「ベター・ハーフ」@本多劇場

あおちゃんに教えてもらって、下北沢で舞台を観てきた。


演目は、「ベター・ハーフ」。
http://betterhalf.thirdstage.com


普段こういうところに全然アンテナを立ててないので、舞台のことを知ったのは公演が開始する直前。


出演が松井玲奈で、片桐仁で、風間俊介で、作演出が鴻上尚史で、なんて、豪華すぎて、今更チケット買えるの?! と思ったが、毎日前日の12時に当日チケットが必ず売り出されるという素晴らしい仕組みにより、観ることができた。


ライブのエンタメは、知るタイミングが遅いともう観れないってのが当たり前だから、とても嬉しい。


4人劇で、中村中がでている、というのも当初から気になってたのだけど、観終わってみれば彼女が一番印象に残った。
あんな素晴らしい演技をするのね。


ひさびさに舞台らしい舞台を味わえて、深く満足。


ベタすぎるようにも感じるタイトルに、奇を衒った設定、のようでいて、物語のメッセージはものすごーくストレート。


そのストレートなメッセージを、テンポのいい演技も笑いも、印象的な音楽も歌もパズルをモチーフにした舞台美術も、演出も、もう舞台で使えるものをフルフルに使って、そしてまっすぐに届けてくる感じ。


役者の演技が、みんなすごく達者なんだけど、達者である以上の真剣さがびしばし伝わってくる。


笑えて、泣けて、感じて、観た後に深く満足が残る。


ああ、こういうのはほんとに好き!



東京の千秋楽までにもう少しあるから、もっかいくらい観たいなあ。



今回は愛知も、福岡も、大阪も回るようなので、ちょっと気になるって感じて、かつ、タイミングが合わせられそうな方は、ぜひ観に行かれること、おすすめします。


観に行ってみようかな、と思われた方はぽちっとな(久々ワード)

にほんブログ村




スポンサーサイト

わるい生活

漢方を飲みはじめたのを契機に、群ようこの「ゆるい生活」という漢方生活をえがいたエッセイを読んだ。


部屋に置きっぱなしのその本のタイトルをみたあおちゃんが「これ、何度か『わるい生活』に見えてさ」と笑う。


「なにをわるいことをしようと思っているのかと思って」


「わるいことにはあまり縁がないねえ」
という私。


「確かに。
わるいことのレベルが道にゴミを捨てるくらいで、しかも『あ、やっぱダメだ』っていって拾いそうだよね」

小市民だね、とあおちゃんがまた楽しげに笑う。


まあたしかに道にゴミは捨てませんけども。


この人にとって私は、つくづく善良な人に見えているんだなあ。



自分の真の善良さが如何なるものかは知らねども、どうかこの人の目に映るような自分であれかしと思う。



にほんブログ村



30代越えた友人同士の鉄板会話はほぼ健康ネタ

こんにちは、ヨコです。

突然ですが、私今年本厄でして。

今まで厄のつく年には一応お祓いに行っていたのですが、今年は初詣すらサボりました。

したところ(?)、年始からまーまー波状攻撃的に体調不良(ぎっくり首、捻挫、食あたり、胃腸炎)に見舞われ、先週とうとう胃カメラ飲みました。

胃カメラは鼻から入れるやつで、口からより苦しくないよ! という前評判を聞いてたんですが、結果的にはだいぶえづいた。

検査後も延々喉に流れ落ちてくる麻酔のゼリーが大変まずくて、一日ブルー。

しかも麻酔効いてるから、鼻から水分がだらだら流れ落ちてくるのが自分では気づけず、だいぶ間抜けな感じでした。

鼻からでこんな苦しいのに、口からってどんだけしんどいのか…!

胃の中自体は「綺麗だし、ピロリ菌もいそうにないですねー。ま、慢性胃炎はありますが」といわれて、検査内容をみたら「早期胃癌の疑い」とか書かれて三度見。


いやいや、綺麗いうとりましたやん。


結果的には、なんもなかったんですがちょっとイヤな気持ちにはなれました。
ばかばか。


なんだかんだと三週間近く長引く胃炎症状に、「長引きますねー。こんな長引くんですね」と医者に嘆いたら、「まあ完全にスッキリするのは難しいので、8割調子いい、を目指しましょう」とサラリといわれて、今度は耳を疑う自体に。


え、全快しないの?!


食の楽しみが人生の楽しみの8割位をしめてるので、胃がよくないのが続くのはすっごいストレスです。

これがむしろストレスのもとなのでは。

なにこの悪循環感。


健康は大事です、という鉄板の真実に震える日々です。


元気な胃カムバック!!


応援ポチプリーズ!

にほんブログ村

3度目の桜

こんばんは、ヨコです。

4月ですね。今日はようやく少し春の気配でした。

再開してからそれなりに意識して更新したつもりでいたのに、気がつけば3月は二回しか更新してなくて、自分の生産能力の低さにびっくり。


いや、びっくりしないか。
高かったら2年半も放置せんな。


今日は短めに。

今日は友人とあおちゃんと、そして犬と、近隣の花の名所の公園に花見に行ってきました。

桜は全体的には三分咲き。
でも綺麗に咲いている木もあり十分に楽しみました。



こうして花と犬を写すのももう3年目。
ちなみに上段今年、下段左が去年、下段右が2年前。

公園はちょっと離れたところにあるのですが、長い散歩に、途中で疲れてテンションが下がってきても、絶対座り込むことのないのはわりとエライ子。

帰ってきてからは、とにかく爆睡しておりました。

あったかくなってきたし、もちょっとこまめに散歩に行こうね。


にほんブログ村

二年半という間

おお、いつの間にかこんなにも時間が経っていた。

お久しぶりです。ヨコです。
ここに何かを書くのは実に二年と五ヶ月ぶりに一日足らずだそうです。
あらやだ中途半端。あと一ヶ月あとならちょうど二年半ぶりだったのに。

なんでいまさら書こうか、と思ったかということにも、なんでずっと書かなかったか、ということにも、さしたる大きい理由も違いもないのです。

このまるめると二年と半年、いつでもなにかを書きたいな、と思っていたし、でも改めてなにを書こうかなと思うと特になにも出てこないなあ、という状態であったというだけで、それはこうやってキーボードを叩いている今もあまり変わりはありません。

さしていうならば、書いているうちに書くことに弾みがつくかもしれず、そうやって弾みがついて自分から出てくるものを自分自身が読みたいかもしれない、と思ったのがキッカケでしょうか。
あと、過去の記事を読み返そうとしたら、広告でえっらい読みづらくて、こりゃたまらんとなったことは大きかった。
いや、ポップアップ広告ってすごいね。これを消そうという気持ちが、なにやら億劫で乗り越えてこなかった「何か」を乗り越えて書きはじめた程度には邪魔だね。感心しました。

私はまたここで何かを、もう一度つぶやきはじめるのか、ちょっとそれはまだわからないのだけれど、今回の記事は、とりあえず生きていますよ、あおちゃんと引き続き仲良くやってます、という生存報告ということにさせてください。


あ、あと、そういえば犬が増えました。犬。
それこそもう二年以上前ですが、こいつが増えて、私たちは「世帯」になったなーという感じがします。
どうしようもないぬくさといつまでも腕やら足やらを舐めてくる舌とご飯をねだって枕をひっかく仕草とに、鬱陶しがって邪険にしたり、鬱陶しがられるくらいかまったりしながら過ごす日々は、なかなかしあわせです。

犬

にほんブログ村

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム