先は人間関係が波乱含みらしく、人材教育には
頭を痛めることになりそう。

前に経験したやり方がいい筈だとか、前のあの人はこうだったとか、
理想が高いとか低いとか、職位が違うとか、雇用形態が違うとか、
色々なことで、人は、無意識にでも壁を作りたがるし、
自分の「正しさ」に囚われるものだよなあ。。。

ただ、私が本格的にそちらの仕事を始めたときに、
そこでの人間関係そのものをよくしよう、と考えるのは、
どだい、あまり意味がなくて(というかそんなんは無理だ)、
そこでの仕事が、その人たちにとってやりがいを感じられて、
グループの皆が同じ方向を向くことができて、
その方向に向かって着実に成果が積み重なっていると、目に見えて感じられれば、
つまらない、小さいことに足を取られる機会は少なくなるハズ。


だから、その話よりも、上司様とは、今後変えていきたいことで
盛り上がれたのは、本当によかった!
今度の上司様は、言ってることに、含みとか裏表がないので、
そこはすごくやりやすそう。

このグループの仕事の成果が、どうやったら、よりよくなるか。
このグループを、どちらの方向に、向かわせたいか。
そういうことを、もっともっと自分の頭で考えながら進めることが
求められています。

早く綺麗にきちんと前の部署の仕事を片付けて、
本腰を入れたい!

そう思えたディナーミーティングでした。



少しずつ頭を切り替えていかなきゃね。

にほんブログ村

御嶽山登頂企画

最近、家まわりでのんびり過ごすことの多かった私とあおちゃんですが、
近日中に、御嶽山に登ることになりました!

理由は、アド街でとっても楽しそうだったから!
(入力と出力が直結過ぎる。あまりの単純さに、あおちゃんがビックリしてましたとも)


実は、去年の夏、ワタクシ、富士山日の出に登っております。

ことの始まりは完全にイキオイでしたが、準備はわりと入念で、
ありていに言えば、道具から入りまして、
山登り用の本格的なザックに、トレッキングシューズ、登山用の防寒具、
レインウェア、ステッキ、ヘッドランプと、がっつり買い揃え、
登頂日前の二、三ヶ月はとにかく、階段昇降を心がけ、富士山に挑みました。



結果は、見事頂上制覇!




そして、同居人ともどもしっかり高山病に罹患!!

しんどかったー。




と、そんなこんなで、山用グッズが、一通りそろっているのですが、
その後は一回、青森は白神山地を歩いた程度で、完全にお蔵入り。。。

現在は緊急避難袋と化しています。
二アリーイコールなのよね、山用具と、緊急避難袋。まあ当然ですが。

もったいないなーとどこかでずっと思っていた気持ち、
緑の中で、体を動かしたいなーという気持ち、
そしてアド街の美味しそうなランキングの数々!
(結局そこか!)

というわけで、登って、滝を眺め、ロックガーデンで苔を楽しみ、
天狗岩をよじ登り、天空風呂に入って、おやきを食べて、お茶を飲むのです!




楽しみだから、晴れろ!!




快晴祈願にぽちりとぜひに♪

にほんブログ村

外回りランチ事情

もう蚊が飛び始めてますね。
O型がさされやすいとか、汗かきはさされやすいというのを
よく聞くんだけど、信憑性の程は、如何なものか。
O型で汗かきなのでさされやすいんだと信じてやまないヨコです。
こんばんは。かゆいよう。


さて、おかねの記事の続きを書きたいなーと思いつつ、
どうも文章が進まないので、日常徒然ていうかおしごと話。

今日は、引継ぎのアポイントを、今週と来週にわたって
30件取得して、内2件に訪問。
アポイントを取るだけでも、結構時間と体力食うもんだなー。

帰社して、後任者に個別面談での引継ぎを二社やって、
明日の訪問資料を作って、なんとか10時台に退社。ぷへー。
基本的にあまり根気がないので疲れるーう。


ただ、こんな風に自分の裁量で、がしがし外出の予定を
埋めていけるのは、あと少し。

お客様に、会いにいけるのも、あと少し。

そして各地の美味しいお気に入りランチを食べられるのも、あと少し…!!


今日は、営業先近くにある格安の本格タイ料理「あろいなたべた」で、
トムヤムクンヌードルに舌鼓。
630円という値段も、頼むと5分で出てくるスピード感もすばらしい!

あー、日本橋の有機野菜のランチ「日本橋二丁目ダイニング」も行っておきたいなー。
馬場のとんかつ「とん太」も捨てがたい。
東京駅至近の「お多幸」のとうめしも、最後に一回いけますように。

そして明日はアポの合間に、あおちゃんと、豪華フレンチの予定!
平日の外出で、あおちゃんとランチを一緒できる機会はもう当分なくなるし、
この店は、ディナーには何度か行ってるけど、ランチは初めてなので、
めいっぱい楽しむぞー!



て、もはやおしごとの話ではない…!



そんな舌の楽しみをさしはさみつつ、引継ぎ期間の二週間、
のりきってまいりたいと思います。


応援のぽちは、心の栄養でございます。

にほんブログ村

正直な彼女

ここ最近、ちょろちょろと、我が恋人あおちゃんの発言について
とりあげてまいりましたが(コレとか、コレとか、コレとか)、
改めて断るのですが、この辺りの発言をするにあたって、あおちゃんとしては、
一切、悪意、とか、いじわるをいってやろう、とか、辛口に、とかありません。

すべて、ごくフツーに思ったことを思ったままに発言しているだけです。
(さすが「良くも悪くも素直」と自分を表現するだけのことはある。よくわかっていらっしゃる)

「なんかブログ見ると、親もカノジョも暴言吐きまくりって感じだよね」
と、あおちゃん。
そ う で す ね (笑 。


ただですねー、私自身も実は、あまり意識なく「毒舌」とか「辛口」とか
いわれてしまうクチなので、あまり人のことは言えないというか…。

ちなみに、私が行きつけのバーのオーナーに言われたときに、
「えー、毒なんて吐いてるっけー?」と反論(?)したら、
「ああ、そうだよね、ヨコちゃんは事実をそのまま言ってるだけだもんね」と、
若干、憐れむようにいわれました。
おわー、びみょー……。


しかし、あおちゃん、別に私が恋人だから手厳しい発言をしている、とか
意識的なものではない為、他でも、あっさり人を刺していらっしゃるらしく、
最近、上司様から「ポイズン」(毒舌だけに)と、
呼ばれるようになったと、不本意そうでした。

大変面白いので、是非そのままでいて下さい(笑。


しかもこの会話の直後に、早速酒を飲んで赤くなった私の顔を「サルみたいー」
評してらっしゃいました。 やっぱり特に反省とかはないらしい(笑。

にほんブログ村

なんでもないけど幸せな週末

今週は土曜出勤して、がりがり引継書を作る。
金曜日も木曜日もそんな早くなかったのに、我ながら頑張るぜ(自画自賛)。

休日出勤ってなんかダラけちゃって、仕事が思いのほか進まないことが
多いんだけど、流石に終わりが見えてると必死なもので、だいぶ捗りました。

そのまま、あおちゃんと合流して、さてご飯の買出し~というところで、
カフェ併設のケーキ屋さんの前を通りかかる。


「……食べちゃう?」
「……食べちゃうか!」


ってことで、夕食前に美味しいケーキ。

そして日々は続く-ケーキ

仕事の話で、ぽろぽろぽろりっと語りつつ、盛り上がる。
恋人同士的な時間は勿論好きだけど、こういう、働く女子同士的な、
語りの時間も、スキ。

基本的に仕事に対して意欲的で前向きで、責任感はある、
でも、上昇志向が強いってんでもない…っていうスタンスが
似てるんですな。


おうちに帰ってから、ご飯を作成。
この日は、白菜と豚肉のミルフィーユ蒸し、とうもろこし、そぼろご飯、
エリンギのバター醤油炒め、とちょっと手抜き。

なんか、最近ちょっとおうちご飯の質が下がってる気がするー。
新しいチャレンジと、定番メニューの味の安定が望まれます。


日曜日は、オープンしたてのハンバーガー屋に突撃。

そして日々は続く-110605_1217351.jpg
アボガドチーズバーガー。ジューシーでうまーい!

まだペンキのにおいがする位新しいお店だったけど、
ご夫婦らしい二人が人柄がよさそうな感じで、すでにかなり寛げる雰囲気。
リピートしたいな~。


天気も暑過ぎず寒すぎずよかったので、ふらふらと二人で散歩して
腹ごはなしした後、近くのカフェへ。

$そして日々は続く-110605_1443371.jpg
色々表彰されているバリスタらしいんですが、クリーミーな
カフェオレが、たしかにウマい! そしてカワイイ!
店内ものんびり出来るし、値段もそんなに高くないし、良い店だな~。


今日はその後、親と墓参りだった為、ジムに行くあおちゃんと解散。
夕飯まで食べて、自宅に戻ってまいりました。

出勤だし、家族サービスもあって、あんまり一緒に過ごす時間はないハズの
週末だったけど、思いのほかたっぷりのんびり一緒にいれた感じ。
金曜の夜からご飯+カラオケって遊べたからかな~。
いい週末でした。


でも日曜夜は一緒のことが多いから、ちょっと寂しいというか
変な感じがするな。


日々の覚書ですが、よろしければぽちりと☆

にほんブログ村

クローゼット新陳代謝

暑くなってきたので引っ張り出してきた、夏用の黒の七分丈スーツ。

仕舞う前に、クリーニングに出したはずなんだけど、
どーもなんか汚れが目立ってみすぼらしいなあと思って、
もう一度、クリーニングに出そうとしたら、クリーニング屋のおばさまに、
私の気にしてる汚れは、ヤケやスレだから、クリーニングじゃどもならん、と諭される。

じゃあリペアを~と、リペアのお店に持って行ったら、綿商品のリペアは、
すぐまた色落ちするし、オススメできんとやんわり受取拒否。


まーじーかー。


もう少なくとも3回は、ヘビーローテーション(週1ペース)で使う
外回りの夏を越えてるから、確かに十分過ぎるくらい、
減価償却は済んでるんだろーけど…。
わりにスッキリ見せてくれるスーツだっただけに悲しいなー。。。

内勤でスーツを着る回数も減るだろからこれを機に、
いつしかスーツしか似合わないサラリーマンのおっちゃんめいた
自分のクローゼットと、日々のコーディネートを見直す機会かもしらん。

しかし、お気に入りの洋服とお別れするのは切ないものですよ。

帰りにちょっとヤケ気味によーふく屋をみてまわり、
夏らしいボーダーのインナー二枚、お迎えしてしまったのでした。



最近減ってた日常雑記。よろしければぽちりと。

にほんブログ村

恋人ができない子?

この前の記事を読んだまうから「ヨコちゃんの親、すごいねー。びっくりした!」
といわれましたが、なんの!

あの、家を出ようとした時のすったもんだの中では、あんな暴言は序の口(笑。

詳細に書いてたら、3倍位になるから省いたんだよー、
てな話しをしていて、ふと、思い出したことがあったので、
今日はその話。



私は親に、一切、自分の恋愛絡みの話をしたことがありません。

というのも、その昔も昔、保育園時代のこと。
親同士も親しくしていた同じ学級の男の子にT君とゆー子が、おりまして。
ある年のバレンタインデー、親に「仲のいい男の子にチョコをあげるんだよー」と、言われた私は、
多分、なーーーんも考えずに「じゃあ、Tくんにあげるー」とでも
言ったんでしょうな。

園児同士がチョコあげあってるという図の可愛さに、
がっつり食いついた親から、それ以降バレンタインの度に、
T君にあげるよう、せっつかれる羽目に!


最初はさして訳も分かっちゃいなかった私でしたが、
長じるにつれ、その行為の意味もわかり、次第に恥ずかしくて、
嫌になってきました。

そんな娘の心の機微には気付かず、毎年毎年飽きもせず
「今年もT君にあげるんでしょ」と、
チョコを渡してくる親。

「渡したくねー…!!」とも言えず、意味不明の義理チョコを贈りつづける私。

義理堅く、ホワイトデーを返してくれるT君。
彼も大変災難だったことでしょー。

そんな儀式が、実に小学6年生まで続きました。
長い!!

この経験を経て、私には「親に恋愛絡みの話をすると、
大 変面倒なことになる」と
骨の随まで、叩き込まれてしまったんですね。


それ以降は、全面的に黙秘を続け、ビアン云々を差っ引いても、
私に恋人が出来たり、別れたりした話は、うちの親には一切話していません。



とはいえ、だよ。



幾らなんでも、薄々恋人が出来たことがあること位は感づいてるだろう、
(なぜならワタクシ、かなりなにかと分かりやすい人間なので)
と思っていたのですが、それが思いっきり覆されたのが、正にその独立でモメてた時。

反対理由として、セキちゃんがいきなり結婚して、
同居解消になるかもしれないじゃないか! と、言われた時。
私側にもその可能性はあるし、リスクは一緒じゃない? と、
反論した私に、親は高らかに、
「だって、24年間も恋人いないじゃない!」
と言い放ったのでした。



まじかー。



この話し合いのときは、確か私、二人目の彼女さんと別れたばかり。

そしてその直前の3ヶ月弱は、毎週末のように外泊してたし、
携帯代は3万に跳ね上がる位、毎晩、電話してたけどー??

にぶくないか?

てゆか、どんだけ恋人出来る可能性のない娘だと思ってんのかしら?


いやー、99%の状況証拠が目の前にあっても、100%になるまで認知しない。

それがうちの親なんだなーと、思い知らされた出来事だったのでした。



未だに恋人いない歴=年齢と思われてる可能性大です(笑。

にほんブログ村

ビアンバーに行ったりビアンイベントに行ったり

ちょっと前の週末ですが、あおちゃんとあおちゃんの友達、
ヨコとヨコの友達で、二丁目で飲んで、「GrandPanache」に行ってきました。

(と、ゆーのがわりとめずらしーことなので日記にしてみる。
 ちなみに付き合い始めてから二人で二丁目に行ったのは、
 実ははじめてだったりします)


夜、あおちゃんと友達が飲んでいるビアンバーに、
仕事が終わったヨコと、友達と乱入。

L-Wordが流れる静かめな空気の店内で、「はじめましてー」とお互いご挨拶し、
よもやま話をしているうちに、どんなタイプが好みかという、
お定まりの話題に。

前にも書きましたが、ヨコはわりとボーイッシュなタイプがスキ。

あおちゃんは、甘すぎない空気の、でもど真ん中に女性な美人が好き、と、
この辺りは、たしかに基本折り合わないんですが、
(被るのは、ラストフレンズの上野樹里とか、YUIとか?)

何故か突然、私の友達に、私が如何に趣味が悪いかを、
力説し始めるあおちゃん。

あまりに力説しすぎて、友人から、「その(趣味の悪い)人の彼女だよね?」と
確認されておりました。
ゲラゲラ。


そんなこんなとバーでまったりした後、
私と友人は、目的のダンス甲子園、開催の時間に。

だめもとで二人を誘ったら、あおちゃんの友人が「行こうかな」と
行ってくれたので、4人でご入場。

このご友人とあおちゃんは二人で何度かイベントに行っているらしいのですが、
ご友人曰く
「(あおちゃんは)はじっこでただ飲んでるので、何が楽しいのかわからない」
とのこと。

うん、たしかに、特に楽しいと思ってないんだと思うナ。
(ただし別にその場を嫌がってるわけでもない)

イベントでは、バラエティ豊かなダンスを楽しみ、知り合いさんにばったり挨拶し、
ちょっと踊って、健康的に、終電で帰宅したのでした。


イベントは、単体で行くと楽しいときと、大して楽しくないときがあるけれど、
ああいう「オープンにビアンカップルでいていい、ソトの場」に、
二人でいくっていうのは、二人だけで過ごす静かで穏やかな楽しい時間とも
ちょっと違う楽しさがあるなあと思ったのでした。



ランキングに参加してます。ぽちっと押してくださると励みになります☆

にほんブログ村

ルームシェアのススメ 円満ルール編

お金のことについて書き始めた筈が、何故か延々延々と、
若干特殊な住事情について、書き続けている当ブログ。

本当にどこにたどりつきたいのかサッパリ不明ですが、
そのあたりは、そっと目をつぶりつつ、今日は、
超個人的な思い出話も兼ねつつ、予告の「他人と住むってモメないの?」
ってコトに関して。


さて、最初の同居人のセキちゃんとは、大学時代の友人です。
彼女の家に泊めてもらったことも、うちに泊まりに来たことも
一回ではなく、旅行にもよくいくよーな間柄でした。


当時、彼女は東京とは名ばかりの田舎の我らが出身校の近くから、
通勤の為に都心に越してきていたんですが、住宅環境の悪化に鬱々。

いっぽう私はカノジョも出来て、家を出たい気持ちがうなぎ登り(笑。

二人でお金を出し合えば、社会人一年目の給料でも、
かなりマトモなとこに住めるんじゃない?!

利害が一致した私たちは盛り上がり、具体的に物件探しを始めました。

さて、ルームシェアは、物件が見つかりにくいイメージがあったんですが、
これは、思いのほか、難しくはなかったです。

二人入居可、と書いてあれば、一番ですが、

1.定職についている
2.お互い連帯保証人を立てられる


という二点を満たしていれば、当初から「二人入居可」と、
なってる物件でなくても、かなり交渉の余地がある! というのが実感。

皆様も、探される時は、特にそこは限定せずトライしてみて下さい。
ルームシェアへの理解も進んでいる昨今、特に女子同士は、
断然敷居は低いと思います。


と、いうかですね。

苦労したのは部屋探しそのものより、うちの親の説得でした。
とにかく私が家を出ていくのがイヤだった親は、猛烈に反対!

曰く。
他人との同居は難しいぞ、セキちゃんとの仲を損ねたらどうする、
お前の食べ方、話し方は人を不愉快にさせるところがある、
と、そりゃまー散々ですわ!
なんで私、めためたに人格否定されてんの?

うちの親の説得のため、開かれた家族会議は10回以上。
内2回位、セキちゃんにもお付き合い頂きました。
迷惑な親子だなー、オイ!!


そうこうして、なんとか親を説き伏せ、物件も、大変理想的な物件を見つけ、
数ヶ月後、ヨコとセキちゃんは二人暮らしを、始めたわけですが、
親に脅されるまでもなく、ルームシェアで壊滅的に相手とモメる話は、
私も聞いたことはあったので、内心はとっても不安でした。

それは、たった一年で、わざわざ借りた部屋を出て、
独立一年生と暮らすことになったセキちゃんもだったと思います。


そんなわけで私たちは、モメないように入居当初から、
ルールを策定しました。

とにかく、お金と家事負担はモメる原因! と思い、
お金は前述の共同財布からの精算する明朗会計で、
きちんと家計簿をつけることを徹底。

独立当初、生活必需品は、何が安くて高いかがサッパリわからなかった私は、
自分の買い物や暮らし方でセキちゃんに損をさせるのが怖くて、
「その辺りの感覚が培われるまで」と申し出て、生活費を、
少し多めに拠出してました。 これは半年位続けたかな~。

家事は、食事、それに伴う皿洗い、洗濯、自室の掃除は、
基本的に個人で、共用部の掃除は、週替わりでやる、と決めました。
人を呼ぶ時は、事前にお互い断ることと、帰宅しない時は一報いれる、
ってのもあったな。

そうやって、「後戻りは出来ない!」的な、
かなりの緊張感を持って始めたルームシェアでしたが、
案ずるより産むが易しとはこのことで、拍子抜けする位
も の す ご く スムーズで快適でした!



取り決めたルールは、基本はそのまま運用されたけど、
食事に関しては、一緒に取ることも多かったです。

朝食はたいてい一緒で、お弁当も作ってたし、
夕食もタイミングが合えば、どちらかが作ったり、一緒に作ったり。
で、作ってもらった方が皿洗い、お茶を飲みながらお喋り、と、
もう絵に描いたようなうつくしいルームシェア生活(笑。


そこで発見したのは、一緒に住んでる人がいる方が、
規律を持って生活ができる自分
でした。


同居人がいるから、ご飯もちゃんと作って食べようって思えるし、
同居人がいるから、あんまり部屋は汚いままにしたくないし、
同居人がいるから、共有部も綺麗にしとかなきゃって思う。


寒い日にはあったかいお茶をいれて、土用の丑の日にはひつまぶし。
春は花見をして、秋は焼き芋と、季節も楽しんでました。

これが一人暮らしだったら、基本がだらしない私は
ただただ無軌道な生活習慣を、身につけていたような気がするなー。

そしてなにより、帰ると人がいる、とか、人が帰ってくる生活って
安心するんだよね。
私は、性根がさびしがりやなんだと思います。


独立暮らしの自由さと、人がいる安心感。
それを兼ね備えているのが、私にとってのルームシェアです。

これはもう、最初に書いた金銭面とは別次元の大きな大きなメリット!

結局、セキちゃんとは、彼女の結婚によって同居解散に至る四年間で、
喧嘩は、ただの一度もしませんでした。



相手に恵まれているっていうのは大きいです。

にほんブログ村

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム