遥かなる太陽の王国 その6

スペイン5日目。
この日はレンタカーでロンダという町に向かう。

この町には、古い古い巨大な水道橋が深い渓谷にかかっている。
その景色を、どうしても見たかった。

永いときを経た巨大な建造物は、なんでこうも心をつかむのだろう。



しかしロンダへ向かう道は平坦ではなかった。
レンタカーを借りるのに、まず四苦八苦した。
カウンターのお姉さんの英語はつたなく、こちらの交渉役の父親は耳が遠く聞き取れない。
簡単なやりとりならばともかく、書類を出せ、追加の保険をかけるか、かけない場合のリスクはどうか、ナビの使い方はどうすればいいのか、などとなるとお手上げ状態。

普段の二倍くらいの時間をかけて、なんとか7速のマニュアル車を借りられた。



少し筋から離れる話になるが、今回、両親とスペイン旅行にきて、改めてつよく実感したのは、親との関係の変化だった。
力関係の変化といってもいい。

今まで親と海外旅行に来ると、ほとんどすべて親の手配で物事は動いていった。
父親は英語が堪能で、母親は旅行の計画を立てるのが好きで、あまり労を惜しまず宿を取ったり、交通の手配をして旅のマネジメントをしてくれていた。

食べるところも、泊まるところも、行くところも、どのように行くかも、そこで何が必要かも、すべて親がかりで、幼かった私や弟はただただそれに乗っかって色々な国に連れて行ってもらっていた。


けれど今回の旅は、その多くが私の役目になった。


泊まるところや交通手段は日本で大枠の手配を済ませていたけれど、その都市について、地図を見て、どこに行きたいか、どのように行けるか、書類は何を揃えなければいけないか、どこで何を食べるかの選択肢や手配は、大半が私に任された。

ホテルや交通機関との実務的な意思疎通は、英語の語彙が豊富だけれども耳が遠い父親よりも、なんとなくその場で話されることを予測して、身振り手振りを加えながらやりとりができる私の方が向いていた。


私が30を超え、そして、親が60を超える、というのはこういうことなんだ。



閑話休題。


ようやく借りられたマニュアル車に乗り込んで、早速困った。
どのようにエンジンをかけられるのかがわからない。
取説を引っ張りだすも、全てスペイン語でイラストは入っているものの、必要な操作が探し出せない。


なんとかエンジンをかけて走りだしても、地下の駐車場から上がっていく狭く急な坂道では、横をぶつけそうになる。滑り落ちそうになる。
後ろの車が、狂ったようにクラクションを鳴らす。
エンジンの焦げる嫌な匂いが車の中にまで漂う。



この時点で私と母親は震え上がり、もうレンタカーを返して、バスで行こうと提案したが、運転役の父親は「大丈夫だ。どうにかなる」といって聞かず、ものすごい速度で車が走る右側車線の道路につっこんでいく。

なんとかスクランブル交差点を抜け、ロンダに向かう平坦な一本道に出るも、片道一車線ずつの広くない道路で、お互い100キロ近く出してすれ違っていくので、助手席に座っていると生きた心地がしない。

途中休んだカフェつきのガソリンスタンドでは、バックの方法がわからないことがわかって壁に激突しそうになり、私と父親で、なんと手で車を押し返し、試行錯誤してバックの仕方をなんとか探り当てたりもした。



抜けるような青い空に、風車が周り、遠くには白い壁の村を見晴かすのどかな風景に、天国へのドライブ感を存分に味わいながら三時間弱。



ようやくロンダの街についた時は三人共ヘトヘトで、帰り道もあることを思うと、私はここに車で来ようと提案したことを、心底後悔していた。


にほんブログ村


スポンサーサイト

遥かなる太陽の王国 その5

アルハンブラ宮殿の半日ツアーを楽しんでから、長距離バスに乗ってグラナダから港町のマラガへ。
マラガは避暑地であり、ビジネス街であり、かなり近代的な雰囲気の町で、同じアンダルシア地方でもだいぶグラナダと雰囲気が異なる。


ここで、うちの父親が何故か日本から持ってきてしまった大量の書籍が荷物量の限界を越える。
旅先でも買い足すのだから、書痴という人種はなかなかに厄介だ。


日本の家に送る手続きもわからなければ、段ボール箱をどこで入手出来るかも不明。
右往左往した挙げ句、大型デパートのイルコンテイングレスに入っているDIYショップの店員さんに身ぶり手振りでコミュニケーションをとり、なんとかゲット。

この、スペイン最大のデパートチェーンのイルコンテイングレスには、食材から何から何かとお世話になり、各町のイルコンテイングレスで、毎日のように買い物をしていた。


さて、夕食を、と町をさまようも、マラガは、手持ちのガイドブックにあまり詳しいことが載っていなかったせいで、適当な食事どころが見つからず。
そこら辺のバルにはいり、食べたエビのタパスは美味しかったけれど、あくまでおつまみ程度。
割高なホテルのルームサービスを利用することになった。


行き当たりばったりの店探しに限界を感じ始めたのがこの頃。
見知らぬ町をふらふら歩いている中で、適当にそこら辺に入って美味しい店に巡り会う、という嗅覚をあまり持ち合わせていないのが残念なのだけど、ここで世界最大のトリップアドバイザーの力を借りる、という技を身に付ける。

ここから飛躍的に外食がレベルアップしたので、食べる店の下調べは日本で以上に大事だったなあと痛感した。



次の日は、この旅の(私にとっての)最大の目的地ロンダに向かうのだが、何気なく選んだ「レンタカーを借りる」という移動手段に、この旅最大級の恐怖を味わうことになるとは、知るよしもなく、スペイン四日目が終わったのだった。


にほんブログ村


遥かなる太陽の王国 その4

アンダルシアで見たかったものといえば白い壁の続く町並み。

強い地中海の陽射しに照らされる白壁は光り、町全体が発光したようにみえると聞いていた。


グラナダの街中にアルバイシンという地域がある。
モロッコ系住人の街で正直あまり治安がいいとは言えない。


日中でも首を絞められて物を盗られる事故が起きるので、決して家族だけではうろうろと歩かないように。
町の案内所でもそう注意を受けた。

(余談だが、この町には日本の方が個人でやっているかなりユニークな案内所があった。
「ヤク中のモロッコ人が見学できる順路はこちら、ただし安全性は保証しません」なんて案内を受けるのは後にも先にもここでだけだと思う。
案内人のパーソナリティがユニークであったことは言うまでもない)


ただ、この街区を登ったところにある丘からはアルハンブラ宮殿が一望できて素晴らしいときき、ふもとのカフェで腹ごしらえをしたあと、タクシーを捕まえて丘の上までいくことにした。


途中、車の幅+数センチくらいしかない狭い道を、アグレッシブな速さで登っていくタクシーに度肝を抜かれつつ到着。



そこでみた風景のひとつひとつは、この旅で一、二を争う印象的なものだった。



青い空に、白い壁、白いタイル。




眼前に広がるアルハンブラ宮殿。




曲がりくねった石畳の街路。




丘の上の広場では、花咲き、男性がしわがれた声で歌いながら、ギターを掻き鳴らし、ボール遊びに興じる子供たちの石畳にくっきりと落ちた黒い影が踊り。


まるで一枚の絵のように、記憶の中に収まっている。



強烈な陽射しの強さと、日陰の清涼感の差が激しく、本当にヨーロッパは気候が違うね、と親と言い合いながら、3人で写真を撮りあった。



後から撮影したアルバイシンの全景。





にほんブログ村

遥かなる太陽の王国 その3

二日目はマドリッドを早朝から観光。


生ハム専門店にこの上なく盛り上がったり。




馬に乗る女性警察官に惚れ惚れしたり。




王宮の美しさにうっとりしたり。




外国のスーパーは見応えがある。





そしてこの日のハイライトは、ディナーで行った世界最古のレストラン「ボティン」。
かの文豪、ヘミングウェイも通ったというこのお店は、地下室のワインカーヴを客席にしたというフロアがとても雰囲気があって素敵。

ここのガスパチョを、うちの両親は新婚旅行で飲んでいたく感動し、そこから日本でも海外でも色々飲み比べてみたけれど、ついにこの味にはたどりつけなかったんだそうで。





昔からその話を聞きながら、自家製のガスパチョを飲んで育った私にも感慨深いものがありました。


でもこの店の看板メニューは仔豚の丸焼き。




***


三日目は早朝からグラナダへ。


グラナダは、世界史の勉強をした人だと、レコンキスタの言葉と一緒に覚えておられるのではないだろうか。


イスラム文化の華。
気が狂いそうな位精緻な彫刻に彩られたアルハンブラ宮殿の中に立つパラドールに宿泊。



パラドールとは、スペインの国営のホテルチェーンのこと。

公営の宿、などというと、健康保険の保養所等を思い浮かべられる向きもあるだろうが、スペインのパラドールは観光大国スペインが、古城や貴族・領主の館、あるいは由緒ある修道院を一流ホテルとして整備したもの。

大変に美しいのです。



そのパラドールのパティオ(中庭)





そして何故か室内ではスペイン語で喋るドラえもんやのび太が…。





にほんブログ村

遥かなる太陽の王国 その2

そして、2013年4月の半ば。
あおちゃんを日本に残し、親とスペインに旅立った。



パリを経由して、15時間のフライトを経て、マドリッドに到着。
エコノミー症候群怖さに何度も席をたちストレッチしたせいか、あまり疲れは感じず。
ただし、時差ボケにやられてやたらと眠かった。


スペインの春は、日が長くて、20時ではまだまだ夕方のような明るさだった。

飛行機でもらった薄いガイドブックに載っていたレストランに入り、海老とマッシュルームのグリルを頼んだら、座布団のようなキノコが出てきて度肝を抜かれたのが、一日目のハイライト。






海外は予想のつかないことが多い。




そして、この日の夜、母親がメインのガイドブックを忘れた、と言いはじめて、途方に暮れる。



え、それ、今回の旅の一番基本と思って、充実させた観光データーべース…。


めっちゃ事前に情報を書き込んできたやつ…。



Wi-Fiとスマホがあっても、やっぱり紙媒体は最強。電池切れないし。

海外旅行でガイドブックがないとかなり困る、というか、軽く詰む、ということを痛感しつつ、滑落睡眠。





そして、二日目の早朝、「ガイドブック見つかったよ!!」の一言で目覚め、心の底から安堵したのを覚えている。


スペインの朝は遅く、5時は真夜中。
8時位でも早朝の雰囲気。





にほんブログ村


プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

フォローミー
yoko_tuzukuhibi

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム