私がブログを書かなくなったワケ

こんばんは、ヨコです。

この前の記事を更新したら、すぐに拍手をくださった方がいて、こんな数年にわたって完全に沈黙していたようなブログを更新しても、見に来てくださるような方がいらっしゃるんだなー! とびっくりしました。
いや、本当にありがとうございます。ありがたいです。

ゆるゆると更新する習慣を復活させてみましょかね、ということで、手始めに自己紹介の記事を数年ぶりに更新しました。

たしか一応二回くらいは更新してる筈なんだけど、それでも30代はじめです、とか名乗ってて、時の流れの速さに一瞬の目眩。
目にも止まらぬことであるよ。

それをきっかけに一番最初の頃の記事を読み返していて、この記事にたどりつき、そして、自分が何故この場を更新しなくなった理由がなんとはなしにわかってきたので、今日はつらつらそんな話を。


私がもともと長くいろいろなことを書いてきた場は、mixiでした。

mixiには(ご存じの方も多いと思いますが)「あしあと」という、「誰が自分の書いていることを読んでいるか」がわかる、という機能がありました。
これが私の書くことのモチベーションを、長く支えてきました。

誰かが、読んでくれている。
この人が、読んでくれている。
こんな人も、読んでくれている。

読んでくれた人が、どこまで読んでくれたかなんてわかりません。

ある日記については、チラ見すら、もしかしたら、しなかったかもしれない。
書いてあることがサッパリ理解できなかったかもしれない。
不快な思いを、したかもしれない。

それでも、少なからぬ誰かの目にとまっていることが、はっきりわかることは、私が書き続けるに十分なモチベーションをうみだしてくれました。


そんな私が、mixiに書くことをやめ、ブログを書きはじめたのは、当時私の書きたいことがあまりに「恋人がいること」と不可分だったからでした。


当時、私は家族や会社の同僚といった一部の人には「恋人が同性であること」どころか、「恋人がいること」すら知られたくありませんでした。
それゆえに「恋人がいること」絡みのことを書く場合、mixi上では読んでくれる人を制限せざるをえませんでした。


表示を制限した日記は、「読んでほしくない人」がいるだけなのに、あたかも「読んでほしい人」を指名しているかのようで、なんとなく違和感がありました。


知られたくない人以外には誰に読んでもらってもいいのに。

むしろ、知られたくない人以外であれば、できればより多くの人に読んでもらいたいのに。


違和感は次第に強くなり、私はブログを書き始めたのでした。


そしてブログを書いていた数年間のうちに、私には恋人がいることを、そしてその恋人が同性であることを知られたくないという相手は、ほとんどいなくなりました。


家族にカムアウトしました。

転職して、同僚にカムアウトしました。

その前後で、幼馴染にも同級生にも、何かしらパートナーシップについて聞かれる機会があれば「私はパートナーが女性なので」とさらりと説明するようになりました。

知られたくないことがなくなった時、私の書く場所はまた気軽に書けて、そして誰かが読んでいるということがすぐに伝わるFacebookに場所を移していきました。


私の書きたいことの総量もネタも大して多くはないので、どこかに書ければ十分で。

その中で、フィードバックが一番大きい場所を無意識にか選んだ結果、ブログが途絶えがちになり、Facebookになっていったと、どうやらそういうことだったんだなあと、改めて一人納得したのでした。


それじゃあまたなんで、こうやってブログに一人つぶやきはじめたかといえば、またなにかの必然性が、生まれてきたんでしょう。

今度、じっくり自分に聞いてみようと、思います。


にほんブログ村

スポンサーサイト

流れる季節のまんなかで

しあわせで穏やかな時間は、当たり前ではないのに、流して過ごしてしまって。

つらいときばかり、強く覚えていて、ながく感じたりしてしまうよね。



あおちゃんが、言う。




本当だね。

本当に本当に本当だね。




いくら意識しても、つい忘れてしまうことなら、しょうがない。
何度だって思いだそう。



週末の約束や、一年後に一緒に過ごす約束を当たり前にできる、そのことがとても恵まれてるってこと。



ごはんが美味しいねえと言い合える日常は、とても貴重なんだってこと。





丸4年間、一緒に時間を過ごしてくれてありがとう。


そしてこれからの一瞬一瞬も、どうかよろしく。







おまけ。

大変好評だったおうちお祝いディナー。
あおちゃんの買ってきてくれた肉の上質さが勝因。

・ローストビーフ
・二種のマッシュポテト
・バターナッツかぼちゃのポタージュ





お互いにプチサプライズと思って買ってきたら被っちゃったケーキ。

黄桃とブルボンバニラのタルト。





にほんブログ村

いま、ここにいる訓練

ついつい、「今」じゃない時間に意識を向けてしまう。
「今」じゃない時間のことを語ってしまう。考えてしまう。



一時間後に、明日に、一週間後に、来年に、30年後に。




早く~~したいね。
明日は~~だよ。
夏になったら~~したい。
~~になったら~~しよう……




けれど、その場には今しかなく、今という時間以外の時間が訪れる保証は、どこにもない。



今に集中して、「今ここ」のことを語る習慣が必要だ。どうしても。





おはよう。



美味しいね。



元気そうだね。



空が明るく、美しいね。



そんなことが出来るの、素晴らしいね。



しんどそうだけど、大丈夫?



一緒にいるのは楽しいね。






あなたのことが、大好きだよ。






にほんブログ村


光の射す方へ

こんばんは、ヨコです。

またもうっかり一ヶ月以上放置してしまいました。てへ。



ブログ、というよりは日記って面白いもので、書いている時は幾らでも書くことが思いつく、というか、色々と日に起こることを日記的な文章にする回路がひらいている、という感じなんだけど、書かなくなると早々にこの回路がぱったり死滅します。

ていう言い訳は、前にも書いた気がするな。

ま、いいか。





さて、まるっと一ヶ月空けてみましたが、誕生日に関して感じたことを思い出しつつ、つらつらと書いておこうかなと思います。


***



31歳は、私にとってまさに転機の年でした。


家族にカムアウトして、あおちゃんと住みはじめ、そして職まで変わってしまいました。



うーん、なんてアメイジング。

すべてが、以前であればちょっと実現不可能な、まるで夢みたいに感じられていたことでした。



私にとって大事な私の家族に、私の生き方や大事にしている人を、知ってもらうこと。


信頼できる大好きな恋人と、持続的な生活を共にすること。


会社と仕事に対して愛着と誇りを持ってオープンマインドに働いている同僚と、共に会社と仕事に愛を持って働けること。



でも現実になってみれば、それはどれも欠くことが出来ない素敵な出来事で、私にとってより望ましい、光溢れる方向に、どんどん人生の舵を切っていった年になりました。


そういう、めぐりあわせの、この一年。





北海道旅行の最中に、あおちゃんが思い出したように言いました。



5年前位に頃、同僚に付き合って占いに行った時、四年後くらいに貴方はとても幸せになっているよ、と言われたんだよね。

その時は、えー、ほんとかなーと思ってたけど。

今思うと、うん、確かに幸せになってるよ。




そして「よかったね!」と私の肩を叩いたのは、ちょっと天の邪鬼なあおちゃんらしくて、可笑しくて。

それから、ああ、私といて幸せだと思ってくれる人といるのって、ほんとにすごく幸せだなあと思ったのでした。






舵を切った年から、その方向にどんどん進んでいく年へ。


そして、大好きなまわりの人たちにも、恵みをもたらせる年にしてゆけますように。





にほんブログ村

「そして日々は続く」二周年記念アンケート

こんにちは、ヨコです。

あおちゃんが帰省中の三連休のまんなか、まったりとフィギュアスケートをBGMに、おうち時間を過ごしております。
鈴木明子選手のショートプログラム、すごく好きだなー。いいなー。




さてさて、話はさっくりと変わりまして。

ひたすらマイペースに書いてきたこのブログも、ふと気がつくと、もうすぐ初めて二年になるようです。


この二年間、読んで下さる方のニーズ等はそりゃもーサッパリ酌まず、自分の好きなことを、好きなように書き散らしているこのブログ。

そんな勝手気ままなブログを読んで下さる素敵な方々は、一体どんな人たちなのかなーということが知りたくて、こんなアンケートを作ってみました。




「そして日々は続く」を読む人々
※回答は〆切りました。ありがとうございました!




お互いのブログでやりとりがある方とか、コメント下さる方とか、更にお会いしてる方とか、顔を見せて下さる方のことは、ある程度存じ上げているんですが、たぶん、そうじゃない方で読んでくださってる方もいるのではないかなー、そういう方もアンケートなら答えやすいんではないかなー、という期待(?)も込めまして。



しかし、こういうアンケートで、選択肢を、面白く、かつ、気持ちよく、答えられるものを作れる人って、すんごいんだねー!

いざ自分で作ってみると内容に面白みのないこと、大変残念です。

そして、強化してほしいカテゴリとか、書いてほしいネタとか募集してみてるんですが、応えられる保証がないくせに大丈夫かね。



作っている自分でも、いろいろと心配がのこる初試みなわけですが、回答は非公開、必須回答項目なしなので、お気軽に答えたいところだけでもご協力いただけたら、とっても嬉しいです!

適宜、集計結果はご報告したいと思いまーす。





ついでにこちらにもご協力を!

にほんブログ村

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

フォローミー
yoko_tuzukuhibi

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム