30代越えた友人同士の鉄板会話はほぼ健康ネタ

こんにちは、ヨコです。

突然ですが、私今年本厄でして。

今まで厄のつく年には一応お祓いに行っていたのですが、今年は初詣すらサボりました。

したところ(?)、年始からまーまー波状攻撃的に体調不良(ぎっくり首、捻挫、食あたり、胃腸炎)に見舞われ、先週とうとう胃カメラ飲みました。

胃カメラは鼻から入れるやつで、口からより苦しくないよ! という前評判を聞いてたんですが、結果的にはだいぶえづいた。

検査後も延々喉に流れ落ちてくる麻酔のゼリーが大変まずくて、一日ブルー。

しかも麻酔効いてるから、鼻から水分がだらだら流れ落ちてくるのが自分では気づけず、だいぶ間抜けな感じでした。

鼻からでこんな苦しいのに、口からってどんだけしんどいのか…!

胃の中自体は「綺麗だし、ピロリ菌もいそうにないですねー。ま、慢性胃炎はありますが」といわれて、検査内容をみたら「早期胃癌の疑い」とか書かれて三度見。


いやいや、綺麗いうとりましたやん。


結果的には、なんもなかったんですがちょっとイヤな気持ちにはなれました。
ばかばか。


なんだかんだと三週間近く長引く胃炎症状に、「長引きますねー。こんな長引くんですね」と医者に嘆いたら、「まあ完全にスッキリするのは難しいので、8割調子いい、を目指しましょう」とサラリといわれて、今度は耳を疑う自体に。


え、全快しないの?!


食の楽しみが人生の楽しみの8割位をしめてるので、胃がよくないのが続くのはすっごいストレスです。

これがむしろストレスのもとなのでは。

なにこの悪循環感。


健康は大事です、という鉄板の真実に震える日々です。


元気な胃カムバック!!


応援ポチプリーズ!

にほんブログ村
スポンサーサイト

3度目の桜

こんばんは、ヨコです。

4月ですね。今日はようやく少し春の気配でした。

再開してからそれなりに意識して更新したつもりでいたのに、気がつけば3月は二回しか更新してなくて、自分の生産能力の低さにびっくり。


いや、びっくりしないか。
高かったら2年半も放置せんな。


今日は短めに。

今日は友人とあおちゃんと、そして犬と、近隣の花の名所の公園に花見に行ってきました。

桜は全体的には三分咲き。
でも綺麗に咲いている木もあり十分に楽しみました。



こうして花と犬を写すのももう3年目。
ちなみに上段今年、下段左が去年、下段右が2年前。

公園はちょっと離れたところにあるのですが、長い散歩に、途中で疲れてテンションが下がってきても、絶対座り込むことのないのはわりとエライ子。

帰ってきてからは、とにかく爆睡しておりました。

あったかくなってきたし、もちょっとこまめに散歩に行こうね。


にほんブログ村

二年半という間

おお、いつの間にかこんなにも時間が経っていた。

お久しぶりです。ヨコです。
ここに何かを書くのは実に二年と五ヶ月ぶりに一日足らずだそうです。
あらやだ中途半端。あと一ヶ月あとならちょうど二年半ぶりだったのに。

なんでいまさら書こうか、と思ったかということにも、なんでずっと書かなかったか、ということにも、さしたる大きい理由も違いもないのです。

このまるめると二年と半年、いつでもなにかを書きたいな、と思っていたし、でも改めてなにを書こうかなと思うと特になにも出てこないなあ、という状態であったというだけで、それはこうやってキーボードを叩いている今もあまり変わりはありません。

さしていうならば、書いているうちに書くことに弾みがつくかもしれず、そうやって弾みがついて自分から出てくるものを自分自身が読みたいかもしれない、と思ったのがキッカケでしょうか。
あと、過去の記事を読み返そうとしたら、広告でえっらい読みづらくて、こりゃたまらんとなったことは大きかった。
いや、ポップアップ広告ってすごいね。これを消そうという気持ちが、なにやら億劫で乗り越えてこなかった「何か」を乗り越えて書きはじめた程度には邪魔だね。感心しました。

私はまたここで何かを、もう一度つぶやきはじめるのか、ちょっとそれはまだわからないのだけれど、今回の記事は、とりあえず生きていますよ、あおちゃんと引き続き仲良くやってます、という生存報告ということにさせてください。


あ、あと、そういえば犬が増えました。犬。
それこそもう二年以上前ですが、こいつが増えて、私たちは「世帯」になったなーという感じがします。
どうしようもないぬくさといつまでも腕やら足やらを舐めてくる舌とご飯をねだって枕をひっかく仕草とに、鬱陶しがって邪険にしたり、鬱陶しがられるくらいかまったりしながら過ごす日々は、なかなかしあわせです。

犬

にほんブログ村

からだとのつきあい方

不定期に、しかし何故かある程度定期的に、体調をくずす。

風邪、というほどハッキリした症状ではなく、未病とでもいうべき曖昧な不調で、くずれる。



とにかくだるくて体を起こすがしんどく、起きるとお腹が痛くなってトイレに駆け込む。
頭を起こしていると、頭や手足などの体の末端がじわじわ冷たくなるような感じがして、たまらず寝転がる。
寝転がっていると、後頭部が枕に沈みこんでいくような、平衡感覚が狂っているような感覚に襲われる。


大体は一時間くらい寝転がったりトイレに何度か行く中で少しずつ復調し、なんとか会社に行くくらいの時間には家を出る位の気力を取り戻せる。
始業時間の遅い会社でよかったと、心底思う瞬間だ。



それでも、どうしても出勤時間までに復調しないときもある。

何度か立ち上がって、自分に「大丈夫、大丈夫」と言い聞かせ、口にも出し、着替えたり、メイクをするのだけど、結局頭を立てていられなくて、床に転がる。
諦めて、会社に、全休か、半休の連絡をいれる。

耳鼻科に這いずるように向かい、一通りの検査を受け、「三半規管のバランスが崩れてますね」とお定まりに伝えられ、目眩の薬とビタミン剤を受けとる。


本当にそれが効いているのかはわからないけど、大体はそれを飲んで寝ていると少し楽になり、昼過ぎ、もしくは、次の日には会社には行けるようになる。


仮病なんじゃないか、という自分への疑いにもやもやと苛なまれながら、体がオッケーを出すのを待つ時間はくるしい。




何日かそんな朝を繰り返し、いつの間にか、また普通に起き上がって朝の仕事が出来るようになる。




発生する頻度は、1ヶ月から4ヶ月に一度位。
一回の期間は大体一週間から二週間。

たしか、30になる少し手前くらいからはじまり、そんな頻度で繰り返し不調の波は訪れている。



これも、ひとつの老化なのだろうなあと思う。


次第に体調を快調に保ち続けることが難しくなる。


今までどおり、ではなく、今の体に合った過ごし方をし、足りないものは補わないと、体がシグナルを出しはじめる。
それを続けるのは無理だよ、と。



みずからを明らめ、そして諦めて、日々の体と付き合っていかねばね。




にほんブログ村

胡蝶の夢

お久しぶりです。ヨコです。

この名前を、この場で名乗るのも、今年になってはじめてです。



更新しなかった間に書きたいことがなかったわけではなくて、さりとて書くことができないくらい忙しかったというわけでもなく、なぜ書かなかったかといえば「なんとなく」としかいいようがないのですが、ではなぜ今、テキストファイルをひろげ、改めてキーボードを叩きはじめたか、といえば、それははっきりとした理由があります。




しあわせだと感じたことも、つらいと感じたことも、あまりにかんたんに忘れていってしまうから。

そして、そのことを折に触れて思い出す寄す処がないことを、さびしい、と感じたから。



このさびしい、という感じは、こわい、という感じにも似ているかもしれません。

それは確かにあったはずなのに、記憶からうまく取り出せなくなってしまったら、まるでなかったことのようになってしまうような、喪失感。
それをとてもこわい、と感じてしまったから、また私は書きとどめたい、と思いました。




書かなかったその間、私はとてもとてもおだやかにしあわせでした。
なにが欠けることのないしずかな幸福に日々を送っていて、だからこそ、わざわざ書きとめたいと感じることが少なかったように思います。
しあわせがそこらじゅうにあふれていて、知らず知らず慣れて、いつまでも続くような気がしていました。




でも静かなしあわせはそんなにかんたんにずっと在るものじゃなくて、いきなり、本当にいきなりもぎとられるようになくなったりするのです。





もぎとられたものの大きさを、ここ一ヶ月、私は必死に飲み込もうとしています。


はやくこの現実に慣れたい、と思いながら、それでもなかなか慣れることはできず、
何度も現実に愕然としては、いろいろな実務に紛らわせて、それを必死で飲み込む作業を繰り返しています。





もうもどってこない。



もう二度と、同じようには、もどってこない。






その現実を、なんとか飲み込み、なんとか消化しようとあがいています。

あおちゃんは私の横にいてくれて、そんな私をとても静かに支えてくれています。



ブログから、ほとんど姿を消していたこの一年。
どんなふうに過ごしてきたか。
思い出せるかぎり、書き留めましょう。

この今日につながる私が過ごしてきた日々と、今日から続く私が過ごす日々に、私が感じてきたことを、今と未来の私にあきらかにするために。



私はたしかにしあわせでした。
そして今もまちがいなくしあわせなのです。とてもとても。

そのことをこそ、忘れたくない、とおもっています。


にほんブログ村


プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

フォローミー
yoko_tuzukuhibi

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム