ヴァーチャルでリアルなわたしの話


「リアルの知り合いには、共働きで同棲しているレズビアンカップルがほぼいない」



その発言を目にしたのは、何気なくツイッターのタイムラインを追っている時だった。


だいぶびっくりした。


思い出したのは、この記事を書いた時のこと。


でも、そうかもしれない、と思い直した。



私は不可視だ。

そして誤解を恐れずにいうなら、わたしたちは、不可視だ。


いくらブログを書いていても、ツイッターで呟いていても、幻のようなものだ。


フツーに会社に行って、顔を合わせ、話し合い、笑い合い、何気ない会話をする、私たちの日常。

その圧倒的なリアルの中で、例えば同僚の配偶者がいま風邪を引いているとか、子供の運動会があって日に焼けた、という事柄は、いとも自然に共有される。


けれどそれと同じように、私が同性のパートナーとFtMの友人と台湾フェスに行ってきたよ、という事実が共有される機会は、たぶんとても少ない。



私自身は、たしかに共働きで一緒に暮らす女性同士のカップルを、リアルの手触りを持って知っている。幾組も。


それは、ブログを介して実際に知り合った人たちがそうであったり、掲示板やイベントで出来た友人がそうなっていったりしたからだ。


何も意識せずに、もしくはキッカケなく、暮らして、そういう存在を見出せたか、といえばおそらく難しかった。



それくらい、まだまだ不可視だ。



見えない存在は、見えない人にはないのと同じだ。



ないものに共感する人はいない。
ないものを大事に思う人はいない。
ないものを選べる人はいない。



私はここに、日常を、思うことを、味わったものを、過去を、徒然にきれぎれに書き留める。


そして私は、話し、食べ、働き、学び、笑い、眠り、遊ぶ、リアルを生きながら、周りのひとに私がどういうひとをパートナーに選ぶかを伝える。


そのふたつはゆるやかに繋がっていて、どちらもが、見えない私ではなく、見える私として、より楽に息をするために必要なことだ。
私にとって。


日常的に当たり前に、けれどくっきりとした輪郭を持って、私は私を可視化していきたい。


あなたにも。



にほんブログ村

スポンサーサイト

「ベター・ハーフ」@本多劇場

あおちゃんに教えてもらって、下北沢で舞台を観てきた。


演目は、「ベター・ハーフ」。
http://betterhalf.thirdstage.com


普段こういうところに全然アンテナを立ててないので、舞台のことを知ったのは公演が開始する直前。


出演が松井玲奈で、片桐仁で、風間俊介で、作演出が鴻上尚史で、なんて、豪華すぎて、今更チケット買えるの?! と思ったが、毎日前日の12時に当日チケットが必ず売り出されるという素晴らしい仕組みにより、観ることができた。


ライブのエンタメは、知るタイミングが遅いともう観れないってのが当たり前だから、とても嬉しい。


4人劇で、中村中がでている、というのも当初から気になってたのだけど、観終わってみれば彼女が一番印象に残った。
あんな素晴らしい演技をするのね。


ひさびさに舞台らしい舞台を味わえて、深く満足。


ベタすぎるようにも感じるタイトルに、奇を衒った設定、のようでいて、物語のメッセージはものすごーくストレート。


そのストレートなメッセージを、テンポのいい演技も笑いも、印象的な音楽も歌もパズルをモチーフにした舞台美術も、演出も、もう舞台で使えるものをフルフルに使って、そしてまっすぐに届けてくる感じ。


役者の演技が、みんなすごく達者なんだけど、達者である以上の真剣さがびしばし伝わってくる。


笑えて、泣けて、感じて、観た後に深く満足が残る。


ああ、こういうのはほんとに好き!



東京の千秋楽までにもう少しあるから、もっかいくらい観たいなあ。



今回は愛知も、福岡も、大阪も回るようなので、ちょっと気になるって感じて、かつ、タイミングが合わせられそうな方は、ぜひ観に行かれること、おすすめします。


観に行ってみようかな、と思われた方はぽちっとな(久々ワード)

にほんブログ村




すくいのことばによせて


   例えば、今私が死んだら
   人はどう思うでしょうか。
   「まだ34歳の若さで、可哀想に」
   「小さな子供を残して、可哀想に」
   でしょうか??
   私はそんなふうに思われたくありません。
   なぜなら、病気になったことが、
   私の人生を代表する出来事ではないからです。


   BBCに寄せられた小林麻央さんのコメントより



彼女の死にまつわる報道の多くは、私を苦々しい気持ちにさせた。

愛する人の死に、身を裂かれる思いの家族を、衆目の前にひきずりだし、心境を語らせようとするその行為は、あまりに非人間的に感じた。

けれど、あるテレビ番組でこの彼女のコメントが読まれた時、言葉はどんっと私の胸に飛び込んできた。涙が溢れた。


この言葉に出会えたことに感謝した。




ここからはかなり長い話になる。

あまり、愉快なたぐいの話ではないことだけ、先に断っておく。

「すくいのことばによせて」の続きを読む

わるい生活

漢方を飲みはじめたのを契機に、群ようこの「ゆるい生活」という漢方生活をえがいたエッセイを読んだ。


部屋に置きっぱなしのその本のタイトルをみたあおちゃんが「これ、何度か『わるい生活』に見えてさ」と笑う。


「なにをわるいことをしようと思っているのかと思って」


「わるいことにはあまり縁がないねえ」
という私。


「確かに。
わるいことのレベルが道にゴミを捨てるくらいで、しかも『あ、やっぱダメだ』っていって拾いそうだよね」

小市民だね、とあおちゃんがまた楽しげに笑う。


まあたしかに道にゴミは捨てませんけども。


この人にとって私は、つくづく善良な人に見えているんだなあ。



自分の真の善良さが如何なるものかは知らねども、どうかこの人の目に映るような自分であれかしと思う。



にほんブログ村



対話の時間

二年半くらい前から、コーチングを受けるようになった。


きっかけは同僚からの紹介で、そこから月に二回、一時間半ずつ、コーチの女性と向かい合うようになった。


コーチと話している時間は、
その場しのぎではなく、
時間つぶしでもなく、
打ち合わせでも、話し合いでもなく
情報交換でも、雑談でもない、
純粋に「会話をする」時間。


そこでは、正解も不正解も、いい悪いの評価も、好かれたいも嫌われるかもない。


そこで会話をする目的は、自分がなにを思い、なにをどう感じ、考えているかを真摯に伝えること。
伝えようとする中であらためて、「ああ、自分はこう感じていたのか」「実はこんなことを思っていたのか」と発見すること。
そして、伝えたことに相手から返ってきたものをうけとめて、またあたらしい思いや考えが自分の中にうまれるのを感じること。


この時間に一体どんな価値があるのか、ということはとても表現しづらい。

でも、そんな会話をする時間が、他のどの関係にありうるかといえば、どこにもないのだ。



コーチングを受けはじめてから、一年半くらいした頃、彼女の妊娠により、その時間は少しお休みになった。
そして、今日、10ヶ月位のブランクを経て、久しぶりに彼女との時間がまたはじまった。



小一時間くらい、近況を含めていろいろな話をした後で、彼女が聞く。

「今の調子は、ヨコちゃんにとってどの位のとこにあるの?」

「いろいろな変化を感じている時期です。仕事も心持ちも、体調の面も。
 この変化が一段落ついて落ち着いたときが楽しみかなあ」

「これから人生の軌道としては、どうなっていきそうだって感じてる?」

「もっとよくなっていくんじゃないかなって感じてます」


その言葉はするりと私の口から出ていった。
出ていって、そして私の耳にもはいってきて、私を驚かせた。


彼女も、「おお!」といって、笑った。



それまでに話していたことは、けして明るい話ばかりじゃなかった。

むしろ直前に話していたのは、三年とすこし、通奏低音のように途切れなく鳴り続けている私の強いかなしみとさびしさの話だった。

消化はできない、すこしも小さくはならない、離れてもいかない、ただすこしだけ、付き合い方には慣れてきた、かなしみの話。


それでも、私は人生を明るいものだと感じていて、ここからさらによりよくなると思っているのだ。


そんなことにあらためて気付けた初夏の朝。




にほんブログ村


プロフィール

ヨコ

Author:ヨコ
どたばた働き、美味しいご飯をぱくぱく食べ、5歳上の彼女とのお付き合いはのんびりまったり、一緒に楽しく暮らしております。

ランキング・コンタクト

ランキングに参加しています

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

フォローミー
yoko_tuzukuhibi

メールフォーム

メールはこちらからどうぞ~。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム