出会える系掲示板への道-3

掲示板シリーズ最後のエントリでっす。
(その他→出会えない系掲示板出会える系掲示板への道1

※注意:アホかっつー位、長いです。要点は済んだので、
 ここまでえらそに演説ぶってきた人の、しかしながら、
 大変ささやかな体験談を読んでやろうかという方のみ、続きをどうぞ~。


さて6~7年、応募ばっかりしていて、掲示板では、
ろくすっぽ出会えていなかった私。
やり方を変更して、さてどうなったかといいますと、

なんと2回の募集で、めでたく、2人、友達出来ました!
ぶらぼー!!


1人は、このブログにも何度かご登場願っている、Pさん。

Pさんと会ったのは、私が当時、彼女にフラれ、そのついでに、
よくつるんでいた友人に、諸共に縁を切られた時期でした。

この友人とは本当に相当な頻度で、遊び歩いていたので、
ダメージがドン、倍満! みたいな。
そんなわけで、新しい交友関係を求めておりました。

久々に、掲示板をだらだらながめていたんですが、
なかなか送りたいような書き込みが見つからず、
ふと、改めて「自分は友達に何を求めてるのかなー」などと
振返ったのが、やり方を変えるキッカケでした。

特に、そのつるんでいた友人とは何してたんだっけ? と
思い返したら、とにかく私、
「美味しいものを食べにいってた」んです。

一緒に美味しいものを気軽に食べ歩ける相手って、
コレ、意外に結構色々な条件がそろわないといけなくて、
たとえば、
 1、美味しいものが好きなこと
 2、気軽に会える距離に住んでること
 3、美味しいものに無理なくお金を使う気があること
 4、それなりに共通の話題があること

なーんてあたりがあがってきて、あ、これは募集してみよう、と。

実際、書くにあたっては、食事の席ではタバコをすわないで
大丈夫なことと、私自身はそんなにお酒飲めませんが、
それを気にしない人~ってなことを書いたかな~。
ちゃっかり好みのタイプや自分のスペック的なものも書いたは書いたなー。
ときめいても許してね☆って(笑。

この書き込みにメールしてくれた人は、Pさん含め10人近くいて、
ほぼ全員に会えましたが、どの人も気持ちいい人で、
とても楽しい時間を過ごすことができました。

当時、募集してわりとすぐに、別件で私に彼女が出来て
関係を深める時間がなくなる、という不測の事態がなければ、
もう数人、友達として、続けられた、と、思ってます。


もう1人は、私が資格試験に挑んでいるときに、
お仲間が欲しくて、募集したときに出会いました。

彼女とは、当初の目的だった、資格試験の情報交換や、
模擬テストの交換、励ましあうなどのみならず、
色々なところに出かけたりと、かなり密な友達づきあいをしていました。
残念ながら、今は疎遠になってしまいましたが、
実は、あおちゃんとは、その彼女を通して知り合ったのでした。

縁って本当にどうつながるかわからないなーってね。思います。



以上、体験談も踏まえつつ、ここまで「掲示板で人と出会う」を
テーマに書いてきたわけですが、私が出会い方として、
掲示板を勧めているかというと、
あんまりオススメはしておりませぬ。


  とにかく、効率があまりによろしくない!

  会えばイッパツでわかることもわからないので、
  無駄な時間をかけがち!



なので、出会いを求めるビアンは、可能ならば
ぜひ、町に出てみよーぜー、と思います。

色々なオフ会や、昼や夜のイベントに参加してみるとか、
(合コンぽいのだけじゃなく、今結構色々あるし)
肌が合いそうなバーを探して通ってみるとかして、
ギョーカイでの友達とか知人が出来てくると、その縁で、
また輪が広がって、更に出会えるチャンスが増える。

身近に出られる「町」があれば、それがイチバン「出会う」には早い、
と思います。
(そのあと、恋人が出来るかは、また別の問題だけども…)


しかしこのあたりは、私がその気になれば、そういう集まりに
事欠かないメジャーな地域に住んでいるからこその話ってのは
じゅーぶんにあるでしょう。

掲示板にしても、そもそも絞ったら該当件数0だけど! って
人口集積地域の方には、全くあてはまらないハウツーかと思います。
そのあたりは、カバーしてません。平にご寛恕を。


と、そんなわけで四回わたり、長々と好き勝手に書いてみました!
私の迷走した過去を、わりとセキララにしてみましたが、
ちょいとでも使えそーってなことがあるといいな。


楽しい出会いがありますように!!




このシリーズ書き始めてからの営業ペタのアレげな増え方に、
逆に、セクマイ女子には全然届いてないかも…?
ひそかに愕然としているヨコに、愛の手を~。

にほんブログ村
スポンサーサイト

出会える系掲示板への道-2

書いてるうちに、どんどこ長くなる病持ちのヨコです。
こんにちは。

しかも今回は、大変怪しいビジネスハウツーのごとき様相を
呈してきていますが、全力で気付かないふりで話を進めます。
よろしくお願いします。


さて、前回は、フォーカスを絞っての募集をオススメしました。


このやり方の最大のメリットは、「出会いやすいこと」です。


掲示板を使ったことがある人はわかると思うんですが、
掲示板は、募集に応募してから、実際に会うまでの壁が、
やったらめったら高い!!
私の場合、八割方メールで終わりました。
まあ、やっぱり警戒するんですよね~。怖い話も多いしね。
ネカマとかストーカーとか。下手な方向にレズビアンてバレたら
どうしよう! とかね。

しかしながら、大前提として、友達になるにせよ、
恋人になるにせよ、実際に会わないと、なーんも始まらないんですよ!
メールで終わってちゃ、「出会い」じゃないのですよ。

なので「出会う」までのハードルは、出来るだけ下げた方がいい。

この、何かを一緒に楽しむ為と、対象を絞った募集だと、
そもそも、会って何かをする為に募集してる内容なので、
自然に、実際に会うことは、「前提」になるんです。
(あ、だからリアルで会う必要のない方向に絞りこんじゃ
 ダメですよ(笑))

メールも楽しいっちゃ楽しいんだけど、メールで伝わる情報って、
かなり限定的で会った時の印象って、高確率でギャップがないですか?

ネットでの付き合いだけが欲しいなら、ぜーんぜん問題ないけれど、
目的が「リアルでのお付き合いが欲しい」なら、いっそメールでは
簡単な自己紹介と、待ち合わせの日程を打ち合わせる位に、
とどめとくのが、よろしいのかなー、なんて思います。


て、いうか、ぶっちゃけ。


次第に親密な感じになってくメールを数ヶ月やりとりしてー、
色々期待しちゃってー、満を持して会ってみたらー、
一目見た瞬間、

「 あ 、 こ り ゃ ダ メ だ (色々な意味で)」

ってなケースは、わりとよくある話なので!
そういう場合、あっさりとメールも切れるので。
もったいなくないかね、そこにこぎつけてる時間。


あと、会う目的を絞ってるので、複数回会うネタを作りやすいのも
メリットかなー。なかなか一回で「友達!」ってのも難しいので。



さてさて、以上で、掲示板利用についてのオススメと、
そのくだくだしい解説は終了なんですが、ここまで書くと、
「で、実際、成果は出たのか?」って話になると思うので、
ささやかな体験談で、この一連の話を〆たいと思います!


ちゃんと〆るのよ? と思われた方はぽちっとな(パクリか!)

にほんブログ村

出会える系掲示板への道-1

我ながらあざとい引きにご協力ありがとうございます。ヨコです。

ニーズはありがたいことに0じゃないらしいので前回の続きです。
タイトルは大きく出てみたヨ。

もちろん、(そんな過大な期待はまさかなかろうですが)
こうすれば誰にでも友達や恋人が出来る! 的な
魔法のような方法を見つけたわけではありませんよ(笑。

ただもし、前回書いた、私のよーな気の長ーいやり方を
やってらっしゃる人がいたら(もしかして、いないのか……?)、
それよりは効率がいいな、と、実感したやり方について、
書こうと思っとります。


あ、ちなみにー、そもそも「出会う」ということ自体に関して、
内なるキョーレツな抵抗感とか、心理的な葛藤とか、
(「モテ」に対する心理的抵抗と近しかろう)
出会い系掲示板っていうツールに対する忌避感とか、
ワタクシ、十二分に感じておりました。モテない系ですものー。
しかしながら、それらが、全体的にどうでもよくなってきた流れは、
めんどくさいので、全部省きまーす。
(気が向いたら、このあたりは、誰の役にも立たない感じに掘り下げます)



さて。
私が変えた掲示板の使い方その1。

まず、自分で募集すること。

これは本当にオススメです。応募専門だった私がいいますよ。

自分からオファーをだすのが苦手な日本人気質に加えて、
掲示板の中に散見される、色々と大変な感じの、気の合わなそうな
書き込みを見てしまうと、自分には制御できない変なメールが来そうで、
ちょっと怖くて、ためらう人は多いと思うんだけど、大丈夫です!
(あと、なんかあの書き込みの内容に馴染めないと、
 同一視されたくないって抵抗感も生まれるよね…)

もちろん書き込む内容にもよるとは思いますが、来るメールは、
9割方、超まともです!!
(まともでないのは無視すればよろしい。
 その人への指導義務はあなたにはない)

あとスパムメールとか大量に来そうだ、とか思いません?
私は思ってましたが、特にはきませんでした。
でも念の為、それ専用のアドレスを取るべし。

そして、こういっちゃなんだけど、あの読むだけで、
結構な体力を奪われていく掲示板から、連絡したいかもーって、
書き込み探すより、自分でさくっと書いて相手に探してもらった方が
早くて、楽です。


その2。漠然とした募集をしないこと。

ざーっくり「友達募集」とか「恋人募集」とか「絡んで」とかを、
わかるかわからないかわからないよーなプロフィール付きで、
書くような、一見間口が広い募集は、実は応募しづらいっす。

と、いっても、相手の容姿や年やセクを事細かに要望しろって
ことではないので誤解なきよう。

そーゆー個人に対する条件的なとこはむしろ、
例え友達であっても、こうだったらお近づきになるのも無理! 的な、
よっぽど譲れない条件がない限り、書かない方がいいくらいかと。

じゃどう具体的に、かと言うと、「会って、何するのかを
具体的にイメージ出来る募集」をするのが、
イイんじゃないかなーってことです。

募集するあなたは、今いる友達とは具体的に何して時間を過ごしますか?
セクシャリティを共有できる友達とは、何をして遊びたいですか?

例えば、友達とはよく映画に行っておしゃべりするのが好きな人なら、
「映画友達募集!」にしちゃった方が伝わりやすいって話です。
そんでジャンルとか、どのエリアによく見に行くか書くわけです。

イベント友達募集、とかもいいですよね。一緒にDC行きましょう!とか。
あと、一人でオフ会は敷居が高い人は、オフ会友達募集とか、
音楽が好きならライブにいくとか、写真が好きなら一緒に撮影しにいくとか。
アウトドア系も最近流行ってますよね。
一緒にランニングなんていいんじゃないですか?

と、そんな感じで、なにかを楽しむことに限定して、
友達を募集するの、オススメです。


こういうフォーカスを絞った募集をすると、
相手には応募しやすいメリットが生まれますし、
募集する方には、なにより「出会う」という目的に、
たどり着きやすい、大きな利点があるのです!



と、更にうさんくささをいやました引きで、
またも長くなってきたので、次回に続くー。



引いてばっかおらんで、はよ書けやー! と思ったら、
クリックして催促をば。

にほんブログ村

出会えない系掲示板

春の嵐からいきなり気持ちのよい春の陽気ですね。
こんにちは、ヨコです。

さて、春といえば新しい出会い。
ということで、今日は「出会い系掲示板」についてー(超強引)。


さて、もしや自分がセクマイかも…? と思った人から、
しっかりセクシャリティを認識してニーズを把握してる人まで、
仲間に会うにとっつきやすい、といえば、
インターネット、そして掲示板じゃないでしょうか?

なかなか実生活でお仲間を見つけるのが難しいセクマイにとって、
恋人候補や友達候補に出会える強い(?)味方の「出会い系」。
使った人も多いと思いますが、どうですか? 出会えますか?


私は、大学時代からちょぼちょぼ使いはじめて、
基本は応募する専門でしたが、応募している間は、
まあビックリする位、出会えませんでした(笑。

正確に言えば、出会った人と、全く交流が続きませんでした!

掲示板見て、メールして、やりとりを数日~数ヶ月して、いつの間にか終了~ってのが、
一番多く、次いで一度会ったらなんとなく終了~が、
多かったかなー。


そんなんを何度も繰り返してたので、当時は到底コレで、
恋人や友達が出来る気がしなかった。


だってさー、まずあの掲示板の中でまともそうなカキコミを探しー、
そのカキコミが探してる対象に自分があてはまるかを吟味してー、
うん、これならイケるかなー! と思ったらメールしー、
首尾よくやりとりが続いたら、折りをみて会う約束をしー、
会って、探り合い的にトークしつつ、更に友達にせよ恋人候補にせよ、
リアルに関係を深めたいかお互い値踏みしーーー………って、
遠っ!
果てしなく遠い!!!



と、ほんと、いま思えば、まー気の遠くなるよーな手順を踏んで、
友達や恋人を探してました。
んが、ご想像通り、なかなかなか知人にすらなれませんでした。

ほんとねー、お互いセクマイで、タチネコで、友達か、
あわよくば恋人欲しいだけ(あと趣味とか所在地とか年齢程度か?)の共通項じゃ、
ほんと付き合いにおける共通基盤がなかなか担保されなすぎて、
面白いよーに出会えませんでしたよ。すくなくとも私は。
もうあんなんくじびきだ!(やけくそか!)


ちなみに、このやり方で、友達になり、今でも交流が続いてる子は、
なんと一人です!
6~7年はこのやり方オンリーだったので(学習しろよ)
メールした人数を延べれば、数十人に及ぶと思いますが。

まあ、学校の教室とかで考えれば、例えば30人の中で友達になれる人って
一人いれば御の字なんで、確率としてはさして悪くないんだけど、
ただ、母集団を一人一人を探す時間あたりで考えれば、驚異的に効率が悪い!!

というわけで、WWEとか、生身で会うコミュニティに顔を出し始めて、
友達が出来始めてからは、利用率はがくーんと下がりました。

やっぱりナチュラルに顔あわすシチュエーションのが、
圧倒的に楽に仲良くなれますよ。うん。


とはいえ、この後、掲示板の使い方を変えてから、
私、掲示板でもしっかり出会い、大事な友達も出来たのでした!
さて、その使い方とは?


とゆー、大変うさんくさいハウツーのようなひきで、
つらつら書いてたらやたら長くなったので、一旦分けます。



参考までに続きを読んでやってもいいよーと
思ってくれた人はクリックしてやって下さいな♪

にほんブログ村

最高の和食料理!

先週末の土曜日、目黒の「和創作 太」に、チャレンジしてきました!

ここは、基本的に、5千円のおまかせコース一本。
3月に、はじめて行った時、あまりに美味しくて、めちゃくちゃ感動して、
でも開始時間(22時スタート)のせいか、メインとご飯まで辿りつかず、
胃がギブアップしたのが悔しくて、ソッコー次の予約を入れたのでした。


銀座でふらふらと買い物をして、とにかくお腹を減らしてから、
満を持して目黒へ。

コースの最初は、

・自家製生からすみ
そして日々は続く-生からすみ
生ですよ生。ふんわりしてて、すんごい美味しい明太子って感じ。

私、アルコールにめちゃ弱いので。
そして超すきっ腹だったので。
一杯目はお茶を注文したのですが、こんなものを出されては、
お酒を頼まないわけにはいきません…!

弱いのにー…、というあおちゃんの呆れた視線を尻目に、
日本酒を熱烈に所望したところ、出していただきました、
・十四代出羽燦々
そして日々は続く-出羽燦燦
フルーティですねー! 飲みやすくて美味しい。
あおちゃんが「超いいお酒だよ!!」と教えてくれました。


・白ばい貝
そして日々は続く-白ばい貝
まずこりこりした部分は、爪楊枝でくるりと。
そしてなんとぱりぱりと殻を割っていくと、中から
肝が取り出せて、最後の最後まで食べられます。
肝と酒が合いすぎる…!


・焼きゴマ豆腐
そして日々は続く-焼きゴマ豆腐
二回目ですが、ゴマ豆腐を焼くとこんな香ばしいの! って、
本当に感動します。わさびを塗ると、またイイ香りなんだ。


地鮎の甘露煮・雲丹と湯葉・ホタテの炙り・春野菜とイイダコの酢味噌
$そして日々は続く
雲丹の量がハンパない。湯葉と合うのね~!
酢味噌は柚子の香りがきいていて、野菜はさくっと歯ごたえ。
フルーツトマトが甘くて濃厚! 春です。


・ホタルイカ 花わさび添え
そして日々は続く-ほたるいか
このお店、目の前がカウンターなんですよ。
目の前で、超美味しいものがすばらしい手際で、作られていくんですよ。
思わず二人でガン見です。

んで、他の人に供された前のもりあわせには、このほたるいかが
乗ってたんですね。
私たちの皿には、たしかになかった。
とはいえ、別にそれを恨みがましく見てたつもりもなかったんですが、
大将から「はいはいごめんね、イカなかったね」といって、
花わさびを添えて、一皿追加されました。なんてラッキー♪


・桜エビのしんじょと筍
そして日々は続く-えびしんじょ
大和芋でふんわり! 私、桜海老は実はちょっとだけ苦手なんですが、
あれはぱさぱさしてて細かいから苦手なんだって実感!
だってしっとりふわふわなら、美味しいもの~。
おだしも美味しくて、筍がまた春の風味なんだな!


・生とりがいとホウボウの刺身
そして日々は続く-生とりがいとホウボウ
とりがいはこの時期だけ生で食べられるそうです。
貝が柔らかくて甘いんだよ! 凄いよー。


・カツオのヅケ ニンニクとごま油
そして日々は続く-カツオのヅケ
ヅケにニンニクに胡麻油など鉄板に決まっておる。
カツオがまたちょっとサッパリめだからいいんだね!


酒が進みすぎるメニューに、ここで燗酒を追加。
・いずみばし
飲んだ瞬間は香りがふわっとくるのに、後に引かない。
うーん、やっぱりまだ燗酒がうまい季節ですよね。


・つくりたての自家製どうふ 岩塩で
そして日々は続く-豆腐
あったかとろとろ! ちょっと茶碗蒸し並みの大豆の濃厚さ。
そして塩だけのシンプルな味付けがあまみを引きたてます。


・いわしのつみれ揚げ ふきのとうの天ぷら
そして日々は続く-いわしのつみれ
刺身で食べるいわしを贅沢にたたいている、というのはダテではない!
ネギもきいてうまみたっぷり!! 新鮮イワシのタタキに揚げた香ばしさが
加わっているって感じ。最強だ!


・あなごのふきみそ・フランス産鴨のもろみみそ・たけのこと行者にんにく
・新タマネギ・菜の花

そして日々は続く-メイン
本日のメイン。前回はここにたどりつかなかったと思うと無念でならぬ。
鴨を、漬け込んで焼いてるんだけど、濃厚でね~。甘く煮た新玉ねぎと、
出汁で煮た行者にんにくと合うのなんの! 味噌の旨さは言うまでもない。
あとフキ味噌って幸せだよね~。ばっけ味噌ともいいますね。
春の苦味と味噌の甘みとアナゴのうまみ。たまりません。


・鯛とたけのこのごはん
そして日々は続く-鯛めし
今日のご飯。前回はここn…(以下略)
鯛めしですよ! 筍ですよ! 旨くないわけがない!
葉山椒がきいていて、「くーーーっ」って声が漏れます。
しかも一回一回土鍋で炊いてるの。
炊き立てが目の前でさっくり混ぜられて盛られるの。
最高の供され方だと思う。


・あさり汁
そして日々は続く-あさり
だしがたっぷり出てました。肉厚!


・イチゴシャーベットとレモンのグラニテ ミントを添えて
そして日々は続く-シャーベット
アイスはイチゴ味が好きです。イチゴオレが好きです。
スタンドのジュースはイチゴジュースをセレクトです(もうええがな)
私、季節が終わっても、ずーーーーっとこのデザートがいい…!!
この前はレモンがなかったんですが、これが加わることでサッパリ度が増して、
更に美味しくなってたー。


朝ごはんを軽くして、昼ごはんもほとんど食べない、という、
軽い絶食状態で、胃をあけておいた甲斐のあるお食事でした!

あーもー本当にここは定期的に来るしかない!

そして、あおちゃんは、基本的に表情少なめで、言葉数も少ないんですが、
美味しいものを食べてる時は、本当ーにしあわせそうで饒舌になるので、
見てるこっちまで、ほこほこしあわせになるのです。

次回は5月後半か6月かなー。次なるメニューが楽しみです!



美味しいものは明日への活力!
押していただくのは、明日書く活力! よろしくお願いします♪

にほんブログ村

ビアンブログが好き!

今日はまたいきなり肌寒いですね。こんばんは、ヨコです。

副産物(書いたものへの反応)を気にしすぎないー、と
書いた直後に、いきなり多くの人に読んでもらう機会に恵まれ、
ありがたいというか、わからないもんだなーと思いました(笑。
本当にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします(笑。


さて、最近、延々と書く側の話を書いてたんですが、
今日は読む側としてのお話。


ランキングってみてますか? 私はよくみます。
中心で見るのは、私も参加しているにほんブログ村の
「同性愛・ビアン(ノンアダルト)」カテゴリですが、
ときたまアメーバのランキングとかもながめてます。

ブログ村を知ったのは、たしか1半年位前。
愛読していたブログがランキングに参加したのをキッカケに、
存在を知り、営業の移動時間のつれづれに、携帯で、
上位に位置しているブログから、片っ端から読み始めました。
携帯なので、25位以内にあるブログから手をつけたんですな。
(もちろんランキングが低くたって、すげー面白いブログがあるのは
 わかってるんだけど、なんせ700以上あるもんでさ……)

そして読み始めて、愛読し始めたブログは、ビアンブログだけでも
女同士でトレ・ビアンLife」「HEAVEN’S?
ちょろけニスタ!」「レズと呼んでくださって結構
センチメントル」「ひつじの日記」「*白*日*夢*」「下弦珊珠
♪カブトムシプリンセスとみ~のすけさん♪
ビアンでちょいオタな女がノロケまくるブログ
などなどなどなど、挙げはじめるとマジできりがなくー。
(ところでワタクシ、閲覧がほぼ携帯な為、ほとんど
 愛読ブログのランキングには貢献出来てません!
 これは改善してほしーよー…)

しかも、この読み始めたブログのリンクから飛んだり、
ランキングじゃなく新着記事からふっと読みはじめた人の文章に、
またずっきゅんときて、読み始めちゃったのがあったりとかね。

一時期、読みすぎて、疲れ目が洒落にならない感じに進行したので、
ちょっとブログ断ちをしていました。(アホ過ぎる…)


カップルでもシングルでも、中学生でも50オーバーでも、
レズビアンでもバイでもセクシャリティさまよい中でも、
色々こみに、自然体だったり、潔いことが伝わる、
適温感のある文章がとても好きです。


こういうブログを読んでは、笑ったり、ほのぼのしたり、
ドキッとしたり、きゅんとしたり、じわっときたり。
ものすごくうつくしい文章に出会って、うっとりしたり。

特に、うだうだ考えてたことを、ものすごーく的確に
パキッと表現されてるのを読むと、無性に感動します。

そーそー、まさにそーなのー!! と、その人の手を握りしめ、
ぶんすかと振り回したい衝動にかられてます。


私がブログを書きはじめたのは、そんな素敵なブログに、
いくつも出会うことが出来て、触発されたのもたぶんにあります。

そしてはじめてみたら、今度はアメブロでまた素敵なブログを
知ることが出来たりね。 たのしいわー。


と、そんな感じで、ブログコミュニティを
ゆるく楽しんでいるワタクシでございました。

でも、もともとブログトレンドにはびっくり疎いので、
有名ブログや面白いブログでも、全然知らなかったりもします。

有名っていうと(上に挙げた以外だと)、「女女苑」や
私が女とXXXXする話はシモの話じゃなく人生の話なの
あたしはレズビアンと思われてもいいのよ」くらい、かな?
というわけで、「コレは読んどけ!」的なオススメブログがありましたら、
是非教えてください♪



素敵なブログへの窓口にどうぞ!

にほんブログ村

暴走☆GW企画

もうすぐゴールデンウィークですね。

大型連休、というと、あおちゃんの予定が、
そわそわと気になるワタクシ。

前にも書きましたが、あおちゃんは転勤中の身なので、
GWにお盆に年末年始と、大型連休になれば、
地元にお帰りになるのが通例です。

というか、地元大好きのあおちゃんは、私と付き合うまでは、
三連休、といえば帰っていたらしいので、大型連休なんて
言うに及ばず。もとは最初から最後まで地元です。

昔の日記を読ませてもらうと、休みに入る前から、
休みが明けて東京に戻ってくることを考えて、
かなりブルーになってたりするので、筋金入り。

地元では家族サービスに、地元の友達に、愛車のメンテに、
やることも満載です。

というわけで、普段、さんざんかまってもらってる分、
帰省する時くらい、快く送り出すのがスジってもの。
しかも、あおちゃんの会社は10連休!
そりゃゆっくり帰りたいよねー。


が。


こと、GWは、一緒に遊んでほしい!! というか、
実は、私、GWの後半に誕生日を向かえたりいたします。

おつきあいはじめた一回目ですしー。

記念すべき三十路突入の誕生日ですしー。

てか当日だけじゃなく、大型連休、一緒に遊びたいしー!

と思った、基本自分中心なワタクシ。

よし、きっと10連休の最初から帰るだろうから、
途中くらいから、私が地元についていってしまえ!

そして、誕生日には帰ってきてもらおう!!



と、特に相談なしに決意。(おいこらー)



しかも、それに快く(?)OKをくれたあおちゃんの
予定を確保しただけで、八割がた満足して、
具体的な日程は、特にノーアイデアだったり。

GWなんて混むのに、コイツ大丈夫か…? と、
思ったのであろう彼女が、希望を聞いてくれるのに対し、
「岐阜の温泉とか、伊勢とかに行ってみたい♪」と、
完全に立地無視のざっくり要望を出し(どんだけ長距離移動…!)、
見事に困惑させたり。



えーと…色々と本当にすいませんでした。



そんなあれやこれやなにかと大変ご迷惑な感じでしたが、
なんと急遽、6日に休みも取れて、私も6連休!

3日から6日までと、たっぷり三泊四日で、
赤目四十八滝&温泉~伊勢参り~名古屋周遊の旅が決定です。
わーい、わーい!!

GWめがけて後二週間、お仕事頑張ります!



ランキングに参加してます。押してやって下さると励みになります♪

にほんブログ村

私以外のレズビアン

「ヨコさんのブログ、好きです」

最初にそう言ってくれたのは、ピグで知り合った女の子だった。

***

mixiでは、リアルの交友関係を色々とつめこんだせいで、
ほとんどLGBT関係のコミュに入れなかった。
その腹いせ(?)もあって、アメーバでは、とにかく
ビアン色でつながろう!と、決め、お気に入りのビアンブログへの
リンクはもちろん、ぐるっぽにも入ったし、ピグの部活にも入った。
(しかし、私はネットで交友関係を育むことに、そうとう適性がないので、
 まあ見事に、その辺りの交流はサッパリですが…)


彼女はそのピグの部室で、偶然ゆきあった子だった。
彼女は同い年位で、関東近県に住んでいる、と言った。

彼女いるんですか? と質問されたので、
いますよー、そのあたりメインテーマ(笑)で、
ブログ書いてますー、といったら、矢継ぎ早の質問がきた。

 どこで知り合ったんですか?
 付き合ってどれくらいなんですか?
 何歳くらいなんですか?
 どんな人なんですか?

答える私に、ひとつひとつ感嘆符がついた相槌。
「本当にそういうことってあるんですね~!!」

そして聞かれた。
「自分以外のビアンの人って何人位見たことありますか?」



……ん?
んんん?

えーと、「見る」?
え、今、私、見た人数聞かれてる??

これまで付き合った人何人くらい? とか、
ビアンの友達が何人くらい? とか、
何人位にカムアウトしたことある? とかなら、
質問もわかるんだけど(正確には答えられるかは微妙だけど)、
目撃した人数ですか???

一瞬、彼女の問いの意味をとらえかね、戸惑いながら、
「ビアンバーにも行くし、イベントにも行ったことあるし、
 イベントのオーガナイズをやったこともあるから、正直
 見た、だと数え切れないなあ…」
と答えた。
おおー、と言った後、彼女はぽつんとつぶやいた。


「私、ビアンの人って見たことないんです」


それは、ぽかっといきなり頭を殴られるような、
軽い、でも唐突で心臓が飛び跳ねるような、衝撃。

つよいつよいさびしさが、その一言から一気に伝わってきた。


彼女は、彼氏がいる、といった。
でも本当は彼女が欲しい、と、いっていた。

彼女は、何度か私のブログに来てくれて、
わざわざメッセージで、長い感想をくれた。
そして自分自身のブログでも、女の子との体験の、
思い出の記事を、いくつか書いた。
そして、あるとき、彼女はアメーバからふっと姿を消した。

今でも、ここを読んでくれているのかは、わからない。

***

彼女にとって、どうやら私は「おとぎの国の人」だった。
カノジョがいたり別れたりして、ビアンの友達がいて、
カムアウトしているノンケの友達がいて、バーやイベントに行く
レズビアン。
そういう人が、そうやって生きている人が、本当にいるんだ。
彼女が書いてくれる感想の行間からは、そういう思いが、
しみだしてくるみたいだった。

東京を一歩離れたら、いや、もしかしたら東京にいたって、
そういう風に感じている人は、今だってフツーにいるんだ。
そのとき、はじめて、私もそのことに実感を覚えた。


うん、あなた以外のレズビアンの人、いーっぱいいるよー。
ほんとに、そりゃーもーゴロゴロいるよー。



誰かを勇気づけたいとか、一人じゃないと思って欲しいとか、
あまりそういうことは、ブログを書こうと思った動機ではないし、
今も思ってはいない。

けれど人間は、イメージを、より具体的に描くことで、
未来を作る生き物だから。


私の、ささやかな日常や思いや思い出をつづる文章が、
こういう一例もあるんだなって、誰かの心のどこかに残って、
それが、その人が、より息のしやすい自分自身や、
大切なひととめぐりあう一つの要素になったりなんかしたら、
それはちょっと、いや、かなりハッピーだなと思う。


ただ書きたいことを書くだけなら、オフラインでいい。
けれど、誰かに届くように文章を書くことは、
誰かの中で色々な化学反応を起こす可能性がある。
そして私も、その反応が乱反射される中で、
また色々考えたりできる。
それが、とてもエキサイティングで面白い。


一つ前の記事で、ブログを書くことでの副産物を気にしすぎると、
書きたいという純粋な欲望から遠ざかる、と書いた。

今日書きたかったのは、それと同時に、
「あなた」が読んでくれるところに書くことで、
誰かが、読んでくれた、と知ることで、
絶対に一人だとうまれない文章があるんだ、ということ。
そしてそういう文章を、一番楽しんでいる読者は、
ほかならぬ私なんだろうなー。



そんなわけで、ランキングの一票という、
積極支持を頂けるのは、思いのほか、
私のやる気に、大きな影響を及ぼしているのでした!

にほんブログ村

ブログを書くということ

書きたいときに、書きたいことを、書きたいように。


このブログを書き始めたときに、そんなコンセプトを
掲げたのは、なにかと色々気が散ってしまって、
純粋に書くことを楽しめなくなりがちな自分のためでした。

一番最初に書いたように
そして途中にも書いたように
プライベートでも仕事でも、知ってか知らずか、通低音のように、
レズビアンであるという要素が色濃く混ざる私の日常を、考えを、
それが混ざることをあまり気にせずに書きとめ、発信するために、
私はこのブログを作りました。

でもはじめてしまうと、やっぱりどうしてもなにかを書きたい、と、
思ってなくても、更新するために、書いてしまったり、
書きたいな、と思うことでも、満足がいく文章になるまで、
きちんと練らずにアップしてしまったり。


書きたいこと以外のことに、けっこう気を取られます。


ペタも、つけてもらうとなんだかつけかえさないと
悪いような気がしたり。(明らかな営業ペタは除く)

そして、改めて実際に、その人の記事を読みにいったら、
読みに行ったよ、というしるしとして、ペタをつける、と
自分ルールを決めてみたり。
(あらためて書いてみると、相当バカっぽいなー)


確かに、見知らぬ「あなた」や、よく知っている「あなた」と
より考えを伝えられて、交流できる可能性があったらいいなと思って、
オープンスペースに文章を書きはじめました。

文章を好きといってもらえるのは、とても嬉しいし、
楽しみにしていると言われれば、書きたいと思うし、
共感した、といってもらえると、醍醐味だなと思う。
ランキングも、あがればもちろん嬉しい。

けどそれは、あくまで副産物。
副産物を目的にしはじめると、きっと一番最初に
手に入れたかったものは、どんどん見えなくなってしまう。


だから気が散りはじめると、自分の中で静かに唱えます。



書きたいときに、書きたいことを、書きたいように。



そんなブログですが、よろしければ今後ともよしなに。

にほんブログ村

わたしが決める、わたしの感情

「だけどぼくは思う。

 天から与えられる運命は ただそれだけのもの。

 幸福も不幸もない。

 ぼくの喜びも悲しみも、あるのは そこにじゃない」

(なるしまゆり「原獣文書」2巻より)




好きな漫画家は、といわれると、今でも一番に挙げるのは彼女の名前だ。

彼女の漫画の、とにかく言葉が好きだった。
その鮮やかさに、いつもしびれた。

その中でも、もっとも印象に残っている言葉は冒頭に書いた言葉だ。
自分の身に起きること、それ自体に意味はなく、
そのことの意味は、自分が決めるものなのだと。


心理学における「認知」という言葉を知ったとき、
それがしっくり理解できたのは、このせりふに出会っていたからだとおもう。


曰く、
「起こっている出来事に意味づけをしているのは、すべて自分である」



例えば、ある出来事があり、私はひどく悲しかったとする。

これを普通「私をひどく悲しませる出来事が起きた」と思うだろう。

「悲しませる出来事」と書くと、出来事そのものが、私を悲しませているようだ。
けれど、それそのものが「悲しませる」という性質を有しているわけではない。
私が「悲しいことだ」ととらえることで、その出来事は、はじめて私を「悲ませる」。

そうやって、すべての出来事は、「私の捉え方」というフィルタを通して、
私に、はたらきかけてくる。

そのフィルタは私の過去の経験によって学習され、つくりあげられている。
そのフィルタをとおしてしか、私は世界を捉えられない。
だから、私にとって、そのフィルタはかぎりなく無色透明で、認識するのは難しい。
コンタクトレンズのようなイメージだ。

けれど、自分のフィルタの特徴を捉えることは、
時に、世界とつきあうことを容易にしてくれる。

「自分はこういう出来事をこうとらえやすい」と知っていれば、
その出来事に、自分がつけた意味にむやみに振り回されなくてすむ。
少なくとも、振り回されそうになっても、
もしかしたら、自分が思っているだけ、かもしれない、と、
ワンクッション置いて、考えられるようになる。


私には、ひとつハッキリ認識している、自分のフィルタの特徴がある。

私は、近しい人が、「いつもと違う様子である」
もっと言うと「不機嫌そうである」ということに、多分、かなり敏感だ。
そして、「いつもと違う様子であること」は、私は、即「不安」なことだととらえる。

私に「いつもと違う様子」を見せること、
それは「私に不満がある可能性が高い」と私は思う。
だから放置せずに、その理由を適切に探り、向き合わなければ
「怒りが増幅されて、いつか倍になって私に降りかかってくる」と思っている。
だから「近しい人が不機嫌」だと、反射的に「不安」になる。


けれど、それは私が、自分の過去によって学習してしまったことで、
必ずしも、その関係の中で、学習したことではない。


「いつもと違う」のは、仕事のことで悩みがあるのかもしれない。
昨日来た家族からのメールで、悩んでいるのかもしれない。
お腹が空いているのかもしれない。眠いのかもしれない。


私に言いたくないような内容が理由かもしれないし、
私に言うまでもないようなことが理由かもしれない。


そんな中、私が「いつもと違う様子」である理由の開示を執拗に求めたら、どうだろう。
言いたくないかもしれない。言う義理もない。

私が、その人が「いつもと違う様子」である理由を解き明かしたいのは、
決して気遣いではない。
私が、自分のフィルタによって生み出した「不安」を解消したい、という、
私の利己なのだ。

「不安」に感じてしまうのは、私の問題。
理由を知りたいと求めるのも、私の問題。
当然のように、感じるものではないし、
求めて当然、なものでもない。


それは、わたしが世界をそう捉えているから。
わたしの感情は、わたしが決めているのだ。

そのことだけは、決して忘れないでいたい。



ランキングに参加してます。押してやって下さると励みになります。

にほんブログ村

いっしょ時間のしあわせ

余震が続きますね。
免震構造のビルの七階に勤務しているので、震度3でも割とゆれます。
今日のは4弱ってとこですかね。今日の揺れに見事に酔いました、ヨコです。
こんばんは。


さて、前フリと全く関係ないんですが、最近の私のひそかなブームについて。
あ、これ、全力でノロケですので。最初に断っておこう(笑。



ひとつめは、マッサージ。

してもらうのも大好きですが、最近はするのが楽しい!!

昔一度覚えた、反射区だの、ツボだのを、思い出しながら、
ぐりんぐりんやっていると、時に気持ちいー…と目を細め、
時にいってーー! と顔をゆがめるあおちゃんが、
楽しくてしょうがなくて、二人でテレビを見ているときや、
ぼけーっとしている時に、ついつい手が伸びます。

筋肉がこわばりまくって、いきなり首を痛めたり、腰を痛めたりしている
あおちゃんなので、やりがいもあります。
私は素人なので、やりすぎ禁物ですが。

どうせならと、久々に、教本も買ってみました。
教わった人の影響で、私がやるのは、いわゆる台湾式足もみの「官足法」
というやつで、けっこーイタイ!
自分でもやられたら「ぴぎゃー泣!」とわめいちゃうようなヤツなのですが、
実際やると、眠りも深いし、きちんと続けると、体調は本当に改善すると、
効果はバツグンなので、今度また、自分の足を練習台に腕を磨きつつ、
がっつり足の裏をぐりぐりやったげようと思いますw

ふたつめは、一緒にお風呂に入ること。

二人でシャワーを交代ごうたいに使いながら、化粧を落とし、
髪を洗って、体を洗って、しかるのち、湯船にざばーっと浸かりながら、
向かい合ってしゃこしゃこと黙って歯を磨く時間が、なんだか
とってもまったりしていて、しみじみしあわせだったり。

どちらも、時にはおしゃべりをしながら、時にはだまりながら、
それでもふたりの時間を過ごせるというところが、お気に入りです♪



旅行に行くのも、美味しいものを食べにいくのも、体を動かしに行くのも、
スポーツを見に行くのも、買い物に行くのも、全部とても楽しいけれど、
二人で一緒におうちで、特別でもなんでもない同じことをやってる時間は、
とっても幸せだなーとおもう、今日この頃なのでした心



ようやく、「みんなの絵文字」の使い方を覚えたヨコでした。
ランキングに参加してます。押してやって下さると励みになります♪

にほんブログ村

「ビストロ間」

とっておきのビストロに行きましょう、と、美味しいもの仲間の
Pさんたちと約束をしたのは、今年の1月のことでした。

あれからはなんだかとても長い時間が経ったような気がするけど、
春は巡ってきて、先週の土曜日、約束かなって行ってまいりました。

二日続けて、花見ご飯とビストロディナーと、ほんと贅沢なワタシタチ。

ビストロ間」は、席にそっと置かれたコースメニューの扉に印刷された、
「厳選された野菜とフレンチを気軽に楽しむという贅沢」という
大変魅惑的なキャッチフレーズで、最初からココロをわしづかみ!

そして、開けてみるメニューは見れば見る程、うっとりな顔ぶれ。
美味しそうなメニューって見てるだけでしあわせですよね~~。


アミューズ…飴細工のシューフォアグラ包みとジャガイモのポタージュ
そして日々は続く-110403_1822561.jpg
フォアグラもポタージュもうめー。瞬く間にすきっ腹に消えました。


前菜…ヤリイカとクスクスのファルス イカ墨と白ワインのソース
そして日々は続く-110403_1836191.jpg
ファルスというのは詰め物という意味らしいです。
イカ墨とリンゴのソースの二種類で、混ぜて食べると、
確かにソースの味が深くなる!


野菜料理…やさしいムースとテリーヌを贅沢に盛り込んだ2種の前菜
 カリフラワーをテーマに

そして日々は続く-110403_1856471.jpg
ソラマメのアイスの甘みとコンソメジュレがベストマッチで至福~!
カリフラワーの触感がするテリーヌも、花蕾系の野菜が大好きな私には幸せの味。


メインディッシュ…鯛の新筍包みアンディポワーズソース
 桜エビのフリットをのせて

$そして日々は続く-110403_1943161.jpg
筍でどうやって包むのよ、と思いませんか?
千切りで包むのです! 千切りした筍で包んだ後、
蒸したんじゃないかな~。ほろりと崩れて、優しい春の香りに、
鯛の味がひきたちます。



野菜料理2…春野菜のタジン鍋蒸し
そして日々は続く-110403_2000111.jpg
タジン鍋が、野菜の濃い味をぎゅーーーっと閉じ込めて、
ほろ苦い。シンプルな味付け最高!!



くずし…金星佐賀豚とキノコのご飯 柚子の香り
そして日々は続く-110403_2036511.jpg
ご飯ものに、「くずし」ってまた名前がヨイわ~。
三種類の胡椒が使われている、ということで、柚子と胡椒の香りが、
エンドレスの食欲を誘います。
豚のあぶらはとろけるし、きのこもいい香りだし。
食べきれなかった分をおにぎりにしてくれるという
こころにくいサービスに完全にヤラれました。


デザート…ローズヒップのクリームとチョコレートのアイスクリーム
 桜のカクテルの泡を添えて

そして日々は続く-110403_2103201.jpg
ここまでガッツリ食べたのに、デザートもぺロリでした。
ぎゅうひのチョコ餅風に濃いチョコアイスとクッキー。
ローズヒップのクリームは、新鮮な苺みたいな甘さでした。


〆はコーヒーとハーブティでしみじみ。


途中途中で、焼き立てのパンも供されました。
$そして日々は続く-110403_1926011.jpg
パン好きのあおちゃんは、出された瞬間にさくっと完食。
私がお腹の具合に合わせて、ちまちま食べてたら
「焼きたてはもっと美味しかったのに~」
若干うらみがましげでした(笑。


しかし、これが3800円のコース、というのだから、びっくりします。
いいのか、このコストパフォーマンスで…。
飲み物を一杯頼んで、一人5000円位ですよ。ナイワー。

そして出される料理の数々は、味もさることながら、
盛り付けが、全部本当に絵画のように美しく、
目にも鮮やか、舌にも嬉しい、本当に幸せなお食事で、
出てくるたびに、歓声をあげていました。


お喋りの中心はやっぱり震災の話にならざるをえなかったけれど、
その時間を越えてもいま、大好きな人たちと、
こうして美味しい食卓を囲める幸せをかみしめた夜でした。

次回は是非、J-Cookへ行きましょうね!>完全に私信。



ランキングに参加してます。
押してやって下さると励みになります♪

にほんブログ村

私を好きなひと

今夜は、上司様と元取引先の社長との呑み。


この社長は、なんだか知らないですが、私のことを
エラくかってくれていて、会社としての取引がなくなった今でも、
(上司様と絶対込みで(笑))、食事に誘っては、
色々ぶったぎったり、めちゃめちゃ褒めたり、
たきつけたり、自分の会社に、勧誘してくれたりします。

いや、私、前は彼のこと、ものすごいキラいだったんだけどね!
気分屋で言うことコロコロ変わるし、ぎゃーぎゃー言うし。
うーーるーーーせーーーー!! って感じでした。


しかしたしかに、ものすごーい愛情は感じるんだよね。
なんでかね。

私の八方美人なところも、基本的には社交辞令的な態度が
全く崩れないところも、頭でっかちで分析屋のしょうもないとこも、
よくわかってるだろうに、何を見て好きだとか、
一緒に働きたいとか、育てたい、というのか、
正直、本当ーに、よくわかりませんが。

でも、超本気だ、というのはよくわかるので、
(明日には9割がた忘れてると思いますが)
昔から、彼の問いかけや言葉には、絶対に真剣に答えようとする
私がいます。


 なぜ? それはなぜ?

 なぜわかってるのに、行動を変えないの?

 人生としては0点の答えだねー! 本音で話せよ!

 一年で結果を出すと、約束しろ!

 やれるかやれないかじゃなくて、やるかやらないかなんだよ!


うん、いっそ爽快感のあるほどのぶったぎり!
すげーなー、オイ(笑。

****

つられて、上司様とも、久々にしっかり話し込めてよかったなー。

私が昇進した二年前から、彼女とは全然うまくはいってなかったし、
気持ちもすごく鬱屈もしてたけど、それでも私は彼女が嫌いなんではなかった。
尊敬もしていたし、全然本音は見えないけど、絶対逃げない人で、
部下を守る人だって知ってた。

いい加減離れたい、とは思っていたけど、それは5年も、上司部下で
近くにいすぎて、お互いに甘えがあって、関係が腐ってきている、
と、思ったからだ。

私は変わりたいと思うし、またこの人と仕事をしたいとは思っている、
というのは、口に出してみたら、すとんと落ちました。

****

しかし、私、時々なんだけど、この社長みたいに、
本当にすっげーなーとか、これはかなわないなーと思う、
ハッタリや、嘘じゃなくて、本質と本音で生きてるなーと思う、
大変キョーレツな人に、なんだかエラく、気に入られるときがあります。
(そして、ドカンと嫌われたりもするけどな!!)

私は基本的に、自分は外見をちょっとできる風に、
整えてるだけのハリボテなヤツだと思っているので、
そういう「本質!」な人に評価されるのは、落ち着かない気分になる。


今日は「あなたは本当に美人だけど、その魅力に、自分では、
まったく気がついてない」「殻を破れば、大きく成長できるのに」
と、
十回くらい言われました。横では上司様が深くうなずいてました。

いやーいやー確かにわかんないっすーと、手を振っていたけど、
ふと、もしかしたら、私は、欠点の分析はよく出来てるけど、
長所も含めた等身大の自己分析や、評価が、出来てないのかもしれない、
と思いはじめてみたり。

等身大で、きちんと知った上での自分を信じる「自信」がないから、
自分の評価は、プライドのために、自分の中で出来るだけ、
下げておくようにしていて、その分、人との評価にギャップがうまれて、
なんだか不安になったり、ふらふらと惑わされるのかも。



それはなんか…なんだか……30にもなってかっこわるっ!!



「自信がない」ってポーズは、ほんとただの自己弁護で逃げだよね。
そんな、訳のわからないエクスキューズをしていないで、
自分の欠点も長所もきちんと把握して、自分をちゃんと
育てたいって思いました。


私を好きな人たちよりも、私は私を好きでいないとね。
そのひとたちが私を好きっていってくれる言葉とは、
基本的には関係ない位しっかり、私は私を見てないとね。
それは、本当にむずかしいことなんだけれども。




ランキングに参加してます。
押してやって下さると励みになります。

にほんブログ村

夜桜散歩

桜は今週がきっとピークだね。一緒に見たいよね。
よし、今週は平日の一日、どっかで夜桜散歩しよ!

そんな約束をして、実現したのが昨夜でした。

あおちゃん宅の最寄り駅の一つ前から、あおちゃんのうちまでの道は、
見事な桜並木が続くのです。

出掛けに上司様につかまって、居酒屋連行されたというあおちゃんは、
真っ赤な顔と潤んだ目で待ち合わせの改札に到着。
うははー、酔っておるー(笑。てか、よく抜け出してこれたな。


夜だったのもあって、手を繋いで、二人でふらふら。

桜はまさに満開で、風が吹くともう花びらが舞い散る木も。
今年は点いている街灯が少ないから、少しくらいけど、
桜の白がぼんやり夜闇にうかびあがるのは、幻想的でとても綺麗でした。


家に帰って、途中で買った水菜をシーザーサラダにし、
そら豆をさやごと炙って、赤だしみそ汁を添えたシンプル野菜ご飯。


穏やかで幸せな春の宵。
けれど、地面が長く強く揺れて、心の底が不安でひやり。

はやく日本が暖かくなりますように。



ランキングに参加してます。
押してやって下さると励みになります♪

にほんブログ村

花はさかりに

この季節になると、ついつい口をついて出る古典の一節。

けれど、たれこめて春の行方を知らぬのは無理なので、
これはこれはと吉野山まではゆけずとも、花がゆれるのを
おいかけてしまいます。

晴れ上がった今日のお昼は、新宿御苑まで足を伸ばしました。
花の季節は、平日の昼とはいえ、入り口付近は人人人。
でも中に入ると大してこみあう風もなく、皆、ゆったりと
花を観てまわっていました。

ソメイヨシノは6分~満開というところ。
御苑は色々な種類が植わっているので、咲き初めから、
今を盛りと咲き誇る木まで、いろいろな花の顔が楽しめます。

そして日々は続く

そして日々は続く

そして日々は続く

そして日々は続く

そして日々は続く

そして日々は続く



桜以外の花もうつくしく咲いていました。
ふと気持ちのゆるむ、うららかな春の陽。



ランキング参加中。押していただけると励みになります♪

にほんブログ村

そういうのがハピネス

実家を出て早6年のヨコですが、今でもなにかと実家からは
「帰っておいで~」とお呼び出しをくらいます。
愛されますね。ハイ。ありがたいことです。


昨日も昨日とて、ハハオヤから
「おとーさんが実家に行っちゃっててさびしーので、
 日曜か月曜に、泊まりに来てください」
と、
ラブコール。

昨日は、がっつりあおちゃんと一日デート予定だったので、
「日曜無理だから、月曜に帰るよ~」と、
安請け合いした私だったんですが、

本日、月曜日。
思わぬ残業、エンドレスモード
チカレタヨー。オウチカエリタイヨー。


実家とはいえ、6年も経つと、完全に他人のうち。
自宅とはくつろぎ度が違います。
しかもちょっと遠いし。明日も超緊張のアポだし。

実家に帰るのが、だんだん面倒になってきた私。
9時を越えた辺りで、「会社出るの10時過ぎるかも」と、メール。
じゃあ無理しなくていいよ、という言葉を期待しつつ、
だったんですが、

「わかった。終わる頃連絡してね。夕飯は○○と○○とどっちがいい?」

うーむ……。
期待されておる………。

そこから更にしゃかりきに仕事をするも、刻一刻と
時間は過ぎ去り、10時半過ぎ。ココロがギブアップ。

「ちょっと御免、帰れそうにない。明日朝も早いんだ」

これで諦めるかと思いきや。

「作りながら待ってんだけど……
 どうせ夕飯食べるなら来ない?」


うーん、不屈だ!
丁重に謝意を示しつつ、ごはんを食べない旨、帰ったらすぐ寝る旨を
伝えたところ、

「わかった。美味しいビーフシチュー作ったんだけどしょぼん



め ん ど く せ ー ! !



自分でも、そんな仕事したいわけじゃないのに、
疲れてるのに、頼むから、すねんなやー!
疲れが倍増なんじゃー!!
アナタは私のカノジョですかー!!




ふーーーー…




と、心中絶叫してから、あらためて思ったんですが。

本当の、私の彼女は、くそみそに残業してても怒らないし、すねないし。
(そもそも私よりも全然働いてますし)

いきなり休日出勤になっても「ひどいねー。大変だね。頑張って!」
としか、いわれたことないし。
(自分はそんな突発的に休日を潰すことないのに)

なんてことだー。なんてことなんだー。
ほんとにしみじみ、ありがたいってか、やさしいってか、
「助けてくれる」人だなー……。

と、思わぬところで、あおちゃんに癒されてたのでした。

明日もお仕事がんばります。



ランキング参加中。押していただけると励みになります♪

にほんブログ村

春ご飯と花見の幸せ

去年の夏ごろから、ベジタリアンの友人カザトと月一ペースで
「野菜会」というのをやっています。

野菜を美味しく食べさせる店に行き、肉が含まれないメニューだけを
楽しむという趣旨の企画なんですが、今日はそのスピンオフ。

美味しい料理を作って振舞うのが好き、という女神様のよーな
属性をお持ちの「料理人」さんを、我が家にお招きし、
野菜中心料理を作ってもらい、しかるのちに近くの公園で、
花見をしようという企画を、まずは料理人さんに
特に相談なしに立ててみました。
(鬼なのか)
快諾してくれた彼女に感謝!

メンバーは、料理人さん、カザト、まう、あおちゃん、私。
本日の献立も材料も、すべてお任せの指示待ちです!!
(だから鬼なのか)

そんなわけで本日のメニュー。

・グリーンピースご飯
・具沢山の卯の花
・米ナスの揚げびたし(白髪ネギとたたき梅と鰹節)
・さわらのバター醤油焼き
・ブリのお造り
そして日々は続く-2011_04_02_19_53_461.jpg
写真はさわらと卯の花です。

お酒は、岩手は陸前高田町の地酒と愛知の「ねのひ」。

私は、準備を手伝ってたんですが、いやー手順が細かい!!

ひとつだけ例を挙げると、グリーンピースご飯。

・ご飯を研いでざるに上げときます。
・昆布だしをとって、グリーンピースを5分煮ます。
(このときのだしをとるこぶの端に切り込みを入れます)
・そのまま冷まします。
・グリーンピースを取り分けて、茹で汁にお酒と水をいれ、
 茹で汁が人肌位に冷めたところでといだご飯と炊飯器にセット。
・水が完全にさめたら、塩を小さじ半分ほど投入。
 (塩を後で入れないと、ご飯が固くなるんですって!!)
・ご飯を普通に炊きます。
・炊き上がったところでご飯にグリーンピースを混ぜて、
 5分蒸らします。

やることが本当に細やかなので、出来上がるものが
すごーーくきちんとした味がする!
ああ、料理が上手いってこういうことかって、感動します。

米ナスは、たっぷりのオリーブオイルとちょっとの胡麻油で、
炒めるように揚げて、たっぷりの白髪ネギと、たたいた梅、
鰹節をかけて、上からめんつゆを薄めただしを回しがけ。
この梅干とナスが合うのなんの!

お造りに添えられたわさびなんて、生わさびすりおろしたよ!

そんな風に出来上がったなんかんもがめちゃくちゃ美味しく、
お酒と共に、美味しい美味しいとすごい勢いでたいらげていく四人に、
目を細める料理人さんという、若干炊き出し的な光景が
繰り広げられていました。

ご飯をあっという間に片付け、あおちゃんとカザトが
買ってきてくれたデザートをつまんだ後は、近くの公園に夜桜見物。

風が強くてちょっと寒かったんですが、木によっては八分咲きで、
かなり見ごたえがありました。


次回はGW明けに皆で、美味しいお酒を手土産に、
料理人さん宅を襲撃予定です!
楽しみだー!



ランキング参加中。押していただけると励みになります♪

にほんブログ村

変化の季節

4/1でしたね。

久々に、自分自身に異動辞令が出ました。

エイプリルフール!
というわけではなく、マジであります。

実際動くのは、ちょっと後になりますが、
約6年ぶりに営業ではなくなり、だいぶ様変わりした
古巣の部署に戻ります。
今日挨拶しにいったら、あたたかい歓迎の雰囲気にじんわりしたり。


営業だった期間は、長いようで短いようで、やっぱり長かった。
まだ全然終わってもいないのに、ちょっと振り返りモード。
(つうかこれから評価という恐ろしい時期がくるので、全然終わっちゃられぬ)


うちの会社は営業会社なので、営業から外れるのは
見方によっては「左遷人事」だったりもしますが、
私自身はこの異動は100%前向きにとらえています。
正直、異動先のほうが、期待されていることに応えられる気がする。


異動先も、もちろん激動の変化を迎えているので、
しんどいこと待っているのは確かなんですが、それでも人は
自分が「役に立っている」という実感に生かされるものだから。


特にここ二年間は、非常に精神的には低迷しており、
さりとて異動の手を自分で上げる踏ん切りがずっとつかず、
ぐるりぐるりと悩んでいたので、異動辞令は、天からの恵み。


与えられたこの辞令を心機一転のチャンスとして
頑張りたいと思います。



ちゃんと働いて稼いで使えよ! と思ってくださる方は、
おしりたたきがてら、押してやってくださいませ♪

にほんブログ村

時間感覚と恋人同士の相性についての一考察

皆さんは時間を守るのは得意ですか?


私は大変残念ながら、だいぶ苦手です。
待ち合わせは、常にギリギリを追求しています。(最低だ)

気をつけようとは思ってるんですが、これはなかなか改まりません。
特に、会社の退社時間は、目標値を大体下回ります。
なので、会社帰りの待ち合わせは、かなりデフォで遅れます。


さて、この前、バーの周年イベントの際、ふと気がつくと、
友人のNさんと、よくそのバーで顔を合わせる常連のPさんが
待ち合わせ時間について激論を交わしていました。

どうやら、想定の待ち合わせ相手は恋人のよう。
恋人とどういう時にモメるか、というネタから
展開したようでした。

Nさんは、連絡さえもらえれば別に気にしない、
その辺りの本屋にでも入って待てばいい、
Pさんは、少しでも遅れられるとイライラする、
本屋に入っても、いつ来るのか気になって、本が手につかない、
と、それぞれ主張して、一歩も譲りません。


これって正に価値観の違いで、私どっちの言うことも
なるほどよくわかったんですが、ひとつだけ。
私みたいなタイプがPさんみたいな時間感覚の人と付き合うと、
マ ジ で モ メ ま す 。

時間に対する感覚って、もう生活基盤の感覚なので、
(例えて言うなら「清潔」に対する感覚に近いと思う)
どっちもなかなか歩み寄れないから、ほんとーにモメるんだよ!

じゃあ、時間感覚の合う人を、なんて、恋人を選ぶわけにも
いかないと思うので、恋人とこのあたりの感覚が折り合う人は、
マジで神に感謝した方がイイし、あわない人は、
お互いに諦める、という方向を、模索することをオススメします。

だって人は変わらないんだもんよ。本当に。


時間に厳しい人は、倫理的に正しいから、なかなか
諦めきれないんだけど、
ゆるい人は、基本はゆるいまんまで、なかなか変わりません。
反省はするんだけどね。わかってるんだけどね。ダメなのね。

今気がついたけど、これって喫煙者と、非喫煙者のカップルの、
タバコを巡る衝突に似てる気がする…(笑。


ちなみに、私とあおちゃんはこの辺りの感覚は合うので、
時間のことでは、お陰で全然モメずにすんでいます。

長く穏やかに一緒にいるには、結構大事なポイントだと
思うんだけど、なかなかわからないトコなので、
ラッキーだなあと、本当に神様に感謝する日々です。

(しかし、もうちょっと余裕は持てというはなし)




ランキングに参加中。押して下さると励みになります。

にほんブログ村

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム