我が家に犬がきた日 その2

こんばんは、ヨコです。

だいたい話題になるものからはキレイに乗り遅れて参加するわけですが、一時期いろいろなところで話題にしていた方がいたらしいアミーさん発の「恋人と別れるとしたら、相手が死ぬのと、相手に好きな人が出来てフラレるのとどっちがいい?」という究極の二択のお話。


今日風呂に入りながら、ふとあおちゃんにきいてみたら「自分が先に死ぬ想定しかしてなかったわー」という回答でした。


うーんとー、そういうことを聞いてるんじゃないかなー?


さらにもっかい聞いてみたら「えー、わかんないなー。フラレるのはヤダなあ」ということで、アンケートの回答が成立しませんでした。

うん、アナタが仮定の話について考えてみるってことをほとんどしないこと、知ってたわ。

でも、フラレるのはヤダ、と思ってくれてることを知ることができたのはよかったわ。


ちなみに私は「どっちもすげーしんどいけど、死んだらその後がないから生きててほしい」という、これまた面白みのカケラもない回答しか思いつかず。
ついでにあおちゃんに他に好きな人が出来るとすると、私が引き合わせた人ってことになりそうだよね、と言ったら、また余計な想像をするね、確かに自分から友達作らないしね、と笑っておいででした。

結論、大して話を広げられないので乗り遅れてよかったね、ということで。


さて、犬が家族に加わるまでのお話2回目。

***

週末、ペットショップに行く前に私がやったことは犬種辞典を買うこと。

私たちの生活ペースにフィットしてもらわざるをえないのであれば、なるべくストレスに感じることの少ない犬種を。
そして犬のことをきちんと学ぶこと。

実家にはずっと犬がいましたが、あらためて「犬を飼う」ということをきちんと考えたり調べたことはありませんでした。


我が家は35㎡と狭いので、中型犬以上はまず対象外。でもあまり小さすぎるのも体が強くないのではないかと不安。

散歩量がめちゃめちゃ多く必要な子は、たぶん私たちの生活ペース的に十分な量を確保することが難しい。

できれば、家の中で遊ぶだけでもある程度基本的な運動量は満たせる位の子を。

心中、候補に上がっていたのは、「パピー」「ポメラニアン」「イタリアングレーハウンド」などなど。


あおちゃんは最初、ジャック・ラッセル・テリアの愛らしさに魅了されていましたが、週末訪れたペットショップで私たちの生活をヒアリングしてくれた店員さんは冷静に「テリア系は諦めてください」と仰ったのでした。

テリア系はね、朝晩30分、できれば自転車で連れ回すような散歩が必要らしくてね。
ハイ、それは無理ですね。。。

この店員さんは、冷静で親切で「今日買うつもりがない」と伝えた私達にも、とても丁寧で実のある接客をしてくれました。

「本当は猫が飼えればそのほうがよさそうですけどね」と言いつつ、その店員さんが勧めてくれたのが、チワワとトイプードルでした。


柴犬もどきの雑種ばかりを実家で飼っていた私には、正直言うとガチの小型犬はちょっと小さすぎる気がして、抵抗がある存在でした。

特にチワワはあんまりにちっちゃくて、目がギョロッとやたら大きくてちょっと宇宙人みたいで、よくギャンギャン吠えてはプルプルしている、あんまり懐かない犬、というイメージ。


そんな、ちょっとためらう私の気持ちを知らぬあおちゃんは、店員さんの提案に「チワワはいいよね。好きだよ」と言ったのでした。

うーん、チワワ、かー…。



いっぱいクリックありがとうございますー!  のんびり更新ですがお付き合いいただけたらうれしいです!

にほんブログ村
スポンサーサイト

我が家に犬がきた日 その1

こんばんは、ヨコです。

ひっそり前回記事の最後に書いたことに、思いがけずステキな返答を頂いてきゃーきゃー喜んであおちゃんに見せた私でございます。
このチワワとは思えないゴツさがたまらない…!

そんな我が家には3年ほど前、一匹のチワワが家族として加わりました。
生後約4ヶ月でうちにやってきた我が家で一番小さいイキモノ。
今日は新しい家族が増えた日のことと、増えるに至る経緯を思い出しつつ、ちまちまと書いていこうかと思います。

***

私達が選んだ物件が、ペット可の物件であることは入居前から気づいていました。

ペット可は必要条件ではなかったのですが、いわゆる「二人入居可」と「ペット可」はわりあい高頻度でセットになっていました。
(空き室対策にとられやすい条件の緩和なのですな)

入居してみると、なんと玄関横にペット用のサニタリールームがついているくらいのペット歓迎マンション。
でも、一緒に住みはじめてから一年間は、ペットを飼う話は私達の間でひとつも出ませんでした。

今となっては、ですが、一緒に住んでうまくやっていけるかはどちらにとっても未知数。
そこが不安定なうちに新しい命を背負おう、という気にはなりませんでした。


同居生活半年がなんなく過ぎ、二人暮らしは大変安定して快適にやっていけることが体感できていた頃、私が転職。
新しい環境でがむしゃらに働き、その環境にもだいぶ慣れてきた頃、私の部署に一人の女性が入社してきました。

「人間以外の脊椎動物は、すべて愛しい」という、だいぶエッジのきいた彼女は、昔から猫を多頭飼いしていて、大変端正な猫たちの写真を私に見せてくれて、そして私がペット可に住んでいるがペットを買っていないというと、さらりと
「飼っていない意味がわからないです」
と言い放ちなさったのでした。

そう言われてみると、というのもおかしいですが、「飼わない積極的な理由」は自分の中のどこにもないことに気が付き、私はその日の夜にはGoogleで、「共働き ペット」と検索していました。

懸念は、あおちゃんも私も両方ともが、わりと恒常的に長時間労働なこと。
転職してだいぶマシになったとはいえ、最低でもほぼ毎日12時間は留守番させることが目に見えていて、それでペットは果たして飼えるものなのか。


猫ならばいけそうだ。

でもあおちゃんは猫アレルギーだ。

そして私もあおちゃんもどちらかと言えば犬が好きだ。

犬は群れを作る生き物で、だから本来的には一匹での長時間の留守番は苦手だ。

でもちゃんと犬種を選び、一緒にいる時間が充実していればだいじょうぶという体験談も見聞きする。

そして昔、実家で飼っていた犬はそれくらい毎日留守番しつつ、元気に楽しく愛らしく12年以上を生きていた。



調べたり、思い返したり、不安と希望の間をひとしきりゆらゆらし、ある程度調べたところで一旦切り上げ、私は切り出したのでした。


「犬を飼いませんか」と。


いまでも、覚えています。

一緒に湯船に浸かっていて、私がそう切り出したときのあおちゃんの戸惑いの表情を。
いままで、「飼いたいねー」と言い合ったことも一度もなかったのに、いきなり言い出した私にだいぶ驚いて、すこし黙って、そして彼女は口を開きました。


「とりあえず、今週末ペットショップ行ってみる?」



しっかり働く二人で、犬を飼うことに興味がおありの方はぽちっとな (このワードの久々ぐあいがすごい)

にほんブログ村

同棲同性カップルに20の質問 Ver2017

こんばんは、ヨコです。

前回の内容がフィードバックを要求するような記事だったせいか、拍手を頂く数が増えました!
わーいわーい。純粋に嬉しいです。ありがとうございます。

その拍手を改めて頂いて思い出したので、今回はこちらの回答を更新します。

同性同棲カップルに20の質問

こちら、アップした当時にものすごく強い反響があった! というわけではなかったのですが、地味に需要があるようで、たまーにぽつんぽつんと拍手を頂くことがあったり、「同棲同性愛」というワードで検索していらした方がいたり、一度答えてくださった「下弦珊珠」の圭さんが、4年越しに更新した記事を書いてくださったり。

もうこの「20の質問」という形式も、古すぎて逆に新しい気すらする。
なお、同居に至るまでのあれこれはこちら

****

1.お二人の年齢は?
私、今年で三度目の年女。あおちゃん、プラス5歳です。
お互いいい年になりました。

2.付き合いはじめてどのくらい? 一緒に住みはじめてどのくらい?
気がつけば6年半が経ちました。
一緒に住み始めて4年半。
更新も2回ほどしましたが、前回の更新でなんと家賃が値上げ。
他の事情もあり、たぶん、次回の更新でまた部屋探しですね。気に入ってるんだけどな。

3.おうちは賃貸? 持ち家?
賃貸です。賃貸ラブ。
世には、賃貸vs持ち家の100年戦争がありますが、個人的には無期限の暫定賃貸派に与しております。
ここらへんはまとめられたら掘り下げたいところ。

4.そのおうちの契約名義は?
変わらず私名義で、同居人としてあおちゃんを届け出。連帯保証人は親です。
住み始めたときは親も働いていたものの、更新時には年金収入になっていたので、ドキドキしてましたが、無事連帯保証人として継続で審査が通ったのでよかった。
更新審査だったから緩かった可能性は否めない。

5.借りる時、買う時に、不動産屋さんに、お互いの関係はどう説明した?
まあこれは変わりようないですね。友人の不動産屋に探してもらったので事情をご存知でした。
友人は苦労してました。改めて感謝。

6.会社・学校で、お互いの関係は、どう説明してる?
双方ともに、パートナーと暮らしてます、と説明してます。
突っ込まれれば、私はパートナーの性別を説明し、あおちゃんはなんとなく誤魔化しなすっているご様子。

7.家族に、お互いの関係は、どう説明してる?
パートナーとして紹介しました。
実はあおちゃんもご家族の一部には、そう紹介してくれています。

8.おうちの広さ・間取りは?
これも変わりなく。
35平米の1DK。キッチンは独立していて広く、更にステンレスのシェルフで立体性を増したので収容力があがりました。
いまキッチンで地震にあったら、オーブンに頭かち割られて死ぬと思う。
広さのわりには快適に使えているなあと思っていますが、あおちゃんがものが激増する系の趣味にドハマリしたのと、犬が増えたので、引き続きその他の収納の少なさでは少々苦労しております。
次回はもう少し収納力を追求する所存。

9.おうちの自慢・お気に入りポイントは?
駅激チカ。ペット可。キッチンが広い。防音がしっかりしていてつくりは分譲レベル。
電車に乗れば15分程度で都心に出られる交通の便がいい場所のわりに、生活用品が安く揃う地域なこと。
それを考えると家賃は割安なことかな。
コンパクトで掃除しやすいのも気に入ってはいます。

10.家賃・生活費の負担割合は?
引き続き完全折半です。
決済用の銀行口座から水道代・ガス代・電気代と、共通の財布にお金を入れて、そこから食費、雑貨、犬関係の用品などを諸々支払っていく方式。
共有物について、互いのカードを切ったものとかは、あとで共通財布から精算します。
基本的に二人で使うものはこの財布から払いますが、お互いが使うものでも、趣味絡みの要素が強いものは片方だけで負担していたりします。
あ、あと昨年からはじめたふるさと納税は、お互いの収入に応じた家計貢献になってますね。

11.二人のお財布の家計簿はつけてる? 家計簿は何を使ってる?
引き続きDropBoxに突っ込んだエクセルで、ちまちまとつけております。
過去四年のデータがたまってきたので、いろいろ月々の傾向が読めてきて面白いです。
固定費を下げられると達成感がある。

12.生活費ってどれくらいかかってる?
家賃は、1◯万。食費は2万前後。雑費5千円~1万。犬関係は医療費がかかる時期が跳ねるので波が大きいけど、均すと7000円位。
いわゆるインフラ費用は、年で均すと、電気代5000円、ガス代5000円、水道代2500円、通信費3500円。
通信費は、この前もろもろ検討した上でYahoo!Wi-Fiからフレッツ光に切り替えました。
通信制限がないってほんとーに快適! 携帯はふたりともIIJにして、通信費が1/3くらいになりました。

13.家事の役割分担はどうしてる?
私作る人、あおちゃん片付ける人。
ちゃんと美味しいといってくれて、さらにお皿を洗ってくれる人がいると、ご飯作りはストレスフリーであり続けることが四年間でよくわかりました。
洗濯は洗うのも干すのもたたむのもだいたい半々。
家全体の週一の掃除は居室全部とキッチンがあおちゃん、洗面台とトイレのみ私。ゴミ捨ては私。
犬の世話はまあまあ半々。買い物は週末に一緒に行きます。

14.一緒にごはん食べてる?
お互いの飲みがなければ、ほぼ一緒に食べます。
一緒に住むとはご飯を一緒に食べることだなって思います。

15.おうちに友達は呼ぶ? 呼ぶ時のルールってある?
ちょいちょい呼んでますが、一番来てた子が名古屋に引っ越しちゃったり、近所から友人が越しちゃったりで回数は減ったかなー。
たまに人を呼んでご飯会をするのは楽しい時間です。

16.喧嘩する? 住み始めて喧嘩は増えた? 減った?
これも引き続き、ほぼしてません。
ただ喧嘩はしないものの、たまーにあおちゃんが不機嫌になって自分の殻に閉じこもると家の空気が悪くなります。
下手すると一、二週間続くこの空気をどう受け止め、取り扱うかは課題。

17.二人でおでかけする? する人は、月に何回くらい?
ちょいちょいしております。
ソロの予定もそれなりにあるから、月に3、4回かな? 出かけずに家でまったりしていることもしばしばですが。

18.一緒に暮らしていてよかったなーと思う時
一緒に住んでいることが空気を吸うみたいに当たり前になっていて、一緒に暮らし続けることもお互い当たり前だと思ってて、それがノーストレスなことに気付く瞬間かなあ。
しあわせです。

19.一緒に暮らしていて参ったなーと思う時
なんだろう。これも久々に考えてみたけど特に思いつかず。
一緒に暮らしてて、というか前述した空気悪くなる瞬間は参るなーと思うけど、一緒に暮らしてるから、ではないしなあ。
むしろこれは一緒に暮らしていないほうがつらそう。
4年間暮らしてて、特にない、というのはありがたいことですね。

20.一緒に住む上で、大事にしていること
感謝の言葉を、意識して口にだすこと。
家事が偏りすぎないようにすること。

*****

あらためて振り返ってみると、けっこう面白いですね。

もし、追加してほしい質問とか、個別にこんなことを聞いてみたいなどありましたら、お気軽にコメントなどでどうぞ。



久々に見に行くとこちらもランキングが完全に入れ替わってますねー。
私が前から読み続けてるのはアミーさんのブログです。チワワラブ。

にほんブログ村

私がブログを書かなくなったワケ

こんばんは、ヨコです。

この前の記事を更新したら、すぐに拍手をくださった方がいて、こんな数年にわたって完全に沈黙していたようなブログを更新しても、見に来てくださるような方がいらっしゃるんだなー! とびっくりしました。
いや、本当にありがとうございます。ありがたいです。

ゆるゆると更新する習慣を復活させてみましょかね、ということで、手始めに自己紹介の記事を数年ぶりに更新しました。

たしか一応二回くらいは更新してる筈なんだけど、それでも30代はじめです、とか名乗ってて、時の流れの速さに一瞬の目眩。
目にも止まらぬことであるよ。

それをきっかけに一番最初の頃の記事を読み返していて、この記事にたどりつき、そして、自分が何故この場を更新しなくなった理由がなんとはなしにわかってきたので、今日はつらつらそんな話を。


私がもともと長くいろいろなことを書いてきた場は、mixiでした。

mixiには(ご存じの方も多いと思いますが)「あしあと」という、「誰が自分の書いていることを読んでいるか」がわかる、という機能がありました。
これが私の書くことのモチベーションを、長く支えてきました。

誰かが、読んでくれている。
この人が、読んでくれている。
こんな人も、読んでくれている。

読んでくれた人が、どこまで読んでくれたかなんてわかりません。

ある日記については、チラ見すら、もしかしたら、しなかったかもしれない。
書いてあることがサッパリ理解できなかったかもしれない。
不快な思いを、したかもしれない。

それでも、少なからぬ誰かの目にとまっていることが、はっきりわかることは、私が書き続けるに十分なモチベーションをうみだしてくれました。


そんな私が、mixiに書くことをやめ、ブログを書きはじめたのは、当時私の書きたいことがあまりに「恋人がいること」と不可分だったからでした。


当時、私は家族や会社の同僚といった一部の人には「恋人が同性であること」どころか、「恋人がいること」すら知られたくありませんでした。
それゆえに「恋人がいること」絡みのことを書く場合、mixi上では読んでくれる人を制限せざるをえませんでした。


表示を制限した日記は、「読んでほしくない人」がいるだけなのに、あたかも「読んでほしい人」を指名しているかのようで、なんとなく違和感がありました。


知られたくない人以外には誰に読んでもらってもいいのに。

むしろ、知られたくない人以外であれば、できればより多くの人に読んでもらいたいのに。


違和感は次第に強くなり、私はブログを書き始めたのでした。


そしてブログを書いていた数年間のうちに、私には恋人がいることを、そしてその恋人が同性であることを知られたくないという相手は、ほとんどいなくなりました。


家族にカムアウトしました。

転職して、同僚にカムアウトしました。

その前後で、幼馴染にも同級生にも、何かしらパートナーシップについて聞かれる機会があれば「私はパートナーが女性なので」とさらりと説明するようになりました。

知られたくないことがなくなった時、私の書く場所はまた気軽に書けて、そして誰かが読んでいるということがすぐに伝わるFacebookに場所を移していきました。


私の書きたいことの総量もネタも大して多くはないので、どこかに書ければ十分で。

その中で、フィードバックが一番大きい場所を無意識にか選んだ結果、ブログが途絶えがちになり、Facebookになっていったと、どうやらそういうことだったんだなあと、改めて一人納得したのでした。


それじゃあまたなんで、こうやってブログに一人つぶやきはじめたかといえば、またなにかの必然性が、生まれてきたんでしょう。

今度、じっくり自分に聞いてみようと、思います。


にほんブログ村

二年半という間

おお、いつの間にかこんなにも時間が経っていた。

お久しぶりです。ヨコです。
ここに何かを書くのは実に二年と五ヶ月ぶりに一日足らずだそうです。
あらやだ中途半端。あと一ヶ月あとならちょうど二年半ぶりだったのに。

なんでいまさら書こうか、と思ったかということにも、なんでずっと書かなかったか、ということにも、さしたる大きい理由も違いもないのです。

このまるめると二年と半年、いつでもなにかを書きたいな、と思っていたし、でも改めてなにを書こうかなと思うと特になにも出てこないなあ、という状態であったというだけで、それはこうやってキーボードを叩いている今もあまり変わりはありません。

さしていうならば、書いているうちに書くことに弾みがつくかもしれず、そうやって弾みがついて自分から出てくるものを自分自身が読みたいかもしれない、と思ったのがキッカケでしょうか。
あと、過去の記事を読み返そうとしたら、広告でえっらい読みづらくて、こりゃたまらんとなったことは大きかった。
いや、ポップアップ広告ってすごいね。これを消そうという気持ちが、なにやら億劫で乗り越えてこなかった「何か」を乗り越えて書きはじめた程度には邪魔だね。感心しました。

私はまたここで何かを、もう一度つぶやきはじめるのか、ちょっとそれはまだわからないのだけれど、今回の記事は、とりあえず生きていますよ、あおちゃんと引き続き仲良くやってます、という生存報告ということにさせてください。


あ、あと、そういえば犬が増えました。犬。
それこそもう二年以上前ですが、こいつが増えて、私たちは「世帯」になったなーという感じがします。
どうしようもないぬくさといつまでも腕やら足やらを舐めてくる舌とご飯をねだって枕をひっかく仕草とに、鬱陶しがって邪険にしたり、鬱陶しがられるくらいかまったりしながら過ごす日々は、なかなかしあわせです。

犬

にほんブログ村

プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

フォローミー
yoko_tuzukuhibi

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム