独立生活志向

ここ二三日のエントリでは、続けざまに、ルームシェアの
金銭的メリットについて、力説してまいりましたが、
金銭面でいえば、実家最強です。

私なんて実家居候時代、4万しかいれてなかったからね。
小遣いか。


今日は、じゃ、そもそもお金に重きを置きながら、
なんで実家を出たの? というお話。

私が、圧倒的にお金の面では楽ちんな実家暮らしを捨てても
手に入れたかったもの。


それは、月並みですが、圧倒的な「自由」

そして意外かもしれません、「安心感」です。


結局、金を出しているというのは、とっても強いもので、
親が買って、水道光熱費を払って、維持している家に、
私が住まわせてもらっている以上、
親には私に干渉し、行動を制限する権利があります。

学生時代は箱入りもいいところで、門限、外泊禁止があった(!)
ワタクシですが、社会人になってからは、流石に、
いつ帰ってこようが、外泊しようが、連絡さえすれば、自由でした。

ただ、厳しく制限されていた過去もあるので、
そもそも「いつ帰る」とか、「今日は泊まる」などを、
親に連絡しなきゃいけないこと自体が、正直キツくてね。
正直には、いえないことも多かったしね~。

まあ流石に、自分も大人になったこともあって、この辺りは、
親からの拘束というより、一緒に住む人への配慮義務だろうと思って、
おとなしく連絡はいれておりました。

が、もともと色々禁止されていたので、何を言わずとも、
親が何を快く思わないのかはわかってるんですよねー(苦笑。


そういうことを気にせずに、好きに出歩けるようになったことは、
本当に本当に私にとって嬉しいというか、ありがたいことでした。


それと、このエントリにも深ーく関わる、私が独立したことで手に入れたもの。

それは、「自分の生活は、自分の稼ぎで支えられる」という
実感を得られたこと。


実家にいたとき、私はずっとなんとなく不安でした。

 私が稼いだお金は、私を食わせていけるのか?
 生活していくに必要なお金とは、一体どれ位かかるものなのか?



このテーマのエントリの最初の記事で、「安心」は「自分の出入りを
コントロール出来ている」という感覚によって培われた
、と書きました。


親の庇護下。

それはとても安全で恵まれた場所でした。

でも自分のコントロール権を、誰かの手に
ゆだねざるを得ない場所でした。



自分の力だけで(まがりなりにも)身を立てられる、という
実感を手に入れたときに、私は、大きな安心感を手に入れたのでした。


この、独立採算が成立したとき、強烈な安心感が手に入ったのは、
私がレズビアンであることと、無縁ではないと思います。

私に、私ひとりを食わせていくだけの経済力がなければ、
私は私の一緒に歩きたい人と歩いていこうとすることを、
私を食わせてくれる誰かに、「許して」もらわなければいけない。

そんなんまっぴらゴメンだ。

独立したとき、私のレズビアンアイデンティティは、
まだ確立していませんでしたが、心の底のどこかで、
強く強くそう感じていたんだと思います。



わー、独立のメリットまでしか、語り終えんかった(苦笑。
予告したルームシェアの金銭面以外のメリットは、また次回でー!(詐欺か)

にほんブログ村
スポンサーサイト

彼女の誉め言葉

昨夜、あおちゃんと寝しなに喋っていたら、初めて会った時の印象の話が出ました。

「面白くて話しやすい人だなあと思ったよ」と、あおちゃん。

「そっかー。付き合い始めたらあんまり面白くなくてごめんね」

ネタがあると、途端にマシンガントークをくりだす私ですが、
普段、二人きりの時は、案外しゃべりません。

「いや、面白いよ??

「え、ほんとにーラブ?」 (ちょっと嬉しい)





「うん、 変な動物みたいで





…………。


愕然としている私に、「え、いや、ほら、なんか動きとかばたばたしてて面白いなーと」
と言葉をつぐ彼女。


追い討ちかよ!



・°・(ノД`)・°・


ちなみに、特に毒を吐いている気もなく、こういうことをサラリというのが、
うちの彼女さんです。

にほんブログ村

ルームシェアのススメ 公共料金編

本日、美容院にて、さっぱり散髪、カラーリング。
二年くらいずっとショートだったんですが、最近はボブが続いております。
このあたりを、ぜーんぶプロデュースして下さっている美容師さんに
「ヨコちゃんは、外見は女の子っぽくしてる方がバランスがいいよね~」
といわれました。


えーと、どことバランスとりました……?


さらに、その話をあおちゃんに訴えたら、

「あー、たしかに、内面が、そのまま外見に出てたら、

 なんかキタナいっぽいもんね



………………。



……もうちょっと……。

もうちょっとでいいから。

言葉をオブラートに包んでくださらないものか。



・°・(ノД`)・°・



さて、そんな切ない本日ですが、気を取り直して続きを語ります。

前回はルームシェアの金銭メリットの中で、
家賃の部分について語りましたが、本日は公共料金編でございます。

いわゆる、水道光熱費の部分ですが、このあたりって実は、
1人だろうが、2人だろうが、ほとんど変わらないってご存知でした?


ちなみに我々の月々の電気代は、3千円をたいてい切ります。
ガス代は冬こそは5千円近くいきますが、夏は下手すると
2千円を切るので、平均3千円ってとこでしょうか。
水道代は、2ヶ月で4千円いきません。
これにインターネット代(電話代込み)6千円位で、
(プラン変更により今後4千円程度まで下がる予定)
NHK受信料1245円(年一括払い)。

以上、いわゆるインフラ系のお金は、月に二人で1万2~5千円也。

ね?
コレ、一人暮らしされた方はよくわかると思いますが、
一人暮らしの平均値と、ほっとんど変わりません。

てか、電気代なんて、むしろ安いっていわれますね(笑。
↑これは二人の家での滞在時間の短さと、さらには空調を
 あまり使わない習慣と、日当たりよさの賜物



このあたりの費用精算ですが、我々は月々1万程、共有財布に拠出し、
そこから支払う形にして、スッキリ割り勘しております。

日々の食材、洗剤等の日用品もこの共有財布から購入してますが、
大体、月々拠出額のみで収まってます。

一人暮らしになったら、多分、生活ベースの金額は、
倍に跳ね上がることでしょう。

これらを合計すると、ルームシェアをしていることの金銭メリットは、
なんと月々で約3万円!

で、かーい。

てか、私もいま試算してびっくり(笑。



ただ、ですね。
これまで滔々と語ってきた金銭メリットですが、
金銭面だけでいえば、実は私もまうも、実家が通勤圏内にある身。
実家が一番安上がりに決まってます。


けれど、私は心底、実家を出といて、よかったー!!
と思ってます。


それは何故か? ということで、次回はちょっとお金の話とずれますが、
ルームシェアの金銭面以外のメリットについて。


ルームシェアしてるってゆーと、
お金についてよりも、実はすんごいよく聞かれる、
「他人と住んでて、モメない?」ってとこに迫りたいと思います。



参考になりましたら(なるのか?)、ぽちっとご協力~。

にほんブログ村

ルームシェアのススメ 家賃編

今日は例年より10日以上早い梅雨入りだそうですね。
気持ちのいい季節が終わるのは早いなー。切ないなー。


さて、早速、貯蓄の話に入ろ~、と思ったんですが、その前に、
私のフトコロ事情の大前提であり、若干特殊要件であるところの、
住宅事情については、触れておかねばなりますまい。


前からちらちら書いてますが、ワタクシ、わりと長らく、
ルームシェアをしております。

その期間、社会人2年目に実家を出てから、はや6年。

4年弱は、大学時代の同級生のセキちゃんと、
ここ2年強は、会社の同期のまうと、
のんびりと、楽しく愉快に暮らしております。


ルームシェアしてる、というと、その実態について、
色々ご質問いただくことも多く、ご興味を持って頂けるようなので、
今日は改めて、ルームシェアの実態と、その魅力について、
大変個人的な独断と偏見に基づき、語りたいと思います。


まず、結論から申し上げますと、ルームシェア、最高!!
私、一人暮らしが出来る気がしまセン(笑。



ルームシェアの最大の利点、それはこのエントリのテーマでもある、
お か ね。

これはもー本当に有利です!!


私たちが住む物件は、ド都心の職場から、ドアツードアで
30分程度のとこにある、便利で、イメージもいい住宅街なんですが、
(しかしながら、近くの商店街の物価は激安)
この辺りで単身の物件を借りようと思うと、スペックにもよりますが、
あと1.5万円の上乗せは、覚悟せねばなりますまい。

ましてや、駅徒歩10分圏内、マンション、日当たり良好、
ベランダつき、バストイレ別、2口ガスコンロ、と、
条件を加えていくと、2万は乗せないとキツいよね!

逆にいえば、同じよーな条件を物件に求めても、二人なら、
一人2万位は予算を下げても探せるってことで、これは大きい。


ちなみにうちの間取りは、完全振分けタイプの2DK。
※完全振分けタイプ…各個人の部屋にお互いの部屋を通らず入れる間取り。


収納付きの6畳が2部屋と、9畳弱のダイニングキッチン、
ベランダは共用で広くて、日当たりは超良好。
当然、バストイレは別で、独立洗面台もついてます。
2口ガスコンロのキッチンはシンクも広くて使いやすい!
唯一の難は、一階ってことですが、ベランダが死角的な方向を
向いてるお陰であまり気になりません。

マンションなので、構造は(多分)しっかりしていますが、
防音性はまあまあかなー(笑。

上の子供がすげー勢いで走り回るのや、隣の赤ちゃんが、
泣き叫ぶ声は、かなりよく聞こえます。
でも、たとえばかけている音楽とか会話まで聞こえてくるではなし、
まあよかろうと。


と、ただの不動産屋の物件のおすすめのよーになりましたが、
こーゆーお部屋を比較的低予算で借りられるのは、
ルームシェアの大きなメリットと言えましょう。


そして、ルームシェアの金銭的メリットは、これだけじゃありません。
二人暮らしだと、公共料金も大変オトクなんです。

というあたりで、またえーらい長くなってきたので、
次回に続きます。



ランキング参加しています。ぽちっと頂けると励みになります♪

にほんブログ村

お金を通してちょっと先のことを考えてみる

家計簿をつけよーと、昨日ネットバンキングを開いたら、
いきなり、手取りが1万減っていました。

ななななんじゃー!! と動揺して騒いでいたら、
同居人が、冷静に、

「持ち株口数、増やしたっていってなかった?」




………そうでした。

基本は、相当おっちょこちょいなヨコです。
こんばんは。

しかし、そうでした。そうだったんでした。
どうせ貯金しても利子なんてろくにつくわけでもなし、
うちの会社の今の配当金だと、貯金より
はるかに率がいいから、持ち株会の口数(給与天引き)増やしたんでした。
うむうむ。
しかし、ちゃんと投資したるから、いい加減購入平均株価が、
市場株価を下回ってくれないものかのう…。
(上回っとんかい)


さて、生涯独身が確定していると、なにかと先々のことは
気になるものです。

大学時代は「財布に穴が開いている」と評されたワタクシでしたが
(実家暮らしの大学生が月に10万以上稼いでたのに、
 一体何に使っているのか、サッパリわかんないまま卒業時は貯金0っていう…)

そろそろ家を出たいなあと思った、社会人一年目から、
少しずつ、お金の出入りを管理する、ということを覚え、
だんだんと「貯められる」体質にはなってきました。


「貯められる」ということは、安心感を作ってくれます。
それは、実際に「手元に自由になるお金がある」ということ以上に、
「(支出を)コントロールできている」という部分に拠るところが大きい。

だって、今より所得が下がっても、何を削ると効果があるか、
効果はあるけど苦しくなるか、苦しくないか、など等を、
把握出来てるってことだもんね。

それから、額の多寡でなく「増えている」ってのは、安心の源です。


と、そんな感じで、日々の生活、支出のコントロールは、
まあまあ黒字で生きていけてるようになったのはいいのですが、
それでも、気になるのは、この先です。

ただ、漫然と貯めていても、残念ながら、安心感ってうまれない。



家は? 仕事は? 保険は? 二人で暮らすとしたら?


親の介護をしなければいけなくなったら? 病気になったら?



そんな漠然とした不安も感じつつ、今、私は、何をやっていて、
その三倍くらい、なにかしなきゃと思いつつも、
なんにもやっちゃいないかを、
整理と反省のために、書き出しつつ、機会あらば色々な人に知恵をお借りして、
ちょっとずつ将来像を固めていけたらいいなーなんてことを思っていたり。


ん? 「L-life planning」さんのパクリじゃないヨー。
あんな超ためになることは一切書けないからネー。
(ひ ら き な お り か)


てはじめに「月、幾ら貯めますか?」ってとこからかなー、
と思いつつ、次回に続きます。



そんなテーマに、興味ある人、手を挙げてー。

にほんブログ村

名を名乗れ

突然だけれども、この「ヨコ」という名前は、れっきとした偽名だ。

このブログを始めるときに、初めて、うまれた「私」を指す「名前」。

だから、私が最初に「ヨコ」です、と、誰にも知られず名乗った瞬間は、
この「ヨコ」は、「A」でも「あ」でも「名無しさん」でも
色々な人にとって、あまり変わらなかった。


けれど、私はここで「ヨコ」として、発言を重ね、人と交流し、
そして、その発信元としての「確からしさ」を確保してきた。

その「確からしさ」を前提として、この文章を読む人が生まれると、
「ヨコ」は、「匿名の誰でもない名無しさん」ではなく、
実体を持ち始める。 アイデンティティがうまれていく。
それが、いわゆる戸籍上の名とは違う「偽名」であっても。

「ヨコ」は、仕事の上での「私」や、友達の中での「私」とは、
かたちは違うけれども、もう、ある一つのれっきとした「私」で、
人と交流して、喜んで笑うこともできるし、傷ついて泣くこともできる。

ネットの上で、名前を名乗ること。確からしさを持つこと。
ある固有の名前を名乗って発言し、行動する、というのは、
そういうことなんだと思う。



さて、ひるがえって。


ブログに、コメント、という機能がある。

多くのブロガーさんにとっては、自分の発信に対する
レスポンスが確認できる、とても貴重な場所だろう。

だって、例えばこんなブログでも、どうやら、日に
100人以上の人が訪れてくれているらしいんだけど(本当に?!)
その人たちが何を考えて読んでくれたのか、普通は、そりゃもー
サッパリわからない(笑。

多少は面白かったんだか、つまらなかったんだか、
また読みたいと思ったのか、ふと訪れたけれど、
2秒後には、その存在を忘れたのか。。。


コメントがつくと、すこしだけ、それらが推し量れる。
でも、コメントって、ただ読むのより相当にパワーがいる。
だから書いてもらえるのは、たいていは、本当に本当に嬉しい。
それは、嬉しさの程度の差はあれ、共感してくれるブロガーさんが。
多いと思う。


けれど。
そこに、時々悪意の滴る、殴り書きのような
高圧的なコメントがついているのを、みかける。
人のところであってもみかけると、心が、つーっと冷たくなる。

自分の発言の責任を取る気などない、発言に対する、
反論も受け止める気などない、ただただ傷つけたり、
自分の気持ちを晴らすだけが、目的のような言葉。

自分も傷つく可能性のある「戦争」をしかけるのではない、
自分は安全なところに隠れて、凶器を発動させる、
「テロ」のようなやりかた。


そして、そういう言葉の発言者の欄は、ほとんどの場合、
匿名だったり、「あ」とかだったり、まともな名前は、
名乗られないのだ。


そう、悪意の言葉の多くは「名無しのごんべ」から発信される。



本当にフシギなものだなあ、と、思う。

そこで、もうちょっと人名らしい名前を名乗っても、
それが一回限りのものであれば、個人を特定する「名」としての
意味は、まるで果たさないのに。


それでも人は、少しでもアイデンティティを獲得する
余地がある名前では、そういう責任を全く取りたくないような発信は
しづらいものなんだな。


けれど、自身のあらゆる固有性と結びつけたくないような発信をする
リスクは、結局自分に返ってくると思う。

その発言が、自分のものであることを、誰に知られずとも、
本人はよくよく、知ってしまっているのだから。



にほんブログ村

カーヴィーダンスにチャレンジ! …肥えたその後

前回「肥えた!!」と書いてから、あおちゃんが私の腹肉を掴む回数が、激増。
無表情のまま隙あらば、ぶにーっと掴んできやがります。
私が憮然とすると、にやーっと笑います。
いじめっこ気質め…!

うん、まあね。
そんなことないよ~、大丈夫だよ~、などと、あまったるいことを
さっぱり言わないのが、あおちゃんクオリティですけどね!
(でも積極的にハーゲンダッツ買ってきて、おうちご飯のあと
 「食べないの~?」って誘惑するの。おかしくないか…?!)


さて、そんなプレッシャーも隣からかけてもらう中、
 階段で7階のオフィスまであがってみたり、
  機会があったら一駅歩いてみたり、
   自販機で買う飲み物は、サイダーから麦茶にしたり。
 出先での飲み物も、カフェオレからブラックにしたり、
  ランチでは肉定食をやめて、魚定食を選んだり、
   ポテチやチョコが食べたくなったらミンティアを口にしたり。
 疲れた夜に外食したくなっても、家に帰って自炊したり、
  アイスの買い置きをやめたり、
   ランチにつけてたデザートの追加注文をこらえたり。

などなど。
日々、少しずつ心がけること10日弱、
ほんのりと、体型がGW前に戻ってきました。


しかしながら、重さそのものは、増量中のままあまり変わらず!
(つまりGW前から、着実に肥えてたんだな…)

あおちゃんからも、「まだ厚みは増えたっぱなしだよー」と、
腹肉掴まれながら、涼しい顔で言われておる状況。
(まずその手を離してもらえないか…)


やっぱり食事に気をつけるだけでなく、運動もしないとね、
ということで、こんなものを購入してみました!

樫木式カーヴィーダンスで即やせる!

¥1,000
Amazon.co.jp


DVDがメインで、画像を見ながら10分刻みで運動できるんですが、
いや、このインストラクターの樫木先生のボディが、半端なくうつくしい!

痩せすぎてなく、やわらかそうで、なめらかで、出るトコ出て、
くびれるトコがくっきりくびれてる、うつくし~ラインにマジで釘付け!

これで47歳ってなんじゃいな! マジで奇跡か!!


解説される動きは、簡単そうに見えて、かなり難しいんですが、
(下手すると腰を痛めそう…)
先生が、「こっち見えてるの?」位のタイミングで、
声をかけてくれるので、ちょっと頑張れてしまいます(単純)。

えっちらおっちら、あおちゃんや、まうをつきあわせながら、
ぶかっこうに踊ること20分位で、いい感じの汗が吹き出してきます。
平日にする運動として、あまり無理がなくてよい感じ~。


まあ、レズ的には、いかにも女子向け~な、カーヴィーダンスより、
ビリーズブートキャンプの方が、抵抗がなくチャレンジできる人が、
多い気がしないでもないですが(笑)、気軽に体を動かせて、
樫木センセーは美人なので、オススメです♪


あとは、成果が出たよ、と報告できれば完璧ですな!
引き続き、腹肉つかまれなくなるまで頑張ります!

にほんブログ村

カワイイ?

4ヶ月ぶり位にお邪魔する客先にて。


この担当さん、中身はハードネゴシエーションなきっついおひとなんですが、
外側はちっさくてふんわか優しい笑顔が標準装備のギャップが素敵です。


担当さん「ほんと久々ですよねー。
 ヨコさん、髪型、かわいくなられましたよね!」


ヨコ「わ、ありがとうございますー! ちょっとのびっぱなしなんですけど…」


担当「いえいえ!
 なんていうかー……
 営業マン! って感じで!」





たぶん使ってる辞書が違うんだと思います。

にほんブログ村

祝!みそじ突入誕生日企画 ~ディナー編~

昨日の記事にて、「先が読めてない」とコメントにて、
つっこんで頂いたヨコです、こんばんは。


うん、先を読むって超苦手!(胸を張るな!)


というわけで、ついでに懺悔するのですが…。


※今日はいつにもましてめっちゃ長いよ!
 最後は、美味しいもの記録です。


時は4月、あおちゃんと和創作太に行き、ほくほく食べていた時のことです。

ここのご飯が、あんまりにも旨くて幸せで、にこにこなあおちゃんも
可愛くて、あ、いいこと思いついた! とばかりに勢い込んで、
「東海から帰ってきた日さ! ココ来ようよ!!」
と提案したワタクシ。

そんなどや顔のヨコに、一瞬の沈黙ののち、

「…もう、一応お店は予約してるよ」

と、あおちゃんは穏やかにこたえたのでした。




だ  か  ら

どーして私はそーやって恋人の思いやりを無n…&/+*%$!!??
(言葉にならない)


本当に申し訳ありませんでした(深々)



さて、そんな一方的に台無しな感じの一幕が一ヶ月前にあっての、
この日のディナー。
どこに連れていってもらえるのか、ウッキウキしながら、
二人向かった先は、恵比寿。


この前、すっごく美味しかったから」


ということで、厳選野菜を気軽に食べさせる贅沢フレンチ
ビストロ間」に連れてきて頂きました!!

うわ、超嬉しい!!!


「太でもいいかなあと思ったんだけど、この前、
 Pさんに連れて来てもらった時、ここがいいなあと思ってさ。
 誕生日っぽいお洒落なとこってあんまり知らないから」
と、あおちゃん。

てか、そんな前から店考えてくれてたの?! って、
そのことにまずびっくりなんですが…!


こじんまりと落ち着く、素敵な店内の、一番奥に通してもらい、
コース開始です。


そして日々は続く-メニュー
メニュー。
読むだけでよだれが…。コース中幾度となく見直す。
メニュー見るのってほんと好き!


そして日々は続く-アミューズ
アミューズ。

あめがけの苺でフォアグラをはさんだもの。
チーズソースが苺の甘さと爽やかさ、フォアグラのこってりをまとめてます!
甘いのにおかず的な旨味。不思議!


そして日々は続く-野菜パフェ
前菜1 彩り野菜のパフェスタイル。

このパフェ、凄いの!
いや、ほんと凄いんですよ!
まず、トマトと大葉のシャーベットに、パプリカのアイス。
マイクロトマトとトマティーヌ(ほおずきとトマトの掛け合わせ)が
飾られてます。
二層目には、新玉葱のムースにホタルイカ。
そして最後にラタトゥイユ。

これら一つ一つもめちゃ美味しいんですが(特に大葉のシャーベットとか、
大葉が鮮やかないい香りでびっくり!)、全部をざくーって掬って、
一口で食べると味が合わさって、相乗効果的にまたすっごいうまい!
こんな風に組み合わせられるのって想像を絶するよ~。


そして日々は続く-オペラと花束
前菜2 旬の野菜を層にした穴子のオペラ プティブーケ添え

見た目がまたほんとーに綺麗でため息。

この花束(花が全部食べれる花なのだ!)をまとめてる部分が、
かりかりさくさくに焼いたパン生地なんだけど、
噛むとたっぷり練り込まれたバターがふんわりいい香り。
ベーコンと、チーズソースと野菜と一緒に食べると、
もう美味しくないわけがないってな、鉄板の美味しさ!

オペラも、穴子とジャガ芋と挟まれた野菜のあっさり味が、
キャラメルソースがまた合うんだ~。じわじわ染みてくる~(>_<)。


そして日々は続く-メイン
メイン 真鯛のパイ包み 雲丹とサヴァランソース アスパラ

アスパラが柔らかくてあまーい!パイ生地の中には、真鯛と一緒に、
キノコソースも包み込まれてるのです。
雲丹ソースが濃厚でいかんよ。

そして日々は続く-タジン鍋
つけあわせ タジン鍋の春野菜蒸し

つけあわせの野菜は、塩とバターでゆっくりタジン鍋で蒸されてきます。
じっくり味が引き出された春野菜が、甘くてジューシー!
つけあわせとして豪華過ぎない?!


そして日々は続く-くずし
くずし 長州赤鶏と新牛蒡の炊き込み。

フレンチのコースには普通はない〆の「ご飯」があることから、
これを「くずし」といっているらしいです。
牛蒡が香ばしくて、鶏肉が噛むほどに旨味! 
胡椒がいいアクセントで、幸せ過ぎる炊き込みご飯!

ケーキ食べちゃったし、食べ切れるかな~と不安だったのに
あっという間にペロリでした。
い、胃が拡張しておる…。


そして日々は続く-花とケーキ
デザート マスカルポーネムースとオレンジのグラニテ バニラアイス

ここで、なんと名前とHAPPY BIRTHDAYの文字が、
描かれたデザートプレートと花束が!!
今日が誕生日祝いなことを、あおちゃんが事前に伝えておいてくれた
おかげでの、素敵なサービスに、またしても心の底がじわーっと
あったまるよーな気持ちに。
私、幸せモノだなー。

オレンジのシャーベットもムースもべっくら旨かった!


そして、このお店は、味も見た目もさることながら、
サーヴしてくれる方の説明がほんとプロで感動します!
ただの料理の説明じゃなくて、目の前の料理への期待を、
更に高めてくれる、本当に素敵な解説なんですよ~。

ソースはこれだけでも美味しいですが、是非二種類
つけてみて下さい、とか言われたら、ワクワクしてきません?
お仕事って、商品だけじゃなくて人が大事だなあって
ほんとに思います。


あおちゃんの思いやりと、幸せ味の料理と、
すばらしい接客に、もーすっかりココロもおなかも満腹!!

ケーキ、先に食べておいてよかったね~、なんて
笑いながら、二人でおうちに帰ったのでした。



今回、一から十まであおちゃんがプロデュースしてくれた誕生日は、
プレゼントもケーキもディナーも何もかも、嬉しかったのですが、
とりわけ、
「こんなにも色々前から考えて企画してくれたんだなあ」
ということがひしひしと伝わってきて、それが本当にいっちばん、
嬉しかったです!

ほんとに、大事にしてもらってるよなー。
せめて同じか、出来ればそれ以上に、しあわせにしたいなー。
そう思った30なりたての夜でした。



そしてこれは直球で真正面からのろけてみる企画です。

にほんブログ村

祝!みそじ突入誕生日企画 ~ケーキ編~

今日は、ほんとーに夏日みたいでしたね!
昨夜はあおちゃんのうちに泊めてもらったんですが、
おいてあったスーツとインナーがうっかり完全なる冬物。

周り中が半袖インナーに七部丈のジャケットをあわせている中、
完全に季節を間違えた格好で一日を過ごしたヨコでした。アイヤー。


さてさて。
GWの記憶もだんだん遠ざかりつつあるので、
忘れないうちに、楽しかった誕生日の話を。



※いつにもまして単なるノロケですよ!



さて、東海旅行から帰ってきた、誕生日のその日。
旅の荷物を抱えたまま、あおちゃんのうちへ。

パソコンを借りて、まったり旅の出費記録などをつけていたところ、
あおちゃんが、「買い物行ってくるよ~」と腰を上げました。

え、私も行くよ~、と言うも、いいよいいよ、とやけに断られ、
置いていかれそうに。
なんだよー、いつもは一緒に行くじゃんかーと、かなり強引に
一緒に部屋を出ました。

てっきり日々の食料の買出しかと思いきや、いつものスーパーとは
違う方向へ歩いていくあおちゃん。


あれれ?


え、え、いったい何買うの? ときいても、牛乳? とか
AneCan?(帰りの電車の中の吊り公告でみて、確かに話題には出ていた)とか、
あいまいな返事で、すたすた歩いていってしまわれて、全く要を得ません。

牛乳はスーパーで買えるし、Anecanはコンビニででも買えるから、
後でお食事で外出るんだし、その後に、寄って買ったらいいんじゃないの~?

疑問に感じつつも着いていくと、商店街の小さな本屋へ入っていきます。
あ、本屋に来たかったのか! と思ったのもつかの間、
どう考えても、今ふと見かけたので、適当に衝動買いしました的な
雑誌を一冊だけお買い上げて、店を出ちゃうじゃないですか。



ほんとに一体何しに来たの??



ますますハテナマークで頭を埋め尽くしながら、
着いていく私。心なしか、うっとうしげなあおちゃん。

ちょっと黙りがちになりながら、二人肩を並べて商店街を出、
マンションに帰る道すがら、ある角にさしかった時、
一つため息をついて、あおちゃんが「そこで、待てっ」と、
私に手の平を突き出しました。

訳もわからず、止まる私。

牽制するように、私の顔をじいーっと見ながら、
角の向こうに歩いていってしまうあおちゃん。



………?


………………??


………・・・・ ・ ・ あーーーー!!!




その角を曲がった先。

その先には、スイーツフリークあおちゃんイチオシ、
私も当然大好きな、美味しい美味しいパティスリーがあるのです。

そう、あおちゃんは、私の誕生日ケーキ(しかも多分、わざわざ
予約した)を買ってくれようとしてたのです!!


そのサプライズ心に、さっぱり気付かず、
フラグをへし折る私。

何しに来たの? は、オマエだっつーのー!!



身を縮めながら、留め置かれた角の辺りをクマのように
うろうろと徘徊しながら(不審者)、店を出てくるのを待ちます。

箱をぶら下げて出てきたあおちゃんに、「ごごごごごめんね?」と
びくびく謝ると、「いいよ、もう」と苦笑気味。
あああもう、私のばかー!



家につくと、「食事前だけどいいよね」といって、
早速、ケーキの箱がオープン!!


そして日々は続く-ケーキ
うーーまーーーそーーー!!


なんとホールケーキ! しかもネームプレート入り!!
こんなんしてもらったの、多分子供のとき以来だよー!
しかもアメ細工から、薄ピンクのクリームから何から、
超おいしそう!


更に更に、こんな飾り付けまで。

そして日々は続く-ろうそく
30、めっちゃ強調(笑。


「30歳だからやるんだよー」とか「本当は30本ローソク立てようかと、
思ったんだけど、食べられなくなったら勿体ないしねー」と、楽しそうに、
笑いながら、飾りつけてくれました。


なんだよもー、この準備しきった感じ!!
感動するじゃんかー!!



そして日々は続く-点火
点火。
ばっちり一息で吹き消しましたよ。


そして日々は続く-ケーキ2
中の苺が、ジャム状で濃厚でマジうまい!!

ぺろりと、四分の一ずつ平らげてしまったのでした。

これから美味しいディナー(この時点で、お店は秘密でした)
が待ってるのに…(笑!!


というわけで、ディナー編に続きます。



わー、あおちゃん気の毒ー! と思われた方は、こちら!

にほんブログ村

芸能人、誰に似てる?

芸能人の誰に似てると言われたことがある、というのは
わりと酒の席などで盛り上がる話題ですよね。

この前、延々ネタにした募集掲示板などでも、出来るだけ、
イメージしてもらう為に(そしてしばしば逆効果になったりな)
使われるネタだと思います。


さて、私は、顔が安定しないのかなんなのか、全然一定せず、
二回、別の機会に「似てる」と言われた人がほとんどいませんでした。

こころみに、言われた人をあげてみると、井森美幸、木村佳乃、
黒木メイサなどなど。あ、八千草薫なんてのもあったな。


言い出す方は「似てる似てる~!」と盛り上がって下さるんですが、
他の人の賛同は、ほとんど得られない。


てことは、つまり似てねんだべ?


そんな「似てる芸能人」がいないヨコだったのですが、
このたび、四回程「あはは、似てるかもー」で複数賛同が
得られる芸能人が現れました!


それがこの方です!


じゃじゃん。







そして日々は続く-唐澤
唐沢寿明






お い




えー、念のため申し上げるのですが、ワタクシ、
一応業界的にはフェムで売っております。

説得力ねー…。


と、この話をあおちゃんにしたところ、「あはは、分かるー」と大ウケ!
え、わかるの!?と、衝撃を受ける私を尻目に、
いまだから言うんだけどさー、と笑顔で続けるあおちゃん。



「最初会った時、岩隈に似てるなーって思った」


そして日々は続く-岩隈
岩隈久志。楽天のエース。


トドメか…!

でもなんか悔しいけどちょっと納得…(涙)!




えーと、繰り返しますが、ワタクシ一応、業界的には、
フェムで売っておりますの、よ…(空しい)。



おかげさまで今後、似てる芸能人ネタでは、不自由しなそうです。



ちなみにあおちゃんは、高橋由伸って言われたことがあるらしい。
ぷぷ。

そして日々は続く-高橋

ごついカップルだこと!


黒木メイサからかけ離れすぎたココロの応援にぜひクリック!

にほんブログ村

ビバ! タカラヅカ!

「おう、お前ら、宝塚、興味あるか?」
と、社長が声をかけてくれたのが、約一ヶ月前のこと。

見に行けるなら見てみたいですー、と、呑気に答えてたら、
うっかりメンバー集めと、とりまとめ役を仰せつかることに。

え、ちょっとめんどくせーな…、と心中思いつつ、
メンツをかきあつめ、日時を通知、チケットを配布と
こまごま働き、本日。
仕事を種々ぶっちぎって、ほぼ定時に会社を飛び出し、
総勢10名での観劇です。


演目は、月組「バラの国の王子」。別名「美女と野獣」。ショーは「ONE」
そして日々は続く-110518_0014341.jpg


今回は、さる劇団員の方の、私設ファンクラブを通してのチケット手配だった為、
その人が出るシーンなどが解説されたチラシや、顔のシルエットが印字された
華々しいクリアファイルに、ばっちりポーズを決めた写真が入ったお茶会の誘いや、
入り待ち出待ちへのお誘いなどが折り込まれた
「観劇セット」なども送られてきたり。


おー、噂には聞いてたけど※1、すげー徹底ぶりだよ、私設ファンクラブ!
※1 噂 「おっかけ」@竹内佐千子

ヨコはオタク育ちなので、なんとなくこの辺りは親和性があるというか、
宝塚は全然門外漢なのですが、なるほどねーってな感じ。
ただ、なかなか刺激が強かった方もいた模様。

ありていに言うと、一部、ドン引き

行くとは言ったものの…、と、腰が引けてます。
まってー、キャンセル困るのー!

一方では、「月組ですか!王道ですね!」なんてノリノリなお嬢さんも。

あ、王道なんだ(笑。


そんな少々温度差のあるメンツでしたが、実際舞台が始まってみれば、
大変わかりやすく展開の早いストーリー運びに、
タカラジェンヌの一糸乱れぬ美麗な身のこなしと、朗々とした美声、
大掛かりで、縦横無尽な仕掛けに演出、と、流石に安定感あるエンタメに、
あっという間に引き込まれたようで、全員とてもたのしんでました。
ニワカ幹事ながらほっと一安心。


私もオトナになってからの宝塚観劇は初めてだったので、
伝統ある大階段を、巨大な羽飾りを背負っておりる
トップスターというベタなシーンもばっちり見れて大満足(笑。


しかし本当にあの観劇には細かなルールがあるのよね、きっと。
大変奥が深そうです。
まずは、拍手のしどころが全然わからず、思いがけない瞬間に
沸き起こる拍手に、しきたりの厚みを実感したのでした(笑。

うん、楽しかった!!

やっぱり一度ベルバラ見てみたいなー。


そして帰り道、「やっぱりあの中にカップルいるのかなー、男役の人と
女役の人とか…」という話が飛び交うのでした。
ふふ、男役と男役かもしれんぜ……と、一人ニヤリとするレズ一匹。


なんかやっぱりガールズカップルの話はニヤニヤしちゃうよね。
(ってそんなオチか)

にほんブログ村

GW東海旅行-その5

東海旅行最終日は、出来たばかりの名古屋市科学館へ。
日本最大のプラネタリウムが有名ですね。

オープンしてからこっち、連日すごい行列だそうで、
GW休日中に至っては、開館の1時間半前から並んだ人でも、
入れたのは11時とかいう情報も。。。
うーん、TDLの人気アトラクションばりですね。

とはいえ、6日は平日。
そこまでひどくはなかんべーと、開館1時間前の8時半頃、
入口まできてみたんですが、その時点で、もう100メートルくらい並んでるし!
プラネタリウムの威力おそるべし!!

昼頃の新幹線を押さえてたので、2回目までの回が見れなければ、
ちょっと困る感じ。
いざとなったら新幹線の時間を変更しないとね~なんていいながら、
ドキドキしながら並びましたが、無事2回目の上映チケットをゲットして一安心。

この日は「お化け屋敷で科学する」、という特設展が開催されていて、
思いがけず、レトロな感じのお化け屋敷を楽しめました。
恋人とおばけ屋敷っていいですよね~~ドキドキ
自分たちがおどかせるゾーンもあって、面白かったです。

そのほか、子供に混じって体験型の展示をめいっぱい楽しむ30オーバー二人。
磁気で絵を描いたり、音の跳ね返りを色々試してみたり。
大規模放電とか、オーロラも見たかった~~。

この辺り、感性が二人とも少々お子様なので、フツーの美術作品が
展示されているのより、触って遊べる的な展示の方が楽しめます(笑。


さてメインのプラネタリウムは、確かに広くて、星も細かくって綺麗!!

しかし、暗い中、ふかふかの椅子に腰掛け、上を見ながら、
ゆるやかな解説に耳を傾ける、という、絶好の居眠り環境の中、
私もあおちゃんも一回ずつ寝落ちして、起こしあう有様。。。

キレイだったけど、こっちは一回でイイねー、というオチに
なったのでした。
科学館自体は遊びきれなかったのでまた行きたいです!


時間ギリギリまで遊んでしまったので、若干慌てて名古屋駅に到着。

最後の名古屋のお食事は、料理人さんに教わった、
名古屋駅下りホームの立ち食いきしめん!
私は春の天ぷらのせきしめん。あおちゃんは山菜きしめんを注文。

わざわざ途中下車して食べるというその味は、奇をてらわない
素直なお味で、美味しかったです。

一番ベーシックなのだと、花ガツオが山盛りだったらしいので、
今度はそれを食べてみたいなー。

お腹を満たしたところで、ちょうど時間になったので、
二人で新幹線に乗り込んで、東京に帰ってまいりました。

帰ってきてから今度は、あおちゃんプレゼンツの誕生日イベントが
幕を開けるのですが、それはまた別の記事にて!



四日間にわたる東海旅行は、充実の旅でした!

美味しいものを食べて、色々なものを見て、でも基本的には
一つ一つはまったりと楽しんで、すっごく楽しかったー!!

半端ない渋滞続きの中、ずーっと運転し通しで、
色々なところにつれてってくれたあおちゃんに本当に感謝

今度は混んでない時に、ゆったりドライブ旅行でも企画したいなー、と
思いまっす。



長い旅日記にお付き合い頂いてありがとうございました☆

にほんブログ村

GW東海旅行-その4

うーん、「青い花」6巻(5/11ゲット)が、激烈可愛くていかん。
しかもかなりの衝撃展開。

この話、主人公が百合じゃなくてガチでレズなのが、すごい楽しいんだよな~。
それに百合にしろ、ヘテロにしろ、主人公の相手が、自然な感じで変わっていく
恋愛漫画って希少じゃない!?
ますます注目です!!


さて、途中幾つか脱線しましたが、GW旅行記の続きです。

おもてなし武将隊の演舞2分前に、名古屋城についた私たち、
城内を走る走る!!
名古屋城広い上に、演舞がやれるような庭園が幾つもあるので、
どこでやっているか、ざっくり探しながらの疾走。

途中、古武術発表会(?)だかの舞台に騙されつつも、
無事、始まる前に到着しました。


が、すげーーーーー人だかり!!

さっすがGW!
<ってコレ何度言うの。


正直、伸び上がっても人垣に阻まれて、武将なんて見えやしない。
観戦プロ(おっかけ?)はなんと、踏み台を持ってきてました。すげえな。

なんとかもぐりこめるところを見つけ、武将隊がちらちら拝める
ポジションをゲット。
おお、なんか思いのほか、カッコイイ!!
特に、前田慶次と信長。いいねー。

口上もテンポよく色々笑わせていただき、演舞はポップでキレがありました。

そして日々は続く-おもてなし武将隊3

そして日々は続く-おもてなし武将隊1

そして日々は続く-おもてなし武将隊2

途中前から人がいなくなり、視界が開けたので、写真バシャバシャ。


舞台が終わった後に握手会が始まって、人垣が崩れたところ、
なんとあおちゃんが、近くで見てみたいーとご所望されます。
あらら、珍しい。

というわけで、この日出演していた武将のうち、信長、家康、前田に
接近してみたんですが、近くに寄ったあおちゃん
「近くで見るとそうでもないね……」
とテンションを下げてました。
正直すぎだからアナター(笑!!

演舞の後は、買ってきた美味しいチーズケーキで腹ごしらえをして、
城内をぷらぷら。天守閣にも登りました!
(混み過ぎて、全部階段で昇降。ケッコー辛い…)

そして日々は続く-名古屋城

名古屋城、おもてなし武将隊で入場者数がかなり劇的に
増えたらしいですね。イケメンパワーすげーなー。
どうせなら、美女ばっかで姫ユニットとかも作ればいいのにー。


さて、そんなこんなで、色々食べまくりの旅行だった東海旅行、
最後の夜は、次の日が私の誕生日でまた豪華ご飯が予定されていたので、
あっさりめにしましょう、ということで、名古屋B級グルメで有名な、
ご当地ラーメン「台湾ラーメン」を食しに、名物チェーン「味仙」まで行ってきました。

「台湾ラーメン」は激辛ラーメンで有名らしいですが、
発祥の「味仙」は辛さよりも、ウマミもたっぷり! ということで
楽しみに。

頼んだのは、餃子、もやし炒め、にんにくの芽炒め、そして台湾ラーメン。

味仙、チープな油と旨味調味料が効いた感じのジャンクな味でいいですね~!
ジャンク好きな我々です。(だから肥えるんでは…)


そして日々は続く-台湾ラーメン
他のメニューをあらかた片付けた後、台湾ラーメンは満を持して、
登場したんですが、表面にとうがらしがあからさまに浮いています。
ぜ、絶対辛そうなんだけど、見た目ほどではないのかなー…?

と、とりわけて、さて二人で一口。



辛っ!!




いやいやいやいや、むちゃくちゃ辛い!!
これはもう本家本元から激辛でしょ!!


見る見るうちに真っ赤に染まる私の顔色に、爆笑して
写真を撮りまくるあおちゃん。見せてもらったら、眉が酔って、
なさけなーい顔になっておりました。

でもこの台湾ラーメン、水や氷をなめて、火を噴きそうな瞬間が収まると、
またちょっと食べたくなるんですよねー。辛さマジック!
というわけで、麺の上に乗っていた唐辛子で真っ赤な挽肉も、
なんだかんだと食べてしまったのでした。


ご飯を済ませてホテル近くのバーでまったりした後、ホテルへ。

30歳を迎えた瞬間に、あおちゃんから素敵な誕生日プレゼントが!


そして日々は続く-鞄
柔らかい革の茶色いバッグでした。いやん、革大好きー!
大きさも手ごろで、超素敵!!

そして日々は続く-手紙
メッセージカードも一緒についてきて、嬉しさ3倍!!!
言葉って何よりのプレゼントだよね! 見て、この可愛いシール!
(ただしメッセージカードはその場読むの禁止(笑))

私の普段持ち歩いているバッグの寿命っぷり(持ち手部分の革が
細かくひび割れたりしている)を見かねてくださった模様。
あー、見ていてくれてるのが、ほんと嬉しいなあ。


素敵でとってもあったかい、みそじデビューの瞬間でした。
いい年代にするぞっ!!


旅行記、後、一回です!

にほんブログ村

肥えた!!

GWからこっち、ちょっと腹がぷよんぷよんしているなーとは
思っていたのですが、今朝、鏡の前で着替えていて、
ふと見た自分のシルエットが、明らかにイヤーな感じ……。

しぶしぶ体重計に乗ると、ここ数年キープしていた体重の上限から、
(フツーでも0.5~1キロは増減しますから)1.5キロいっとるー!

がーんがーんがーん…。

……しかし、まあね。
わかってた。わかってたんだよ…。

ここ最近、楽しいお食事以外に、習慣化していた悪いものが
あったので、その積み重ねがじわじわココに来たって感じです。

というわけで反省をこめて書いてみる!

・運動してない
 去年は富士山に登るだのマラソンチャレンジ(断念)だので、
 走ったり階段登ったりしてたのが、とんとご無沙汰。
 思い出したように一月にいっぺん走るくらい。いかん。

・睡眠不足
 平均1時近くの就寝。寝不足はデブのもと。

・いつの間にか増えた悪い食習慣
 例えば…ポテトチップス一袋食い
 例えば…夜中のアイス
 例えば…甘い飲み物

うん、 そ ら 太 る わ 。


それもこれも、自炊の増加と、普段の勤務スタイル(外回り)で
なんとか補い、この程度の増加で済んでおりましたが、
6月からは内勤。

あおちゃんと美味しいものを食べ歩くのは、この世のヨロコビなので、
抑制するの無理! ってことで、私、誓います。


・最後の三つの食習慣はサヨウナラ!
・平均12時就寝


そして、

・主に階段を使う(うちのオフィスは7階)
・会社の帰りは、一駅歩く


頑張ります!



オラに力を分けてくれ!

にほんブログ村

悼む

もう、無理だ、って瞬間は、誰にでもあると思う。

なにもかも投げ出したい、もういっそ…という衝動の瞬間は。

けれど、何かしらで、大抵は思いとどまる。

それは、家族が、恋人が、友人が悲しむだろうとか、
取り返しのつかなさへの恐怖とか、意地とか、
それでも先を信じる気持ちとか。


死んだ人が、そういうものを持ってなかったわけじゃないと思う。

でも、足元がぐらついている時は、いつもなら耐えられる筈の波に
さらわれてしまうように、その衝動に、人が耐えきれないことが、
ある、ような気がする。

それはもう究極的には、運、であったりするんじゃないか。


(この部分は「ヤサシイワタシ」にあった一節を、
限りなくパクってます。
本当は正確に引きたかったのだけど、見つけられず、
私の記憶と言葉で書き換えてます)

(「ヤサシイワタシ」ひぐちアサ:プロテニスの道を故障で断念して
大学に進学した主人公が、サークルでエキセントリックな彼女が出来、
一緒に過ごし、破綻する。その数年後に彼女は自殺をしてしまう)


近しい人を自殺で亡くした人は、強い無力感を感じ、自分を責める。


気づいてやれなかったのか。

大事なあの人に、何もしてやれなかったのか。

自分が、見殺しにしたんじゃないのか。



これ以上に、心をえぐるような報道は、早く消えていくといい。

彼や、彼女の父親、兄弟たち、彼女を大事に思っていた人たちの。

可哀相に可哀相にと、悼む顔で、無自覚に人々は刃を落としてゆくから。



にほんブログ村

合鍵をめぐる一人芝居

今日は一日、逆巻く霧雨に傘の無力さを思い知らされたヨコです。
こんばんは。
なんかもー顔まで吹き付けてくるのって、どうすりゃいいの…?


さて、東海旅行記の途中ですが、今日は楽しいお泊りなので
ちょいと横道それまーす。


えー、実はですね、
私、今回の誕生日に、あおちゃんから、
とうとう合鍵をもらっちゃいました!!

ワーイワーイ!!




……あ、心なしか「半年以上経って今更?」とか「そんなに嬉しいか?」
ってな、静かな視線を感じないでもない!
ちなみに、同居人には「…ふつー」って言われた(笑)。


まーまーまー。

こうまで喜ぶには、一応理由がありまして、
本日はそちらの話です。



こんな私ですが、過去、おつきあいした人から、
合鍵を頂いたことも、何度かございます。

そこで知ったんですが、合鍵の授受って、
なんだかえーーらく恋人っぽいものなんですね~~~。

いままで、わりとそーゆーロマンチシズムというか、
恋人だから渡すものっていう儀式的な感じで、鍵を
お借りしていた私。

恋人同士の儀式であって、実際的な必要は皆無だったため、
もらったけど、返すまで一度も使わなかった、なーんてお寒い経験も…。



いかにも恋人らしいイベントは、必ずしもキライじゃないんですが、
どうもそういう「○○だから○○しかるべき」的なものが、
全般的に苦手なワタクシ。

そんな密かなこだわりがあったもんだから、週三と、本当に
しょっちゅう押しかけ、居座っている為、ちょこちょこと、
これは合鍵必要かもなーってケースがあっても、「くれー」と、
おねだりするのは、少々ためらわれておりました。

しかも、あおちゃんのおうちは、きちんとしたオートロック!
ディンプルキー(表面にくぼみがぽつぽつ空いてるようなキー。
複製が困難)のマンションで、正直そう簡単に、合鍵を
作れるような鍵ではないのです。


お願いすれば、別になんてことなくくれたのかもしれないんですが、
なんかちょっとでも無理させるぽいことは嫌だったんですよ。

それに、あおちゃんは、なんとゆーか、警戒心は普通にある方なので、
(私が極端にない、ともいう…)勝手に自分のお城に入れるような
「鍵」を、人に渡すのはどう思うかなーってのもありました。
恋人でもイヤ、ってことは、フツーにいっぱいあるしね。


と、ここまで一人でぐだぐだ考えているあたり、
我ながら相当考えすぎで、
まえのめりってなもんですが(笑)。


というわけで、一緒に暮らすまでは合鍵はないかなー、なんて
(てかそれは既に、いわゆる合鍵ではない(笑))
ほんのり考えていたのですが、お誕生日当日、
「あ、コレ」といって、あおちゃんが不意打ちで渡してくれたのは
まさに「合鍵」というやつだったのでした。



…なんかさー。

なんかさーーーー。

実は、欲しいなー…と思いつつも、言い出せてなかったものを
なにげなくもらえるとかって、
すっごいうれしい!!


形式だけってことをしない人だし、そういうことじゃなく
もらえたのがうれしいというか。
実用的な意味で、この人に渡しておいた方がいいなって
思ってくれたことが、生活に自然に結びついてる感じで、
ほんとに幸せだなーと思ったのでした。



と、いうことなんですよ。
(なんて無理やりな〆)



なんとなーくわからんでもないよ、と思ってくれた人は、
ぜひぽちりと♪

にほんブログ村

GW東海旅行-その3

渋滞を避け、下道をまた数時間走って名古屋のホテルにへたりこんだ我らでしたが、
綺麗なホテルに元気回復!

三日目は、「名古屋のベタな名所を楽しもう!」というコンセプト(?)で、
色々巡ってまいりました。

まず、朝ごはんを食べて向かったのは、愛・地球博記念公園(モリコロパーク)。
子供の日なので子供連れでぎっしり!
勿論、人気の「サツキとメイの家」を、当日で見ようなんて無理無理!

とおもいきや。

広い園内は、そこここに人は見かけるものの、俄然ゆったりとしておりました。


そして日々は続く-サツキとメイの家
サツキとメイの家。
これも次の予定がなかったら見学出来たくらい。
ちなみにコレは遠くの展望台から覗いております。
うーん、のどかだなー、愛知!


つつじが見頃を迎えており、赤白ピンクと咲き乱れる中、
広い園内をのんびり散策したり、観覧車に乗ったり。


途中、休憩所で愛知の学生ご用達のスガキヤの激安ラーメンを頂きました。
一杯290円はすげえよ。
あれはカツオダシなのかなー。確かになかなか独特な美味しさです。

そして日々は続く-スガキヤ

物珍しさにスガキヤラーメンフォーク(スプーンとフォークが
一体化した食器。画像をご参考あれ)でせっせと食べていたら、
それ、子供用だよ~? と、あおちゃんに笑われる。
ふん! そこはひるまずご当地を味わいますよ!

ちょっぴり粉っぽいソフトクリームも美味しかったです。


さて、お次は、車大好きあおちゃんがお気に入りのトヨタ博物館へ。

駐車場に並んでる車が、既にかなりコアなんだよーと、
なかなかテンション高めなご様子。
うんうん、好きなものに目をきらきらさせてるあおちゃんは
ほんとにカワイイなあ

トヨタ博物館は、馬車の荷台にエンジンをつけたような黎明紀から、
映画に出てきそうな、可愛かったりごっつかったりするレトロ車を経て、
最新の電気自動車まで展示をされていました。

そして日々は続く-レトロ車
れとろーん。

そして日々は続く-カニの車
あおちゃん、お気に入りのカニ顔の車。
笑顔みたいでカワイイ。


これがかなりバラエティに富んでいるので、車の名前とメーカーを
混同するくらい、車音痴な私でも、わくわく満喫。

昔の車はカラフルだったり形がユニークだったりして楽しいね~♪

そして日々は続く-妖怪の車
この一つ目の三輪自動車なんて、まんま妖怪だし(笑。

ミュージアムショップを冷やかして、さてお茶でも…とふと時計を見ると、
思いのほか時間が経っていて、もうあまり余裕がない!

ということで、そそくさと車を走らせ、到着しましたのが、名古屋城!
そう、お目当ては、昨今何かと噂の「おもてなし武将隊」の演舞。
ところが、着いたのは、演舞が始まる二分前………。
こんなところまでギリギリ精神を
発揮しなくていいから、私たちー!



というところで、続きます。


ランキングに参加してます! よろしければぽちっとなー!

にほんブログ村

GW東海旅行-その2

その1を読んだあおちゃんに「また長編になりそうだねえ」と、
いわれたGW旅行記ですが、お察しの通り、だらだら続きます!
もう自分のためだけのメモといって過言ではない。

おヒマな時に、お付き合いくださいませ(笑。


さて、二日目は今回の旅行のメインであるところの伊勢神宮へ!
黄砂は舞っているものの、まずまずの天気。
道もそんなに混んでないし、と、ご機嫌にれっつごー。


えー、神宮最寄のICで出られませんでした。


交通止めになってたんですが、どうやら、
お伊勢さんが混みすぎていて、近隣には車を止められない模様。
まじかー……。
県営サンアリーナ駐車場まで誘導され、そこからシャトルバスで
伊勢神宮に向かいました。


そして日々は続く-赤福
そして日々は続く-赤福氷
お参りするその前に、初の赤福と赤福氷~。
初体験でございます♪
あんこはさらっとしていて、餅もやわらかくて美味しかった!
赤福待ちのついでにサザエとアサリも頂いたけど、こちらは残念ながら
イマイチ…。

腹ごしらえをすませ、いざ伊勢神宮へ。


そして日々は続く-びっくりな人ごみ
たどりついた正宮の石段下は、すごい人ごみ!
ちょっとずつしか動きません。

しかしなんでしょうね。見ての通り、すごい人ごみなんですけど、
なんだか涼しいというか、すがすがしくて気持ちのいい空気で、
全然イライラしない。太い木が何本も聳えたっていて、
5月の光を優しく遮ってくれて、なんだかぽけーっとした気持ちで、
神様の前にじわじわとすすんでいきました。

手を合わせては、ただここにこられたことへのお礼を。
健康で、好きな人と、こんな気持ちのいいところにこられたことを
感謝して、あとは敷地の中をぷらぷらと、散策しました。


伊勢には何度か来ているあおちゃんも知らなかった、
気持ちのよい休憩所で休んだり、小さなお宮を回ったり。
本当に気持ちのよい散策でした。

そして日々は続く-冷やし胡瓜

そして日々は続く-おにぎり

そして日々は続く-煎餅

その後は、おかげ横丁をぶらぶらして、漬物屋さんの冷やし胡瓜や
豚捨てのメンチカツ、田五郎のおにぎり、にんにく煎餅なんかを食い歩き。
うーん、どれもこれも美味しいなー! 楽しいな、おかげ横丁!


外宮も参りたかったんですが、残念ながらタイムアップ。
シャトルバスで駐車場に戻り、松坂に向かいます。

そう、この日のお夕飯は松坂牛!!

松坂牛を、全室日本庭園が見える個室で食べさせてくれる、
という「海津」へ。
そして日々は続く-海津
迫力の店構え。

そして日々は続く-海津室内
部屋に入ってみると、しっとり和室の向こう側に広がる日本庭園は、
まるで絵のような光景で、圧倒。


予約時間を1時間ほど間違えて大変やらかした感でしたが、
手際よく給仕して頂き、厚く切られた松坂牛の炭火焼肉を
堪能しました。

そして日々は続く-にくー
うーん、ジューシー!

そしてすっかり満腹、満足で店を出て、再び名古屋に向かおうとした、
私たちが直面したのは「渋滞 60km」の表示だったのでした。
………ちーん。



続きます。


ランキングに参加してます! よろしければぽちっとなー!

にほんブログ村

GW東海旅行-その1

GWが明けましたね。

休み明け一発目から、三時間のサシの打ち合わせに、
後輩がめちゃめちゃ欠伸をしていて、頭ハタいたろかむかっ
逆に朝からエンジンかかったヨコです、こんばんは。

なんか眠そうな人をみてると、逆に目が覚めません??


さてさて、GWは予告の通り、またもあおちゃんの地元に
おしかけての、東海旅行に行ってまいりました!


前日2時過ぎまで、うんうん悩んで床につかなかったわりには、
5時過ぎには、目がぴかーんとあき、起床!
うーん、遠足の日の子供のようだ(笑。

6時位に、家を出て、ばびゅんと名古屋へ。
迎えに来てくれたあおちゃんの車に意気揚々と乗り込みます。

まずは腹ごしらえと、前回の東海旅行にて、
すっかりファンになってしまったカフェドサラ
美味しいモーニング♪ここはほんとつぶし卵がスパイシーでうまーい!
手作りジャムがうまーい! そしてパンがもちもちでうまーーい!!
$そして日々は続く-カフェドサラ

すっかり満足した後は、一路三重へ!!


と、むかったん で す が。

いやー、さすがにGWは侮れなかった。
とにかく渋滞渋滞、また渋滞!!!

普段だと二時間位らしいのですが、五時間半はかかったかなー。
ずっと運転しどおしのあおちゃんは、本当に大変そうでした。
ごめんー、運転を代わってもらいたいような人じゃなくてー…。
(多分、私に大事な愛車を運転させる位なら、いくら時間が掛かろうと、
 途中休憩になると思います…)

ちょっと夕暮れてきたあたりで、赤目四十八滝に到着しました!

赤目四十八滝は、実は「赤目四十八瀧心中未遂」を
映画館で見て以来、ちょっとした憧れの地!

スクリーンの中、ところどころで滝が落ちる、仄暗い川沿いの道を、
幻のように歩いてゆく寺島しのぶに、ちょっと魅入られたような
気持ちになったものです。

残念ながら、この日は、夕方からちょっと雨もぱらついて、
奥の方まではいけませんでした。でも、滝はとても綺麗で、
川沿いの緑も青々として、本当に気持ちよかったー!

そして日々は続く-赤目の緑

そして日々は続く-布引の滝

特に布引の滝は、期待にたがわない優雅さで、
とっても見ごたえがありました♪


滝を散策した後は、食べログで調べた、「アターブルエスプリ」へ。
住宅街の一角にあるおしゃれな民家のような、綺麗だけれど
落ち着く雰囲気のお店で、近所のご家族が、ちょっと特別な日に
使いたくなるようなお店でした。

$そして日々は続く-ア・ターブルエスプリ
中は何故かBONJOVIだらけ(笑。

アラカルトで、前菜、炒め物、ホタテのカルパッチョ、炒飯、
水餃子と頼んだのですが、胃に優しい感じの安心するお味。
中華だけどくどさが全然なくて、するりんと食べられてしまいました。

前菜のくらげが、足じゃなくて、なんか身(?)も出てきて、
ぷりんぷりんで美味しかった!

あと、特筆すべきがゴマ団子! 熱々のゴマ団子は、確かに
なかなかハズレはないものですが、ここは本当に美味しかった!
もちもちさと、ゴマの香ばしさと甘さのバランスが絶妙で、
いくつでもいけちゃいそうでした。
飾りつけもキレーで素敵ドキドキ


お腹が一杯になった後は、猪の倉温泉へ!

ここは美肌効果のある温泉、ということで、肌が吹き出物で
ぼっこぼこの(しかも触るのでますます悪化する…)私としては、
是非ともたっぷりつかりたい! と意気込んでまいります。

入った感想としては、うん、なかなかに強い泉質っぽいです。

確かにつべつべになったので、きちんとつかれば、効果があるはず。
泉質を侮って、最後にお湯を、シャワーで落とさずあがってしまったヨコには、
逆に肌が荒れの報いが待っておりましたので、皆様ご注意を…しょぼん

ともあれ、広くて綺麗で空いてる宿で、対応も良くて、
のんびりと道の途中で買い込んだ日本酒を二人でかっくらいつつ、
一日目の夜を過ごしたのでした♪


あ、例の如く続きますよー!!



ランキングに参加してます! よろしければぽちっとなー!

にほんブログ村

親心 かいまみたなり 誕生日

自分の誕生日を祝う食事会に参加しに、久々に実家に帰ったら(色々最低だな)、
齢60オーバーの母に「ツイッターに書いたんだけどね」という言葉を枕に
近況報告をされて度肝を抜かれたヨコです、こんばんは。

いやー、私のやる気ナスツイートもこまめにチェックしてるし、
侮れないよ、団塊の世代!


さて、楽しかったGW旅行記は、これからちまちま起こすとして、
今日は、その誕生日食事会、略して誕生会(フツー)でのお話。


わが家では各人の誕生日付近には、家族全員が集まっての
誕生会を催すのが通例なのですが、構成人数1(弟)が、
現在、エウロパに短期留学中なので、今回は両親と3人で、
まったりととりおこなう予定でありました。


そこに急遽、うちの父親の大学時代のご友人のKさんと、
そのお連れ様が参加されることに。

このご友人様がたとは、私が中学生の頃、家族で中国旅行に行った際、
当時中国に在留されていた彼等に、色々と案内をして頂いた縁があり、
私も確かに面識はあります。

今回、日本に帰国されたとのことで、父親以外の我が家族にも、
会いたいとの話があったので、お招きしたとのこと。


私も久々でお会いするのは、楽しみだったんですが、
実は私、30才になるのを機に、そろそろ親にも、
自分のセクシャリティのことを、一度話しておこうかなあと、
思っていたのです。


ちょうど節目なカンジなので、誕生会はいいチャンスかなあと
思っていたのですが、そんな他人様が同席の場では、
あまりにも巻き込み事故だ

ということで、カムアウトの機会は別に譲ることに。


食事会の席は、ご友人の話を中心に、和やかに会話が弾みました。

小さな爆弾が落とされたのは、中国のネット事情の話から、
ブログとツイッターとフェイスブックの違いとはなんぞや、
(意外に難しい)という話になり、私に説明のお鉢が回った時でした。

フェイスブックってのは、要はインターネット上の名刺みたいなもので、
ブログみたいに記事を書かなくても、簡単にプロフィールや興味関心が
あることを発信できて、相手に自分を知ってもらえるんです、
と言った私に、Kさんはポンと、


「なんでそれで恋人を探さないの?」


と、仰られたのでした。


え、なにその不意打ち!?


ちなみに、その場の会話では、私に恋人がいない(てことに一応ずっとなってます)
ことは、一切あがってなかったわけですよ。

私自身、このテの会話を軽やかにながすのは慣れてるので、
ほとんど反射的に、
「あ、確かに、最初は"出会う"為のツールだったんですよー」
と、さらりと映画の「ソーシャルネットワーク」で仕込んだ知識を
披露する形で流し、彼も、それ以上はつっこんできませんでした。



しかし、まあ、なるほどねー。そうなのねー。



実は最近、うちの親は私になーんも言ってこなくなっていました。

まわりが結婚した話、友人が産んだ子供の話、自分のことに
つっこまれたくなければ、地雷だと思うんですが、
つっこみたければつっこめと思っていることもあり、
私は、あまり迷わず話題にしちゃいます。

ただ、その話を聞いても、一時期から、親は「あなたはどうなの?」
とか「いい人いないの?」「紹介しようか?(お見合い含)」等など、
とーんと聞いてこない。(前は全部言われました)

うちの弟は結構長い付き合いの彼女がいて、よく家にも連れてくるので、
その話もよく話題に出るけど、そこからも話を発展させない。

ただの一度も、彼氏ができた話をしない、まして紹介もしてこない、
適齢期過ぎかけの娘は、だいぶ気にかかるだろうになー…。

と、は、一応思っていたものの、聞かれないのは正直楽で、
私は親が気にしてるだろうことを、あまり気にしなくなってました。



けど、まあ、なるほどねー。そうなのねー。(二回目)



Kさんの一言で、私、ハッキリ気づいてしまいました。
親が、最近聞くことすら出来ないくらい、
とーーーても私に気を使っちゃっていることに。

そうよねー、なーんの気配もないアラサーの娘の恋愛事情なんて、
センシティブすぎて、怖くて聞けないわよねー。
どこが地雷か、しれないもんねー。

父親とKさんは、正月明けに一度飲んだんだそうです。
おそらく、父親はそこでふっと、愚痴るともなしに話したんでしょう。
娘にいっこうに男の気配がなくて心配だ、と。



うん、やっぱりそろそろ話すことをちゃんと考えよー。

話したら、もしかしたら、ますます心配させるのかもしれないけど、
得体の知れないままでいるのも、そろそろ限界だなー。


私のしあわせの形と、誰とこれから年を取っていきたいか。

私を産んで、一人で食えるようにはなるくらいまでに育て、
そして今もなにかと惜しみなく、サポートしてくれるあの人達に、
近いうちにきちんと伝える機会を設けよう。

そう、改めて心に決めた誕生日(+1日)になったのでした。



がんばれーって、ぜひ。

にほんブログ村

みそじとつにゅう!

29歳もあと数分、ということで、20代の振り返りと
30代の決意を書けと、あおちゃんにせっつかれたヨコです。こんばんは。
む、難しいな……。


さて、昨日、寝物語に20歳から、1年ずつ出来事を振り返っていたら、
なんと、いままでの彼女全員から、
5月にフラれていたことが判明しました!




誕生月、不吉だよ!!



じゃなくて、だー。

そんな色々とバタバタしがちな20代でしたが(そんなまとめか?!)、
30からは、その辺りを糧に、じっくり腰を据えて、
パートナーシップも人との関係も、仕事も、
しっかり深めていきたいと思います!


ともあれ、とてもしあわせな20代ラストの日を、一緒に過ごしてくれて、
一緒に30代最初の日を迎えてくれるあおちゃんに感謝!
終わりよければ全てじゃないが、だいぶよし!

そして20代最後に始めたここで、考えをまとめたり、
のろけたり(笑)、色々な人と考えを交換する機会を貰いました!
こんな私らしく迷走がちなブログを読んで下さってる方々にも、
本当に感謝!

どんどんダイレクトに色々なことを経験して感じていく30代に
したいと思います。



ご祝儀クリック宜しくお願いします♪

にほんブログ村

お洒落も訓練が必要です

こんばんは、6連休前夜のヨコです。

明日から、一足先に地元に帰っているあおちゃんと合流して、
伊勢参り旅行に出発です。

今日は仕事も比較的早く終わり、同居人と美味しくご飯を作って食べ、
準備をして、明日に備えて早く寝るぞ! とはじめたのに、
すでに、二時を回ろうとしています。


その間、なにがあったかといえばですよ。
服です。服。 服がそりゃもう、さーっぱり決まらず、
悪戦苦闘の試行錯誤の上、ようやく一応選び終わり、
今に至ります。
ぜーはー。


ほらー、たまの長い旅行ですしー?

せっかくたっぷり二人きりですしー?

普段、果てしなく女子度が低いワタクシではありますが、
たまにはちゃんとおしゃれをしまして、「おお、かわいいじゃん」とか
あおちゃんに思われたいじゃないですか!!

(まあもし思ったとしても、ほぼ口には出さないとしてもだ)



全 然 ダ メ 。



もう、服を合わせるっつー感覚自体が退化していて、
何を着てもまとまらない!
パンツスーツばっかで横着してるとこうなるんだねー。
私、ちょっと反省したよ!

MBT(底が丸こくて厚いエクササイズシューズ。
大変優れものですが、如何せん軒並みダサくてごつい)を履いて、
うっきゃうっきゃとばかりしてる場合じゃありませんでした!
(コレを履くと、服は丈の長いバンツ一択になります。
 つまりパンツスーツの普段と変わんねー)

というわけで、今日は昨日の記事のうらおもてとして、
ビアンの友情が、一部では幻とも伝えられてしまうことについて、
思うところをぐだぐだぐだぐだと、書こうと思ってたんですが、

もう全部あとだ、あと!

今日は寝まーす(どーん)!



皆様、よい三連休を!

にほんブログ村

レズビアンであることの幸運

友達の友達の友達の友達って、要はめっちゃ赤の他人! っていう、
笑っちゃうくらい遠い関係の先に、いきなり知り合えたひとがいる。

サイコーに料理が上手で、美味しいものを楽しむ力があって、
何かを企画するのが好きで、そんでもって活字の好みが似てる。
文章もさらっとしていて、熱があって、美味しいそうで、楽しい。
あーもーなんだこれ、大好きだー! 絶対友達になりたい!!
と思って、そっからつながりはじめた。


こういう風にキョーレツに、誰かと友達になりたい! と思うことが、
たまにある。
そうやって友達になれるのは、本当に嬉しい。


そして、今回、その友達のmixiの日記にコメントをつけたら、
たぶん、そこをたどってきてくれたんだろう人がいた。

たどりかえしたら、日記がオープンになっていて(最近珍しい)、
またそれが、えらいこと面白かった。
仕事で文章を扱っているプロだからってだけじゃないと思う。

うつくしくて破天荒。繊細で情緒があって、大胆。芯と情熱が伝わる。

「面白い!」と書き送ったら、お返事をくれて、しかもタイミングが
かなり速攻で合って、直接「こんにちは♪」とご挨拶出来た。

会ってみると文章のままの雰囲気で、すっごく強い眼差しに、
強い生命力を感じる、太陽っぽい人で、
ああ、こういう雰囲気の人を知ってる、と思った。
そういえば彼女も、編集をやってる人だったなー。

ご一緒していた人たちとも、ぎゃーって勢いよく話して、
笑って、二丁目のまんなかでハグして、バイバイ。


友達になれてもなれなくても、そして続いても続かなくても、
それはタイミングや運だったりするけれど、機会はこうやって、
確実にある。
繋がる先には、正直いいこともわるいことも等しくあるけど、
それでも人と出会えることには、本当にワクワクする。

このブログだって、LGBTだってことがなかったら、
こんなに急激に、普段接点なんかまるでない、色々な人とは、
交流できなかった。

自分がレズビアンってだけで、おもしろいご縁ができること、
あー、レズビアンでラッキー! と、心底思う瞬間なのです。


ペタもランキングも、あなたと出会える第一歩!

にほんブログ村

関係を続けること-「キッズオールライト」を観て

GWに突入しましたね(遅)。こんにちは、ヨコです。

GW一日目は、あおちゃんとキッズオールライトを鑑賞。

あおちゃん、映画は苦手なのに(高確率で寝るか酔うらしい)、
付き合ってくれて感謝!

「キッズオールライト」は、長く関係を続けるってことが、
どういうコトを生むのかを考えさせてくれる映画でした。

思春期を迎える子供と、それと共に変化していく
親子関係、家族関係の難しさ、センシティブなところ、
長くカップルを続けることで、関係が変化していくこと、
力関係が生じる危うさ。相手を思いやり続ける困難…
そういった一般性の高いテーマが、「フツーじゃない家族」を
通して、印象的に描かれていました。

うん、脚本に無駄がなくて、音楽と役者がよかったです。

******

カップルが関係を続ける中で、結婚したり、
子供を生んだり、家を買ったり、失職したり、
トラブルに巻き込まれたり、したりしなかったりして、
「家族」としての歴史を刻んでいきます。

その中で関係も、立場も、状況もどんどん変化していく。

変わっていくことで道分かたれるカップルもいれば、
関係を変化させて続けていくカップルもいる。

「別れない」ことは、どちらかといえば称揚されるけれど、
別れないカップルは、相手が好きで大事にしたいから、
別れないだけじゃなくて、ただ「自分一人だと生きていけるだけ
稼げないから」だったり、「世間体があるから」だったり、
「子供がいるから」だったり、「家を買っちゃったから」
「一人になるのは怖いから」「今更、めんどくさいから」
だったりする。

でも、その簡単に「別れさせない」強制力の中で
腹をくくって、関係を結び続ける中で、生まれる絆や、
確かさって、泥臭くて、汚いこともいっぱいあるけど、
馬鹿にならない、と、思う。

そういう、全っ然綺麗なだけじゃない、簡単に切りにくい、
しがらみ、とすらいっていいくらいの関係がようやく、
社会的なセーフティーネットとして機能するんだろうな。

もちろん、全然機能しないケースも、むしろその関係こそが、
人や、カップルの関係を殺すケースだって、ある。
容易な、楽しいことや綺麗なこと甘いことは、
続ければ続けるほど、少なくなっていくのかもしれない。

それでも、続けられる関係を、恋愛の「その先」を
模索し続けていきたいと、思うのでした。

******

GW最初の三連休は、二日目に交際11年目にして、
とうとう結婚した友人の結婚パーティに参加したり、
三日目には、子供を生んで戸建てを買った友達(実はバツ1)の家に
遊びに行ったりと、なんだか順を追って「関係を継続させること」について
考えさせられるような三日間でした。



ランキングに参加してます。クリックして頂けると励みになります。

にほんブログ村

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム